年金型の生命保険への加入は必要?iDeCoや終身保険との比較も

リタイア後の資金準備は誰もが気になる事です。公的年金の他にも自分自身で備える必要があるのでしょうか。年金型の生命保険のメリット・デメリットをiDeCo・終身保険との比較をしながら紹介します。自分に最適な老後資金準備について考えていきましょう。

内容をまとめると

  • 年金型生命保険は公的年金の上乗せとして自己で老後資金の備えが出来る
  • 年金型生命保険は3種類あり、ライフプランに応じて選択する
  • 終身保険、iDeCoとも比較して目的に合ったもので老後資金準備をする
  • 保険選びはプロと相談しながら最適なものを選ぶ
  • どんなに些細なことでも保険に関して不安や疑問があるならマネーキャリアの保険相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる! 

年金型の生命保険への加入は必要?iDeCoや終身保険との比較も

老後の生活を考えて資金面で準備しておきたいがどのようなものが良いか悩まれている方は多いのではないでしょうか。


そもそもどれくらいの資金がどのタイミングで必要になってくるのかもよくわからないのでそこはプロに相談したいところですよね。


そして老後資金の準備としてよく耳にするものも、年金型生命保険iDeCo終身保険と様々なものがありどれを選んで良いのか迷ってしまいますよね。


この記事では

  • 年金型生命保険とは?
  • 年金型生命保険のメリット・デメリット
  • iDeCoや終身保険との違いや選び方
について解説していきます。

是非、最後までご覧下さい。

ほけんROOMでは、他にも読みたくなるような記事を多数掲載していますので、他の記事の参考にしてみてください。

年金型の生命保険とはどのような保険か?

人生100年時代とも言われる今、長い老後を支える収入源の一つとして注目を集めているのが年金型の生命保険です。


公的年金はもちろんあるのですが、それだけで老後の生活の必要資金を賄うのは少し難しいのが現実です。


そこで、任意で加入できる年金型の生命保険の検討をする場合もあります。


年金型の生命保険とは、公的年金(国民年金・厚生年金)だけでは充実したセカンドライフを送る為の資金面での備えとしては不足だと思われる場合に個人で任意で加入する保険です。


60~65歳位までに保険料として積み立てておき、それを元に年金として受け取るというものです。


成り立ちは公的年金と同じなのですが、年金型の生命保険は個人で任意加入し、公的年金の上乗せするように備えるイメージです。


リタイアしてからのセカンドライフをどのように過ごすのかを考えた時に資金不足にならない為の備えとして選択する方は多くいます。


そして、備えがあることで安心してセカンドライフの計画を立てたり、楽しみにする目標となったりすることができるでしょう。

個人年金生命保険は国民年金とは違い任意で加入できる老後の資金準備の選択肢

年金と名がつくものに種類があり、違いがあります。どのような違いがあるのでしょうか。


なんとなくは分かっていても、混合してしまっている方も多いかもしれません。


下記の表は公的年金と年金型生命保険の違いを表した表です。

種類義務or任意保険料・年金額
国民年金・厚生年金(公的年金)義務決められている
個人年金生命保険任意
保険により違いがあり個人が選択する

公的年金も個人年金生命保険もセカンドライフを支える年金というポイントでは同じです。


違う点は、加入は義務か任意か、保険料・年金の額が決められているのか、個人で選択することが可能かどうかというところです。


また、年金は国民年金を一番の土台とし、その上に厚生年金、更にその上に個人年金生命保険というように階層をイメージすると理解しやすいです。


1階から順に見ていき、自分が加入条件に当てはまっているのかどうかでどの年金制度に加入しているのか、また個人年金生命保険を検討する場合には、どの程度なら支払い能力を維持できる額なのか、セカンドライフの為にどの程度の額が必要となるのかもしっかりと考えましょう。


年金の階層と加入する人について

  1. 1階 国民年金(公的年金)・・・日本に住んでいる20~60歳未満の全ての人
  2. 2階 厚生年金(公的年金)・・・会社員・公務員
  3. 3階 個人年金生命保険・・・・・任意で加入
1階から階が上がるごとに年金が上乗せされていくイメージで、自分が老後にどの程度の金額を必要とするを考えた上で、不足していると判断した場合には、義務で加入しなければならない公的年金の上に個人で上乗せする必要があるということです。

1~2階部分の公的年金だけでは、老後資金が不足すると考える人は個人年金を任意で加入し、より手厚く備えておくと安心してセカンドライフを迎えられるでしょう。

また、自営業や個人事業主、フリーランスの方は2階部分の厚生年金(公的年金)が無いので、1階部分の国民年金(公的年金)上に、個人で何か老後の備えをしておいた方が安心と考える方も多く、個人年金生命保険への加入率も高くなっています。

健康的なシニアが増加し、セカンドライフが長期化しているとも言われています。

公的年金だけでは余裕が生まれないと考えれば、その上に個人で備えをしておくのは考える必要がありますし、個人年金生命保険はセカンドライフの資金準備の選択肢の大きな一つです。


年金型生命保険は「確定年金」「有期年金」「終身年金」の3種類を持つ

公的年金に加えて個人で年金型生命保険への加入を検討する場合、いくつか種類があることを理解する必要があります。


次の表は年金型生命保険の種類を表した表です。

種類受取期間被保険者が死亡した場合
確定年金
固定(10年・15年など)遺族の受取可能
有期年金
固定(10年・15年など)遺族の受取不可
終身年金生存中はずっと
遺族の受取不可

確定年金は、受取期間をあらかじめ決めてあり、もし万が一にも被保険者がその期間中に死亡してしまった場合でも遺族が受取可能なので、受取総額があらかじめある程度確実に把握できるので、セカンドライフの資金計画が立てやすいでしょう。


有期年金は、受取期間をあらかじめ決めてある点は確定年金と同じなのですが、被保険者が死亡した場合に遺族が変わりに受け取ることができないという点が大きな違いです。


そのため、確定年金よりも有期年金は保険料が低く抑えられる場合があります。残される家族の為に残しておく必要が無い場合は有期年金を選択することを考えるかもしれません。


終身年金は、受取期間が生存中ずっと続くという点が一番の特徴であり、メリットです。しかし、受取期間が開始して早い段階で死亡してしまった場合は元本割れする場合もあります。


そして、被保険者が死亡してしまった場合に遺族が受け取ることができない点も気を付けたいですね。


終身年金は元気で長生きするという目標と決意を後押しする年金制度ととらえると魅力的かもしれません。


どの種類の年金もそれぞれのセカンドライフ(老後)の資金計画の大きなポイントとなります。


どのようなセカンドライフ(老後)を送りたいのか、年金型生命保険でどの程度の額をどのくらいの期間備えておきたいのかをよく考えて選びましょう。

加入すべきかどうか保険のプロに相談してみよう


加入が義務となっている公的年金と、任意で個人で加入する年金型保険の違いと仕組みを理解し、年金型保険への加入を考える場合、数多くある中から自分に最適なものを選ぶことはなかなか難しいですよね。


そもそも老後の生活にいくらぐらいの資金が必要となり、それはどのようにいつまでに備えておけば良いのかはなかなか分かりませんし、結論が出しにくいものです。


そんな時にはやはり知識と経験豊富なプロに相談して決められたら安心できますよね。


マネーキャリアでは気軽に保険相談ができますのでぜひお試しください。


そして、「マネーキャリアって何?」と思われた方は、マネーキャリアの魅力を紹介した関連記事もありますので、ぜひご覧ください。

年金型生命保険のメリット

個人で預貯金によって老後に向けての資金を貯めようと思ってもなかなか続かなかったり、預貯金ではリターンは望めないので計画的に老後資金を用意しようと考えた時には不安になってしまいますよね。


そこでおすすめなのは「年金型生命保険」です。


年金型生命保険は各保険会社が用意している保険商品なので契約者にとってありがたいメリットもたくさんあります。


やはり、保険会社を介して行われる資産運用なので手間なく気軽な点が人気を集めるポイントとなっているようです。


その他にも、途中解約の場合に解約返戻金が受け取れるという点や保険料控除といった魅力を感じるポイントもあります。


その魅力を紹介していきます。

個人年金保険料控除の対象になり節税に効果的


確定申告によって、個人で何らかの保険へ加入している人は一定の範囲内で控除が受けられます。


年金型保険もその対象です。


そして、年金型保険の控除は一般生命保険控除の控除枠とは別枠で計算します。


確定申告において一年間(1/1~12/31)に納めた保険料で控除額を計算するのですが、平成24年1月1日前後で計算方法に違いがありますので、その点には注意しましょう。


また、年金型保険の控除を受ける為には下記のような条件がありますので、しっかりと確認しておきましょう。


年金型保険で控除を受ける為の条件

  1. 税制適格特約がついている(ついていなければ一般生命保険控除)
  2. 受取人が被保険者か配偶者
  3. 払込期間が10年以上
  4. 受取の開始が60歳以上、期間が10年以上
これらの条件を満たしていないと節税のメリットが無くなってしまいますので、ぜひ加入前に確認してしっかりと節税効果を得られるといいですね。

保険料の払込期間がある程度の年数の場合、長い目で見た時に節税効果は大きなものになります。

ぜひ、チェックしておきたいメリットの一つです。

年金型生命保険に加入しておくだけで資金運用の手間がかからない


年金型生命保険は保険会社に保険料を納め、保険会社が投資をして運用してくれます。


その為、一度契約をすれば後は保険料を納めるだけで保険会社に資産運用を丸投げできるという形です。


投資の知識が無かったり、リタイア後の資金を準備しておきたいものの面倒な事は避けたいという方にはおすすめです。


しかし、保険会社が決めた率や投資で出た利益から保険会社の取り分を差し引いての利益しか出ないので、自分で商品を選択して投資をする場合よりもリターンは低くなる傾向があります。


なので、ハイリターンはあまり期待してはいけません。


手軽に面倒な手間をかけずに、預貯金よりも少し割の良いリタイア後の資金準備の方法という認識がピッタリです。

年金型生命保険のデメリット

年金型生命保険は魅力がたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。


現役世代のうちにリタイア後の為にと頑張って備えておく大切な老後資金です。


自分にとって年金型生命保険は有益なのかどうかは、そのデメリットもしっかり理解して判断しましょう。


  1. 途中契約による元本割れのリスク
  2. リターンが低くなる場合がある
上記がデメリットと考えられる主なものです。

これから、順に解説していきますので、ぜひ参考になさってください。

年金型生命保険は途中解約すると損をしてしまう

年金型生命保険は老後に向けた資産準備の為のものですので、基本的には60歳まで保険料を払い続けます。


しかし、途中でどうしても保険料の払い込みが困難になった場合や、まとまった資金が必要になってしまい解約をしたい場合は途中解約することもできます。


けれども、その場合は元本割れのリスクがありますし、解約した時点で契約は終了となりますので、将来の年金は受け取れなくなります。


一般的に、加入後10年以上経過している場合は9割程度が戻ってくると言われていますが、加入後2~3年というような短期間での解約の場合、戻ってくる額が著しく低くなると言われているので、特に注意が必要です。


途中解約のほとんどの場合、ある程度は戻ってくるものの元本割れをしてしまいます。

せっかく将来の為にと貯めておいたお金が目減りしてしまうのは是非とも避けたいので、一度契約した保険は最後まで継続できるよう計画をしっかりと立てておきましょう。

返戻率は低く、大きなリターンは見込めない


資産運用を保険会社が代わりに行ってくれて、それによってリタイア後の資金を準備できるというとても魅力的な年金型生命保険ですが、もちろん途中解約時の元本割れ以外のデメリットもあります。


運用商品や運用方法などは保険会社が決めますし、返戻率はあらかじめ決められている率となります。


保険会社も慈善団体では無いので、もちろん保険会社の利益になる部分も考えられています。


ですので、払い込んだ保険料に対して受け取ることができる金額について考えた場合、預貯金よりは割が良くなるものの、個人で資産運用をした場合に比べてリターンは低くなる傾向があり、大きなリターンはあまり期待ができません。


保険会社にお任せの運用で手軽にできる反面、ハイリターンは期待せずに預貯金よりは良くなるといった程度に考えておく方が良いですね。

年金型生命保険に加入すべきか無料保険相談で相談してみませんか?

年金型生命保険の魅力やデメリットを聞いた上で、リタイア後の資金準備として年金型生命保険を利用するのが自分にとって良いのかどうか悩みますよね。


また、保険商品も数多くあり、それの選び方や保険料の払い込み額が無理なく続けられる額かどうか判断が難しいものです。


そんな時はプロに相談することをおすすめします。


プロに悩みや疑問点を聞けて、アドバイスや提案をしてもらえるので保険選びやライフプラン作成が安心して行えます。


無料でできたり、オンラインでも相談可能なので、是非利用してみてください。

年金型生命保険と終身保険やiDeCoとの違いは?老後に向けてどれを選ぶ?

年金型生命保険の他にも終身保険やiDeCoといったものも注目を集めています。


それらはどのような違いがあるのか、自分にとってどれを選択するのが最適なのかを考えていきましょう。


同じように見えるものでも大きな違いがあり、その違いをしっかりと理解することはより良い老後資金準備には欠かせません。


iDeCoについてはiDeCo公式サイトに分かりやすく詳しく解説されていますので、参考にしてみてください。

終身保険と年金型生命保険は受け取る人と受け取るタイミングが異なる


老後資金の準備として「終身保険」も耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。


終身保険と年金型生命保険にはどのような違いがあるのでしょうか。


同じように考えられがちなこのこの2つの保険には、是非とも理解しておきたい大きな違いがありますのでご紹介します。


下記の表にその大まかな違いを示しました。

終身保険年金型生命保険
受け取るタイミング死亡時年金受取期間
受取人遺族本人
目的葬儀費用・相続対策
老後資金

元々、これら2つの保険は利用する目的が異なります。


終身保険は、契約者本人が死亡したタイミングで保険金を遺族が受け取ることができるので、葬儀費用や相続対策を目的として利用されます。


年金型生命保険は、保険料の払い込み完了後から契約者本人が年金として受け取ることができるため、自分のリタイア後の生活の為の資金作りを目的として利用されます。


保険契約時に何の為の資金作りをしたいのかを明確にし、より相応しい保険商品を選ぶようにしましょう。


利用目的に合致したものでないと資金が必要となったタイミングでの利用が出来なくなり、困ることにもなりかねません。


2つの保険の利用目的の違いについてしっかりと理解してから保険選びを始めましょう。

iDeCoは年金型生命保険に比べ運用の手間はあるがリターンは大きめ

老後資金の準備として「iDeCo」を利用しようかと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。


iDeCoは確定年金保険とも呼ばれます。


年金型生命保険と同じように、リタイア後に年金として受け取ることができるので、老後の生活資金の準備として注目を集めています。


しかし、この2つにも違いはありますので確認しておきましょう。

iDeCo年金型生命保険
運用方法自分保険会社
加入期間60歳まで個人で選べる
途中解約不可可能

iDeCo(確定年金保険)には税金の控除が受けられるという魅力があり人気です。


しかし、年金型生命保険と違い、自分で投資商品を選ぶ必要があるため投資に対する知識がある程度は必要となります。


この知識不足を不安視する方も多いとは思いますが、無料相談したりインターネットから気軽に情報収集することもできますので、そこまでハードルが高い訳ではありません。


途中解約できない点も注意が必要です。60歳を迎えるまでしっかりと掛け金の払い込みが継続できるような最適なプランを選定することも重要です。


マネーキャリアでは、保険選びのお悩みを気軽に相談できますので是非一度利用してみてください。


保険のプロとの保険選びは心強く、安心できますよ。

まとめ

年金型生命保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • 年金型生命保険は公的年金の上乗せとして自己で老後資金の備えが出来る
  • 年金型生命保険は3種類あり、ライフプランに応じて選択する
  • 終身保険、iDeCoとも比較して目的に合ったもので老後資金準備をする
  • 保険選びはプロと相談しながら最適なものを選ぶ
でした。

人生100年時代とも言われ、老後(セカンドライフ)の期間も長くなっています。計画的な資金作りはその基盤となりますので、最適なものをしっかりと選び抜き備えておきたいですね。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい生命保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング