共働きの夫婦の生活費の平均はいくら?共働き夫婦の節約術とは

共働き夫婦の生活費の平均の全国平均は22万円です。新婚夫婦の生活費の内訳は住居費の次に食費が多く占め、夫婦二人でやりくり、管理することで節約が可能です。家計の管理方法は夫婦のどちらかが負担するか、二人で分担する方法があります。新婚夫婦の生活費の節約法を実践して貯蓄を増やしましょう。

共働きの夫婦の生活費の平均はいくら?共働き夫婦の節約術とは

共働きの夫婦二人暮らしの生活費の平均は約22万円です。新婚夫婦は、食費にお金がかかる傾向にあります。


しかし、結婚式や新婚旅行など、イベントが重なると出費もその分多くなり、妊娠・出産などのライフスタイルが変わるときに出費は更に多くなってしまいます。


お給料には限界があるので、出費がかさむ分節約できるところはしっかり節約し家計を管理したいというのが本音ですよね。


今回の記事では

  • 共働き夫婦生活費や貯金額について
  • 赤ちゃんが生まれたときなどの生活に変化があった際の生活費の変動について
  • 生活費を節約する方法
を詳しく説明していきます。

日本の平均の生活費や貯蓄額・生活費を抑える節約方法を知りたい方には、ピッタリの記事ですのでぜひ最後まで読んでいってくださいね。

共働き夫婦の生活費の平均とその内訳


新婚夫婦の生活費は20万~25万円という回答が多く、共働き夫婦の生活費の平均は全国平均で約22万円です。


夫婦二人暮らしの1ヶ月の生活費の内訳を表にしました。

1ヶ月あたりの金額
家賃7.9万円
食費4.1万円
光熱費2.2万円
洋服・美容費1.6万円
保険代2.2万円
レジャー・交際費2.6万円
その他2.9万円

この表を見ると、家賃に一番金額がかかっていてその次に食費がかかってきていますね。


共働きの夫婦は残業をすることも多く、場合によっては夕食は外で済ませるというケースもあります。


外食の回数が増えると、その分食費がかさむので夫婦2人でも4万円となるのでしょう。


貯蓄をしっかりとできているならば、食費が多少多くなっても問題はありません。自分たちの収入をしっかり把握し許容内で生活費にお金をかけることは、無駄遣いではなく時間の有効活用となるからです。

共働き夫婦の貯金額は月平均9万円

共働きの夫婦の7割が毎月貯蓄をしています。その1ヶ月の貯蓄額は毎月約9万円。少ない家庭は2~4万円、その次は10~12万円の貯蓄をしています。


毎月約9万円の貯蓄をしていれば年間で約100万円の貯蓄となります。しっかりした貯蓄があれば、結婚式や旅行などのイベントも安心して楽しむことができますよね。


生活費にお金をかけすぎていて貯蓄額が少ないという家庭は、生活費の見直しが必要です。


理由は、結婚式を終えているカップルでも妊娠・出産などのライフイベントで多くの出費があると予想できるから。


将来を見据えて家計の管理をしっかりできるようになりたいですね。

共働き夫婦に子供が生まれた場合の生活費の平均はどう変わる?


共働き夫婦の間に子どもが誕生したら、具体的に出費はどのように変化するでしょうか?


出産一時金が自治体から支給されますが、分娩方法を選んだり病室に個室を選択したりすると一時金では足りないケースが多くあります。


子どもが未就園児の場合、毎月5.3万円の出費があるといわれています。内訳として

支出
食費1.3万円
衣服・雑貨0.6万円
生活用品1.2万円
教育費関連0.7万円
レジャー・内祝い1.3万円
医療費0.2万円

が平均といわれています。自治体によっては医療費がかからないところもあるので、住んでいる場所によって微妙に変動します。


現在は、幼児教育無償化がスタートし3~5歳までの子どもの保育料が無償となります。全てが無償となるわけではありませんが、従来かかっていたお金がかからないということで家計の助けになっていることは間違いないでしょう。


次に、現在の子育てにかかる費用のランキングを見てみましょう。

未就園児
1位子どものための貯蓄や保険 1万6616円
2位食費1万2865円
3位生活用品1万2452円


保育園・幼稚園児
1位保育費
3万1617円
2位食費1万8718円
3位子どものための貯蓄や保険1万5601円


多くの家庭が、共働き時代よりも出費が多くなっていますが自分たちの貯蓄の他、子どもの将来の為の貯蓄をしています。


子育て世代になると、子どものための貯蓄も考えなければならないので今よりも生活費のしっかりとした管理が必要になりますね。

共働き夫婦の生活費の管理・分担方法

共働きの夫婦の生活費の管理方法は主に2パターンあります。ひとつは「お財布を一緒にる」というパターン。もうひとつは「お財布は別々にする」というパターン。


それ以外にも色々なパターンが存在し、自分たちの環境や収入に合わせて一番合った方法にしたいですよね。


今回は

  • 共働き夫婦のどちらか片方が負担する
  • 共働き夫婦二人で生活費を負担する
  • 共働き夫婦の生活費を項目別に負担する
の3つについて解説していきます。

共働き夫婦のうちどちらか片方が負担する

これは、いわゆるお小遣い制のことといいます。


多いのは旦那さん側に収入を生活費に回し、奥さんのほうの収入を貯蓄に回すという方法が一番多いとされています。


この方法は、夫婦のどちらかが管理をする方法なのでとてもシンプルな方法です。


この方法を選択する理由としては

  • 出産の際の収入が無くなることを見越して、初めから夫の収入だけでやりくする
  • 夫が浪費家
  • 確実に貯蓄をしたい
と様々な理由がありました。あなたの家計がこの理由のどれかに該当するなら片方の収入で家計をやりくりするとうまくいきそうですね。


しかし、これはとても堅実な方法ですがお小遣いをもらっている方は、家計の状況を把握していない場合が多いので、不満が出る恐れもあります。


そうならないためにもキチンと状況を説明して納得してもらいましょう。

共働き夫婦二人で生活費を負担する

これは「お財布共有型」とも呼ばれますね。


同棲から結婚に至ったカップルは、同棲時代からの流れで毎月決まった金額をお互いに出し合って生活するこのスタイルを選択していることが多いです。


このメリットは、お互いが自由に使えるお金が多いということです。人によってはこの方法を選択したいという場合もあるでしょう。


この方法は、とても自由度が高い方法ですが注意も必要です。それは、お互いがお互いに貯蓄とお金の管理が必要になるということ。


自由に使えるお金が多いということから、ついつい財布の紐が緩んでしまいますが貯蓄に回すお金がなくてまとまったお金が必要なときに準備できない……なんてことも。


お互いは貯蓄に対して同じ価値観を持っていてしっかり自分で管理できるという夫婦はこの方法で問題はないでしょう。しかし、家計の管理が苦手な夫婦は注意が必要です。

共働き夫婦の生活費を項目別に負担する

こちらは、夫婦の中で負担する生活費を項目ごとに決めるというもの。多いのは家賃や光熱費は旦那さん側が、食費は奥さんが負担するパターンが多いです。


この方法のメリットは、自分の負担している項目を節約すれば節約することができるというところ。食費を担当していたら、食費を節約すればその分自分の負担は軽くなります。


お互いが節約するのが好きならば、この方法はとてもお勧めです。


しかし、項目をどこで区切るべきか悩んでしまうというケースもあり、どちらかかが多く負担をする可能性もあります。


夫婦での収入に差がある場合はこの方法でお互いの収入の中で同じ割合の出費になるように話し合うといいですね。また、収支をお互いに見せて家計の状況を確認することも必要です。

共働き夫婦の生活費のやりくり・節約方法


共働き夫婦の生活費のやりくりの悩みの中で多いのは「お互いの収入・支出を把握していない」ということ。


共働きでお互いに安定した収入があるからこそなのでしょうが、お互いの支出を把握していないと安定した貯蓄には回せません。


ここからは無理なく安定した貯蓄をするために今日からできる節約方法についてお伝えします。

  1. 毎月の生活費の金額を予め決める
  2. 結婚生活での毎月の貯蓄額を決めておく
  3. 毎月の固定費を削減する
  4. 家計簿をつけて夫婦で家計の収支を見直す
この4つを意識すると日々の生活費を抑えるだけでなく、お金の支出を把握できるようになります。

詳しく解説していきますね。

共働き夫婦の生活費の節約法①毎月の生活費の金額を予め決める

毎月の生活費の金額を決めるという方法。これは、限られた金額で生活をする=生活費として決めたお金は使い切っていいということです。


「節約しなきゃ……!」と決めてもなかなか生活費を抑えらないタイプの方にお勧めです。


生活費を決めて、お財布に生活費だけを入れて過ごすと余計な買い物は減ります。飲み会や自分の買い物は自分の自由に使えるお金の中で使うとストレスなく過ごせますよ。


最初から無理な金額に設定すると長続きはしませんし、ストレスも溜まるのでお勧めはできません。


無理なくできる範囲から始めて、節約した場合は徐々に生活費を減らしてみましょう。


安いスーパーに行ってお買い得の商品を探すのは宝探しのような気持ちになり意外と楽しめます。


生活費に余裕ができた月は夫婦でおいしいものを食べに行ってもいいですね。


ただただ節約するのではなく、自分達の楽しみやご褒美も考えてみてくださいね。


決めた生活費は使い切っていいのでお金が残らなくても問題ありません。マイナスにならないことを意識しましょう。

共働き夫婦の生活費の節約法②結婚生活での毎月の貯蓄額を決めておく

結婚生活での毎月貯蓄額を決めて先取り貯金をし、残りのお金を生活費とする方法です。


先に貯蓄をしてしまえば、例え給料日前日に残金が0円になったとしても安定した貯蓄が可能です。


夫婦で話し合い、二人で決めた額の貯蓄をすると貯蓄はとてもスムーズになります。


毎月まとまったお金が貯蓄できるとイベントやライフスタイルが変わるとも安心ですね。


お給料に変動のある方は毎月お給料が出てから今月の貯蓄額を話し合うとお給料の少なかった月は「自由なお金が無くて辛い……」と悩まずに済みます。


毎月お給料の話し合いは面倒と思うかもしれませんが、意外と夫婦の金銭感覚はズレているもの。


毎月少しの時間でも話し合うことでお互いの価値観を知りつつお互いが納得できるところまで意見をすり合わせるとお金絡みの言い合いも減ります。


家計の管理が苦手だけど、毎月の貯蓄を確実にしたいという方にお勧めです。

共働き夫婦の生活費の節約法③毎月の固定費を削減する

生活費を節約したいと思ったら、まず毎月の固定費を屋安くできないか見直してみましょう。


意外と他の人より多く払っていた!なんてこともありますよ。


今回は

  • 通信費
  • 光熱費
  • 保険料
の節約方法についてお伝えします。


通信費

現在スマホのキャリアが大手3社を使用している場合は節約のチャンス。格安SIMに乗り換えるだけで毎月の料金を安く抑えることができます。

格安SIMに乗り換えたことのない人の心配ごとは通信速度が遅いんじゃないか……ということ。UQモバイルは格安スマホの中でも通信速度は抜群に早く気になりません。

通信速度は遅くしたくないという方はUQモバイルに乗り換えることをお勧めします。

また、スマホはまだ使えるから会社を乗り換えるのに躊躇してしまう方はそのスマホのSIMロックを解除するとスマホはそのままでキャリアだけ乗り換えることができます。

SIMロック解除は格安スマホの店頭で簡単に行えるのでまずは気軽に相談に行ってみてはいかがでしょうか?

光熱費

光熱費はこまめに使わない電気や水は止めるという方法以外にも安く済ませる方法があります。

それは、電気とガスを同じ会社にしてセット割にするという方法。

この方法で最初の3ヶ月は料金が無料となり、その後も割引が適応となるケースもあるので年間で考えると割引額は大きくなります。

電気とガス会社は住んでいる地区によって購入できるか否か変わるので調べてみてくださいね。

保険料

保険料が毎月の生活費を圧迫してる場合は要注意。保険はもしものときの為の備えとなるので、解約はお勧めしません。

しかし、保険料が高すぎて生活費を圧迫しているなら見直しが必要です。

キャッシュバックがある保険は料金が高い傾向にあります。全ての保険をキャッシュバックのある保険にするのではなく、掛け捨てでも料金が安く保障内容が充実しているものに変更すると節約になりますよ。

キャッシュバック分は貯蓄に回すとよりいいですね。保険は満期前に途中解約をすると戻ってくる金額が払った金額の80%を下回る保険も多くあるのでその分のお金をiDeCoやNISAに変更するとより節約・節税になるのでお勧めです。

ほけんROOMでも無料の相談を行っているのでよろしければご相談ください。

共働き夫婦の生活費の節約法④家計簿をつけて夫婦で家計の収支を見直す



確実に貯蓄をしたければ、お互いの収支を知るのはマストです。


お互いの給料明細を見たことがない夫婦は実は多いのですが、お互いの給料を知らずに不透明な部分があったまま貯蓄をしても上手くいきません。家計簿をつけてお互いの収支や貯蓄を把握していきましょう。


夫婦で家計簿を管理するという方法は、根気のいることだと思いがちですが、実はそんなに大変なことではありません。


キッチリ1円単位までだと計算が合わずストレスになってしまいますが、家計の収支を確認する程度ならそこまで難しく考えなくとも大丈夫です。


お互い使用したレシートを持ち帰り、週に1回くらいを目安にそれぞれ色分けして使用した菌金額を足していきます。


慣れてくるとそんなに時間もかからずにできますよ。

まとめ:共働き夫婦の生活費を節約して将来の貯蓄を増やそう

共働きの夫婦二人暮らしの生活費の平均は約22万円。生活費は夫婦で話し合い、自分たちに地番ベストな方法で管理していきたいですね。


ライフスタイルが変わるタイミングで大きなお金が動くので貯蓄もしっかりといsていきたいところ。


  • 共働き夫婦生活費や貯金額について
  • ライフルタイルに変化があった際の生活費の変動 
  • 生活費を節約する方法 4つ
について説明しました。

長い夫婦生活、お互いの収支を確認し合って協力すればよりよい生活を送れます。

お互いを理解して良きパートナーとして日々の生活を楽しんでくださいね。ほけんROOMでは、この他にも生活費関連の記事を多く公開しています。

良ければ他の記事もご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 夫婦の生活費は毎月いくらかかる?年齢ごとに1ヶ月の費用を徹底解説
  • 夫婦2人の老後の生活費をシミュレーション!必要な額はいくら?
  • 新婚夫婦の生活費はいくら?新婚夫婦ができる家計の節約術とは
  • 生活費の平均は月々どのくらい?家族構成ごとに徹底解説!
  • 生活費は折半している?結婚している夫婦がお互いに感じること
  • 新婚の夫婦の生活費はどのくらいかかる?1ヶ月の費用の内訳は?
  • 老後の生活費はいくら必要?1人暮らしと夫婦世帯の内訳をご紹介
  • 共働きの家計管理は注意が必要!理想の家計簿・家計管理方法とは?
  • 共働き世帯の家計管理はどうしたらいい?貯金するためにするべきこと
  • 共働き夫婦は配偶者控除でお得になるかも!税金対策のコツをご紹介