自動車保険ALL

車両保険は本当に必要?18歳から20歳のための保険料を抑える方法

車両保険に入らないということを選ぶのも一つです。18歳から20歳の若い世代の人達が払う保険料は高額に設定されています。車両保険に入らないことで保険料は安くすることができます。他にも18歳から20歳で保険料を少しでも安くする方法をご紹介しています。

18歳~20歳(21歳未満)で車両保険に入りたい方へ

車両保険は「契約者の所有物としての車両そのもの」にかけられた保険と言えます。これから車両保険に入ろうと考えている18歳から20歳の人たちは、本当に必要か考え直してみた方がいいかもしれません。


18歳から20歳の方で新車や外車などの高級車を購入したい人、新しく車を買い替える余裕がない人、自分の車の修理費用の負担が厳しい人は車両保険に入るべきと言えるでしょう。しかし、この車両保険を外すことで保険料を安くすることができます。


18歳から20歳の若い人たちですと、保険料は少しでも安くしたい人が多いと思います。逆に18歳から20歳の人たちで中古の軽自動車を購入して、いざというときに数万円から数十万円の修理費なら出すことのできる人、新しく車を買い替える際にはまた中古車を購入できる人なら、車両保険に入る必要はないと言えます。

そもそも18歳~20歳は事故率が高いから自動車保険料が高い!

18歳から20歳の若い世代は年齢的に運転経験が少ないため、事故発生率も高くなります。18歳から20歳は自動車保険会社側からするといい顧客とは言えず、保険料を上げざるを得ないのです。


人数の少ない10代の事故件数は少ないのですが、割合からみると事故率が高くなっています。18歳から20歳の免許を取り立ての慣れないうちはどうしても事故が起きやすいものです。


平成27年度の警視庁の統計データによると、20歳以下の運転者の100人に1人程度が事故を起こしているようです。免許取得後はどうしても運転技術が未熟ですので、事故に遭わなくても壁や塀にぶつけたり、こすったりする物損事故が多いのです。  

車両保険とは?車両保険に入りたい18歳~20歳へ

車両保険に入ることを検討している18歳から20歳の人は、車両保険について詳しく知る必要があります。車両保険は、自分の車の修理費等を補償する保険です。古い車はあまり高い補償額にはならないため、古い車だと車両保険があっても十分な補償を受けられない場合もあります。


相手のいる事故を起こしてしまった場合、相手方が自動者保険に加入していたら、相手の対物賠償から保険金が支払われます。しかし、自分の過失割合分までは相手方からは支払われません。車両保険があれば自分の過失割合分も保険金が支払われます


相手のいない事故の場合は、自分の車両保険がなければ保険金が支払われません。しかし、この車両保険をつけないことによって、保険料を大幅に安くすることができます


18歳から20歳の人たちの人たちが払っていくには高すぎる保険料は少しでも抑えたいところです。車両保険をつけないことによるメリットは保険料を安くすることができること。デメリットはもし事故を起こしてしまった場合、負担する金額が多くかかってしまう可能性があるということです。 

車両保険の保証範囲とメリット

車両保険の補償範囲は一般型とエコノミー型に分かれます


一般型は補償範囲が広く、自損事故や当て逃げ事故もカバーするタイプです。エコノミー型は補償範囲が限定されるが、保険料が安くなるタイプです。


車両保険を必要とする人の意見に車両保険をつけておくと自分を守れるという意見があります。車両保険をつけていればたとえ相手との過失割合でもめても、先に保険で車を直してしまえます。事故の相手や状況に左右されず、こちらの状況を元に戻すことができるというのは一番のメリットと言えます。 

18歳~20歳が車両保険を安くするコツ


18歳から20歳の方の保険料を安くするには、保険会社と契約者両方気にする必要があります。初めて乗る車は中古車がおすすめです。擦っても良いような車を選ぶのがいいです。


車両保険を外すことができれば、大きな節約になります。中古の軽なら入る必要はないでしょう。入らなくてもいい車の価値基準は乗り出し100万円以下、つまり車両価格が75万円前後の車ということです。


そして、保険に新規加入時にしか受けられない割引や保険料節約の方法があります。ダイレクト型自動車保険など、保険料が安い保険会社もありますし、保険会社によっても取り扱っている割引も違うため、複数の保険会社を比較・検討してみた方が保険料を安く抑えられ、自分に適した保険を選ぶことができます。 


他にも、等級の引継ぎや、引継ぎができない場合はセカンドカー割引を利用しましょう。セカンドカー割引とは家族内で自動車保険に加入している人がいれば、新規加入のスタート時の等級が1等級おまけの7等級スタートとなるものです。これは家族の誰かが自動車保険に加入しているだけで使えます。

家族から等級を引き継げ!

新規加入の等級は6等級スタートで割り増しとなります。家族間ならば、等級は譲渡・引継ぎができます。この引継ぎができる仕組みを利用すると、保険料の削減が可能です。


引継ぎができる条件は、同居の親族であること、引き継ぐ等級が7等級以上であること、です。等級が大きいほど割り引かれる金額も大きくなります。 

免責金額を設定しよう!

車両保険は免責金額を設定することで大幅に保険料を抑えることができます。免責金額とは、保険会社が保険金を支払う場合に、その損害額に対する補償のうち補償を受けられるほうが自己負担する金額のことをいいます。


保険会社から見ると、賠償しなければならない保証総額から、設定した金額を支払い免除するものです。つまり免責金額を高く設定すると、保険料の節約になります


しかし、保険料は安くなりますが、その分リスクも大きくなります。自損事故での自己負担額が必要になってきます


相手のいる事故は自分一人では防ぐことはできませんが、自損事故に関しては安全運転を心がけることで防ぐことができます


18歳から20歳の運転に慣れてきたころが一番危ないと言いますが、事故は起こさないように基本を忘れずに運転してほしいものです。免責を割り引かれる金額は、保険料に対して割引で引かれるため、保険料が高くなる18歳から20歳の方には効果的なのです。 

買う車種を工夫しよう!

自動車保険は契約する「車種」と「型式(グレード)」が保険料に大きく影響してきます。一般にスポーツカーや高級車は保険料が高く、ファミリーカーや軽自動車は安くなる傾向があります。その理由として、「事故を起こす確率が高い」、「修理代が高い」、「盗難に遭いやすい」ことがあげられます。 

18歳から20歳の若い人たちはスポーツカーなどかっこいい車を好む人が多いと思いますが、特にこだわりのない方は中古車を購入するといいでしょう。

運転者を限定しよう!

運転者の限定をすることで保険料は安くなります。

20歳以下で補償範囲の限定条件をつけられるのは「ドライバー限定」だけです。限られた人しか運転できない車になるので、容易に運転を変わってもらうことができなくなります。

車の持ち主は限定された範囲の車の管理をしっかりしなければいけません。

まとめ

18歳から20歳の免許を取り立ての若い年齢を人達は事故を起こしてしまう割合が高いため、保険会社も保険料をあげざるを得ないのです。


しかし、若い世代の人たちが高額な保険料を払うことは厳しく、現実的ではない場合もありますので、保険料はなるべく安く抑えたいところです。


保険料を安く抑えるにはいくつか気を付けるべき点があります。まずは購入する車についてです。車両保険に入る必要のない車、つまり中古の軽自動車を選ぶべきです。しかも軽自動車は保険料を安く抑えることができます


そしてダイレクト型自動車保険が保険料を安く抑えることができます。保険会社はそれぞれで割引が違っていたりするので、複数社比較をしてみましょう


あとは、等級の譲渡・引継ぎの利用です。家族間での等級の引継ぎをすれば、等級が大きいほど保険料は安くなります。等級の引継ぎができない場合は、セカンドカー割引を利用しましょう。あとは免責金額の設定と、運転者の限定をすることで保険料を安くすることができます。  

ランキング