ボーナス時、旦那のお小遣い平均はいくら?なし?妻のお小遣いも紹介

ボーナスが支給された際、夫へのお小遣いはいくら渡せばいいか悩みますよね。実は「小遣いなし」が一番多く、渡す場合でも相場は5万円以下です。この記事では保険会社のデータを基に、ボーナス支給時の旦那へのお小遣いの平均金額や妻のお小遣い事情を紹介します。

旦那へのお小遣いは渡す?なし?渡すときの相場はいくら?

ボーナスが支給されると旦那にいくらお小遣いを渡そうか迷う奥様もいらっしゃると思います。

ローンの支払いや教育資金の確保、旅行や預貯金等使い方は家庭により様々です。

ちなみに大手企業の平均ボーナスです。
2018年末2017年年末
95万6744円92万4438円
参考先:日本経済団体連合会

あくまで平均なので、この金額をもらっている人はそこまで多くないと思います。

いつも頑張っている旦那にお小遣いを渡したいけど、手取りでもらうボーナス額や家庭の事情等で渡せないという家庭もあるかと思いますがほかの家庭はどうなのでしょう。

そこで、この記事では
  • ボーナス時お小遣いの平均金額、お小遣いある派、なし派の意見
  • 妻のボーナス時のお小遣いの平均金額
  • それぞれの家庭のボーナスの使い道
  • iDeCoとはどんな制度か。メリットはあるのか。
以上のことを解説していきます。

この記事を読んで頂いて皆さんの疑問が少しでも解消できればいいとなと思います。

ぜひ最後までお読みください。

旦那に’’渡す場合’’でもっとも多い金額は5万円未満

お小遣いを渡す場合は2万円~5万円がもっとも多いようです。


少ないと納得できない人もいるかもしれません。


ですが半数の人がボーナス支給時のお小遣いが0円という結果もあります。


せっかくボーナスを貰ってもお小遣いが0円の人から見ると、ボーナスが出たときにお小遣いがもらえる人は羨ましいでしょう。


半数以上の家庭の家計が厳しいというアンケート結果があることから仕方のないことなのかもしれません。


家計の事情は様々です。収入によっても変わるものなので、それぞれの家庭により違いがあります。

割合別に3つに分かれる?ボーナス時のお小遣い金額

ボーナス時の3つに分かれるお小遣い金額をみてみましょう。


旦那としては、少しでも多くお小遣いが欲しいと思いますが、家計を任されている妻としては、生活の為お小遣いを多くは渡せないのではないのでしょうか。


全くお小遣いとして与えない場合


景気動向も不安定な中月々の補填に充てたり、将来の為の貯蓄に回したりしたりと旦那に渡さない場合も多いようです。


ボーナスの10%をお小遣いとして与える場合


日頃の仕事の労をねぎらい旦那にお小遣いを10%渡す家庭もあるようです。


旦那も仕事に対するモチベーションが上がるでしょうね。


すべて旦那のものという考え


会社からのボーナスは旦那が頑張って働いたご褒美という考え方もあるようです。

ボーナス払いがあれば払ってもらい、あとは自由に趣味などに使ってほしいという意見です。

やはり各家庭の家計の事情等によりかなり違いがあるようです。
頑張って支給されたボーナス。
お小遣い額に納得できない方もいるかもしれませんが、あらかじめ話し合い、家計の事情も考えてあげることも大事だと思います。

ボーナス時の小遣いあり・なしのそれぞれの声を紹介

小遣いありの意見

  • 旦那に小遣いを渡して仕事のモチベーションを上げてもらう
  • ボーナスは旦那が頑張ったご褒美
  • 旦那が小遣いなしだと自分ももらいにくい
他にもボーナスは旦那の頑張ったご褒美なのでボーナスは全額旦那のものという意見あるようです。

小遣いなしの意見

  • 月々の生活費の赤字の補填
  • ローンの支払いや子供の教育費等
  • 老後の為の貯金
将来の為に少しでも貯金をしたいという考えが多いようです。

お小遣いの目安は2~5万円

ネットを見てみるとお小遣いの目安は2~5万円がもっとも多いようです。

使い道はお酒や欲しいもの買ったり、趣味に使うことが多いようですね。

一方で、ボーナスが入ったからといって、特別お小遣いを渡したりしない家庭も5割いるようです。

やはり、月々の家計の補填や子供の教育費、ローンの支払い、等々をボーナスで補う家庭も多いようです。

妻のお小遣いは必要?平均金額はどれくらい?

日々頑張っているのは旦那だけではなく妻も同様


最近は共働きで妻も家計のために働いている家庭も多いです。


育児や家事に仕事にと日々忙しい毎日を送っています。


そんな妻もやっぱりお小遣いが欲しいのではないでしょうか?


妻の中で小遣いをもらっている方々の金額平均は1万円~3万円が多いようです。


女性が家計を握っている家庭は小遣いをもらってもやはり家計に回したりと家庭のことを一番に考えているようです。

みんなはボーナスを何に使っている?

普段の給料とは別に支給されるボーナス。
まとまったお金が入るとやはり嬉しいですよね。

旅行で温泉に行ったり、家族で美味しいものを食べに外食をしたり、欲しかった物を買ったりと、考えると楽しくなります。

ですが、各家庭の状況により使い方は様々です。

ローンの返済や月々の給料で足りない分の補填、教育資金や老後の為の資金。
将来の為の預貯金。

それらを考えると全額を好きな事に使うわけにはいかないと思います。

以下ではボーナスの使い道について、各家庭はどう使っているのか、どれくらい預貯金をしているのかを見ていきたいと思います。

  • ボーナスの使い道トップ5
  • 実際に貯金に回す金額
を紹介していきます。

ボーナスの使い道トップ5を紹介

ボーナスの使い道トップ5(2018年冬のボーナスの使い道)


第1位 貯金・預金 37.3%


やはり預貯金が1番多いですね。
月々の給料だけではそんなに預貯金に回せないのでボーナス時に預貯金に回す家庭が多いようです。

第2位 旅行(宿泊を伴うもの)9.9%

たまには旅行にも行きたいものですね。
温泉で癒されたり、美味しい食事に観光したりと、家族の思い出にもなりますね。

第3位 外食(食堂・レストラン、和、洋、中ほか専門店)5.5%


家族全員で外食をするとなると、かなりの出費になります。

多少家計に余裕がでたとき等は、家族みんなで外食をして美味しいものを食べたいですね。


第4位 衣服  4.6%


家族全員の衣服をボーナス時に買う家庭も多いようです。

年頃の娘さんがいる家庭等では、洋服や靴等も高いのでボーナス時に購入してあげているのでしょうか。


第5位 食品(ふだん食べるもの) 4.1%


毎月の家計の補填という意味合いがありそうです。

食べ盛りのお子さんがいる家庭では毎月の食費も大変なのでしょう。


他にもローンや借入の返済教育資金等の意見もありました。

支給される額は各家庭により差があると思います。


まとまったお金が入ったら、貯蓄に回す金額と、娯楽費等に回す金額を決めて有意義に使えたらいいですね。



参考先 AllAboutマネー

リンクhttps://allabout.co.jp/gm/gc/477937/

実際に貯蓄に回す金額

では実際に預貯金に回す金額はどれくらいなのでしょうか?


見てみるともらったボーナスの半分以上を預貯金に回したいと56.8%の方が思っているようです。


各世帯によって違いはありますが、毎月の給料では満足に貯金に回せないので、ボーナスの時は半分以上は貯金に回したいですね。


共働き夫婦の家庭では、専業主婦家庭よりも余裕がある家庭が多くボーナスはなるべく貯金に回す家庭が多いようです。


目的別でも貯金額も変わります。

例えば教育資金で見ると

教育施設
/年額
公立の金額私立の金額
幼稚園22.2万円
49.8万円
小学校32.2万円153.6万円
中学校
48.2万円133.9万円
高等学校41万円99.5万円

かかります。

公立の小・中・高に行っても500万円弱かかります。


さらに大学の費用が

1年あたり学費授業料入学料
私立大学86万4384円
26万1089円
公立大学53万7809円39万3426円
国立大学53万5800円28万2000円

かかります。

4年間で300万から500万円かかります。


ボーナス時に少しでも多く貯金に回したいですね。


参考先:月間副業

リンク:https://gekkan-fukugyou.jp/how-much-should-a-bonus-save/

老後の資金を自分で貯めるiDeCoを検討しよう

老後の資金を自分で貯める方法にiDeCoという制度があります。


少子高齢化の問題等により、公的年金の財源不足により将来もらえる年金が高い確率で今より減らされる可能性があります。


そうなるとギリギリの生活になります。


そんな中で、iDeCo(個人型確定拠出年金)はメリットも多い制度です。


iDeCoとは公的年金ではなく自分で老後資金を準備する私的年金です。


iDeCoは20歳以上60歳未満で、国民年金や厚生年金等の公的年金に加入している人であれば加入できるので専業主婦(夫)や個人事業主、会社員、公務員などほとんどの人が加入資格があります。


iDeCoの特徴としましては、毎月拠出したお金(掛け金)を自分が選んだ運用方法で運用していくということです。


掛け金は5000円から1000円単位で拠出できます。


運用する商品は、投資信託のような価格変動があるものや債券、定期預金のような元本保証があるもの等色々です。


注意点としては60歳まで原則引き出しができないことです。


毎月のランニングコストもかかる点に注意が必要です。


ですがメリットもあるので老後資金を貯めるにはとてもいい制度だと思います。

iDeCoの主な3つの節税メリット

iDeCoの主なメリットを説明します。

  1. 拠出した金額が所得控除される
  2. 運用中にでた利益は非課税
  3. 給付時に控除がある
1の拠出した金額が所得控除されるとは、所得税は所得大きくなるほど税金も高くなります。

ですが、拠出した金額分(個人により拠出する金額に上限があります)が所得から引かれるので所得税、住民税節税効果が高いです

2の運用益は非課税とは、投資で得た利益には通常20.315%(所得税15%+住民性5%+復興特別所得税+0.315%)かかります。


ですがiDeCoで運用した場合は非課税になります


3の給付時の控除とは、一時金の形式で受け取るときは退職所得控除。


年金として受け取るときは公的年金控除が受けれるので所得税がかなり安くなります。


説明した通りかなりの節税効果があるので、ぜひ利用したい制度です。

iDeCoはボーナス払いも可能

これまでiDeCoは毎月一定の額を拠出する月払いが基本でしたが、2018年1月から半年払いや年払いもできるようになりました。


掛け金の上限は人により違うのですが、月々の手数料割合を下げるためにも限度額いっぱい使いたいものです。


ボーナス月など余裕のある月を指定して、使い切れていない差額をまとめて拠出できるので限度額までの拠出が可能です


掛け金の自由な拠出は可能になったのですが、あらかじめ年間計画の届け出が必要です。


すでに加入している人は、運営管理機関に連絡をして、変更届を取り寄せて、提出しましょう。

まとめ:夫婦でよく話し合って金額を決めよう

ボーナス時の旦那のお小遣いの金額や各家庭の使い道について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは

  • ボーナス時の旦那のお小遣いは半数がなしで、渡す家庭の目安は2万円~5万円
  • 妻にボーナス時にお小遣いを渡す家庭は1万円~3万円が多い
  • 各家庭のボーナスの一番の使い道は預貯金が多い
  • iDeCoのボーナス払い等を使い老後資金を貯めるのもあり
でした。


それぞれの家庭で毎月の給料やボーナスの額は変わりますし、使い道も各家庭によって違います。


夫婦で話し合い有意義なボーナスの使い道を決めることが大事だと思います。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載されてますので、ぜひご覧になってください。

ランキング