定期保険は無駄?定期保険の仕組みを知って無駄かどうかを判断しよう

定期保険は保険を使う機会がないと、お金がかえってこないので、保険料が無駄になるという方もいます。しかし定期保険はお金がかえってこないからこそ割安な保険料で手厚い死亡保障をつけられるメリットがあります。定期保険は無駄なのか、この記事を通して考えてみましょう。

定期保険は無駄なのか

みなさんは、定期保険にどんなイメージをお持ちですか?


ご存知の方も多いと思いますが、定期保険とは掛け捨て型です。


定期保険の途中解約しても解約返戻金はほとんどないか、全くなしです。


さらに、無事に満期を迎えても満期保険金はありません。


デメリットに思えるそんな要素から「定期保険は掛け捨てだから無駄」と考える方もまだまだ多いでしょう。


ですが、定期保険は本当に無駄ばかりでしょうか。


今回は、定期保険が無駄だと思われる部分や、一方で定期保険の活用方法や必要性についてご紹介します。


それでは、是非最後までご覧ください。

定期保険が無駄だと感じるデメリット

さて、定期保険についてマイナスだと感じるところをいくつか挙げていきます。

定期保険のデメリットは以下の通りです。


  1. 定期保険は掛け捨て型であり、解約返戻金と満期保険金がない
  2. 定期保険は自動更新の度に保険料が上がる

それでは、それぞれのデメリットについてご紹介します。

定期保険は掛け捨て型であり、解約返戻金と満期保険金がない

まず、定期保険の特徴について、詳しくご紹介します。

定期保険は、死亡、高度障害状態になった場合に保険金が受け取れます。


主な特徴は、先ほど冒頭でのご紹介の通り”掛け捨て型”だということ。


さらに、一生涯にわたり保障される終身保険と違い、定期保険は保障期間が決まっているので更新を重ねていくことが保障の条件となります。


定期保険は保険料が安い分、貯蓄機能がないため、よって定期保険には解約返戻金がありません。


また、契約期間を満了したときにもらえる満期保険金もありません


ただ、定期保険は万が一の死亡に対して、家族の経済的な負担をカバーする保険です。


定期保険の最も重要な役割は、まさにここにあります。 


例えば、万が一に死亡した被保険者が一家の大黒柱だった場合、生活費が必要です。


専業主婦の方や小さなお子様がいるご家庭なら生活費に加えて、居住費、お子様の教育費用など多くの費用が必要です。


終身保険でも同様に活用できますが、保険料が高額になる傾向にあります。

定期保険は更新の度に保険料が上がる

定期保険は保障期間が終了すると同時に自動更新されることがあります。

この自動更新ですが、注意しなければならないことがあります。


定期保険はそれぞれの状況に合ったプランで保障を受けられることが強みですが、保障を軽減して保険料の負担を抑えられるのにそのまま自動更新してしまうと、同一の保障内容で更新されますので要注意です。

定期保険料は被保険者の年齢や保険料率によって決まります。

それでも、定期保険は無駄ではないメリット

さて、ここまで定期保険のデメリットをご紹介してきましたが、定期保険にマイナスイメージを持たれているのではないでしょうか。

しかし、定期保険にも”終身保険にはない”役立つメリットがきちんとありますので、ご安心ください。


それでは、以下の定期保険のメリットを順番にご紹介します。


  1. なんといっても保険料が割安
  2. 定期保険は無駄だと感じても’’小さな’’負担で’’大きい’’安心を買える
  3. 貯蓄だけでは賄えない、いざというピンチにはリスクを回避できる

なんといっても”保険料が割安”

定期保険に加入を決める大きな理由がこの保険料の安さではないでしょうか。

先ほど、定期保険には解約返戻金に期待はできないとご紹介しましたが、定期保険料が割安な理由はここにあります。


定期保険料は誰かの死亡保険金となっているイメージをしてもらうと良いかもしれません。

定期保険は無駄だと感じても’’小さな’’負担で’’大きい’’安心を買える

定期保険は貯蓄性がないから無駄だと感じる方も多いのは事実だと思いますが、決してそうではありません。 

定期保険は無駄だと感じても’’小さな’’負担で’’大きい’’安心を買える、一番の保険なのです。 


むしろ定期保険の特徴はここです!


無駄で済ませてはいけません。

貯蓄だけでは賄えない、いざというピンチにはリスクを回避できる

定期保険は、保険料を抑えて大きな保障を買うことができます。 

ですので、万が一の場合にのこされた家族が生活をきちんと送っていけるくらいの大きな貯金があれば、そもそも保険は無駄ですが、そうでない方のほうが多いと思います。


たとえば、1億円貯金がある家庭は限られていると思います。 


定期保険は、決して無駄ではなく、貯蓄だけでは賄えない、いざというピンチにはリスクを回避できるものなのです。  

金銭的にゆとりがないほど定期保険をフル活用するべき

前述のように、金銭的に余裕がないほど、定期保険を活用するべきであると一般的にはいわれています。 

定期保険は安くて、3000万円くらいの保障を何千円などで買うことができる保険会社もあります。


自分ではとてもではないですが、貯蓄ができない金額を保険で賄うことができるのです。


このような点でも、定期保険に加入しておくことは無駄なことではありません。 


ですので、貯蓄が十分でない、もしくは自分で貯蓄をする自信がない方こそ、この定期保険をフル活用して、万が一の場合に準備しておくと、定期保険は無駄なものではなくなります。  

まとめ:定期保険は決して無駄ではない

いかがでしたでしょうか。

定期保険が無駄とは言えないことがわかったかと思います。


定期保険はそれぞれの人生のポイントに合わせて割安な保険料で保障を手厚くできることが魅力です。


たとえ保険料の返還がなくとも、期間ごとに割安な保険料で定期保険に加入することは決して無駄ではありません。

生命保険は必要なの?と疑問をお持ちの方はぜひこちらをお読みください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング