生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

生命保険や医療保険の必要性って?どのような人が加入しておくべき?

生命保険や医療保険に加入を検討している方で、必要性について考えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、生命保険や医療保険の必要性について、わかりやすく解説していきます。生命保険や医療保険への加入を検討している方はぜひご覧ください。

生命保険と医療保険の必要性を解説!

生命保険医療保険への加入を検討している方は多いでしょう。


しかし、実際に生命保険や医療保険の必要性を理解できていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで今回は、生命保険や医療保険の必要性について、わかりやすく解説していきます。


生命保険の必要性を考察!生命保険は契約者が死亡したときの保障を目的とした保険である

まずは、生命保険の必要性について考えていきましょう。


生命保険は、契約者が死亡した場合に保険金が支払われる保険のことです。


それでは、どういった人には生命保険への加入が必要になってくるのでしょうか。


生命保険の必要性が高い人の特徴についてまとめてみました。

自分が死亡した場合に家族の生活が成り立たなくなるような人や扶養家族がいる人など


まず、生命保険の必要性が高い人として挙げられるのが、自分の給料で生活している家族がいる人です。


もしも自分に万が一のことがあった場合、残された家族の生活費が不安だという方は、生命保険に加入する必要性が高いといえるでしょう。


例えば、子供がまだ小さく、妻が専業主婦の世帯の世帯主の方の場合、世帯主が亡くなった後は、子供の教育や家族の生活費を捻出することが難しくなります。


扶養家族がいる方は、生命保険に加入しておく必要があるでしょう。

生命保険の貯蓄機能や相続対策の機能を考えると必要性が発生してくることも!

生命保険は、万が一の場合に保険金が受け取れる保険ですが、実は、貯蓄機能も備えています。

実際の生命保険商品の貯蓄機能をご紹介しましょう。


  • 契約者年齢30歳 保険期間:終身 保険料払い込み期間:60歳払い済みの場合
  • 保険金額 500万円 
  • 月額保険料 10,870円
  • 払込保険料総額 3,913,200円
  • 払込期間終了直後の解約返戻金 4,301,850円(返戻率109.9%)

このような商品の場合、万が一の場合には500万円の保険金を受け取ることが可能ですし、60歳の時には支払った保険料以上の解約返戻金を受け取ることが可能なのです。


つまり、生命保険は老後の資金形成にも役立ちます。


また、生命保険は相続税対策の機能もあります。


残された家族の生活を保障することを目的として加入するのが生命保険です。


そのため、死亡保険金には、「500万円 × 法定相続人の人数」の生命保険非課税枠が設けられています。


生命保険には、万が一の場合の保障だけでなく、貯蓄機能や相続税対策機能もあるのです。

次に医療保険の必要性を解説!医療保険の必要性が高い人の特徴などをご紹介!

続いては、医療保険の必要性について解説していきましょう。


病気や怪我は、いつ、だれに起こるのかわかりません。


医療保険は、病気や怪我による入院費用や手術費用を保障してくれる保険です。


病気や怪我に備える医療保険の必要性が高い人とはどのような人なのか、考えていきましょう。

現在あまり貯蓄ができていない人は医療保険に加入する方がおすすめ!

医療保険に加入していないと、入院や手術にかかる費用は、全額自己負担しなければなりません。


医療保険に加入しておくことで、入院費用や手術費用の保障を受けることができます。


貯蓄が十分にできていない場合には、いきなり医療費を自己負担することが難しいのではないでしょうか。


病気や怪我はいつ起こるかわかりません。


現在貯蓄があまりできていないという人は、いつ起こるかわからない病気や怪我による医療費の負担に備えるためにも、医療保険へ加入しておく必要性が高いといえるでしょう。

病気・怪我の不安がある人、自分が稼ぎ頭で収入が止まると困る人など

職業柄、もしくは家系から、病気や怪我への不安がある人は、医療保険へ加入しておくと安心です。


また、貯蓄が十分にある場合でも自分が稼ぎ頭であり、収入が止まると貯蓄で生活費を賄う必要がある人は、医療保険に加入しておく必要性が高いでしょう。


もしもの病気や怪我に備えて、少しでも不安な要素がある場合には、医療保険に加入する必要性が高いといえるのです。

まとめ

さて、今回は、生命保険医療保険に加入する必要性についてご説明してきましたが、いかがでしたか。


今回の記事のポイントは以下の通りです。


  1. 生命保険は死亡した場合に保険金が受け取れる
  2. 扶養家族がいる人は生命保険の必要性が高い
  3. 生命保険には貯蓄機能や相続税対策機能もある
  4. 医療保険は病気や怪我による医療費の保障を受けられる
  5. 貯蓄ができていない方は医療保険の必要性が高い
  6. 病気や怪我に不安がある方、稼ぎ頭の方は医療保険の必要性が高い

生命保険や医療保険は、さまざまな保険会社からさまざまな保険商品が販売されています。


自分の状況を踏まえて必要性の高さも考え、どのようなプランで契約するべきか、よく検討して加入するようにしましょう。


家族のためにも自分のためにも、生命保険や医療保険で、万が一の場合やもしもの病気や怪我に備えておく必要があるのです。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説