生命保険を担保にお金を借りられる?契約者貸付制度とその注意点!

生命保険には死亡保険金や解約返戻金がついています。その生命保険の保険金を担保に入れて貸付を受けられる契約者貸付制度というものがあり、かなりお得にお金が借り入れられる制度となっています。この制度を使う方法と担保の注意点についてご紹介します。

生命保険の解約金を担保にお金を借りられるのか?

生命保険には、大きくわけて2つの種類があります。
  • 掛捨てタイプ
  • 積立てタイプ
掛捨てタイプというのは、支払う保険料は「安心料」という意味で、解約しても支払った保険料が戻ってくることはありません。

しかし積立てタイプの場合、支払っている保険料の一部は積立てられているため、解約をした場合、積立てられた部分に対しては返金される仕組みとなっています。

このように、解約金が発生するタイプの生命保険に加入している場合、解約金を担保にして、お金を借りることが可能となっています。

契約者貸付制度を利用すれば低金利でお金を借りることが可能である!

前述の通り、生命保険の解約金を担保にお金を借りることができる制度を契約者貸付制度と言います。


基本的に借入を行う場合、不動産などの担保がしっかりとあれば良いですが、連帯保証人や高金利の問題もあり、貸付を受けることが厳しい場合があります。

貸付を受けるということは、何らかの担保が必ず必要となっているからです。


生命保険の契約者貸付制度では、比較的低金利で一定の額を借りられます

生命保険と契約者の関係を考えれば、契約者は、生命保険会社に保険料を預けているという立場にあるわけですから、解約したら返してもらう解約金を、一部借りることができることになるのです。
生命保険会社に預けているお金を、引き出すことはできませんが、貸付制度を利用すれば、貯蓄している部分からの貸付となるので、一般的な貸付よりも低金利でお金を借りることができるのです。

生命保険の解約金を担保にお金を借れる契約者貸付制度の特徴とは

予想外の出費で現金が必要になったとき、生命保険に加入していれば、契約者貸付制度を利用することが可能な場合もあります。

しかし、どんな生命保険でも契約者貸付制度を利用することができるわけではありません。

契約者貸付制度を利用するためには、一定の条件が必要となっているのです。

契約者貸付制度の特徴を簡単にまとめてみると、以下のようになります。
  • 貯蓄型の生命保険で適用可能
  • 解約金・返戻金・貯蓄金の70%〜90%の額まで
  • 貸付利率は予定利率*の1〜2%増程度
  • 連帯保証人はなし(物的保証)
では、これらの特徴の詳細をご説明していきます。

貯蓄型の生命保険で適用可能

保険を継続していくにあたり、保険料を支払っていきますが、その支払った保険料の一部が解約返戻金として積み立てられていき、その解約返戻金を担保として、契約者貸付制度を利用することが可能となるのです。

したがって、契約者貸付制度を利用するためには、解約返戻金が発生する下記のような生命保険に加入していなければなりません。
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 学資保険
これらの保険には解約時や一定期間満了時における返戻金があります。

貯蓄していく段階での、制度利用時点での解約金の金額によって、 利用できる貸付制度における限度額は相違します。

解約金・返戻金・貯蓄金の70%〜90%の額まで

生命保険会社によって相違しますが、一般的に、借りられる金額の上限は、70%〜90%となっています。


仮に、満期金が200万円の学資保険であれば、140万円〜180万円となります。


もちろん、契約者貸付制度を利用した場合、担保となるのは、満期金や解約返戻金となっているので、返済していなければ、満期金を受け取る際に、精算されて満期金を受け取ることになります。

せっかく教育資金として準備している学資保険なのに、満期金が返済の精算で受け取る金額が減ってしまっては困りますので、計画的に返済をしておかなくてはなりません。

貸付利率は予定利率*の1〜2%増程度

現状では契約者貸付制度による金利というものは他の借入と比べて低くなっています。次に示すのは各業界の金利の水準値となっています。

借入先利率(目安)
生命保険の
契約者貸付
1.5~5%程度
(旧契約は6~8%*)
銀行の
カードローン
3.5~14.6%
クレジットカードの
キャッシング
15~18%
消費者金融の
キャッシング
4.5~18%
*加入時期により大きく金利が異なります。

契約者貸付制度は生命保険会社の特権とも呼ばれ制度であり、そのほかの金融機関のように高金利で運用するよりも継続的に生命保険を利用してもらうための措置ともいえます


担保として生命保険の契約そのものを取っているため、解約されれば費用差が生まれ、継続してもらえれれば定期的に運用資金が手に入る仕組みになっているので、続けてもらえれば生命保険会社の利益となります。


かんぽ生命の例では、平成11年4月4日から平成19年9月30日までに加入したものであれば

  • 生命保険で2.25%
  • 学資保険・介護保険で1.50%
このような低金利となっているので、比較的、他の貸付より借りやすくなっています。

連帯保証人はなし(物的保証)

お金を借りる場合、通常は何らかの保障が必要となり、2つに分類されます。
  • 人的保障(担保)
  • 物的保障(担保)
人的保障とは、「保証人」や「連帯保証人」など、契約者が返済をすることができなくなったときに、返済の保障を引き受けるという保障制度です。

また、物的保障とは、物や権利など、特定の財産で債権を担保するということになります。

生命保険での契約者貸付制度は、生命保険という財産を担保とするため、人的保障である連帯保証人などは必要がありません。

生命保険金を担保にした場合、保険は解約扱いになるのか?

担保というのは、もし返済ができなかった場合、担保にした物を引き渡すということになります。

これは、生命保険であっても同じことがいえます。

契約者貸付制度は、毎月の保険料から積立てられた金額から解約返戻金が算出され、その解約返戻金の一部から、お金を借り入れることになります。

したがって、生命保険金を担保にしたからといって、すぐに解約扱いになるわけではないのです。

しかし、必ず解約には繋がらないというわけではないので、注意しておかなければなりません。

契約者貸付を利用しても保険は解約にはならない!

前述でも述べた通り、契約者貸付制度を利用しても、解約になるわけではありません。

生命保険を維持したまま、現金を借り入れするという制度なので、安心して生命保険を継続していくことが可能です。

ただし、借り入れた現金は、複利で利息がついていきますので、なるべく早い段階で返済を計画しておく必要があります。

元本が契約者貸付制度の限度額以下であったとしても、返済せずに放置していると、返済しなければならない金額は、どんどん増えていき、結果として限度額オーバーとなってしまう恐れがあるのです。

貸付限度額を超えれば保険契約が失効することも!

もしも、契約者貸付の返済をせず、そのまま置いておいた場合、契約者貸付限度額を超えてしまう場合があります。

これは、解約返戻金を超えた金額となってしまう恐れが出てくるため、保険会社にとっては債権の回収ができなくなってしまう可能性があります。

最初に借り入れした元本は限度額以下であっても、複利で増えた利息を加えると解約返戻金に達してしまいそうなときには、生命保険は、保障の効力がなくなる「失効」という状態になってしまいます。

この場合、保険料をきちんと支払い続けていたとしても、保険会社の判断によって、契約の失効もしくは契約解除される場合がありますので、注意しておかなければなりません。

生命保険を解約してもお金は貰うことが可能!

積み立てタイプの生命保険であれば、生命保険を継続すればするほど、解約した場合に発生する解約返戻金は増加していきます。

契約者貸付でお金を借りるよりも、一度解約して、現金化してしまいたいという場合には、生命保険を解約して、解約返戻金を受け取ることが可能です。

契約者貸付は、解約返戻金の一部が限度額ですが、解約の場合は解約返戻金全額を受け取ることができるので、より多くの現金を払い戻すことが可能です。

ただし、解約による現金化には、注意しておきたい点があります。
  • 再加入時の健康リスク
  • 保障がなくなってしまうリスク
  • 支払った保険料より解約返戻金の方が少ないという元本割れのリスク
特に、元本割れのリスクは、継続期間がどれくらいだったかによって変わってきますので、解約手続きをする前に、加入する保険会社に解約返戻金の金額を確認しておいた方が良いでしょう。

契約者貸付制度の申し込み方法について

契約者貸付制度の申込は、保険会社によって相違しますが、一般的には以下のような方法があります。


  1. 店頭で申し込む
  2. 担当者やコールセンターで申し込む
  3. インターネットでの申し込み
  4. ATMを利用する

今では、様々な方法で契約者貸付制度を利用することができるようになりました。


しかし、簡素化されたからこそ、気をつけておかなくてはならないこともあります。


簡単に貸付制度を利用できるようになったことから、本来なら利率などを確認しなければならないことなど、重要な確認点を見逃してしまいがちになってしまうのです。


利率などは、保険会社のホームページなどで確認することができるので、必ず確認した上で、貸付制度を利用するようにしましょう。

また、契約者貸付制度は、契約者しか利用することはできません。

店頭や担当者、コールセンターなどは本人確認が必須となりますが、インターネットやATMでは、本人確認がありません。

したがって、インターネットでの取引の際に用いられるIDやパスワード、ATMで利用するカードや暗証番号は、他人に情報が漏れないようにすることが必要です。

返済方法のタイミングと手順とは

契約者貸付制度の返済タイミングは、決まっておらず、好きなときに返済することが可能です。


保険会社に、返済する旨の連絡を行い、返済するための振込用紙の発行などを行ってもらいます。


返済する金額も、一般的に決まっておらず、定期的に返済をしていくのか、一括で返済するのかを、選択することが可能です。

振込用紙で返済をすると、一部返済もしくは全額返済などが記載された完了通知が、保険会社から届きます。

またATMでも返済をすることが可能となっている保険会社もあります。

好きなときに可能な金額を返済することで、ATMでの返済後に保険会社から、返済手続き完了の通知が郵送されてきます。

返済方法にインターネット・ATM・窓口持参などを利用した場合

インターネットバンキングを通して、貸付金の返済を行うことも可能です。

保険会社のホームページのダイレクトページで、保険証券番号を入力し、暗証番号を入れることで取引することが可能です。

ATMを利用する場合には、各保険会社によって提携している銀行が相違するので、あらかじめ確認しておくことが必要です。

もし、店頭窓口で返済の手続きを行う場合には、契約者の本人確認が必要となります。
保険証券と身分証明書が必要となることが一般的ですので、準備しておくようにしてください。

契約者貸付制度の2つの注意点

契約者貸付制度は、いざというときに、頼りになる制度ですが、気をつけておかなければならない点もあります。


  • 計画的な返済方法
  • 生命保険が担保となっている

これらの注意点を気をつければ、担保を考えず必要な貸し付けが受けられるという、魅力的な制度です。


限度額いっぱいまで貸付をしてしまった場合、利息が増える前に返済しなければ、貸付金額が解約返戻金を上回る可能性があり、結果として、担保となっている生命保険の継続ができなくなってしまいます。

このようなことがないように、必ず注意点を覚えておいてください。

返却期限がないため、計画的な返済が大事

契約者貸付制度の返却期限というものは特に決まっておらず、解約時や満期時に清算するというのが一般的です。

しかし、長期間の貸し付けにはその分の利息がかかってしまうため計画的な返済が不可欠です。

契約者貸付の利息は、複利で計算されていきます。1年経過するごとに、元本が増えていってしまうのです。

返済期限が決まっていないことをいいことに、そのまま返済せず放置していると、返済金額は増加するばかりとなってしまいます。

あくまで生命保険の保険金を担保としている

契約者貸付制度というのはその生命保険を担保にしているということです。

担保にしている以上はその保険金へ債権を行使しても良いということになります。

万が一の時の保障や、せっかく積み立てて満期を楽しみにしているというような場合、契約者貸付があることによって、借入額と利息が引かれてしまえば相当なマイナスになります。

あくまでも担保にしていることを念頭に置いておきましょう。   

まとめ

契約者貸付制度を利用する際に気をつけなければならないのが、利率がどのくらいなのかを確認することです。


利率が高ければ、その分利息はどんどん増えていくことになります。


契約者貸付制度を利用したからといって、直ちに生命保険に影響がでるわけではありませんが、返済をせず放置していると、利息を含めて限度額を超えてしまうと、担保となっている生命保険は、効力を失い失効となってしまいます。


失効であれば、保険会社に問い合わせをして、保険の復活をすることが可能ですが、最悪の場合は生命保険が解除されてしまうケースもあります。


契約者貸付制度は、簡単に利用できる制度ですが、返済計画をしっかりと行うことが大切です。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説