保険の無料相談で商品券のプレゼントが禁止された背景と現状を解説!

保険の無料相談で商品券のプレゼントが禁止された背景には、金融庁などの自粛要請が背景にありました。どういった経緯で商品券のプレゼントが禁止され、現状はどうなっているのか詳しく解説します。これから保険の無料相談を考えている方は必見の内容です。

保険の無料相談で商品券(金券・ポイント)プレゼントが禁止された背景を詳しく解説!



この記事をご覧の方の中には、保険の無料相談をすると商品券がもらえるというキャンペーンの広告を目にしたり、実際に相談して商品券をもらったという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。


無料で保険の相談もでき、商品券までもらえるキャンペーンは人気も高く、多くの会社で行われていました。


しかし、最近はそのようなキャンペーンを見かけないと思いませんか?

それもそのはず、現在はそのようなキャンペーンは禁止されているからです。


では、なぜ人気のあった商品券のプレゼントキャンペーンが禁止されてしまったのでしょうか。


この記事ではその背景と理由、そして現状について詳しく解説していきます。


ぜひ最後までご覧ください。

保険相談で豪華プレゼントがもらえるサービスを紹介します。お急ぎの方はこちらからどうぞ。

なぜ今回リーズ会社が商品券の還元を自粛したのか経緯をまとめて理解しよう

保険の相談者に対して商品券をプレゼントするキャンペーンを行っていたのは、主にリーズ会社です。

リーズ会社とは、保険代理店や提携しているFP(ファイナンシャル・プランナー)に保険加入を検討している見込み客を紹介する会社のことをいいます。


リーズ会社は保険会社・保険代理店から顧客の紹介料として、成果報酬料金をもらっています。

一度保険の無料相談がありますが、これゆえ、無料で相談できる仕組みとなっています。

保険無料相談の仕組み

保険無料相談の仕組み

そこで、リーズ会社は保険代理店や提携FPから受け取る紹介料の一部を、保険相談者に還元するような形で商品券のプレゼントを行っていました。


商品券(金券類)やポイント(Tポイントや楽天ポイントなど)によって相談者に還元される金額は、平均で6000円ほど、中には8000円相当の還元を行っているところもありました。


しかし、2017年4月に金融庁や保険の業界団体から、自粛を求める通知が出されたことを機に、商品券による還元は行われなくなりました。


ではなぜ今まで行われていた商品券による還元が、自粛・禁止に追い込まれてしまったのでしょうか。

2017年4月に商品券(金券・ポイント)プレゼントが禁止とされた理由を考える

保険相談者への商品券(金券・ポイント)のプレゼントが自粛・禁止に追い込まれた理由はなんでしょうか。

その一因としては、より多くの相談者(見込み客)を集めるため、高額なプレゼントキャンペーンを行うリーズ会社が現れたことがあげられます。


これにより、保障の確保という保険本来の目的ではなく、プレゼント目当て、プレゼント目的での相談や保険加入の増加を問題視した金融庁などが、規制に乗り出したとも考えられます。

問題の争点となったのは「特別利益」の提供(保険料の割引、景品の提供)

以前から保険業法という保険募集などに関する法律によって、保険契約者に対しての保険料の割引特別な利益の提供禁止とされていました。

(保険業法300条)

保険会社等若しくは外国保険会社等、これらの役員(保険募集人である者を除く。)、保険募集人又は保険仲立人若しくはその役員若しくは使用人は、保険契約の締結、保険募集又は自らが締結した若しくは保険募集を行った団体保険に係る保険契約に加入することを勧誘する行為その他の当該保険契約に加入させるための行為に関して、次に掲げる行為(略)をしてはならない。(以下略)

出典: https://www.jimweb.co.jp/law.html

五 保険契約者又は被保険者に対して、保険料の割引、割戻しその他特別の利益の提供を約し、又は提供する行為 

出典: https://www.jimweb.co.jp/law.html



つまり、商品券をプレゼントする行為は、「特別利益の提供」にあたり、保険業法違反ではないかとの指摘は前々からあったのものなのです。

ただ商品券プレゼントについては、ノベルティ(景品)の一部であり、ノベルティといえる程度であれば特別な利益の提供にはあたらないとして広く行われてきました。


そのため一部のリーズ会社では、ノベルティの域を超えるような高額なプレゼントキャンペーンが行われることもあったのです。


このような背景もあり、金融庁や業界団体などは換金性の高い商品券提供の自粛を求めるに至ったと考えられます。


商品券のほか換金性の高いものとして、金券類(ギフト券、QUOカード、図書券、など)やポイント(Tポイント・楽天ポイントなど)、航空会社のマイル、電子マネーなどはプレゼントすることは禁止されています。


しかしすべてのプレゼントが禁止されたわけではなく、換金性の低いものについては特別の利益の提供にはあたらないというのが、現状の金融庁の見解となっています。

代わりに、牛肉や家電、果物、お米をプレゼントするキャンペーンがはじまった

商品券のプレゼントサービス禁止されてしまいましたが、特別の利益の提供にあたらないものとして、商品券プレゼントに代わるキャンペーンがはじまっています

では、それはどのようなキャンペーンなのでしょうか。気になるキャンペーンの内容について確認していきましょう。

「景品」は2000円以下なら、保険手数料の10%以下ならOKという方針

商品券のプレゼントが禁止されてしまった背景として、特別の利益の提供にあたるということがありました。


景品のプレゼントに関しても、あまりに高額な場合には禁止される特別の利益に該当する恐れがあるとされています。

そのため、大手の無料保険相談サービスでは、相談者に対する「景品」の目安として、2000円以下とする方針を立てているようです。


続いては、気になる現在のプレゼントキャンペーンの内容について確認していきます。

保険見直しラボの豪華プレゼント内容!お米や牛タンがもらえる


保険見直しラボは優秀なFPが揃っており質の高い相談が受けられます。


では保険見直しラボで無料相談をするとどのような商品がもらえるのか見ていきましょう。


(画像をタップすると詳細が出ます)

(画像をタップすると詳細が出ます)

  • 特Aランク 北海道産 ゆめぴりか
  • 宮城県仙台名物 熟成牛タン
  • ダロワイヨ マカロン詰合わせ
  • 雪室熟成豚 ロース味噌漬
  • 天明7年創業 にほんいち 醤油セット
  • オーガニックアルガンオイル
どれも無料の保険相談でもらえるとは思えないほど豪華なプレゼントばかりですね。

北海道産のゆめぴりかは甘くて柔らかく、それでいてしつこくない味わいが評判です。

ぜひ一度食べてみてください。

保険マンモスの豪華プレゼント内容を確認しよう。

保険のビュッフェと並んで人気の高い保険マンモスでも、商品券プレゼントキャンペーンは終了しています。

その代わりに、現在は「厳選黒毛和牛A5クラス 極選霜降り切り落とし」という豪華プレゼントキャンペーンを実施中です(2018年1月時点)。



うれしいのが、家族分もらえるという点です。


ご家族の多い方だと1人分だけでは、みんなで分けるにも少しになってしまって食卓にも出しにくいものです。家族分もらえればそんな心配もなく、みんなで楽しむことができるのもいいですね。


保険マンモスの牛肉は家族分もらえるのがとても嬉しいです!商品券よりもちょっとお得かもって思えちゃいます

保険のビュッフェも商品券・金券を自粛しプレゼントに。プレゼント内容を確認しよう!

保険の無料相談サービスとして人気の高い保険のビュッフェでも、現在は商品券・金券のプレゼントキャンペーンは終了してしまいました。

その代わりとして、今は「選べる特選ギフト」のプレゼントキャンペーンが行われています(2018年1月時点)。


では、どんなプレゼントがもらえるのでしょうか。


気になる「選べる特選ギフト」の中身の一部をご紹介します!

  • 博多若杉 牛すじカレー 3食パック
  • 本場熊本県産!訳ありデコみかん3kg 
  • 糖度40度★本場種子島の訳あり安納芋
  • アビテラックス・コーヒーメーカー など

*2018年1月時点でのプレゼント内容です。商品内容は変更される場合があります。


このほかにも、お米からスイーツ、家電まで約40種類の中から選べるようになっているので、選ぶのも楽しみですね。

保険のビュッフェのプレゼントは、みかんなどのグルメ商品だけでなく、体重計や電子レンジ、コーヒーメーカーなど、「ちょうど買い換えたい!」と思う家電や日用品があるので、嬉しいです

景品プレゼントもなくなる可能性が’あるので、保険相談をお考えの方はお早めに!

ここまでプレゼントのことばかり紹介してきましたが、無料で保険の相談ができるだけでも十分価値があるサービスです。

そうはいっても、せっかくプレゼントがもらえるなら、もらわない手はありません。


商品券のプレゼントは終了してしまいましたが、それに代わる景品プレゼントも引けを取らない十分満足できる内容です。


ただこの景品プレゼントについても、いつまた終了してしまうかは分かりません。


もし保険相談をお考えなのであれば、早めのお申し込みがおすすめです。

保険のプレゼント目当てで相談だと受け取れない可能性があることに注意しよう

無料保険相談を受けてプレゼントをもらうのであれば問題ありません。

しかし、プレゼントをもらうために保険相談を受けるというのはやめましょう。

保険相談には1回に1〜2時間かかるのが一般的です。

相談を受けてくれるFPは、あなたの保険に関する不安や心配を解消し、最適な保険を提案しようとそれ以上の時間を割いてくれているのです。


にも関わらずプレゼント目当てで相談するというのでは、あまりにも失礼ではないでしょうか。

あなたの貴重な時間も無駄になります。


もちろん保険の新規加入や見直しが必要なのかわからずに相談して、相談の結果として、保険に加入する必要がないということがわかったというのであれば、無理に契約する必要はありません。


また、プレゼント目当てだということが明らかな場合には、相談を受けてもプレゼントを受け取れない可能性もあります。


そのほかにも、相談を受けてもプレゼントを受け取れない場合もあります。それはどのような場合なのか、確認しておきましょう。

保険の無料相談会社が定めている利用規約をチェック!

保険のビュッフェの利用規約では、主に以下のような場合にはプレゼントキャンペーンおよび相談サービスの対象外となることがあると定められています。


  • 過去に本サービスを利用したことのある方(お申し込みは、一世帯一回まで)
  • サービスの提供に必要な情報をご提供いただけない方
  • 充分なご相談時間(1時間~1時間半)をいただけず、相談サービスが途中で終了してしまった方 
  • お申し込み時の入力事項で虚偽の記載または不備、いたずら、その他不正表記などがあることが分かった方
  • 既往症・入院中・現在治療中・薬を服用中・検査、入院や手術予定・刺青がある方
  • 危険度の高いご職業の方
  • 無職・学生(主夫または主婦の方は除く)・  休職中の方

この規約から、プレゼント目的の可能性が高い方、保険に加入できない可能性が高い方は、サービス対象外となる可能性が高いということがわかります。


これは、保険契約時に受け取れる手数料や紹介料がプレゼントの原資となっていることから、仕方のないことだといえるでしょう。

保険無料相談で商品券が禁止された流れまとめ

保険無料相談で商品券のプレゼンントが禁止された背景には、金融庁や業界団体による自粛要請がありました。

商品券のプレゼントに関しては禁止されましたが、それに代わるプレゼントキャンペーンは引き続き行われています。ただしこのプレゼントについても、いずれ禁止される可能性もあります。


もちろん保険相談は相談がメインであることはいうまでもありません。


ただプレゼントキャンペーンを利用すれば、よりお得に相談を受けることができるのも事実です。


もし保険について相談したいと思いながらも迷われているのであれば、早いうちに相談されることをおすすめします。

現在でもポイント還元や商品券(金券)のプレゼントをしている会社があるので要注意

ここまで、ポイント還元や商品券のプレゼントは禁止されており、キャンペーンの内容が変更されていることをお伝えしてきました。


しかし、インターネットなどで「保険 無料相談」などで検索すると、今でも商品券プレゼントキャンペーンを行っている会社を見かけることがあります


これは、ポイント還元や商品券のプレゼントが明確に法律で禁止されてはいないことによります。


ただし法律に違反する可能性が高いとして、金融庁などから自粛を求められているという状況であり、それに反するキャンペーンを行うことは好ましいことではありません。


このような中でも商品券プレゼントキャンペーンを継続している会社の傾向として、小規模な会社であることが多く、リスクを承知で商品券プレゼントを行わなければ相談者が集まらないなど、相談の質など何らかの問題があると疑った方がいいといえます。


またこのような会社は、モラルやコンプライアンスに問題があるといわざるを得ません。


このような会社に保険相談を申し込んだ場合には、個人情報だけを提供させるだけで、保険相談やプレゼントが行われない、あるいは強引な勧誘や個人情報の流出といったトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

実際に保険GATEというサイトを運営する会社では、提供された個人情報が流出する事故が起こりました。

保険無料相談なら安心の大手、保険マンモスか保険見直しラボへ

大手の保険マンモスや保険見直しラボであれば、そのような心配なく安心して相談を受けることができます。その上プレゼントももらえるのです。


商品券プレゼントは確かに魅力的かもしれませんが、本来の目的である保険相談の質が低下してしまったり、トラブルに巻き込まれてしまっては本末転倒です。


保険相談をお申し込みの際は、なんのために相談するのかをよく考えて相談先を選ぶようにしましょう

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説