医療保険で三大疾病特約に加入しておくことは必要なことなのか

若くて健康でもいつどういうことが起きるかは誰にもわかりません。だからこそ医療保険は前もって入っておく必要があるのです。しかしそんな保険の中でも三大疾病特約は加入する必要はあるのでしょうか。医療保険の三大疾病特約とはどういったものかなどもご紹介します。

医療保険の三大疾病特約は必要なのか

がん・急性心筋梗塞・脳卒中の3つをあらわす三大疾病ですが、これらの病気治療をカバーすることができる医療保険として三大疾病特約というものがあります。

医療保険の三大疾病特約が支払われるのはこの3つの病気のいずれかになってしまってから数十日たってからとなります。

支払われる医療保険の保険料は各保険会社にもよりますが、およそ300万円前後となっていることが多いです。


この3つは日本人の死因の上位にいつもランクインするほど珍しくない病気ですし、しかも三大疾病の場合、治療が長期間に及ぶ可能性が高いです。


かかる可能性が高い病気である以上、医療保険の中でも三大疾病特約に関しては入っておく必要があるかをきちんと考えたほうが良いです。 

三大疾病特約とは

医療保険の三大疾病特約というのは日本人の死因でもかなり上位に入ることで知られているガン、急性心筋梗塞、脳卒中になった時に使える医療保険のことをいいます。

医療保険の三大疾病特約は大きく分けて3つあります。

三大疾病で特定の状態になった時に保険金がもらえるもの、三大疾病になった時に入院給付金の支払い限度日数が無制限になるもの、三大疾病になった時にそれ以降の保険金を支払わなくても同じ補償を受けることができるものなどです。 

医療保険の三大疾病特約は給付金の支給条件が厳しい

医療保険の三大疾病特約はいざという時にはとても便利なので必要となることも多いですが、その必要としている時に給付される給付金を支給してもらうまでの条件が非常に厳しいことでも知られています。

これだけ日本人の死因だといわれている三大疾病に役立つ医療保険だというのに、必要かどうかはよく考えるべきだといわれるのはこのことがあるためです。


つまり医療保険といっても支給条件にあわなければ三大疾病特約に加入していてもしてなくても変わらないという意味で、必要ないと考える方もいるということです。 

がんの場合の条件

医療保険の三大疾病特約の中でがんの場合の支給条件は医療保険に加入してから生まれて初めてがんだと診断された場合です。

ただし上皮内がん・大腸の粘膜がん、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは除きます。

また医療保険に加入してから90日以内になってしまった乳がんの場合も三大疾病特約の給付金支給の対象外となってしまいます。


こちらもがんになってしまった時に支給条件を満たしていなければ入っていてもいなくても変わらないのでは?と考えて三大疾病特約は必要ないだろうと考えてしまう方も少なくありません。 

心筋梗塞の条件

医療保険で三大疾病特約の給付金を受け取れる可能性がある病気の1つには心筋梗塞があります。

この病気も年齢に関係なく、突然倒れてしまうこともあるものです。

ですから、できれば医療保険に加入しておく必要があると考えられます。


しかし医療保険といっても三大疾病特約の場合は責任開始日以降の保険期間中にいきなり発病する急性心筋梗塞になってから60日間以上働くことを医師の診断によって制限されてしまった場合に給付金が支給されます。


例え医療保険の三大疾病特約に入っていても60日以内に働くことが許可された場合には三大疾病特約の給付金を受け取らなくても生活できるだけの収入を得られるということで、給付金の支給は必要ないと判断されてしまうことがあります。


必要な時に必要なものが支給されない可能性があるというのが医療保険の三大疾病特約の最大のネックといえるでしょう。 

脳卒中の条件

三大疾病の中で最も入院期間が長く、医療費も高額になるものは脳卒中です。

しかし脳卒中といっても医療保険の三大疾病特約の対象となるものは決まっています。

それはくも膜下出血、脳内出血、脳梗塞の3つだけです。


また脳卒中と診断されてから60日以上言語障害や運動失調、麻痺している状態が続いたときなども三大疾病特約の給付金が支給されます。


脳卒中になってしまった時には多くの方が入院して安静にしている必要があり、治療期間も長くなるということを考えますと必要な給付金を受け取れないということはあまりないと考えられますが、

症状や重度には個人差もありますから、確実に三大疾病特約の給付金が支給されるということではない限り、必要なのか必要ではないかということについては考えてしまう人もいるのではないでしょうか。 

三大疾病払込免除、入院日数無制限特約の必要性

同じ医療保険の三大疾病特約といっても保険金をもらえるタイプのものに関してはそれほど必要ではないということがわかりますが、他の2つのタイプ、三大疾病払込免除や入院日数無制限特約が必要かどうかということも気になるところです。

入院期間が1か月などであれば高額療養費制度によって負担額はかなり減らすことができるため、貯金だけでも支払うことができるという場合がほとんどです。

しかし重度の脳卒中になってしまうと入院期間は長くなってしまう可能性がありますし、経済的負担は大きくなります。


万が一、寝たきりになってしまった場合には障害年金を受けることができる可能性が高いですが、医療保険でも備えておいたほうがより安心できます。

それが三大疾病特約の保険料払込免除特約や入院日数無制限特約です。


貯金額が少なめという場合にはこの2つがあったほうが余計な心配をせずに治療に専念しやすいでしょう。 

重度の脳卒中になった時に必要となって来る


重度の脳卒中以外の場合は三大疾病特約は必要ない


医療保険の本契約と貯金があれば必要ない

三大疾病特約の保険料払込免除や入院日数無制限特約に関してはもし医療保険が充実していて、貯金額なども余裕があるようであればあえて加入する必要はありません。しかしなるべく貯金を使うことは避けたいという場合や貯金するのが苦手でなかなか貯まらないという方は医療費の貯金というつもりで、三大疾病特約に加入しておくほうが精神的に安心できます。加入する必要が絶対にあるということではありませんので、現在加入している医療保険を確認し、貯金額とあわせて今後三大疾病になった場合の医療費を考えてみる必要はあるでしょう。一番良くないのは考えもしないで必要ないと決め付けてしまうことです。 

まとめ

三大疾病の場合、退院した後も通院しながら治療を続けなければいけないことが多く、なにかと医療費がかかります。

がんや心筋梗塞に関しては通院も高額療養費制度の適用が可能ですが、脳梗塞の場合は適用とならない病院もあるため、前もって確認をしておく必要があります。


三大疾病特約は家族がいる方であれば生活しなければいけないという意味ではあったほうが安心です。 

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気記事一覧