生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

定期保険に入るなら女性特有のリスクをカバーするものを選ぼう!

定期保険というのはいわゆる「掛け捨て」の保険で、一定期間のみ有効な保険です。その分保険金額が安いので女性にもおすすめです。女性が定期保険に入るのなら、女性特有のリスクもカバーした保険を検討してみませんか?終身保険との違いもご説明します。

万が一のときに!定期保険に加入して女性特有のリスクに備える準備をしよう

定期保険は別名「掛け捨て」といわれる保険です。

保険期間が決まっていて、この期間内に病気やケガをした場合に保険料が支払われるものです。


掛け捨てですので保険期間が過ぎると病気やケガをしても保障対象にはなりません。


定期保険は保険料が比較的割安で、大きな保障が確保できます。


女性特有の疾病に対する特約等をつけることで、女性特有のリスクに対する準備を進めることでできます。

女性の保険は男性とは違ったケアや備えが必要とされます

女性の保険については、近年生命保険会社各社が女性向け保険ということで積極的に商品開発を行っています。


内容は、通常の医療保険に女性疾病特約が標準附帯された商品を示すことが多いです。


通常の病気やケガはもちろんのこと、女性特有の疾病である、乳がんや子宮がんなどに罹患したときに手厚い保障を受けられるような保険になっています。

近年、20代女性の保険への加入率が増えている

近年、20代女性の保険への加入率が増えています。

背景としては、


①有名タレントの影響

アンジェリーナジョリーさんや小林麻央さんなど、女性特有のがんに関するニュースがテレビ等で取り上げられました。こうした情報の影響で20代の女性も女性特有の疾病に対する関心が高まっています。


②女性の社会進出

女性の社会進出は進んでおり、働く女性も増えています。また結婚してからも仕事を続けて、家計を支える女性も多くなっており、病気やケガに対する経済的な保障を考える女性も増えています。


③ライフイベント

20代からは、女性にとっては「妊娠」「出産」などのライフイベントを控えた時期になります。この時期は体調管理も難しくなる時期で、病院などに係るケースも増えてきます。こうしたイベントの後に保険に加入するよりはその前に加入しておこうという女性が増えています。

女性疾病の対象範囲を比較し定期保険を考えてみよう

女性疾病の対象版を比較し定期保険を考えてみます。


女性・男性と分けるわけではありませんが、女性疾病が付くことでどの程度保障の範囲が広がるのか確認してみましょう。


女性特有の病気とは一般的に下記の病気を示します。


帝王切開・子宮筋腫・子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣機能障害・子宮脱・妊娠高血圧症候群・子宮外妊娠・乳腺症・切迫流産・子宮頸がん・子宮体がん・膣がん他

毎月の定期保険!死亡年齢に違いがあるため女性の方が男性より保険料は安い?

定期保険の保険料は、同じ年齢で同じ定期保険に加入したときの保険料を比べると、女性の方が男性より保険料は低いのでしょうか。

結論は”女性の方が保険料は低い


男性と女性の平均寿命を比較すると女性の方が平均寿命は長いです。


同じ年齢の男性と女性であれば、死亡率は男性の方が高く、女性の方が低くなります。


すなわち男性より女性の方が保険料は安くなります。

定期保険は毎月支払うお金が増えてしまうこともある

定期保険については、女性疾病特約が付くことで、一般の保険に比べ、保障内容が充実します。

その分保険料が高くなってしまう場合もあります。


純粋に保険料のみであれば男性より女性の方が保険料は安くなりますが、特約等を多く付け、保障内容を充実させると、保険料が高くなる場合もありますのでご注意ください。

女性にとって、定期保険と終身保険どちらがおすすめか

女性にとっては定期保険と終身保険のどおちらがお勧めなのでしょうか。

定期保険は、一定期間割安な保険料で大きな保障をつけられるタイプの商品です。


一方で解約返戻金がなく、更新時には保険料が上がる点には注意が必要です。


終身保険は保障が一生涯続く商品です。貯蓄性も高く、解約返戻金もあります。


一方で保険料は定期保険に比べると高く、運用コストも高くなりがちです。


どんな方にどちらが向いているのか検討してみましょう。

まだ保険に未加入で、子供がいる女性なら、定期保険がおすすめ

まだ保険に未加入で、子供がいる女性なら、定期保険がお勧めです。

まだ保険に未加入ということでしたら、掛け捨てですが、低い保険料で必要な保障を確保してゆくことができます。


特に子供がいる場合、万一のことがあったとき、残された家族が生活してゆけるような保障額を確保するのであれば、定期保険がお勧めです。


また働く女性にとっては、医療保険・がん保険などを、掛け捨てでも低い保険料で利用できる点は安心です。保険料控除も活用できるので実質の負担は大きくはありません。


ライフスタイルの変化に対応しやすい点も魅力です。

独身など子供がおらず、まだ若い女性なら、定期保険より貯蓄性のある終身保険がおすすめ

独身など子供がおらず、まだ若い女性なら、保険料の安さより、貯蓄性も兼ね備えた保険が適しているでしょう。


早い時期から加入すれば割安に加入できることもありますし、一生涯の保障を確保しておくのも安心です。

まとめ:女性が損しない保険の選び方とは?

女性が損しない保険選びは、年代や家族構成に合わせた、必要な保障内容を確保することから始まります。

結婚の有無・年代・子供・仕事の有無により必要な保障は変わってきます。


通常の医療保険や終身保険等を中心に、女性特有の疾病に対する保障をつけてゆくことが大切です。

近年女性のこうした保険に対する関心は高まっております。サービスや保障内容も今後選択の幅がもっと広がってゆくでしょう。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説