掛け捨て死亡保障の生命保険がおすすめとされるいくつかの理由

生命保険の中には、掛け捨て、積立など様々なものがあり、返戻金を貯蓄に回すことができるようなものもあります。特に死亡保障に関しては多くの商品が世の中に登場していますが、その中でも、掛け捨て死亡保障の生命保険にメリットが多いと言われています。

掛け捨てだけではない、死亡保障の生命保険の実情とは

死亡保障の生命保険にはタイプがあり、亡くなったタイミングで保険金が支給されるもの、亡くなったら一定期間、年金のような形で毎月保険金の支給ができるもの、余命が宣告された段階で保険金を受け取ることができるものなど、様々です。多くのニーズに対応した生命保険が世の中にあふれています。

掛け捨ての生命保険に対するイメージ

掛け捨ての生命保険に対し、世間のイメージとして生命保険にかけたお金が戻ってこないから損だというものがあります。確かに貯蓄型の生命保険であれば場合によっては掛け金以上のものが返ってきます。しかし、生命保険は本来万が一に備えるものであり、パソコンにおけるセキュリティソフトを買うようなものとも言われています。

お得で費用対効果もいい掛け捨ての生命保険

生命保険を契約する際、将来的な不安と、なんだかんだ自分は長生きをするのではないかという予測があり、そうしたギャップが貯蓄型の生命保険を選ばせますが、それだけ貯蓄型は多くの掛け金を支払い、一方で掛け捨てならそこまで支払いません。万が一のことがあれば、実際に費用対効果が高いのは掛け捨てであることがほとんどです。

掛け捨て以外の死亡保障のある生命保険が直面するデメリット

貯蓄型の死亡保障のある生命保険となると、メインは貯蓄であり、死亡保障ではありません。そのため、もし死亡保障を厚くするなら掛け金を上げる必要があります。すると、毎月の支払いが意外と重荷になり、解約を余儀なくされたとき、掛け金のいくらかが戻らないというデメリットが発生することがあります。

生命保険と貯蓄はあまり相性がよくない

長い期間、契約をしなければ貯蓄型の生命保険は元本割れを起こします。一方、急激なインフレに対応できないというデメリットも抱えていることから、死亡保障の生命保険と貯蓄を両立させることは非常に難しく、むしろ生命保険と貯蓄は切り離して考えた方が合理的であると言えます。

家族を本当に守れるかは微妙

貯蓄型の死亡保障付生命保険の死亡保険金は数百万円程度であり、払い込みの期間によっては家族が手にすることのできるお金は微々たるものになってしまう恐れがあります。何のために死亡保障のついた生命保険に加入するのかということを考えないと、守るべきものも守れないということになってしまいます。

掛け捨ての死亡保障付生命保険が優れているいくつかのポイント

死亡保障付の生命保険を掛け捨てのものにする場合、まずは保険料の安さがポイントです。返戻金がいらない分、その分を下げることができます。最近では月額1000円台のものも多く、1000万円程度の死亡保障がつき、若いうちから将来的なことを考えていくことができるようになります。

人生設計に合わせた契約ができる

例えば、一度貯蓄型のものを契約すると、解約をするタイミングが難しくなります。若いうちに契約をしても、結婚や出産、はたまた家族のトラブルなどでその状況はすぐに変わります。そんな中、掛け捨ての死亡保障付生命保険であれば、その切り替えもすぐにできます。ライフステージに合わせた契約が掛け捨てだからこそ可能です。

掛け捨てだからこそ死亡保障は充実している

貯蓄型は貯蓄がメインですが、掛け捨てのメインは死亡保障、収入保障などの保障面です。そのため、単に死亡保障をするだけでなく、特約をつければこんなこともできる、あんなこともできるという競争が発生します。死亡保障の充実を実感できるのは掛け捨てだからこそであり、それがメインです。

死亡保障が充実した掛け捨ての生命保険の選び方

掛け捨てのものを選ぶ以上、死亡保障の部分に妥協をしてはいけません。保険金だけに注目せず、特約をつければどこまでカバーできるのか、また、別の掛け捨ての生命保険を契約した方がいいのかなど、掛け捨ての生命保険を選択する場合は、総合的に比較し判断をすることが求められます。

シンプルな仕組みの死亡保障がおすすめ

掛け捨ての魅力はシンプルな仕組みにあります。こういう場合は保障できませんというようなものでは、肝心の時に機能しないため、注釈がほとんどつかないような掛け捨てのものを選ぶと安心です。できれば一生涯保険料が変わらないような、掛け捨てのものの方が何かとお得と言えます。

子供のためになる保険選びを

掛け捨ての生命保険に加入する人の多くは子供のため、家族のためを考えている人がほとんどです。例えば、子供が大きくなるまで保障があればいいというのであれば、成人を迎えるまでの契約をし、あとは老後に備えた保険を選ぶということもできます。こうした柔軟な考えができるのも掛け捨てならではです。



まとめ

もちろん、貯蓄型の中にはできるだけ保険料を抑え、それでいて死亡保障の厚いものもありますが、やはりコストパフォーマンスを考えると掛け捨てが妥当です。そして、掛け捨ての生命保険に何を求めるのか、最低限何を守れればいいのかなどを考えて契約をしておくと、万が一のことがあったとしてもしっかりと保障が行われ、家族を守ることが可能です。




アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気記事一覧