他の保険よりも予定利率が高い変額保険を効果的に活用しよう

変額保険はあまり馴染みがないかもしれませんが、予定利率が高いという特長により、他の保険よりも有利に死亡保障を確保できる保険でもあります。予定利率が高い変額保険はなぜ有利なのか、その仕組みについて、わかりやすく解説します。

変額保険の予定利率は他の保険よりも高めに設定されている

変額保険の予定利率は、どの保険会社でも他の保険よりも高めに設定されています。

そのおかげで、変額保険は他の保険よりも有利な点があります。

予定利率とは?

予定利率とは、保険会社が保険契約者から預かった保険料を運用するにあたり、あらかじめその運用利回りを保険契約者に約束する利率のことを言います。




変額保険とは?

変額保険は、保険会社が預かった保険料の運用成績によって、保険金や解約返戻金、満期保険金が増減するタイプの保険です。

勘違いする方もおられるのですが、保険料は増減せず、契約時から保険終了時まで変わりません。


保険会社は、預かった保険料を、他の保険とは別の変額保険専用の財布(特別勘定)に入れて、運用します。


運用成績が良ければ、保険金額や解約返戻金は増え、悪ければ減ります。


ただし、保険金額については最低保証があります


たとえば、1,000万円の終身型変額保険に加入した場合、運用が良ければ保険金額は1,500万円とか2,000万円というように増えますが、運用が悪い場合でも1,000万円は最低保証されます。

予定利率が高いほど、保険料は割安となる

変額保険に限りませんが、生命保険は予定利率が高ければ高いほど、保険料は割安になります。

保険会社では、死亡保険金に対していくらのお金を集めればペイするかを計算して、保険を販売しています。


たとえば、1,000万円の保険金に対して、月々1万円のお金を集めればペイするという計算になったとしましょう。


保険会社はその保険の保険料を1万円に設定するかというと、そうではありません。


保険料は、たとえば9,700円に設定して、差額の300円は預かった保険料を運用することで生み出せばよいからです。


この「運用することで生み出せる」お金がどれくらいなのかをあらかじめ予想し、利率として算出したのが「予定利率」です。


予定利率と保険料

予定利率が高いというのは、運用することで生み出せるお金が大きいと予想しているわけですから、保険料として集めるお金は少なくて済みます。


逆に予定利率が低いというのは、あまり運用益が出ないであろうと予想しているわけですから、多くお金を集める必要があり、結果として保険料が高くなります。


たとえば、ソニー生命の変額保険(終身型)と終身保険の保険料を比べてみましょう。


どちらも同じ加入年齢35歳、性別:男性、死亡保険金額1,000万円、保険期間:終身、保険料払込期間:60歳までとします。


その場合、変額保険の月払保険料は27,440円、終身保険は28,910円となります。


変額保険の予定利率は3.5%、終身保険は1%で、その差が保険料の差に反映されています。

変額保険は、予定利率が高めでも運用利率は最低保障されていないことに注意!

変額保険の死亡保険金額には最低保証があるというのは前述のとおりですが、解約返戻金や満期保険金は最低保証されていません。

運用実績次第で、利回りは良くなったり悪くなったりする

一般の保険は、予定利率よりも実際の運用成績が良くても悪くても、解約返戻金や満期保険金が増減することはありません。

しかし変額保険は、予定利率よりも運用成績が悪ければ、解約返戻金や満期保険金が減ります


そして、その金額については最低保証はありません。

保障と貯蓄は別として考えたほうが良い

変額保険は、保険としての保障機能と貯蓄性を兼ね備えた保険です。

しかし前述のとおり、死亡保障については最低保証がありますが、貯蓄機能については最低保証がありません。


このため、「変額保険は保障」と割り切って考えたほうが良いです。

保障は高い予定利率の保険に入って、貯蓄はNISAやiDeCoなどがおすすめ!

変額保険の貯蓄機能には最低保証がないため、あてにすることができません。  

たとえば、老後の生活資金にと変額保険の解約返戻金や満期保険金をあてにしていたのに、いざ60歳になったら、期待していた金額の60%しかなかったということも、十分ありえます。 


変額保険は、予定利率が高いことで他の保険に比べて保険料が安いというメリットはあるわけですから、そのメリットを活かして、「割安な保険料で死亡保障を買う」ことだけを目的にして、貯蓄は別途NISAやiDeCoで行うのがおすすめです。

まとめ

変額保険の大きな特長として、他の保険に比べて予定利率が高いことが挙げられます。


そのおかげで、同じ死亡保険金額なら他の保険よりも保険料が割安であるというメリットがあります。


しかも、死亡保険金額には最低保証がついているので、たとえ運用成績が悪くても、契約時の死亡保険金額を下回ることがありません。


しかし、解約返戻金や満期保険金といった貯蓄機能については最低保証がありません。


このため、変額保険での積立額については期待をせず、必要な貯蓄はNISAやiDeCoなど他の方法をおすすめします。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング