中小事業者必見!法人で契約している生命保険は相続対策になるのか?

法人契約の生命保険が相続対策になるのか、気になるところだと思います。法人で生命保険をかけると、相続や事業承継の対策になることをご存知でしょうか?法人で生命保険をかけることのメリット・デメリットを解説し、法人契約の生命保険を検討するきっかけにしてください。

法人で契約する保険では、相続税対策はできるの?

相続において、その対策の一つの手段として生命保険が役に立つという情報をお聞きになったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?


そんな生命保険ですが、個人で契約する形もある一方で、法人で契約する形もあります。


企業経営をされている方の中には、法人保険の生命保険がどのような点で、相続・事業承継対策になるのか、気になる方も多いかと思います。


そこで、この記事では、

  • 法人契約の生命保険に関するメリットはどんな事?
  • 相続・事業承継における法人契約の生命保険の役割とは?
  • 法人契約の生命保険に関するデメリットはどんな事?
について解説していきます。

この記事を最後まで読んでいただくと、法人契約の生命保険が、相続・事業承継において、どんな役割を果たすのか等についてご理解いただけると思います。

ぜひ、最後までお付き合いください。

生命保険で不安や疑問を感じたら、プロに相談

「生命保険について1から知りたい!」「生命保険って実際は必要なの?」


自分にもしものことがあった場合に、残された家族のために備える生命保険。


しかし、「自分に合った生命保険を選びたいけど、選ぶときのポイントが分からない」


「営業マンの言う通り保険に加入したけれど、保険料の負担が大変で、どこを見直せばいいのか分からない」という人が多いのではありませんか?


そんな方には生命保険に詳しい保険のプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



法人契約の生命保険に関するメリット

生命保険といえば、「その人に万が一があったときに、遺族がお金のことで困らないようにという目的で、個人的に加入する」というイメージが一般的なものかと思います。


しかし、生命保険の契約形態として、法人が契約者となり、社長や役員・従業員を被保険者として契約する形もあります。


特に、会社の経営者に万が一があった場合、会社は資金繰りの面で大きな打撃を受けることになります。


その解決策として、法人契約の生命保険というものが多く活用されているのです。


また、生命保険の種類にもよりますが、法人はその保険料の全部か一部を経費として計上することもでき、税制面のメリットもあります。


もちろん、法人化せず、個人で事業を営んでいる、いわゆる「個人事業主」でも、事業主を被保険者とした生命保険には加入することはできます。


しかし、その場合は、個人保険に加入するということであり、保険料の経費算入は認められておらず、一般の「生命保険料控除」の枠しか使えません。


また、次の項で詳しく説明しますが、法人で経営者を被保険者とした生命保険に加入すると、その経営者は生命保険の非課税枠が2倍使えることになります。


このように、個人事業主が法人化するということは、生命保険契約の面で見た場合においても、大きなメリットがあるといえます。

メリット1:生命保険の保険金の非課税枠が2倍

ここからは、法人が経営者を被保険者として生命保険を契約する場合のメリットをご紹介していきます。


まず、1つ目のメリットは、「生命保険の非課税枠が2倍になる」というものです。


もともと、個人契約の生命保険においても、生命保険の非課税枠として、「500万円×法定相続人数」というものが認められています。


この非課税枠が法人にも認められているかといえば、そういうことではありません。


法人保険の契約形態として、契約者=法人・被保険者=経営者等・受取人=法人という形が一般的です。


この契約形態の場合、被保険者に万が一があった場合、その死亡保険金は法人が受け取ることになります。


ここには、個人の死亡保険金の非課税枠といったものは適応になりません。


保険金を受け取った法人は、一般的にはその保険金の全部か一部を、被保険者の遺族に「死亡退職金」という形で支払うことができます。


この死亡退職金に対しては、死亡保険金の非課税枠同様、500万円×法定相続人数の非課税枠が認められているのです。


つまり、個人と法人で生命保険に加入しておくことにより、遺族にわたすお金の非課税枠が2倍になるということが言えるわけです。

メリット2:相続・事業承継

法人で経営者を被保険者として生命保険に加入するもう1つのメリットとして、相続・事業承継における、生命保険の有効性があげられます。


法人の経営者が亡くなった場合、大きな問題となるのが、相続・事業承継ということになります。


法人の経営者であれば、大きな資産を持っているケースも考えられますが、相続人もそうであるとは限りません。


また、経営者の資産に現金が多ければよいのですが、不動産や自社株が大半であることも珍しくはありません。


その場合、遺産を相続した相続人が相続税の納税資金に困るということも十分に考えられます。


そのような場合に、法人で契約者を被保険者とした生命保険に加入しておくことにより、その死亡保険金を死亡退職金という現金として、相続人に支払うことができます。


この現金を使って、相続人は相続税の納税資金に充てることができるのです。


また、近年、自社株を法人が買い取るということも認められるようになりました。


これにより、死亡保険金を原資として、法人が相続人が相続した株を買い取り、その資金によって、相続人が相続税の納税を行うという方法をとるケースも出てきています。


また、事業承継という面で見れば、自社株の分散を防ぐという意味でも、生命保険が役に立つ場合があります。


法人を引き継ぐ相続人としては、法人の株の分散はできるだけ抑えたいものです。


なぜなら、数パーセントでも株を持っていれば、その株主に様々な権利が発生し、経営について口出し(言い方は悪いですが)ができることになるからです。


法人の運営を行っていく上では、できるだけこういった面は回避したいものです。


そのため、先ほどの自社株買取の方法を活用し、死亡保険金として会社に入ってきた現金を使って、経営者になる相続人以外の相続人から自社株を買い取るのです。


この方法によって、経営者となる相続人にその権利を集中させることができるのです。

法人契約の生命保険に関するデメリット

ここまでは、生命保険を法人で契約することのメリットを中心にご紹介してきました。


ご紹介したメリットを見ると、生命保険の法人契約は良いことばかりのように思えてくるのですが、デメリットが全くないかというと、そういうことではありません。


法人で生命保険を契約するということは、法人を安定経営させていくための大切な資金に関係してくるということですので、デメリットを理解しておくことは大変重要です。


ここからは生命保険を法人で契約することによるデメリットについてご紹介していきます。

デメリット1:保険料を払う分だけ資金繰りが悪くなる

法人で生命保険を契約する場合のデメリットとして、まず考えなくてはならないのは、資金繰りに対する保険料の影響です。


法人が生命保険を契約する場合、その保険料は、経営者などの個人が負担するのではなく、法人が支払うことになります。


つまり、法人の中から毎月(毎年)決まった額の現金が、保険料として出ていくことになります。


その場合、保険料を支払うことで、法人の資金繰りが悪くなるという事態も考えられないわけではありません。


法人の場合は、その月(年)に利益が出て、保険料も十分支払えるからと言って、毎年そのような状況が続くかどうかは不透明です。


経営状態が悪くなった場合に、法人の中に現金があるというのは大変重要な意味を持ってきます。


いざという時も考え、きちんと長期的な資金繰りを考えたうえで、保険契約をしていくことが重要となります。

デメリット2:解約することで損する場合がある

法人保険の中には、貯蓄性を持った保険商品というものがあります。


これをうまく活用すれば、経営者等の死亡保障を持ちながら、中に貯蓄をしていき、最終的にはそこに貯まったお金を、経営者の退職金とできるような商品もあります。


しかし、生命保険の場合、加入して間もないうちの解約では、支払った保険料の半分も貯蓄できていないケースも考えられます。


つまり、法人で契約した生命保険も、解約することで損をする場合があるのです。


例えば、会社の資金繰りが悪化した場合、生命保険を解約し、その解約返戻金を資金繰りに充てようとしても、早期の解約では、期待したほどの解約返戻金がたまっていないケースが考えられます。


また、最近では、長期にわたって契約していたとしても、支払った保険料を解約返戻金が超えてくる商品は非常に少なくなっています。


ですので、法人で貯蓄型の生命保険に加入する場合は、長期的な視点や、加入する目的をはっきりさえたうえで、加入する必要があります。

まとめ:相続面を考慮して法人契約の保険について考えましょう

ここまで、「相続面を考慮した法人契約の保険について」をテーマに解説してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは

  • 法人契約の生命保険のメリットは、「生命保険の非課税枠が2倍になること」「相続・事業承継において、有効性が高いこと」の2点にある。
  • 相続・事業承継における法人保険の役割は、納税資金の確保や、遺産の分割・株の後継者への集中のための現金を生み出すことにある。
  • 法人契約の生命保険のデメリットは、「保険料を支払うことによって、資金繰りが悪くなる可能性がある」「解約することで損をすることがある」である。
でした。

法人で生命保険を契約することは、その法人を後継者に引き継ぎ、永続的に法人を存続させていくうえで、重要な役割を果たしてくれるものです。

しかし、そこにはデメリットがないわけではありません。

そのような、法人で生命保険を契約することのメリット・デメリットをしっかり理解したうえで、長期的な視点を持って加入したいものですね。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取ることについてFPの意見を激白!
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説