収入が落ちたと答えた人は、66%!収入減少による貯金に関する意識調査

ライフプラン相談、オンライン保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険の最新トレンドを発信すべく、2020年5月ににユーザーからの調査データや様々な調査結果を公表します。

収入減による貯金切り崩しに関する意識調査

2020/5/31まで「緊急事態宣言」により、様々な企業の経営悪化が相次いでいます。


そこで問題になることは、個人の収入にも影響を及ぼしていることです。


今回ほけんROOMでは、18歳以上の1,022名に、収入減による貯金切り崩しに関する意識調査を行いました。


アンケートの詳細は以下のようになります。


【調査概要:収入減による貯金切り崩しに関する意識調査】 

  • 調査日程 :2020年5月18日~2020年5月23日 
  • 調査方法 :インターネット 
  • 調査対象 :18歳以上 
  • 調査人数 :1,022名 



月収は落ちたかどうか

まず、初めの質問として、月収は落ちたかどうかお聞きしました。

ほけんROOM

ご覧の通り、66%の人が少なからず落ちたことがわかります。

どれくらい落ちたかについて

次の質問として、どれくらい落ちたかをお聞きしました。ほけんROOM

1%未満の方が、一番多い結果となりました。。


また、2番目に多い人は10%~20%の方であり、3番目に多い人は、50%~100%の方です。

収入減により、貯金を切り崩しているかどうか

最後の質問として、現在貯金を切り崩して生活しているかお聞きしました。

ほけんROOM

結果、44%の割合の人が、現在貯金を切り崩しながら生活していることがわかりました。

まとめ

以上3つの調査結果をご紹介しました。いかがだったでしょうか。


今回の調査結果はウェブページ等で引用していただいて構いません。


ただし、引用の際は必ずこちらのリンク(https://hoken-room.jp/money-life/9151)を載せるようにしてください。


また、ウェブページ以外での引用の際は、ほけんROOMまでご連絡いただくようお願い申し上げます。


回答者の声について詳しく知りたい方は、ご連絡をいただければより詳しいデータをご提供することも可能です。


興味のある方はぜひご連絡ください。

 ------------------------------------------------------------------------- 


【ご取材・データの提供に関するお問い合わせ】 

株式会社Wizleap 広報部

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ606号室 

E-MAIL:info@wizleap.co.jp

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング