退職後の生命保険はどうする?60歳の生命保険の見直しポイント

子どもも経済的に自立し、仕事も退職する60歳。家族や仕事環境など、自然とライフスタイルも大きく変化しますので、生命保険の見直しをする必要が出てきます。ここでは、60歳のライフスタイルの変化生命を中心に、生命保険の見直しポイントをご説明します。

定年退職の前に見直そう60歳の生命保険



子どもも手が離れ、住宅ローンの返済もゴールが見えてきた…そんな60歳は退職を機に、ライフスタイルがガラッと変わります。 

子どもの独立や就職、自分の退職など、家族の生活スタイルの変化とともに、必要保障額も大きく変わります。第二の人生の前に、ぜひ生命保険を見直してみてはいかがでしょうか。 

60歳での見直しの必要性

「もう子どもや家族に対する責任からも解放されるし…いまさら生命保険の見直しなんて…。」と思うかもしれません。しかし、60歳で定年退職やお子さんの就職があるときにこそ見直しする必要があるのです! 

まず、子どもが社会人になったら高額な死亡保障は不要となります。60歳になっても生命保険の見直しをせず、いつまでも高い保障のままの方もいますが、それはとてももったいない!今後はその分の保険料を貯蓄に回すか、個人年金保険などの老後資金として備えておきましょう。 

次に、健康保険や職場で入った生命保険など、60歳や退職によって変わるものがあります。特に団体扱いの給与天引きで保険料を支払っていた方は、必ず保険料支払いの変更手続きを行いましょう。また契約内容や保障内容が、満60歳や退職によって自動的に変更になるものもありますので、一度確認してみましょう。 

まずは加入中の生命保険を見直しましょう

60歳の見直しで真っ先にはじめたいのは、加入中の保険の内容確認です。 

基本的には、見直しのポイントは2つ。1つめは、すでに契約されている保障に過不足がないかを確認すること。2つめは、現在契約している生命保険の契約内容を確認することです。

どの保険にいくら払ってるか見直しましょう

まずは何に加入しているか、一覧にしてチェックしてみましょう。


保険種目保険の対象保険金額
(万円)
保障期間保険料
(円)
備考
生命保険5000定期
(60歳まで)
3000会社で
団体扱い
生命保険5000定期
(60歳まで)
3000
がん保険2000終身2000

ここでは主な生命保険について書き出してみましたが、その他、「収入保障保険」「学資保険」「傷害保険」など、見落としのないよう書き出してみましょう。 


60歳以降は、どの生命保険も保険料が割高になりますので、すでに終身保険などで保障が一生涯続くものについては、基本的には契約自体はそのままにしておく方がベストです。 ただし、お子さんへの教育費の備えが無くなりますので、その分の保障を小さくするなど見直しましょう。  

また気を付けたいのは、会社の団体扱い出加入した生命保険。退職と共に契約内容が変わるものもあれば、そのままのものもあります。会社が保険料を一部負担しているものなら、保険料が上がる可能性も。いい機会ですので、何歳まで保障が続くか?保障額はいくらか?保険金が払われるのは死亡か病気か?などなど、保険証券をみて確認しましょう。 

60歳からの生命保険は必要最低限で大丈夫

30~50代までは、お子さんや残された家族への備えが必要であるため、そのため生命保険も大きな保障が必要でした。しかし、60歳からの生命保険は、その備え分がなくなるため、必要最低限で十分でしょう。

老後に必要な保障は、主に「入・通院費用」「介護費用」「葬儀費用」の3つです。

これらを生命保険で賄おうとするなら、入・通院費用は「医療保険」、介護の資金を貯めたいなら「個人年金保険」、お葬式代だけなら「終身保険」など、備えたいことに合わせて、もともとある生命保険の保障を変更したり、新しく入りなおすことを検討してください。

もちろん余裕があれば、貯金や年金でまかなうということでもOKです。現在の預金残高や公的年金の受取予定額、退職金などを合わせて保険を見直し、老後の計画を立ててみましょう。

60歳からは死亡保障より医療保障が大事

万が一、家族を残して亡くなったとしても、60歳以降であればお子さんは経済的に独立指していることが多いので、死亡保障は必要ありません。

それより病気・怪我の確率が高くなりますので、医療保障を手厚く見直したほうが良いでしょう。もし健康面に不安なことがあれば、早めに生命保険を見直して、保険料の安いうちに入りなおすことをお勧めします。

年金生活になってからも支払いを続けられる保険に

今の高齢者はまだまだ元気。65歳まで働き続ける方もいるでしょう。そんな方が生命保険を見直す場合には要注意!

まだまた収入があるため、今の収入で払え生命保険を契約しがち。65歳から収入は減りますので、生命保険を見直しする際には、65歳以降の生活に合わせた保険料を考えましょう。

貯金が充分にあれば保険は必要ないかもしれません

もし余裕があるのであれば、生命保険を見直し、貯蓄でまかなうのも良いかもしれません。「万が一の時に、生命保険が無かったら、高額な治療費はどうしたらいいの?」と思うかもしれませんが、貯蓄があれば公的保障で十分カバーすることができます。

高額な医療費を払い続けるなら、堅実に貯金も一つの手

高齢者向けの健康保険としては、65歳から加入できる「前期高齢者医療制度」と75歳から自動的に加入する「後期高齢者医療制度」があります。これは医療費の自己負担が現役世代より1~2割軽くなる制度です。 

また高額な医療費がかかった場合でも、「高額療養費制度」があります。これは高額な医療費を支払った場合でも、申請すれば自己負担限度額以上の金額は戻ってくる制度です。 

現在の預金残高を確認し、ある程度公的制度でカバーできるようであれば、保険の見直しより貯蓄でまかなっていくことも検討してみたほうがいいかもしれません。 

まとめ

お子さんが手を離れ、自分も退職し、肩の荷が下りる60歳。ほっとする反面、老後の生活も気にしければなりません。退職は人生の大きな節目ですので、身の回りの環境を変える60歳を機に、生命保険も見直してみてはいかがでしょうか?

ランキング

  • ライフプランを考えれていますか?年齢別で見る生命保険の見直し方法
  • 老後に向けて生命保険はどう見直す?50代の保険見直しポイント
  • 働き盛りの生命保険をどうする!?40代の保険見直しポイント
  • 今の時期、今の保障で大丈夫?ライフステージ毎の生命保険の見直し術
  • 定年退職を迎えたあなたに、生命保険の上手な見直しを伝授します!
  • マイホームを検討中の方必見。生命保険を見直しポイントはここだ!
  • 新婚さん必見!結婚後の若い二人の生命保険の見直し方を詳しくご紹介
  • 妊娠・出産したら保険はどうする?生命保険見直しのポイント
  • あなたの生命保険は適正? 見直しのポイントはどこにあるの?
  • 生命保険の見直しのメリットとタイミングは?誰に聞けばいい?
  • 生命保険の見直しテク!保険料減額のメリットやタイミングを考える。
  • 生保保険の見直しでは、生命保険の主契約のみ残すという方法がある
  • 生命保険で知られていない変換。その変換の活用方法を説明します。
  • 生命保険の転換制度、メリット・デメリットを知って賢く活用しよう!