収入保障保険と相続税、所得税、お得な方法について知っていますか?

収入保障保険は、生命保険のひとつです。この収入保障保険の保険金の受取は、相続税の対象となります。また受け取り方によっては、相続税だけでなく所得税の対象にもなります。どちらの税金を支払うほうが、損をしないですむのかご存知ですか?

収入保障保険の保険金にかかる相続税は小さい?

家族のうちどなたかがなくなると、相続という問題が発生します。

すでにある現金、住居、それぞれの権利などをどのように分けるかということになります。


そして、相続をすると「相続税」という税金が発生します。

9割の世帯で加入している生命保険についても、保険の種類やその契約の仕方によっては、相続税の対象となります。


収入保障保険という保険があります。

この収入保障保険という保険は、一時的に保険金を受け取る保険ではありません。


相続税のかかり方は、終身保険などとはことなるのか?という疑問を持たれる方がいます。


どのような相続税がかかるのかを説明していきます。

契約者と被保険者が同じ人で、受取人が異なる場合に、収入保障保険の保険金に相続税がかかる

契約者と被保険者が同じ人で、受取人が異なる場合には、保険金には相続税がかかることとなります。

なぜ、このような書き方をするのか、というところから説明します。


契約者と被保険者が同じ人で、被保険者が受け取る場合が考えられます。

これは、収入保障保険が高度障害時も保障をしているからです。

この高度障害時で収入保障保険金を受け取る場合には、税金はかかりません。


あくまでも「被保険者」の死亡による保険金の受け取りについて、相続税が発生することとなります。

収入保障保険の保険金の受け取り方(一括受け取りと年金受け取り)と相続税の関係

また、収入保障保険の保険金の受け取り方により相続税も変わってきます。

受け取り方としては、「一括受取」といって一時金として受け取る場合と、「年金払い」という月払いとして保険金を受け取る、年払いとして保険金を受け取るなどがあります。

一括受け取りの場合は、全額相続税の対象となるが、相続税の控除枠が大きい

生命保険には、控除という言葉がいくつか使われます。

まず、第一には生命保険料を支払っている際に使われる生命保険料控除です。これは収入保障保険にも活用できます。

生命保険による自助努力から税金が控除される仕組みとなっています。


また、死亡時や保険金を受け取る際に相続税がかかることとなります。

この相続税には控除額があります。

相続税の控除としては、基礎控除3000万円+相続人1名あたり600万円 となります。

この金額が基本的には控除できる額となります。


また配偶者が相続をすることのために、「配偶者特別控除」として1億6千万円までの相続税からの控除が認められています。

相続税の控除を多く使うためには、配偶者控除とどちらが得になるかを考えて相続の方法を検討したほうたよいでしょう。

年金受け取りの場合は、1年目に相続税がかかり、2年目以降に所得税がかかる

収入保障保険は、年金払いとして保険金を受け取ることができます。

年金としての受取の場合はどのようになるのかを説明します。

年金受取をした場合に、最初の1回目については一時金の受取であり、相続税の対象となります。

つまり、基礎控除か配偶者特別控除のどちらかを活用することとなります。


2年目以降は、雑所得として「所得税」がかけられるところとなります。

一括で受け取るか、年金で受け取るかに関しては、場合によって分けられるところとなります。


1年ごとにかかる所得税を受け取る年数と乗算した場合と、相続税を比較し、どちらが安くなるかを考えて、受け取り方を選択することも必要です。


所得税よりも相続税のほうが税金がかかる金額が少ない

所得税と相続税ではどちらのほうが税金が少なく済むのでしょうか。

一般的には、相続税のほうが控除額が大きく、税金が少ないとされています。

相続という家族の死に関して発生する一時所得です。また、配偶者がいれば基礎控除ではなく特別配偶者控除となりますので、残された家族のためという考え方もあるのかもしれません。


所得税として考えれば、所得があり続ける間は発生しますので、どれだけの期間保険金を年金として受け取るかも重要なポイントになってきます。

年金として受け取る期間が長くなれば、それだけ所得税も多く発生することとなります。

年金受け取りのほうが収入保障保険の保険金総額は大きくなるということも知っておこう

収入保障保険だけではなく、通常の生命保険でもあることですが、「受け取り方」の違いによる保険金の受取額に差があるのでしょうか。

収入保障保険は、年金型の受取が一般的です。

それ以外の一般的な生命名保険も含めて、年金で受け取る場合のほうが2~3割多くなるといわれています。


これは、単純に生命保険会社が一時払いの場合では、すべての保険金を一度に支出することとなりますが、運用する期間が残されていることから、支払われる保険金の総額に違いがでることとなります。

まとめ

収入保障保険は、非常に便利な保険となっています。

それは、被保険者の死亡だけでなく、高度障害にも対応したものであるからです。

また、保険金の受取についても収入保障保険となったとおりの、収入のような支払い方(年金払い)も可能です。


万一の時に、相続が発生しますが、その税金についても見当が必要となります。

配偶者の有無で控除額が大きく変わったりしますので、あなたの収入保障保険がどのようになっているか、一度確認されてみてはいかがでしょうか。

特に、契約から5年経過している方はぜひ。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 収入保障保険の保険金に所得税がかかるケースについて解説します。
  • 収入保障保険と定期保険、どちらが良い?上手に使い分ける方法とは
  • 収入保障保険と定期保険の減額更新、どちらがお得?
  • 高血圧でも収入保障保険に加入できる方法とは?
  • 収入保障保険を利用して受け取る保険金の確定申告をご紹介します
  • 収入保障保険の保険金は一括で受け取れる。税金の違いに要注意
  • 現代の女性にこそ必要。収入保障保険に関するお得な情報のあれこれ
  • 収入保障保険の保険期間の決め方、失敗しないための方法とは
  • 収入保障保険の保険金は一時金(一括)で受け取れるの?税金は?
  • 収入保障保険を団信の代わりにするメリットは?【住宅ローンと保険】