生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

【FP回答】20代から30代の共働き夫婦の妻にとっての保険の選び方

20代・30代の共働き夫婦といっても、子供がいる家庭、子供のいない家庭、子供を作る予定のある家庭と、共働き夫婦といっても様々なケースがありますが、それぞれの20代・30代の共働き夫婦の妻にとっての保険の選び方をFPの方たちに回答していただきました。

アンケートにご協力いただいたFPの方々(50音順、敬称略)

ファイナンシャルプランナー
下澤 純子
保険営業歴20年。現在は生命保険営業専門のコンサルタントで、保険営業さんを対象に、営業のやり方、集客の仕方を教えています。著書『働く女性がしたたかにしなやかに生き抜く仕事術』『成績のいい人はモテる人』。7月発売予定『身の丈セミナー講師入門(仮)』

FPアンケート【20代から30代の共働き夫婦の妻にとって必要な保険とは?】

今回の記事では、現役のファイナンシャルプランナー(FP)の9名の方にアンケートを受けていただき、その回答を元に記事を作成しています。 
女性の社会進出が進んでいる中、共働きの夫婦もますます増加しているかと思います。


そんな中、共働きの夫婦の場合、妻はどのような保険が必要なのか知りたいですよね。


子供がいる場合といない場合とでは、必要保障額も変わってきます。


そこで、子供がいる場合の共働き夫婦と、子供がいない場合の共働き夫婦において、妻はどのような保険を検討するべきなのか、保険の選び方について、FPの方たちに回答していただきました。

各FPのコメントはほとんど原文のまま掲載しています。ぜひ参考にして見てください。(敬称略) 

FPの方たちの「20代から30代の共働き夫婦の妻にとっての保険」のアンケート結果!

まず初めに子供のいない共働きの夫婦についてのアンケート結果になります。

  • iDeCo:9人中7人 
  • 定期預金:9人中5人
  • 終身医療保険:9人中4人
  • 終身保険:9人中3人
  • 定期医療保険:9人中3人 
  • 定期がん保険:9人中2人 
  • 定期保険:9人中1人
  • 終身がん保険:9人中1人
  • 個人年金保険:9人中1人
次に子供のいる共働きの夫婦についてのアンケート結果がこちらになります。

  • iDeCo:9人中6人 
  • 定期預金:9人中6人
  • 終身医療保険:9人中5人  
  • 終身保険:9人中3人 
  • 定期保険:9人中3人 
  • 定期医療保険:9人中3人
  • 終身がん保険:9人中3人
  • 定期がん保険:9人中2人
  • 学資保険:9人中1人
  • 所得補償保険:9人中1人

では、それぞれのFPの方の意見を見ていきましょう。

まずは保険よりも貯蓄

これは共働き夫婦の妻というよりは、一般的なお話ですが、保険よりも貯蓄が大切です。

保険はあくまで生活や貯蓄の手助けをしてくれるものであって、保険が目的になってはいけません。


そして実際にFPの方たちのほとんどが、iDeCO(個人型確定拠出年金)や定期預金が大切という意見でした。


現在保険について考えている方は、まず貯蓄がどのくらいあるか、今後どのくらい貯蓄ができるか、また自分が貯蓄をきちんとできる性格かどうかなどを考えてみましょう。

iDeCoや定期預金の貯蓄の次は、医療保険を検討したほうが良いという意見が多かった

貯蓄の次は、医療保険などの働けなくなったときの保険の必要性が高いということでした。

なかには、医療保険の他に、所得補償保険など働けなくなるリスクに備えた収入保障の保険をおすすめするFPの方もいました。   


では、貯蓄の重要性と医療保険の必要性について説明しているFPの方たちの意見を紹介します。    

FPの方たちのコメント集[子供がいない共働きの夫婦の妻の場合]

  • 共働きだと普段病院にいったりはそうできないでしょうし、既婚なら妊娠のリスクもあるので医療保険はおすすめです。

    3000円の保障で医療保険に入っておくと帝王切開や切迫早産などに備えられるでしょう。

    正常分娩でも給付金の出るタイプのミニ保険もあります。妊娠してから医療保険に入っても出産に関しての給付金はでないのです。

    子どもができ、妻が仕事を減らす可能性もあるので、貯金はきちんとしておいた方が良く、60歳まで充分時間があり、時間があった方が、リスクが低くなることからiDeCoもお勧めです。

    iDeCoは掛け金が全額、所得控除できることから節税にもつながります。

    (拝野 洋子)

  • 共働きでも病気のリスクは平等にありますので、終身の医療保険やがん保険に加入するのも正しいです。

    一番大切と思われるのが、働けなくなったときの保障です。

    子供なしの夫婦の場合、配偶者の収入を全面的にあてにしている場合がほとんどです。

    どちらかの収入で生活をし、どちらかの収入は貯蓄に回せている家庭なら問題ないのですが、どちらかが病気になり働けなくなると生活が破たんしてしまう場合もあるので注意が必要です。

    優先順位の1番は、働けなくなったときの保険かもしれません。

    ※『就労保障保険』など、保険会社により商品名が変わります。

    貯蓄面の保障で言うと、個人年金は、毎年控除の対象になるといったメリットがあり、働く年数が増えるほど、効率的な商品と言えます。

    貯蓄の分散として、一部を確定拠出年金iDeCoで、という方法がおすすめです。

    子供のいる家庭よりも圧倒的に貯蓄はできる環境なので、一人分の収入を貯蓄に回すぐらいの気持ちでいたいものです。 

    (下澤 純子)

  • 20~30代の女性に特有の婦人系の病気がある。

    子宮や卵巣などの病気である。

    また、保険対象外ではあるが、不妊関係の治療もある。

    どれにしても、女性への負担は心身的、精神的にも非常に大きい。

    婦人系の病気に罹患すると、医療保険への新規加入がままならなくなるので、病歴がないうちに加入しておくことが大事である。

    また、退職する可能性もあるので、保険金額についてはやや手厚くしておくことが大切である。 

    (鳥海 光夫)

  • 共働きなら、将来の生活資金のためにiDeCoを利用するといいでしょう。

    掛金が全額所得控除になるので、所得税や地方税を軽減できるというメリットがあります。

    また、自分の葬儀代程度の終身保険や、万が一病気になった場合のために、医療費か家計に負担をかけないよう医療保険に加入してもよいでしょう。

    (前佛 朋子) 

  • お子様がいらっしゃらないのであれば、万一の場合の家族の生活費の準備は不要かと思います。

    保険ではなく貯金などで準備を。

    今後、お子様が生まれる可能性もあるので、先に医療保険に入っていると、妊娠時のトラブルがあったときも安心して治療が受けられると思います。 

    (正田 きよ子)

  • 共働きですから定期保険や収入保障保険は特別な場合を除き不要と考えます。

    となれば若年時の定期医療、定期がん保険が選択肢となりますが収入の額によっては不要とも言えます。

    収入がありますのでiDeCoは節税効果が高く一般的にお勧めです。預貯金はどのような場合でも必須でしょう。 

    (林 健太郎)

  • 子どもなしで共働きなら経済的に余裕はある方で、自分に万一の事があっても夫の収入は途絶えないしょうから、比較的優先して備えてほしい保障は、医療保険やがん保険等の病気やケガへの備えです。

    共働きで子どもがいなければ、お金を貯めていくのはそんなに苦ではありません。

    Idecoや定期預金である必要はないですが、将来のために一定割合貯金していってほしいです。

    ただ、将来子供を産む予定(希望)があるなら話は別です。

    専業主婦になる可能性や子どもの教育費への備えも考えた内容にしておきたいものです。 

    (松浦 建二)

子供がいない共働きの夫婦においては、死亡保険は葬式代程度という意見もありました


  • たとえ子どもがいなくとも、結婚するとお互いに責任が生じます。

    通常、妻の収入は夫と比べて低いものです。

    ご家庭によって異なりますが、夫は1000万円程度を目安に定期保険へ加入するとよいでしょう。

    妊娠が分かったと同時に保障額をアップしてください。

    (横川 由理)

  • 保障面の保険で言うと、子供のいる家庭よりは少なくて済みます。

    終身保険でお葬式代分ぐらいほしい、それを終身保険で準備する、そんな考えも大切です。

    (下澤 純子)

つみたてNISAの活用をすすめるFPの方もいました


  • 今後、子どもの有無によって変わるが、今がお金の貯め時です。

    結婚時にお祝い金などを受け取っている場合は、保険料の前納などをして、毎月の支出を浮かして貯蓄に回しても良いでしょう。

    銀行で貯蓄するのも良いが、今はつみたてNISAを活用して、コツコツお金を殖やしても良いでしょう。

    つみたてNISAの非課税期間は20年なので、子どもが誕生した際には、子どもの教育費としても使えます。

    (冨士野 喜子)

FPの方たちのコメント集[子供がいる共働きの夫婦の妻の場合]


  • 3000円の保障で医療保険に入っておくと婦人病などに備えられるでしょう。

    医療保険料控除も使えて、節税になります。学資保険で「保険料免除特約」をつけておけば、万一母親が亡くなっても子供はその後保険料を支払うことなく、必要な時期に学費を得ることができるからです。

    できる限り財形や定期預金で積み立てておいた方がいいです。

    貯金はどんな目的にも使えるものだからです。 
    (拝野 洋子)

  • 子供がいて共稼ぎの家庭の場合、妻の収入をあてにしていることも多いです。

    そんな家庭の妻のための保険に、働けなくなったときの保険を準備しておくことをおススメします。

    妻が病気で仕事ができなくなった場合、治療費がかかることのほかに、妻の収入が減る、またはなくなることも考えられるからです。

    保険会社により、就労保障保険など商品名が変わり、対象内容も微妙に変わります。

    また、妻が万一の時には、収入が途絶えるのはもちろんなのですが、夫が仕事をしながら子育てすることは安易なことではありません。

    就労保障保険に死亡保険もついている商品もあり、女性の場合、保険料も比較的お安いです。

    医療保険に関してですが、出産にまつわる給付を、気づかずに受けていない場合も多く注意が必要です。

    帝王切開、流産など、普通分娩以外の場合、給付対象になるものも多いです。

    学資保険の代わりに終身保険を用意することもあります。

    払った保険料より多く戻るものでもないのですが、同時に死亡保険を持てることがメリットでもあります。

    学資保険とよく比較し、納得できる形で準備するべきでしょう。 

    (下澤 純子)

  • 自分の葬儀代程度のお金を準備することを考え、保険料が一定の終身保険に加入してもよいでしょう。

    また、病気になったときのことを考え、医療保険の加入を考えてもよいかもしれません。

    また、自分で働いているのであれば、老後の資金を確保するためにiDeCoを利用するとよいでしょう。

    掛金が全額所得控除になるので、所得税や地方税を軽減できます。 

    (前佛 朋子)

  • お子様がいらっしゃるので、万一の場合、配偶者が一人で子供を育てながら働けるかを考えると、難しいと思われます。

    子供がある程度の年齢になるまで、家事サポートなどが負担なく使えるぐらいの死亡保障が必要と思います。 

    (正田 きよ子)

  • 子どもがいれば必要保障額が増えますので共働きでも定期保険や収入保障保険などで備える必要が出てきます。

    定期医療、定期がん、iDeCo、預貯金の考え方については、子供がいない場合と変わらず、定期医療保険と定期がん保険は収入によっては不要で、iDeCoは節税効果が高いので、おすすめと言えます。

    (林 健太郎)


  • 自分の老後を考えつつ、子どもが独立するまでを目途に定期保険に加入しましょう。

    (横川 由理) 

  • 共働きだと、ついつい「頑張っているから」とお金を遣いすぎてしまう傾向にあるので、しっかりお金を貯めていきたいところです。

    貯蓄の余力はあるので、貯蓄性を備えた保険を活用し、税金面でも有利なiDeCoも利用すると良いでしょう。

    保障を厚くする必要はなく、入院日額5000円、がんの診断一時金100万円程度の保障があれば良いと思います。

    (冨士野 喜子)

  • 将来の子どもの教育費確保のためにも、ある程度の貯金を確実にしておきたいです。

    妻に万が一のことがあっても、病気やケガの治療で経済的負担が発生したとしても確
    実に教育費を準備するために、妻も死亡保障や医療保障(必要に応じてがん保障も)を上手く活用して備えておきたいものです。

    教育費以外についても余力があればiDeCoや定期預金等も含めて資産形成していってほしいです。

    (松浦 建二)

まとめ

いかがでしたでしょうか。 

共働き夫婦における妻の保険の選び方について、FPの方たちのコメントを紹介しました。  


FPの方たちのなかにも様々な意見がありましたように、共働き夫婦の妻の全員が同じ保険の必要性が高いわけではありません。  


なかには「保険は不要」という方もいれば、「医療保険だけ必要」、「医療保険ではなく定期保険が必要」、といった方もいらっしゃるかと思います。 


ほけんROOMには、他にも読んでおきたい記事があるので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説