かんぽの生命保険は特殊?相続面で気を付けるべき点を解説!

かんぽ生命の簡易保険は、他の生命保険と同様に「みなし相続財産」とみなされるため相続税がかかります。かんぽの生命保険には保険の適用がなく、そのため代襲相続権がないことをご存知でしょうか?本記事では、かんぽの生命保険に関して、相続面で気を付ける点を解説します。

かんぽの生命保険において、相続面で気を付けるべきこととは?

生命保険への加入を検討する際、加入する保険の一つとしてかんぽ生命の簡易保険を検討する方も多いことでしょう。


かんぽ生命は郵便局が代理店となっていることから、便利で手続きも行いやすく、人気の生命保険でもあります。


しかし、かんぽの生命保険では、保険金の相続について注意しておくべき点がいくつかあります。


そこで、この記事では『かんぽの生命保険において相続面で気を付けておくこと』について、

  • かんぽ生命の簡易保険には相続税がかかるのか
  • 特約還付金の取り扱いには注意が必要である
  • かんぽ生命の簡易保険には代襲相続権がない
以上を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただいたら、かんぽの生命保険への加入を検討している方、またかんぽの生命保険の受取人となっている方のお役に立てるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

かんぽ生命の簡易保険には相続税がかかる

個人年金保険の死亡給付金や一般の保険会社の生命保険保険金だけでなく、かんぽ生命の簡易保険にも相続税がかかります。


しかし、かんぽ生命の簡易保険だけでなく、相続税がかかるすべての保険金は、誰が保険料を支払い、誰が保険金を受け取るかによってかかる税金が変わってきます。


かんぽ生命の簡易保険や生命保険の死亡保険金にかかる税金について、以下の表にまとめましたのでご確認ください。

契約内容税タイプ
契約者と被保険者が同一で受取人が相続人相続税契約者と被保険者が夫で受取人が妻や子ども
契約者と受取人が同一で被保険者が別の人所得税契約者と受取人が夫で被保険者が妻
契約者と被保険者と受取人がそれぞれ別の人贈与税契約者が夫で被保険者が妻、受取人が子ども


このように、保険金の受け取り方によってかかる税金が異なりますので注意が必要です。

生命保険金は「みなし相続財産」

そもそも相続財産とは、相続人が被相続人から受け継いだ財産を指します。


一般的な相続財産とは、以下のようなものがあります。

  • 現金預金
  • 土地
  • 家屋
  • 有価証券
  • 家具や宝飾品など


そして、相続財産の中には「みなし相続財産」と呼ばれる財産があります。


このみなし相続財産とは、相続財産となるであろうと見なされた財産のことです。


みなし財産とは、以下のようなものがあります。

  • 生命保険金
  • 生命保険の契約に関する権利
  • 退職金

上記のように、生命保険はみなし相続財産に分類され、相続税がかかることになります。

解約返戻金が相続財産として評価され相続税がかかるケース

かんぽ簡易保険などの生命保険の保険金は、相続人が受け取った場合相続税がかかるとお伝えしました。


また、生命保険の契約者が死亡し、その保険の契約を引き継いだ場合には、『生命保険契約に関する権利』に相続税がかかるようになります。


この生命保険契約に関する権利に課税される対象の一つには、“解約返戻金”があります。


解約返戻金にかかる相続税の計算方法は、解約返戻金がある保険契約の権利を相続した時点でその保険を解約した場合、いくら解約返戻金があるかによって評価されます。


解約返戻金の算出については、各保険会社によって算出方法が異なりますので、契約している保険会社に確認するようにしましょう。

簡易保険の加入者が死亡した場合、特約還付金も受け取る

かんぽ生命の簡易保険には、加入者が死亡した場合に『特約還付金』を受け取ることができます。


このかんぽ生命とは終身タイプの生命保険なので、保険契約に付加した特約の保険料も積み立てられることになります。


そして加入者が死亡した際には死亡給付金だけでなく、これまで積み立ててきた特約の保険料の返還を請求することができます。


この返還される特約の保険料を特約還付金と言います。

特約還付金は課税対象

かんぽ生命の簡易保険などに付加していた特約の保険料の返還金である『特約還付金』も、死亡給付金同様課税対象となります


そのため、相続税の申告時には特約還付金の申告を忘れないように注意しておきましょう。

遺産分割協議の場合はどう扱われる?

かんぽ生命の簡易保険や生命保険の特約還付金とは、死亡給付金とは異なり、預貯金や土地などの相続財産と同様と見なされます。


その理由は、特約還付金はこれまで保険料を支払ってきた被保険者(被相続人)の財産と見なされるためです。


そのため、特約還付金がかんぽ生命などから支払われた場合には、ほかの預貯金や土地などの財産と一緒に遺産分割協議にかけられることになります。


保険金の受取人である相続人は、特約還付金の取り扱いに注意しておきましょう。


かんぽ生命の簡易保険には代襲相続権がない!

一般的に、相続財産には『代襲相続権』というものがあります。


この代襲相続権とは、被相続人が死亡するよりも前に、相続人が死亡している場合、その相続人の子どもや孫など(被相続人から見ると孫やひ孫など)が相続を受け継ぐことができる権利です。


しかし、かんぽ生命の簡易保険には代襲相続権がありません


そのため、かんぽ生命の簡易保険被保険者が死亡し、該当する受取人がいない場合には、その保険金はほかの保険者の配当資金に充てられることになります。


ただし、かんぽ生命の生命保険の契約の場合、被保険者が死亡し該当する受取人がいない場合には、その受取人の法定相続人が保険金を受け取るようになります。

かんぽの生命保険、相続面で気を付けるべきことのまとめ

この記事では、かんぽ生命の簡易保険の相続について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

今回のこの記事のポイントは、

  • かんぽ生命の簡易保険の保険金はみなし相続財産に分類され、相続税がかかる。
  • 解約返戻金と特約還付金にも相続税がかかる。
  • 特約還付金は保険金とは違いほかの相続財産同様遺産分割協議にかけられる。
  • かんぽ生命の簡易保険には代襲相続権がないので契約の際受取人を決める際には注意が必要である。
以上です。

かんぽ生命は以前は国営だったことから、加入に際して信頼度が高い生命保険でもあります。

しかし、民法では認められている代襲相続権がかんぽ生命の特約還付金には適応されないなど、保険金の相続に関して特殊な面もありますので、加入の際には保障内容をよく確認しておくようにしましょう。

ほけんROOMでは、ほかにも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取ることについてFPの意見を激白!
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説