緊急事態宣言一部解除に関する意識調査を発表!賛成派は48.8%!

ライフプラン相談、オンライン保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険の最新トレンドを発信すべく、2020年5月にユーザーからの調査データや様々な調査結果を公表します。

緊急事態宣言一部解除に関する意識調査

2020/5/14、新型コロナウイルス特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について39県の解除が世間で大きな話題になっています。


そこで今回ほけんROOMでは、18歳以上の1,013名に緊急事態宣言解除に関する意識調査を行いました。


アンケートの詳細は以下のようになります。


【調査概要:緊急事態宣言解除に関する意識調査】

■調査日程 :2020年5月10日~2020年5月14日

■調査方法 :インターネット

■調査対象 :18歳以上

■調査人数 :1,013名 

ほけんROOM

ほけんROOM

ほけんROOM

緊急事態宣言が一部解除されることについて

まず、1つ目の質問として、緊急事態宣言が一部解除されることについてどう思うかについてお聞きしました。

ほけんROOM

結果の通り、「解除すべき」と答えた方が、13.5%の136人、「どちらかと言えば解除すべき」と答えた方が、357人と答えました。


よって、合計で48.8%の493人の賛成派がいる結果となりました。


一方で、「解除すべきではない」と答えた方が、8.6%の87人であり、「どちらかと言えば解除すべきではない」と答えた方が、29.8%の301人いる結果です。


また、どちらでもないと答えた方は、12.7%の128人です。


以下、そのように答えた理由について記載しました。

30代男性 / 愛媛県


個人事業主

「解除すべき」と回答

新幹線が通っていない四国などアクセス面であまり良くない県や地域に関しては他都道府県からの流入が少ないと考えられるので解除しても万全な対策を講じるという条件付きの元であれば解除するべきだと思います。

40代男性 / 埼玉県


会社員

「どちらかと言えば解除すべき」と回答

緊急事態宣言を長期化にすることにより、経済活動の循環が鈍くなり現在以上に景気が冷え込みリーマンショックや震災以上の不況に陥ってしまうと思うため。

20代女性 / 東京都


アルバイト

「解除すべきではない」と回答

緊急宣言が解除されても、ひとりひとりが外出を控えたり感染症対策をしなければならないということを知らない人が多いと思います。完全に収束したわけではないのに外出をして、第二波が来ることになると思うので一部であっても解除すべきではないと思います。

50代女性


主婦

「どちらかと言えば解除すべきではない」と回答

ゴールデンウィーク後かなり緩んでしまっており、あちこちで人の流れがあることを報道などで拝見しています。繰り返しまた自粛があるのだろうと思い、今の時点で必要なのか少し考えてもらえればと思います。

50代女性 / 東京都


会社員

「どちらでもない」と回答

感染が抑えられている地域に、他都道府県から流入することが心配です。 防ぐ策をしっかり講じることが肝要だと思います。

自粛制限解除後、まず初めにどこへ行きたいか

2つ目の質問として、緊急事態宣言解除後(自粛制限解除後)まず初めにどこへ行きたいか聞いてみました。

ほけんROOM

「外食」と答えた方が、498人で一番多い結果となり、次に多かったのが、「特になし」と答えた方であり、146人です。


三番目に多かった「実家」については、ゴールデンウィーク期間中に帰省することができない地方の方が多く92人です。

自粛制限解除後、何をしたいか

3つ目の質問として、自粛制限解除後に何をしたいかお聞きしました。

20代女性 / 東京都


会社員

好きなアーティストのライブに行って友達と好きなアーティストのことについて語り合ったり、彼氏・友達・会社の人たちとお酒を飲みながらワイワイしたい。旅行に行きたい、

30代男性 / 北海道


会社員

海へ魚釣りに行ったり、家族と一緒に外食や公園へ出掛けたりしたい。仕事は出張が自粛になっており、営業活動のための出張ができなかったので、出張に出て、お客様にご挨拶したい。

50代女性 / 岐阜県


アルバイト

息子夫婦に初赤ちゃんが誕生したので会いに行きたい。息子家族とは遠方な為、新幹線にも乗りたい。しかし交通機関は怖いので自家用車の長旅になりますが、とにかく孫に会いたい。

10代女性 / 埼玉県


学生

入学式も中止になり、現在はオンライン授業を受けているため、早く大学に通って授業をしたり、新しい友達に会いたい。また、春休みに行く予定だった海外旅行がキャンセルになってしまったので、早く旅行に行きたい。

今一番誰に会いたいですか?

最後の質問として、今一番誰に会いたいのかのお聞きしました。

ほけんROOM

「友達」と答えた方が、一番多い結果となりました。

10代、20代の学生の方は、学校も行けていない方々が多く、友達に会えていないためです。


また、次に多かった「家族」と答えた方は、ゴールデンウィークや母の日に帰省することができないため、多い結果になりました。


家族と答えた方の中には、生まれたばかりの赤ちゃんに会えないと言う方もいました。


「特にいない」と答えた方は、上記にも説明しましたが、家で楽しめるゲームなどで十分であり、特に会いたい人はいないという傾向が強いようです。

まとめ

以上4つの調査結果をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 


今後、緊急事態宣言が様々な地域で解除されとしてもコロナ禍の中では、マスクや手洗いなどの予防は必要です。


今回の調査結果はウェブページ等で引用していただいて構いません。


ただし、引用の際は必ずこちらのリンク(https://hoken-room.jp/money-life/9109)を載せるようにしてください。


また、ウェブページ以外での引用の際は、ほけんROOMまでご連絡いただくようお願い申し上げます。


回答者の声について詳しく知りたい方は、ご連絡をいただければより詳しいデータをご提供することも可能です。



興味のある方はぜひご連絡ください。


 ------------------------------------------------------------------------- 


【ご取材・データの提供に関するお問い合わせ】

株式会社Wizleap 広報部

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-5

青山セブンハイツ606号室

E-MAIL:info@wizleap.co.jp

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 賛成派は55%以上!甲子園中止の方向についての意識調査を発表!
  • 77%の人が大変!自粛期間中の子育てに関する意識調査を発表!
  • ゲーム規制に関しての意識調査の結果を発表!賛成?反対?
  • FPに相談できることを知らない人は66%!収入減少による貯金に関する意識調査第2弾!
  • 県外からの移動に反対している人は70%越え?県外ナンバー狩りに関する意識調査
  • 家賃3分の2補助についての意識調査の結果を発表!家賃滞納している人も!?
  • コロナ禍の中「パチンコ店営業再開について」意識調査の結果を発表!
  • 飲食店営業再開についての意識調査を発表!
  • 22%の人が「関係ない」コロナウイルス感染リスクと喫煙についての意識調査
  • 93%が家電量販店の営業を再開してほしいと回答!家電量販店営業再開に関する意識調査!