地震保険を5年契約すると保険料の相場は?保険料を抑える方法も紹介

近年では地震保険の加入率が上がってきていますが、保険料の負担が大きいなどの理由から未加入の人もいらっしゃいます。しかしみなさんは地震保険の保険料をなるべく抑えたく5年契約を視野に入れていますよね。今回は地震保険を5年契約する保険料の相場のついて解説します。

地震保険を5年契約する場合の保険料の相場は?

地震保険料の相場は非常に高いので、安くなる5年契約で加入することを考えているでしょう。


加入を検討するにあたって、地震保険料がどのように決まり、特に5年契約の保険料相場がどのくらいなのかも気になりますよね。


実は、他にも保険料が安くなったり、所得税が安くなったりする制度があります。


そこでこの記事では、それらのことを

  • 地震保険料は最長の5年契約がいちばんお得
  • 地震保険には建物構造による割引制度がある
  • 地震保険料控除で所得税が安くなる

の内容にそって解説します。


この記事を読んで、保険料及びその相場について正しく理解し、地震保険にお得に加入しましょう。


最後まで読んで下さい。

地震保険の契約は最長で5年、保険料は一律?

地震保険は1年契約も可能ですが、2年から5年の長期契約も可能であり、保険料は2年から5年と長期になるほど割安になります。


5年契約の保険料の相場がいくらになるか、その算出方法とどのくらいの割安になるかは合わせて後述します。


ただし、長期の契約をすれば契約期間の保険料を一括して払わなければならず、5年契約であれば5年分の保険料の一括払いはかなりの経済的負担になります。


それでも家計に一括払いの余裕があれば、長期の5年契約がいちばんお得です。

地震保険の保険料は地域や建物によって一律となっている

保険料の相場は、保険料がどのように決まるかを理解すれば分かります。

まず、基本となる地震保険料の相場は、保険金1,000万円、契約期間1年、保険料割引の適用なしの場合で、建物の所在する都道府県と建物構造によって決まっています。

地震保険料は2019年1月に改訂となり、全国平均で約3.8%の引き上げとなりました。


引き上げ後の保険料は下表に示すような相場になります。

都道府県イ構造ロ構造
岩手、秋田、山形、栃木、群馬、富山、石川、
福井、長野、滋賀、鳥取、島根、岡山、広島、
山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島
7,10011,600
北海道、青森、新潟、岐阜、京都、兵庫、奈良7,80013,500
福島8,50017,000
宮城、山梨、香川、大分、宮崎、沖縄10,70019,700
愛媛12,00022,400
大阪12,60022,400
愛知、三重、和歌山14,40024,700
茨城15,50032,000
埼玉17,80032,000
徳島、高知15,50036,500
千葉、東京、神奈川、静岡25,00038,900

イ構造は主として鉄骨、コンクリート造建物です。


ロ構造は主として木造建物ですが、耐火建築物、準耐火建築物および省令準耐火建物等に該当するものはイ構造となります。

地震保険の保険金額の相場について

地震保険の保険金は建物、家財ともに火災保険の保険金の30%から50%の間でしか設定できず、上限も建物は5,000万円、家財は1,000万円と決められています。


このことから、保険料を決定する保険金の相場は高くても数千万円と考えられ、その相場を考慮した保険料の求め方を見てみましょう。


1年間の地震保険料の相場は前述の基本となる保険料に、保険金を考慮して次のようになります。

1年間の保険料=保険金額(万円)/1,000x基本となる保険料


いちばん高い例は東京都などの木造建物であり、保険金2,000万円としたとき、割引なしの1年間の保険料は、77,800円となりますが、保険金が1,000万円であれば半額になります。


逆に安い例は岩手県などの鉄骨構造であり、保険金2,000万円としてとき、割引なしの1年間の保険料は、14,200円となりますが、保険金が1,000万円になれば半額になります。


保険金以外にも保険料の相場に影響する因子はありますが、それらは後述します。

地震保険を一括で払い込むとさらにお得

地震保険料の相場は保険金によっても大きく違いますが、契約年数によっても違い、その内容を下の表に示します。

契約年数長期係数長期契約による割引率
2年1.905%
3年2.806.7%
4年3.707.5%
5年4.608%

前項の東京都の場合で1年契約を5回更新したときと、5年契約を1回したときのとのそれぞれの保険料を計算すると、

2,000/1,000x38,900x5=389,000円

2,000/1,000x38,900x4,6=357,880円

となります。


この場合、5年契約をすると31,120円もお得になります。

5年契約は見直しをする機会が少ないので確認しておこう

5年契約は保険料の相場が割安になる利点がある反面、

  • 保険の見直しは5年後しかできない
  • 見直すには保険を解約しなければならない
  • 解約をすると返戻金が返ってくるが減額される

の不利な点があります。


ただし、長期契約時の保険料割引額と途中解約時の返戻金減額を比べると、途中解約が必ずしも損とは限りませんので、よく検討しましょう。

地震保険の割引制度に該当するか確認しておこう

地震保険料の相場が安くなるのは長期契約だけではなく、建物の耐震性免震性による割引制度もあります。


耐震性が高い建物は地震に強く、一部損にはなっても全損にはなりにくい構造であり、免震性が高い建物は、地震が起きても揺れがゆっくり、もしくは小さくなる建物です。


壊れにくい建物やその中の家財、揺れが小さい建物やその中の家財は、地震に対するリスクが少ないために保険料が割引されます。


保険料の割引制度は4つありますが、重複して利用することはできませんので、複数の割引に該当するときは割引率がいちばん高いものを利用しましょう。


割引制度の割引率を考慮した最終的な、契約期間における保険料の算出式は

保険料=保険金(万円)/1,000x基本となる保険料x長期係数x割引率

となります。


1年契約のときは長期係数は「1.00」であり、また割引率は以下に解説します。

「建築年割引」

「建築年割引」とは、1981年6月1日以降に新築された建物に適用されるもので、該当すれば保険料が10%割引されます。


1981年6月1日に建築基準法が改正され、それに基づき建築されたものは、一定の耐震性があるために保険料が割引されます。


この割引の適用を受けるためには「建物登記簿謄本」「建物登記済権利証」「不動産売買契約書」などのいずれか築年数が分かるものを保険会社に提示する必要があります。

「免震建築物割引」

「免震建築物割引」とは、建物が「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基ずく免震構造物である場合に、保険料が50%割引されます。


免震構造物とは、建物の基礎部に免震装置を設置して、地震の揺れが建物に伝わりにくい構造にしたものです。


地震が起きたときの建物の揺れが小さいために、建物が損傷するリスク、建物内の家財の損傷リスクが小さくなるために保険料が割引されます。


この割引の適用を受けるためには、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」による「建設住宅性能評価書」「設計住宅性能評価書」など、いずれかを提示する必要があります。

「耐震診断割引」

「耐震診断割引とは、1981年5月31日以前に新築されていても、耐震診断または耐震改修の結果、改正後の建築基準法の耐震基準を満たしていれば、保険料が10%割引されます。


これは「築年割引」の適用からはずれた場合の救済策のようなもので、古い建物でも耐震診断をしてみたら、改正建築基準法の耐震基準を満たしている場合があります。


また、古い建物だが耐震改修をした結果、改正建築基準法の耐震基準を満たすようになる場合もあります。


この適用を受けるためには、「耐震基準適合証明書」「住宅耐震改修証明書」などのいずれかを保険会社に提示する必要があります。

「耐震等級割引」

「耐震等級割引」とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)を有している場合に適用されます。


あるいは、国土交通省の定める「耐震診断による耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)の評価指針」による耐震等級を有している場合にも適用されます。


割引率は耐震等級によって異なり、耐震等級1級が10%、2級が30%、3級が50%となります。


この割引を受けるためには、「建設住宅性能評価書」や「設計住宅性の評価書」、上記評価指針」に基づく「耐震性能評価書」などいずれかを提示する必要があります。

地震保険料控除制度を活用しよう

政府は地震保険への加入を促進するために、地震保険料控除制度を設けています。


所得税の場合、保険料が50,000円以下であれば全額が、50,000円超であれば50,000円が所得から控除されます。


住民税の場合は、保険料が50,000円以であればその半額が、50,000円超であれば25,000円が所得から控除されます。


複数年契約をして保険料を一括して支払った場合は、一括して支払った保険料を契約年数で割ったものを1年間の保険料として、毎年所得からの控除が受けられます。


たとえば前述の例では、5年契約の一括保険料357,880円を契約年数5で割った、71,576円が1年当たりの保険料として所得から控除されます。


地震保険の5年契約と保険料の相場についてのまとめ

地震保険の5年契約と保険料の相場について解説しましたが、いかがでしたか。


この記事のポイントは

  • 地震保険料は、保険会社による違いはなく、地域と建物構造によって決まる
  • 地震保険料は5年契約一括払いがいちばん安くなる
  • 保険料には建物構造によって4つの割引制度ある
  • 地震保険料控除制度を利用すれば所得税が安くなる

でした。


地震保険料の相場は高いといわれていますので、ここで解説した節約する方法を利用して、賢い加入を検討しましょう。


加えて、保険金をいくらにするかも保険料の相場には大きな要因ですので、この記事で示した保険料の算出式を用いて、バランスの良い加入を検討しましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。

ぜひご覧になってください。

ランキング