生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

定期保険の解約返戻金はなぜないの?仕組はどうなっているの?

定期保険といえば、掛け捨て保険ですので解約返戻金は原則ありません。でもなぜ定期保険の場合は、終身保険などと違って解約返戻金がないのでしょうか。それぞれの商品の特長や解約返戻金の仕組を確認しながら理解を深めてゆきましょう。

解約返戻金ありの定期保険が存在する?

定期保険」と言えば、別の呼び方で「掛け捨て保険」とよく言われています。

割安な保険料で、大きな保障額を確保することができる点が大きな魅力ですが、一方で途中で解約しても解約返戻金はほとんど返ってこない商品です。


「少しでも解約返戻金があれば」「満期金もあったらなあ」と、感じている方も多いのではないでしょうか。


では、なぜ定期保険には解約金が出ないのでしょうか。解約返戻金ありの定期保険は存在するのでしょうか。


ここからは定期保険や解約返戻金の仕組について解説してゆきます。

定期保険の仕組み:満期のある掛け捨て死亡保険で、基本的に解約返戻金がない

まずは定期保険の仕組から解説してゆきます。


定期預金は予め一定期間のみ保障期間を決めたうえで契約をする保険です。


保険料を支払っている期間のみ保障を受けることができます。


保険料は掛け捨てです。生命保険における死亡保障の部分を取り出した保険と考えることができます。


加入期間の決め方には2種類あります。


  1. 年満了型・・・何歳から定期保険に加入してもそこから10年・20年というように契約期間を定められている定期保険です。
  2. 歳満了型・・・ 何歳から加入しても60歳・65歳・70歳満期など契約の満了日が定められている定期保険です。

期間の満了時には、更新も可能です。


生命保険の場合、満期で契約が終了してしまうとすると、契約終了直前にお金に困った人が自殺したり、保険金目当てで殺人事件を起こしてしまう恐れがあるためです。


更新の際には、当然加入時より年齢も高くなり、死亡リスクも高くなるため、保険料が上がります。


年満了型を選ぶ場合、通常更新型をとっています。


更新の際には当初加入時のような医師の診断は不要です。


期間の満了時に、本人が生存していた場合でも満期保険金などの受取はありません。


満期のある掛け捨て死亡保険です。


掛け捨ての保険ですので、途中で解約した場合の解約返戻金は原則ありません。


解約返戻金のある生命保険といえば、終身保険

解約返戻金のある生命保険といえば、終身保険です。

終身保険の特徴は

  • 契約後、保障期間は一生涯です
  • 解約返戻金が溜まり、貯蓄性がある商品です
  • 定期保険と比べ同じ保障額の場合は保険料が高くなります

「一生涯保障が続く」「貯蓄性がある」ことから、「お葬式代」「相続対策」「老後資金準備」などに活用されます。


解約返戻金があり、貯蓄性があることから運用商品としての魅力もあります。



全期型定期保険なら、加入して早期に死亡した場合、解約返戻金が少し発生するケースがある

定期保険の中にも解約返戻金が発生することがある保険もあります。

「全期型定期保険」です。「全期型」は「更新型」と比較すると理解しやすいかもしれません。


通常の定期保険は「更新型」が多く、例えば子供が社会人になるまでの一定期間、家族の生活を保障するために大きな保障額を用意する目的で、割安な保険料で大きな保障を確保するという使い方をします。


一定期間を経過後も保障が必要な場合、保障を更新してゆくというものです。


更新の際には契約時年齢が高くなるので保険料も高くなります。


若いうちは比較的低めの保険料で済みますが、徐々に保険料が上がる仕組みです。  


全期型定期保険は保険料が一定のため、年齢の若いうちは少し高めの保険料を支払っている

反対に保険期間が長期に渡るものを「全期型」といいます。

全期型の定期保険は必要な契約期間を予め設定し、その期間内は、保険料が一定です。30年の保険期間であれば、同じ保険料を30年間支払うことになります。


若いうちは少し高めの保険料を支払うことになりますが、全期間支払額が変わらないため、年齢が上がるにつれ、保険料としては定期保険等に比べ割安になります。


また同じ期間加入するとしても、総支払額は全期型定期保険の方が少なくて済みます。



早期に死亡すると、余分に支払った保険料を解約返戻金として受け取れるケースがある

全期型定期保険の場合、早期に死亡すると、余分に支払った保険料を解約返戻金として受け取れるケースがあります。

保険料としては全期間同じ保険料を支払っていますが、例えば死亡率は若い時は低く、年齢が上がると高くなります。


すなわち若い時期は、死亡率に応じた保険料より、余分に保険料を支払っていることになります。


そのため早期に死亡した場合、リスクの低い時期での死亡となりますので、支払っている保険料と、死亡保険料との差額が発生することになり、余分に支払った保険料を解約返戻金として受け取れるケースがあるのです。

定期保険の解約返戻金はない、もしくはほとんどないことで、割安な保険料で高額な死亡保障をつけられる

定期預金の特長は割安な保険料で大きな保障を確保するというものです。

一定期間において大きな保障を確保するという点が魅力であり、その点を重視した設計になっていると言えます。


保障期間も一生涯ではなく一定期間に限定していまます。期間が長期にわたる場合、死亡のリスクは当然高くなります。


期間を短期にすることで、死亡リスクが高い年代を除いて計算すれば、リスクは下がり死亡保険金の準備も少なくて済みます。


リスクが下がればそれに対する保険料も少なくて済むといえます。

一方で途中で解約したときの解約返戻金はほとんどありません。


こうした仕組みから割安な保険料で大きな死亡保障をつけることができるのです。




定期保険の場合、保険会社に支払った保険料は他の人の死亡保障に利用される

定期保険の保険料は「死亡保険料」+「付加保険料」と呼ばれるもののみで、「貯蓄保険料」という部分の余り部分は返金される仕組みとなっています。そのため基本的に定期保険の解約返戻金はゼロということになります。


もう少し言い換えると、定期保険の場合、保険料は「死亡保険料」「付加保険料」からなり、他の誰かの死亡保険金として支払われる仕組みになっています。

  

「貯蓄保険料」などを省いた設計になっているため、割安な保険料と大きな保障を実現できるものです。



終身保険はいずれ死亡保険金か解約返戻金を支払う見込みで保険料が設定されているため、割高

終身保険は、一生涯保障が続く保険です。


すなわちいつか必ず保険金を支払わなければならないため、将来のどこかで発生する保険金支払いに対して保険料をためておく必要があるのです。


そのため解約にあたり発生する解約返戻金は、これまで支払ってきた保険料から、加入期間における死亡保険料や運営コストなどを引いた残り部分に、運用益を加えたものが戻ってくることになります。


 一定期間に死亡するとは限らない定期保険は、そうした備えは少なく、貯蓄保険料の余り部分は返金されるため、解約返戻金は発生しない仕組みになっています。

終身保険は、一生涯保障が続く保険ですので、いつかどこかで必ず発生する保険金支払いに対して保険料をためておく必要があります。


そうした理由から、いつか必ず死亡保険金や解約返戻金を支払うことを見込んで保険料が設定されております。終身保険の保険料が定期保険に比べ割高になっているのにはこうした理由があるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


定期預金は掛け捨て型の死亡保険で、解約返戻金はありません。


割安な保険料で大きな保障を確保するという特長を活かすものです。


終身保険は保障が一生涯続く保険で、解約返戻金もあります。


保険料は割高ですが貯蓄性もあります。


どちらが有利ということよりは、定期保険と終身保険等と組み合わせながら使うことで、それぞれの商品の特長部分を活かすことができます。


組合せのパターンは、webサイトや相談窓口でシミュレーションしてみるとよりわかりやすいので、時間があればぜひお試しください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説