生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

生命保険と医療保険の必要性のその特徴とともに解説します!

日本人の90%以上の方が加入しているといわれる生命保険。とくに医療保険の加入率は高いものになっています。こんなにも多くの方が加入している生命保険、医療保険ですが、その必要性はあるのでしょうか?今回はこの生命保険、医療保険の必要性にスポットを当てて解説します。

生命保険と医療保険の必要性を解説!

生命保険や医療保険は本当に必要なのか疑問をお持ちでいること、そしてこれから加入しようと考えている方も、生命保険や医療保険の必要性について疑問を持たれている方が、おそらくこの記事を読んでいただいているかと思います。

 現実に、「生命保険や医療保険は無理やり無駄なものに入らされる」というようなネガティブなイメージがあります。


生命保険や医療保険は実際に、「大切な人の万が一にその方にとって大切な方に、お金というかたちでのこしてあげる」という、大事な大事な役割を担っています。


今回は、そんな生命保険と医療保険の必要性を解説していきたいと思います。

生命保険の必要性を考察!生命保険は契約者が死亡したときの保障を目的とした保険である

まずは、なんといっても生命保険の必要性について、考えていきたいと思います。


生命保険は、「大切な人の万が一にその方にとって大切な方に、お金というかたちでのこしてあげる」という、大事な大事な役割を担っています。このことをまず頭にいれてくださいね。

自分が死亡した場合に家族の生活が成り立たなくなるような人や扶養家族がいる人など

生命保険に入っている場合と、入っていなかった場合、もし一家の大黒柱に何かあった時に残される家族の生活は全く違ったものになります。 


ある日、ご主人様が、突然万が一のことがおこってしまうなんて想像は中々できないものです。そして、その確率も決して高くはありません。


しかし、その確率はゼロではないのです。言い換えると、誰にでも起こりうると言えます。まだ生きてさえいれば、まだ家族で支えあって乗り切ることもできるでしょう。生きているというだけで、精神的な支えはとても大きいです。


しかし、もし死んでしまえば、できることはありません。くどいかもしれませんが、「愛する家族を守る」という生命保険の意義を、しっかりとお考え頂ければ幸いです。

生命保険の貯蓄機能や相続対策の機能を考えると必要性が発生してくることも!

さらに、生命保険には、「保障」と「貯蓄」という機能をもったものも存在します。

なので、たとえば、生命保険の「保障」機能だけではなく、「貯蓄機能」を重視することにするのであれば、おすすめなのが、終身保険です。


これは、保障と貯蓄の両方が兼ね備えられた、一生涯の保障をもった生命保険です。なので、解約をしない限り、毎年保険で貯金をしているようなものです。



終身保険でとくに貯蓄性の高いものでおすすめなのが、「低解約返戻金型終身保険」です。言葉だけ見るとややこしそうだと思われるかもしれませんが、難しい商品ではありません。 簡単にお伝えすると保険料をしっかり払っていくとお金が増え、死亡保障にもなる保険です。


この保険は運用によってお金が増えたり、減ったりはせず、固定されていますので安定して積立をすることができます。そして保険料を設定した期間まで払込みを終えればお金が増えます。


さらに、生命保険は相続対策にも活用することができます。

最近は、終身保険を活用した「生前贈与」が流行っているようです。

毎年110万円までの贈与税の非課税枠を活用して、税金を払うことなく、子供や孫に現金を贈与し、その現金をもとに、終身保険をはじめとして、貯蓄性の生命保険に加入するというやり方です。

こうしておくことで、生前に財産を減らし、相続税を軽減させておくのです。

次に医療保険の必要性を解説!医療保険の必要性が高い人の特徴などをご紹介!

次に、医療保険の必要性について解説をしたいと思います。


結論から申し上げると、日本には公的な医療保障が充実しているので、医療保険の必要性はあまり重視されていないのが現状です。


たとえば、日本は国民皆保険により国民全員が以下のように厚い医療保障を受けられるようになっています。 


  • 3割負担:健康保険証を病院の窓口で出すと3割負担(現役世帯)になり、なおかつ高額療養費制度により、1か月の医療費自己負担に上限があるので医療費の自己負担が高額にならない。 
  • 高額療養費制度:公的医療保険では窓口で70歳未満の現役世帯は3割負担となります。ただ医療費が高額になってくると負担が大きくなってくるため1か月の自己負担の上限が定められています。

一定額を超えた場合に払い戻しが受けられる制度を「高額療養費制度」といいます。高額療養費の払い戻しに関して、補足で説明させて頂きます。


例えば、 1ヶ月間に同一医療機関に支払った医療費総額が500,000円(3割負担で150,000円)だった場合に受けられる払い戻し額は、67,570円になります。そのため、治療費が500,000円かかるものが、実質の負担額は82,430円で受けられるようになります。

現在あまり貯蓄ができていない人は医療保険に加入する方がおすすめ!

上記のとおり、日本に住むわたしたちは、公的医療保険により自己負担額が高額になりにくくなっています。そのため、何か病気をしたとしても現在の貯蓄で医療費を支払えるなら、医療保険の必要性は少ないと思います。


しかし、現在現在あまり貯蓄ができていない人は医療保険に加入する方がおすすめします。

なにかあったときに、手出しが発生し、現金がないなんてことになると困りますしね・・。


さらに、せっかく貯めてきた貯蓄を切り崩さないといけないのが嫌な方も、医療保険の加入の必要性はあるかもしれません。医療保険に加入をしていないと、全部自分で負担しなければなりません。月々積立をしてお金を貯めても入院したらそこから支払わなければいけません。


このような方は、医療保険に加入をすることで貯蓄を守ることができますから、医療保険の必要性はあるといえますね。

病気・怪我の不安がある人、自分が稼ぎ頭で収入が止まると困る人など

さらに、病気・怪我の不安がある人、自分が稼ぎ頭で収入が止まると困る人なども、医療保険への加入の必要性は必然的にあるかと思います。


病気・ケガに不安がある方、自分が病気をすると困る方を想像してみてください。それは決して他人でなくても、自分でも良いのです。自分の入院中に収入が止まったりして、不安はありませんか?


さらに、同じことの繰り返しになってしまうかもしれませんが、自分が稼ぎ頭で収入が止まると困る人も、医療保険の加入の必要性はあるかと思います。


やはり、「医療保険=収入の補てん」と考えると、おのずとその必要性は理解できるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

生命保険と医療保険の必要性への考え方は人それぞれですし、その人その人のライフスタイルによってその必要性は当たり前ですが、異なります。

この記事が、現在加入やその必要性に迷われている方の参考になると幸いです。


ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型終身保険の知っておくべきメリットとデメリット
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説