賛成派は55%以上!甲子園中止の方向についての意識調査を発表!

ライフプラン相談、オンライン保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険のみならず最新のトレンドを発信すべく、2020年5月ににユーザーからの調査データや様々な調査結果を公表します。

甲子園中止の方向に関する意識調査

2020年、コロナウイルス感染拡大に伴い、歴史的に伝統のあるイベントや大会の中止が相次いでいます。


その中でも、一番大きいニュースは、甲子園が中止の方向で調整されていることではないでしょうか。


そこで今回ほけんROOMでは、18歳以上の711名に、「甲子園中止の方向について」意識調査を行いました。 


 アンケートの詳細は以下のようになります。 


【調査概要:甲子園中止の方向に関する意識調査】

  • 調査日程 :2020年5月16日~2020年5月17日 
  • 調査方法 :インターネット 
  • 調査対象 :18歳以上 
  • 調査人数 :711名  



高校野球をよく観るかどうか

まず、1つ目の質問として、普段高校野球をよく観るかお聞きしました。

ほけんROOM

結果の通り、全体の約9割の方が、少なからず一回は観ると言う結果になっています。


また、その中でも、約1%の方が、「全部観る」と回答し、「よく観る」と回答した人が34.9%ですので、とても人気なことがわかります。

甲子園中止の方向についてどう思うか

2つ目の質問として、甲子園中止の方向についてどう思うかお聞きしました。

ほけんROOM

ご覧の通り、「賛成」と答えた方が、55.7%、反対と答えた方が、34.7%です。


以下、そのように答えた理由について、お聞きしました。

30代女性 / 大阪府


会社員

「賛成」と回答

野球以外の高体連主催の大会が全て中止になっている中、高野連だけが大会を行うというのは、他の競技を行っている高校生や保護者から不公平という声が多く届くと思うから。

10代女性 / 北海道


学生

「賛成」と回答

世界中が危険にさらされて自粛しようという風潮なのに、どうしてまだ甲子園を開催するかどうかのレベルの議論をしているのかがわかりません。開催予定でも今後球児が感染したら確実に中止になるのは目の見えています。

40代女性 / 埼玉県


アルバイト

「反対」と回答

賛否両論あるかと思いますが、甲子園は今まで子供達が努力をしてきた成果を発揮する場所でもあり、夏のイベントの1つだと思う。甲子園出場という夢を追いかけて頑張って来た子達も沢山いると思う。そんな子供達や親御さんの気持ちを思うと中止は悲しすぎるので、できる限りの配慮をし、無観客試合でも実行してほしいと思います。

60代男性 / 三重県


個人事業主

「反対」と回答

三年生については最後の晴れ舞台。たとえ無観客でもテレビ中継で全国ネットで流してほしい。ただ無観客でなく応援席については減らす方向そしてブラスバンドは席を離して全校生徒は席を確保してほしい。

無観客試合について

最後の質問として、無観客試合でもやるべきかお聞きしました。


40代男性 / 埼玉県


無職

3年生は最後の大会になりますので開催できるのなら観客なしでも開催して欲しいとファンなら誰もが思います。現在の状況なら都市部意外なら開催は可能だと思うのでやって欲しいとは思います。

20代女性 / 宮城県


主婦

オリンピックも含めその他様々な業界で延期・中止になる行事が多い中、甲子園だけ通常通りというわけにはいかないと思う。

20代女性 / 京都府


主婦

これだけコロナによってたくさんの試合や大会が中止になっているのに、歴史のある甲子園だけ開催するのはどう考えてもおかしいと思う。無観客でも観客がいても、開催することでたくさんの不満を持つ者があらわれると思う。

まとめ

以上3つの調査結果をご紹介しました。いかがだったでしょうか。


3年生の球児たちには、これから大学野球、プロ野球のみならず、別の道の社会人としてそれぞれ活躍することを願います。 


今回の調査結果はウェブページ等で引用していただいて構いません。


ただし、引用の際は必ずこちらのリンク(https://hoken-room.jp/money-life/9124)を載せるようにしてください。 


また、ウェブページ以外での引用の際は、ほけんROOMまでご連絡いただくようお願い申し上げます。 


回答者の声について詳しく知りたい方は、ご連絡をいただければより詳しいデータをご提供することも可能です。興味のある方はぜひご連絡ください。


 -------------------------------------------------------------------------  


【ご取材・データの提供に関するお問い合わせ】 

株式会社Wizleap 広報部  

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ606号室 

E-MAIL:info@wizleap.co.jp

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング