生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

収入保障保険と所得補償保険は内容が違う!2つの保険を徹底解析!

収入保障保険と所得補償保険は、似ているような商品名のため、間違われやすく同じ保険だと思わがちです。しかし、収入保障保険は死亡した場合に遺族へ遺される死亡保険であり、所得補償保険はもしも働けなくなったときに、自分自身が受け取る保険です。この2つを徹底解説します。

間違えやすい収入保障保険と所得補償保険について違いを比較解説!

収入が途絶えてしまったときのリスクに備えて加入しようとして、収入保障保険や所得補償保険を検討された方もいるかもしれません。

しかし、収入保障保険と所得補償保険は全く異なる保険となっていることをご存知でしょうか。

似たような名前のため、間違われやすい2つの保険ですが、実は大きな違いがたくさんあります。

収入が途絶えたときのために加入するという意味では似た保険ではありますが、生きて保険金を受け取るのか、遺族が受け取るのかという大きな違いがあります。

もし、間違えて加入してしまったら、いざというときに必要としていた保険とは違っていたというようなことがないように、両者の違いを比較しながら解説していきます。

収入保障保険と所得補償保険の違い

収入保障保険は、生命保険会社で万が一のときの保障として、遺族に死亡保険金を支払うという保険内容です。

一方、所得補償保険とは、損害保険会社が販売している保険で、病気やけがなどによって働けなくなってしまったときの収入を補償するという保険内容となっています。



商品名の保障と補償には、それぞれ違いがあります。
  • 保障:万が一のときのために、遺族に収入を「保障」するという意味
  • 補償:収入が途絶えてしまうという「損害」として補償するという意味
まずは、この保障と補償の違いを理解しておく必要があります。

この違いで、この2つの保険は大きく異なるということがわかります。

加入目的や保障内容の違い

もし、世帯主に万が一のことがあったり、もしくは病気やけがによって働けなくなったときには、収入が途絶えてしまい、家計に大きく影響を及ぼします。

そのようなリスクを踏まえ、加入するのが保険になります。

その際、どのような目的で加入するのかによって、収入保障保険か所得補償保険かの違いがでてきます。

  • 万が一のときの死亡保障を準備するなら「収入保障保険」
世帯主に万が一のことがあった場合、収入が突然途絶えてしまうので、その収入を死亡保険として一時金ではなく、年金タイプで受け取ることになります。

  • 病気やけがなどで働けなくなったときのためなら「所得補償保険」
一時的に働けなくなり、収入がなくなってしまったり減収となってしまったときのために、その収入の補填として受け取ることになります。

保険金額の違い

収入保障保険に加入する場合、生命保険ですので保険金額を設定することになります。

この際の保険金額は、一般的な生命保険の死亡一時金とは違い遺族が受け取る年金額を設定します。

一般的な死亡保険であれば一時金で3,000万円などといった保険金額が設定され、受け取れる金額が決まっていますが、収入保障保険の場合、どの契約からどれくらいの期間が経過しているかによって、受け取れる死亡保障の金額が変わります。

たとえば、夫が30歳で月額20万円として60歳までの保険期間プランに加入した場合、40歳で死亡した場合には遺族が毎月20万円を20年間受け取ることになります。この場合の死亡保険金額の総額は、4,800万円です。

しかし、50歳で死亡した場合は、10年間の受け取りとなるため、2,400万円の死亡保障となります。

逆に所得補償保険は、生きているけれども働けないといった状態のときに支払わられる保険ですので、平均月額の収入金額を保険金額として設定することになります。


保障期間の違い

収入保障保険の場合、一般的に長期的な保障期間で設定されるケースが多くあります。

子供が多きくなるまでの間は保険料を一定額にしたいといったケースであれば20年の保障期間に設定したり、定年までの間を保障期間とする場合は30年などといった長期的な保障期間となります。

一方で、所得補償保険は、1年から2年といった短期の保障期間が一般的です。
この場合、保障期間が終了するときに更新して契約することで保障期間を更に得ることができます。

また、保険期間満了を年齢で設定する長期契約があります。

ただし、所得補償保険の長期契約タイプは、免責期間が設けられており、プランによって60日から180日間の免責期間となっています。

加入条件の違い

収入保障保険は、生命保険であるため健康上で問題がなければ、加入することが可能です。

生命保険の場合、保険継続が可能か確認するため、契約者は年収を告知するケースが多くあります。しかし、無職であっても資産があれば、加入することができます。

一方で、所得補償保険は収入がある人しか加入することはできません

所得補償保険は働けなきくなったときのためにある保険なので、仕事に就いているということが加入の前提となります。

したがって、加入する際には仕事内容を告知する必要があります。

生命保険会社か損害保険会社かの違い

収入保障保険は、非保険者に万が一のことがあった場合、年金のように毎月保険金を受け取ることができる保険ということがわかりました。

死亡保障を準備するということから考えれば、生命保険会社が販売していることになります。

逆に、所得補償保険は、なんらかの要因で就業することができなくなり、その際に保険金を受け取ることになります。

収入を補うということになりますので、損害を補償するという考え方になります。

このように考えると、所得補償保険は損害保険会社が販売しているということがわかります。


収入保障保険か所得補償保険か、それぞれ必要な人の特徴とは?

  • 万が一のときに、遺族への保障を準備する「収入保障保険」
  • 働けなくなったときに、自分が受け取れる「所得補償保険」

収入保障保険と所得補償保険は、全く異なる保険となっていますが、加入する際には、必要とする内容がポイントとなります。

どのようなときに、保険を必要とするのかを考えることによって、「収入保障保険に加入するのか」それとも「所得補償保険に加入するのか」が決まります。

収入保障保険:子供のために死亡保障をつけたいけどなるべく安く抑えたい方

子供がまだ小さい場合、成長過程でかかる教育資金を準備していく必要があります。
同時に、万が一のときのことを考えて、死亡保障を準備することが一般的です。

しかし、一般的な死亡保障は10年更新タイプが多く、子供の教育資金が一番かかる高校や大学のときに、親の生命保険の更新が必要となり保険料が上がってしまうケースがあります。

このような場合、子供が生まれたら20年の保険期間で収入保障保険に加入することで、子供が成人するまで更新期間を迎えることを伏せぐことができます。

また、一時金で受け取る保険金タイプの死亡保障よりも、年金タイプの保険である収入保障保険の方が、保険料を安く抑えることができます

所得補償保険:独身など死亡保障は不要で、病気や怪我などの収入減を保障したい自営業の方

独身の自営業者や、近年増えてきているフリーランスをしている場合は、死亡保障よりも自身が病気やけがなどによって働けなくなったときのリスクに備えておく必要があります。

直近12カ月の平均月収額を算出し、所得補償保険に加入することで、もしも仕事ができなくなったとしても、収入を補償してもらうことが可能になります。

長期契約の場合は、免責期間が長く設けられているので、一般的な1年更新の所得補償保険に加入することで、毎年更新が必要となりますが、もしものときのリスクに対する補償を持つことができます。

まとめ

収入保障保険と所得補償保険は、似ているように思われがちですが、保険の内容は全く違います。

どちらの保険に加入するかは、保険に加入する目的によって違います。

  • 遺族へ遺す保険なら「収入保障保険」
  • 自分が受け取るなら「所得補償保険」
万が一といっても、「死亡」の場合と「病気やけがで働けなくなる」場合があります。

もしものときを考えて加入するのであれば、両者の保険の違いを良く理解し、必要な保険に加入するようにしてください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説