生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

【本当にお得?】「掛け捨て」の定期保険をおすすめできるワケとは

いわゆる『掛け捨て』タイプの定期保険に関して、中にはあまり良いイメージを持たれていないという方もおられるかもしれません。しかし、定期保険は賢く活用すればお得であり、保障と節約の両方を達成できる優れものです。定期保険がお得だと言えるのは、確かな根拠があります。

定期保険って本当にお得なのか知りたい

私たちが加入できる保険の種類にはいろいろありますが、加入期間の違いによって、『定期保険』や『終身保険』に分類することができます。 


終身保険と定期保険の最大の違いは、保障が一生涯続くかどうか、という違いです。 


終身保険は生涯に渡り保障を受けられるのと異なり、定期保険は60歳、70歳までなど、加入期間が決まっています。 


一見すると一生涯保障される方が良いようにも感じるかもしれませんが、定期保険に加入することにも、確かなメリットがあります。 


それは具体的に、どのようなメリットなのでしょうか。

掛け捨て型の定期保険は実は”お得”なところ

ある方々は、定期保険…いわゆる『掛け捨て型』の保険は損、と思われているかもしれません。

知らないうちに保障が切れているのではないか…なんていうことを心配される方もおられます。

  

しかし、実は『保険料』と、それに対する『保障』という面を考えると、実は掛け捨て型はお得、と言えるのです。 


その「定期保険がお得と言える理由」を、まず2つ挙げてみます。

定期保険の最大のメリットは保険料の安さ

まず1つ目に、定期保険のメリットと言えるのが『保険料の安さ』です。 

私たちが支払う保険料は、その保障内容が充実しているほど、基本的に高額になります。


一か月単位で見るとそうでもない、と思われるかもしれませんが、年間で計算すると、かなりの負担になっていると気付くこともあります。


そして、本来であれば万が一に備えるための保険が、家計をいつの間にか圧迫している…という『リスク』にもなり得てしまいます。


確かに将来の病気やけがに備えることは大切ですが、支払いがかさむことによって今の生活に悪影響を与えてしまうなら、元も子もありません。 



基本的に、掛け捨てタイプの保険は保険料が安くなっており、月払いで見ても終身型の保険より大幅に月々の保険料支払いが安く設定されていることがあります。 


掛け捨てタイプには解約返戻金がない、というのも安い理由の一つですが、その分低収入であっても加入しやすく、保険に加入する本来の目的を達成させやすい、と言えます。 


年間、または5年…10年のスパンで保険料を考えた時に、確実に定期保険の方が、お得と言えるのです。

定期保険は終身保険と違い掛け捨てだから、途中解約して乗り換えがしやすい

お得だと言えるもう一つの理由に、『保険を乗り換えやすい』という理由があります。  

先述しているように、終身型及び貯蓄型の保険では、解約返戻金を受け取ることができますが、あくまで長期間にわたって加入するということが前提のため、早期解約は元本割れしやすい、というデメリットがあります。 


そのため、短期間で乗り換えると結果的に損となってしまうため、そういったしがらみのない定期保険は、状況や環境の変化によって乗り換えやすい保険、と言えます。

定期保険をお得に活用する方法

定期保険は、提供されている保険のタイプそのままでも充分にお得なものが多いですが、より安く、賢く活用するために、どのような方法があるでしょうか。 

2つの点を、取り上げてみます。

子育て世代は定期保険で保険料を抑えて、大きな死亡保障をつける

保険料が上がれば、その分保障が充実した保険に加入することができる…という見方もあります。 

確かに、保険料がある程度高額になっても、できるだけ有事の保障を充実させたい、と思われる方もおられることでしょう。

しかし、それは『無駄に出費が増える』というリスクにもなり得ます。

「万が一のことが必ず起きる」ということを前提にしてしまっているからです。


特に子育てをしている世代の方にとっては、子どものために掛かる費用はどんどん増えていきますので、できるだけ他の部分…いわば、自分に関わることの面では出費を抑えたい、と思われることでしょう。 


ですからそういった方にとっては、死亡時にある程度大きな保険金を受け取ることができる定期保険に、安く加入することが、より良い選択である場合があります。

定期保険で割安な保険料で葬式代だけ確保するという選択も

被保険者が死亡した際に、どうしても考慮しなければならない点が、いわゆる『葬儀代』のことです。 

葬儀代にどれくらいの金額がかかるか、いつ必要になるのか、という点はあらかじめ予想することが難しいため、その分を目的として貯蓄しておくのも難しい、と感じる方もおられます。 


基本的に死亡時の保険金は、比較的すぐに受け取ることが出来ますので、葬儀の費用を賄うことができる、という点でも、定期保険の加入にはメリットがあります。


まとめ

世の中に様々な種類の保険がある中で、 
  • 毎月支払う保険料が安い 
  • 乗り換えがしやすい 
  • ピンポイントな目的での保障を付帯できる 

などの理由で、定期保険に加入することには「お得」以上の、確かなメリットがあります。 


保険における、出費のリスクをできるだけ抑えたい、という方は、ぜひ定期保険への加入を考えられてみてはいかがでしょうか。


ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説