22%の人が「関係ない」コロナウイルス感染リスクと喫煙についての意識調査

ライフプラン相談、オンライン保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険の最新トレンドを発信すべく、2020年5月ににユーザーからの調査データや様々な調査結果を公表します。

コロナ感染リスクと喫煙に関する意識調査

2020年、コロナウイルスが世間で大きな話題になっていますが、不安なことは、コロナ感染リスクと喫煙の関係性について「高死亡リスク」の研究結果が出ていることです。

そこで、今回ほけんROOMでは、喫煙者の方に、喫煙とコロナ感染リスクに関する意識調査を行いました。


調査概要:喫煙とコロナ感染リスクに関する意識調査

■調査日程 :2020年5月15日~2020年5月16日

■調査方法 :インターネット

■調査対象 :喫煙者

■調査人数 :195名  




1日の喫煙本数について

まず、初めの質問として、コロナウイルスが問題となる前と現在で1日の喫煙本数がどう変わったのかお聞きしました。

ほけんROOM

ほけんROOM

結果の通り、「やめた」と答えた方が、27.8%であり、約4人に1人が喫煙することを辞めたことがわかります。


また、20本以上吸う方も20本未満に減らしていることが、この結果から見てよく分かります。

喫煙とコロナウイルス感染リスクについて

次に、重症化リスクがあるという研究結果が出ていることについて知っていたかお聞きしました。

ほけんROOM

ご覧の通り、「知っていた」と答えた方が、77.3%で「知らなかった」と答えた方が22.7%です。


また、喫煙とコロナウイルス感染のリスクについてどう思うかお聞きしました。

30代男性 / 山形県


会社員

「知っていた」と回答

リスクはあるのは承知だし、危険だとは思います。ただ、他の疾患を持っている人でもリスクはあるし、リスクがなかろうがなくなっている方もすくなからずいるので、喫煙をやめたところでどうかと思うところはあります。

30代女性 / 愛知県


無職

「知らなかった」と回答

家にいる時間が増え、特にやることが無いので吸う本数が増えるし、その分補充で買わなきゃ行けないので出費もかさみ不経済な為生活も余計に苦しくなります。コロナだから吸う本数減らすということにはならないです。

コロナウイルスが問題となっている中ででタバコを吸うことについて

4つ目の質問として、コロナ禍の中でタバコを吸うことについてどう思うかお聞きしました。

ほけんROOM

結果の通り、「関係ないと思う」と答えた方が、22.2%であり、「良くないと思う」と答えた方が、77.8%です。


以下、そのように答えた理由についてお聞きしました。

40代女性 / 大阪府


会社員

「関係ないと思う」と回答

たばこを吸うことでコロナウィルスをまき散らしているわけでもなく個人の自由だと考えます。周りの人に迷惑がかからないように、マナーを守って吸うことに関しては否定しません。

30代女性 / 愛知県


会社員

「関係ないと思う」と回答

いくら研究結果が出ているといえども、今の日本には喫煙によるリスクより、そうではないストレスでリスクを抱えるほうが大きい気がするし、そのほうが問題だと思うからです。

20代男性 / 富山県


アルバイト

「関係ないと思う」と回答

申し訳ないが、自分の家族や親族の心配だけで精一杯であり、他の人のことまでは考えられない。また、増税しても吸い続けている人ばかりであるため、コロナが蔓延しており、感染リスクが高まるとしても吸いたい人は吸えばいいと思う。

50代男性 / 東京都


会社員

「良くないと思う」と回答

自分の重症化リスクだけでなく、感染した場合に家族や知人、職場の仲間に迷惑をかける。これは、良くないと思うというよりは、喫煙に関して1本吸うたびに感じる負い目のようなもので、自己嫌悪を感じるから。

20代男性 / 石川県


会社員

「良くないと思う」と回答

肺炎の恐れがり、なおかつ自分の身の回りの人にも副流煙を吸わせてしまう為、感染や、肺炎のリスクが上がってしまうと思うから。自分だけならまだしも、周りまで巻き込んでしまうと良くはないと思う。

今後のタバコ本数について

次に、こちらのリンクをお見せし、

新型コロナ感染症:喫煙も「高死亡リスク」権威ある医学雑誌に新たな研究結果が


重症化リスクがあることを分かったうえで、今後タバコを控えようと思うかどうかお聞きしました。

ほけんROOM

結果の通り、本数を増やすと答えた方が、2.1%、通常通りと答えた方が、33.5%です。


よって、3人に1人は、通常通り喫煙をすると言うことになります。


一方で、64.4%の方が、「本数を減らす」と答えました。


以下、そのように答えた理由についてお聞きしました。

30代男性 / 山形県


会社員

「本数を増やす」と回答

結局のところ死ぬときは死ぬとわりきっている自分がいますので、どうせ死んでしまうのであればもっともっと吸って好き勝手やって死にたいと思っています。なのであえて減らすとか半端なことはせず、どうせなら増やす方向にしていったほうがよいかなと。

30代女性 / 兵庫県


アルバイト

「通常通り」と回答

個人の自由なので、気をつけたい人は気をつけたらいいと思います。自分の判断で喫煙して重症化してもそれはそれで仕方がないと思います。重症化するのが嫌なら喫煙をやめればいいと思います。

50代男性 / 長崎県


個人事業主

「本数を減らす」と回答

重症化した人達のことについて書いている記事を読むと、不安になります。喫煙歴が長いので、中々辞められませんが、何とか先ずは本数を減らすことから考えています。最終的には、禁煙を目指しています。

コロナ感染後、周りにも被害を与える可能性について

最後の質問として、周りにも被害を与える可能性についてどう思うかお聞きしました。

ほけんROOM

結果の通り、37.6%の方が「タバコを辞めない」と答えた一方で、62.4%の方が、「タバコを辞める」と答える結果となりました。

まとめ

以上、6つの調査結果をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。


リモートワーク続きで、外へ出かけることを遮られている今では、タバコが唯一のストレス発散になっている方も多いようです。


今回の調査結果はウェブページ等で引用していただいて構いません。 


ただし、引用の際は必ずこちらのリンク(https://hoken-room.jp/money-life/9123)を載せるようにしてください。 


また、ウェブページ以外での引用の際は、ほけんROOMまでご連絡いただくようお願い申し上げます。 


回答者の声について詳しく知りたい方は、ご連絡をいただければより詳しいデータをご提供することも可能です。


興味のある方はぜひご連絡ください。


 ------------------------------------------------------------------------- 


【ご取材・データの提供に関するお問い合わせ】 

株式会社Wizleap 広報部 

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ606号室 

E-MAIL:info@wizleap.co.jp 

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング