生命保険において補償の対象となる手術の種類について知っておこう

自分が病気やけがなどで、手術を受けるケースも多いです。そのような時には入院や手術にかかる代金をカバーしてくれる生命保険は実に有難い存在といえます。ただ、生命保険には手術の種類によって支払いの対象となっているものとありますが、対象外の種類のものもあります。

生命保険や医療保険の保障対象となる手術の種類について

生命保険や医療保険で支払われる手術の種類は、2つのタイプがあります。

まず一つが公的医療保険が適用される手術約1,000種類を対象としている生命保険または医療保険であり、もう一つが生命保険を扱う会社が定めた88種類の手術を対象とするタイプのものです。 




手術の種類

手術の種類の傾向についてですが、それは様々なものがありますので最初は混乱しがちです。

ただ基本的には日常生活を送るにあたって手術を行わなければ困難と判断される病気やケガの種類について、手術給付金という名目で保険会社から生命保険や医療保険のお金が支払われることになります。 

88種類の手術とは

生命保険の補償対象となる88種類の手術については、公的医療保険が適用される手術約1,000種類と比較すると数としては非常に低いように見えます。

しかし、これは大分類されて88種類となっています。

実際にはそれぞれのカテゴリー内に詳細な手術項目があり、それらを全部合わせると約600種類ほどの手術が対象となります。


つまり、たいていの手術による治療が生命保険の対象となっていますので大きな病気においてはそこまで気にする必要はないでしょう。 


骨髄ドナーの移植手術を含めると89種類となっており、保険会社によって88種類で提供しているところと89種類で提供されているところが分かれていることもありますので注意を要することもあります。

公的医療保障の対象の1000種類の手術とは

公的医療保障の対象となっている1000種類の手術は、病院などで受ける保険適応の手術行為は基本的にはこちらについても対象という事になります。

こちらのタイプのほうがより多くの種類の病気について生命保険の適用対象としてカバーしていることはいえます。 

88種類に含まれて1000種類に含まれていない手術もある

生命保険が支払われる病気の対象については88種類タイプのものには含まれているものの1000種類タイプに含まれていないという手術も実はあります。

これは88種類のほうは少し古い医療制度がもとになっていることが一つであり、もう一つの公的医療保障の対象となっているタイプのものはまた別個の考え方をしているためです。


近年では、1000種類タイプのものが増えてきていますがまだまだ保険会社が定めている88種類タイプのものも提供されています。


持続的胸腔ドレナージ・経皮的エタノール注入療法・悪性新生物根治放射線照射と呼ばれる手術法については88種類タイプの保険については含まれていますが1000種類については含まれていませんので注意します。


少し複雑な部分もありますので、生命保険の会社に問い合わせておくことが大切です。

生命保険・医療保険の保障の対象外となる手術とは

88種類タイプの対象外の手術の種類

生命保険で支払われる88種類タイプの対象外の手術の種類については、例えば美容整形手術を行う場合や近視矯正のために受けるレーシック手術などについては支払対象にはなりませんので注意します。

整形手術の場合は、命の危険があるわけではなく手術を受けなくても日常生活を送ることは可能です。

レーシックの場合も、昔の生命保険においては保険の適用対象となっていましたが今は対象外となっています。


生命保険が支払われる対象となるのは、あくまで命の危険や病状の回復のために行う手術のみとなっています。

そのため、直接命や後遺症を引き起こす危険がない病気については生命保険の対象外となっていると理解しておくと良いでしょう。

1000種類タイプの対象外の手術の種類

1000種類タイプの対象外となる手術の種類としては、骨折・皮膚や鼓膜の切開術・耳の異物除去などの手術については対象外となっています。

そのため、一度保険会社にこうした病気が生命保険の対象かどうかを聞いてみるようにしておきましょう。 

88種類タイプと1000種類タイプ、どちらに加入したほうが良いのか

では生命保険に加入するにあたって、88種類タイプのものと1000種類タイプのうちどちらに加入したほうが良いのかについて気にする人は多いですが、1000種類の手術のほうがカバーされる病気が多いということもあってこちらのほうが加入しておくと便利ともされています。

しかし、88種類タイプのほうも決して劣っているわけではありません。

大抵の治療については、88種類タイプの生命保険でカバーしてくれますのでそこまで気にする必要はありません。

ただ、生命保険を扱う担当者に話をしておくようにしましょう。


生命保険は万が一のときに生活を保障してくれるものですので、しっかりと生命保険について把握しておくようにするとトラブルにも対処しやすいといえます。

まとめ:生命保険・医療保険の手術の種類について

ただ生命保険・医療保険の手術の種類を全部把握することは大変です。ただ、基本的な覚え方についてはあります。

命の危険を伴うものや手術を受けなければ日常生活において不自由な種類の手術についてはきちんと保障してくれる場合が多いです。 


あとは気になる点について出てきた段階で、医師や保険会社などに問い合わせてしっかりと解決するようにしておくと良いでしょう。

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気記事一覧