医療保険の三大疾病特約は必要?メリットからいくら必要かまで解説!

「医療保険や死亡保険に加入しようと思ったら三大疾病特約が必要だよとおすすめされた…」なんて人も多いと思います。医療保険の三大疾病特約とは何か(メリットは?)、いくら必要なのか、診断一時金って何か、などを解説します。不要論も掲載するので参考にしてみてください。

医療保険の三大疾病特約は必要なの?

医療保険の中に「三大疾病特約」と言うものがありますよね。


これは日本人がかかりやすいとされている三つの病気に対して一般の医療保険に上乗せして保障を受けられると言うものです。


でも、この特約には「不要」という人と「必要」という意見があることをご存知でしょうか。


その理由は三大疾病特約に関する様々な条件が折り重なっているから起きる議論なのです。


そこでこの記事では医療保険の三大疾病特約への加入の必要性について

  • 三大疾病についてのおさらい
  • 三大疾病特約の支給条件について(疾病ごとに解説)
  • 三大疾病払込免除と入院日数無制限特約について
  • その他医療保険によくある他の特約について
以上のことを中心に解説していきます。

皆さまの親族や知人の中にも三大疾病になられて経済的に苦労された人もいると思います。

そこでこの記事で、三大疾病をはじめとした医療保険の特約について十分な理解をされれば役立つと思います。

是非最後までご覧ください。


そもそも三大疾病特約とは

医療保険の三大疾病特約というのはがん、(急性)心筋梗塞、脳卒中になった時に使える医療保険のことをいいます。

これらの病気は日本人の死因でも上位に入り、「重度三疾病」とも言われています。

医療保険の三大疾病特約は大きく分けて3つあります。


  1. 三大疾病で特定の状態になった時に保険金がもらえるもの
  2. 三大疾病になった時に入院給付金の支払い限度日数が無制限になるもの
  3. 三大疾病になった時にそれ以降の保険金を支払わなくても同じ保障を受けることができるもの
などがあります。

医療保険の三大疾病特約の必要性は低い

重度三疾病は日本人がよくかかる病気です。

それならば加入する必要がある保険のように思えます。

ところが必ずしもそうではないとする考え方があります。

なぜなのでしょうか。

それは三大疾病特約の特徴である「特定の状態」になるための条件にあります。

病院で診断を受け病気であることが確定したと言っても保障を受けられるとは限らないのです。

同じ病名でもその状態は人によって様々です。

保険会社は同じ病名でも経済的負担がより大きくなるであろう状態になった人だけに保障を行うことにしているのです。

では 「医療保険の三大疾病特約は給付金の支給条件」ということに関して詳しく解説していきましょう。


医療保険の三大疾病特約は給付金の支給条件

医療保険の三大疾病特約はいざという時にはとても助かるものだと思います。

しかしその一方で給付金をもらうまでの条件が厳しいと言われています。

また、三大疾病によってもその条件に違いがあるため、理解することを難しくさせています。

そこで、三大疾病であるがんと心筋梗塞、そして脳卒中それぞれの給付条件を区別して解説していきましょう。

このポイントを理解してもらえれば、三大疾病特約のメリットとデメリットを整理できると思います。


がんの場合の条件

医療保険の三大疾病特約の中でがんの場合の支給条件は医療保険に加入してからがんだと診断された場合です。

ただし上皮内新生物は対象外になっていることが多いです。


また皮膚がん、乳がんも対象外になっている特約もあります。


入院や通院に対する保障は?


しかし、その後の入院や通院に対する保障、手術などに対する給付金に関しては金額が少ない、もしくは支給が無い場合があります。


がん治療の場合、治療期間が長くなる傾向があります。


そのため通院期間が長くなってさらにお金が必要となる可能性があります。


このことをふまえると、いわゆる「がん保険」を別に加入するほうが保障の幅が広いので安心できると思います。 


心筋梗塞の条件

次に心筋梗塞です。

この病気も年齢に関係なく突然発症し、死亡に至るケースも多いとされています。


一方で救急医療が充実してきたので、迅速な治療で早期に回復するケースも多くなっています。


ところで三大疾病特約での心筋梗塞の保障は発症後60日間以上働くことを医師の診断によって制限されてしまった場合に給付金が支給されます。


心筋梗塞で適切な処置が行われた場合、早ければ2週間程度で退院することができます。


60日以上動けないケースとして考えられるのは、


  • 処置がやや遅れたケース
  • 梗塞した血管が根元に近いところ
などの理由で心臓が安定するまでに時間がかかったときが考えられます。

このような場合もリハビリなどで治療が長期化するため想定以上のお金が必要になることがあります。

脳卒中の条件

最後に脳卒中についてです。

三大疾病の中で最も入院期間が長く、医療費も高額になると言われています。

しかし脳卒中といっても医療保険の三大疾病特約の対象となるものは決まっています。


それはくも膜下出血、脳内出血、脳梗塞の3つだけです。


また脳卒中と診断されてから60日以上言語障害や運動失調、麻痺している状態が続いたときに給付金が支給されます。


脳卒中で60日以上にわたって身体に異常が残っている場合、それ以降のリハビリなども長期間になるケースが多くなります。


また場合によっては障害や後遺症として残ってしまう可能性もあります。


この場合も特約による保障の必要性が出てきます。




三大疾病払込免除、入院日数無制限特約の必要性

三大疾病特約の条件に付いて理解していただいたと思います。

では他の特徴である

  • 入院給付金の限度日数が無制限になること
  • 発症後の保険金の支払いが免除されること
についてはどのようなものなのでしょうか。

またこれらの保障は本当に必要なものなのでしょうか。

これらはそれぞれを「入院日数無制限特約」「保険料払込免除特約」と言います。

入院期間が1か月などであれば、多くの人は貯金だけでも支払うことができるという場合がほとんどでしょう。


しかし重度の脳卒中になってしまうと入院期間は長くなってしまう可能性があり、さらなる治療費を用意する必要があります。


大きな障害が残った場合には障害年金を受けることができますが、医療保険でも備えておいたほうがより安心できます。


そのような時の備えとしてこれらの特約があるのです。


両親やきょうだいで脳卒中になられた方がいる人や生活習慣病の傾向がある人は加入を検討される価値があると思います。


重度の脳卒中は治療期間が長い

厚生労働省の「平成26年 患者調査」によれば、三大疾患の在院日数の平均は以下のようになっています。

  • がん(悪性新生物)…19.9日
  • 心疾患…20.3日
  • 脳血管疾患…89.5日
  • 全患者の平均在院日数…31.9日

このデータからわかるように、脳卒中は他の病気に比べて入院期間が長くなる可能性が高いです。


その理由は先ほど述べた通り、障害や後遺症が残りやすく、そのためのリハビリなど治療期間も長くなる傾向があるからです。


当然入院期間が長いと経済的負担が大きくなるので、三大疾病払込免除や入院日数無制限特約に加入する必要性が出てきます。


【参考】その他の特約は必要?不要?

最後にその他よく見られる特約について解説します。


  • 通院特約
通院による治療に対しても保険金が支給される特約です。

近年は入院日数が短くなっているので、お得な保険のように思われます。

しかし通院になると月々に通う日数は限られます。

ある程度落ち着けば月に2~3回からそれ以下になることも多いです。

また、保険金を請求するには診断書が必要となり、そのコスト比重も大きくなります。

一方でがんによる通院に関しては、通院日数が多くなるケースがあります。

またがんの通院治療は長期間にわたるケースも多く、治療費が想像以上に必要なケースがあります。

したがって、通院特約はがんに関しては加入を検討する価値があると言えます。

  • 女性疾病特約
女性だけの病気に対して特別な保障がされます。

ただし、女性しかならない病気だからと言ってその人がかかりやすいとは言えません。

また、一般の医療保険が保障しない「女性だけの病気」はありません。

したがって、女性疾病特約は特別な理由もなく加入する必要性は低いようです。

  • 健康祝金特約
一定の年齢や年数に達した時に一時金が支給されるものです。

一見嬉しく思えますが、保険会社は特約分の保険料を貯蓄して満期金として返還するという仕組みです。

したがって、自分で貯蓄できる人であれば加入する必要性は無さそうです。

  • 先進医療特約
先進医療特約は特別な治療なので、実際に受ける確率は低いと思われます。

しかしいったん必要となれば健康保険外の治療が多く、数百万円の費用が必要となります。

先進医療特約は月々数百円の保険料追加で加入することができます。

費用とリスクのバランスを考えると、加入する価値がありそうです。

女性疾病特約についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

医療保険の三大疾病特約は必要なの?のまとめ

医療保険の三大疾病特約とその他特約について解説してきましたが、いかがでしたでょうか。


今回のこの記事のポイントは


  • 三大疾病とはがん・心筋梗塞・脳卒中であること
  • それぞれの病気ごとに保障が行われる条件が違うこと
  • がんは「がん保険」で別に加入するほうが価値があること
  • 心筋梗塞は多くのケースで入院が短期化されていること
  • 入院期間の長期化が予想される脳卒中は特約の価値があること
  • 入院日数無制限特約や保険料払込免除特約も同様であること
  • がんの治療に関しては通院特約に加入する価値があこと
  • 先進医療特約もコストパフォーマンスが良いこと
です。

長い人生においてどのような病気になってしまうのか見当は付きません。

一方でなってしまった時にどれくらい経済的な負担になるかはある程度予測できます。

それらをふまえて、皆さんにとって最適な医療保険と特約に加入されることを願っております。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 三大疾病の一時金の相場はいくら?がん保険との比較もしよう!
  • 三大疾病の費用は一時金で備えられる?保険でいくらもらえるか紹介!
  • 三大疾病の一時金は500万だと安心?シミュレーションで確認しよう!
  • 【女性FP監修】医療保険に女性疾病特約は必要か不要か
  • 収入保障保険の三大疾病特約は不要?三大疾病対応収入保障保険を紹介
  • 医療保険加入で不要な特約があるかも?わかりやすく解説します!
  • 7大疾病までをもカバーできる医療保険の特約は本当に必要なの?
  • 医療保険に女性疾病特約を付帯するか迷ったら、保障内容・範囲を確認
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 医療保険の特約で、おすすめの特約とおすすめできない特約を紹介!