30代で医療保険の加入は必要?損をしないための選び方を紹介

30代で医療保険に加入する際、プランの選び方にはたくさんの選択肢があります。では、どのようにプランを選べば良いのでしょうか?今回は、30代での医療保険の選び方を状況別に紹介するとともに、30代で医療保険に加入することの利点・欠点についてもまとめました。

30代で医療保険に加入する際の選び方を紹介!

周囲の30代を見ると、まだ病気とは無縁でも医療保険に加入している方がいるかと思います。


はたして自分はどんな医療保険に加入すべきなのかさっぱり分からず、焦る30代の方もいるのではないでしょうか。


実は、30代は生活状況によって必要な保障が大きく異なるため、医療保険の選び方を間違えると大きな無駄になりかねないのです。


そこで、この記事では30代の医療保険の選び方について

  • ライフプラン別、30代の医療保険の選び方
  • 30代で医療保険に加入するメリットとデメリット
  • 30代の医療保険、月額費用はいくらかかるのか

以上のことを中心にお伝えしていきます。


この記事を読むことで、30代が選ぶべき医療保険を生活状況別に正しく理解することができ、保険を選び間違えて後悔することはなくなるはずです。


ぜひ、最後までご覧ください。

医療保険の選び方や必要性に不安を感じているあなたへ

「医療保険について1から知りたい!」「医療保険って実際は必要なの?」


病気や怪我で入院したときの経済的負担を軽減するための医療保険。


しかし、健康保険対象外の治療を受けたときが不安という人が多いのではありませんか?


そんな方には医療保険に詳しい保険のプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



自身の状況によって医療保険の選び方は変わる

「30代はこれに加入すべき」という保険があるわけではなく、その人の状況によって医療保険の選び方は変わってきます。


「既婚/独身」「子供の予定」「家の購入予定」など、今後のライフプランから逆算することで、今後に向けて備えるべき保障を予測することができます。


ここからは、以下の各状況に合わせた医療保険の選び方について解説していきます。

  • 独身の場合の選び方
  • 結婚していて家計を支えている場合の選び方
  • 専業主婦(夫)の場合の選び方

独身の場合の選び方

独身の方が抱える最大のリスクは「自分が病気やケガを負ったときに、すべて自分自身で何とかしなければならない」ということです。


治療費がかさんだ場合、公的保障でまかなえない部分は自己負担ですし、仕事を休むことによる収入減も考えなければなりません


会社員は加入している健康保険から傷病手当金がもらえますが、金額は給与の60%程度に下がってしまいます。


自営業者なら傷病手当金がないため、収入が完全に途絶えてしまうことでしょう。


どちらの場合でも、治療費には医療保険・働けないことによる収入減には就業不能保険で備えておきましょう。


医療保険からは、入院日数や手術の回数に応じた給付金を受け取ることができます。


就業不能保険は、働けない期間に月1回の給付金を支給してくれます。

結婚していて家計を支えている場合の選び方

30代の既婚者で家計を支えている立場なら、30代独身者よりもさらに責任は重くなります。


特に「人生の三大支出」と呼ばれる

  • 子供の教育費
  • 住宅購入費または住居費用
  • 老後資金

これらすべてに備える保険の選び方が必要となります。


独身と同様に医療保険や就業不能保険、さらに死亡保険で万が一のときに備えましょう。


死亡保険のうち学資保険は教育費として、積立型終身保険は老後資金として、死亡保障と貯蓄を兼ねることができます。


掛け捨ての定期死亡保険に加入し、子供の成長に合わせて死亡保障を縮小させていくこともおすすめです。


また、フラット35で住宅ローンを組む場合、団信に入るよりも新規で生命保険に入った方が得という場合もありますので選び方に気をつけましょう。

専業主婦(夫)の場合の選び方

30代専業主婦の場合は、もともと収入がないため一家の大黒柱ほど高額の医療保障は必要ありません。


しかし専業主婦が病気やケガを負ってしまった場合、次のような負担増が予想されます。

  • 外食や弁当の購入が増えることによる食費のアップ
  • 保育園やベビーシッターの利用料
  • 配偶者が仕事をセーブせざるを得ないことによる収入の減少

周囲の親族などの協力などによっても状況は違いますが、最低限の保障は確保しておいた方が良いでしょう。


30代で入院日額5,000円+手術給付金のシンプルなプランなら、保険料が月額1,000円台の商品もあります。


特に女性は30代からがんなどの重い疾病のリスクが高まるため、保険料が安い若いうちの加入をおすすめします。

30代で医療保険に加入するメリット・デメリットを紹介

ここまでは、それぞれの状況に応じた医療保険の選び方についてお伝えしてきました。


しかし世間には、そもそも「医療保険の必要性」自体を疑問視する声もあります。


はたして、医療保険に加入することにはどんな意味があるのでしょうか?


ここからは、医療保険に加入することのメリットデメリットについて解説し、医療保険の必要性に迫っていきたいと思います。

メリット

安い掛け金で大きなリスクに備えることができる


月に数千円の保険料で、入院や手術にかかる数十万円の費用をカバーすることができます。


先進医療特約に加入していたなら、一気に数百万円が支給される場合もあります。


給付金の用途を指定されない


高額療養費などの公的補助制度は、医療費の実費しか支給の対象になりません。


しかし民間の医療保険なら、先進医療特約などの特別な保障以外はすべて契約時に取り決められた定額が支払われます。


もし実際はそれほどかかっていなかったとしても、もちろん返す必要はありません。


年末調整で控除の対象となる


生命保険や医療保険の保険料は、生命保険料控除として所得控除の対象となります


会社員なら年末調整で、個人事業主なら確定申告で控除の手続きを行いましょう。


生命保険料控除には「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」「介護医療保険料控除」の3種類があり、それぞれ4万円が控除の上限です。


このうち医療保険は「介護医療保険料控除」に該当しますが、平成23年までに契約したものは「一般の生命保険料控除」とされるため他の生命保険との兼ね合いにご注意ください。

デメリット

健康状態によっては加入できない場合もある


医療保険に加入する際には、申込書とともに健康状態の告知書を提出しなければなりません。


大きな病気の既往歴だけではなく、一定期間内に医療機関にかかっただけでも加入できない場合があります。


掛け捨て型の医療保険の場合は保険料がもったいない?


ほとんどの医療保険は「掛け捨て型」と呼ばれる解約返戻金がないものです。


たとえば35~80歳までの45年間に月額3,500円の保険料を支払い続ければ、保険料総額は189万円になります。


しかし入院や手術をせず一生を終えれば、これがすべて無駄になってしまいます


条件によっては給付されない場合もある


「入院日額○○円/手術給付金○○円」とうたっていても、条件によっては給付金がもらえないこともあります。


たとえば1回の入院ごとの支払限度日数や通算支払限度日数を超えると、入院給付金は支給されません。


検査入院も、その目的や種類によっては給付されない場合があります。


また手術についても、保険によって「1泊以上の入院をともなうもの」「88種類の手術」などと適用範囲が取り決められているため、加入前に約款を確認しましょう。

30代で医療保険に加入すると月額費用はいくらぐらいかかる?

ここまでは、医療保険を選ぶ際に知っておくべき医療保険のメリットとデメリットについてお伝えしてきました。


ところで、30代が医療保険にかける保険料相場はいくらくらいなのでしょうか。


メディケア生命の調査によると、同社の人気医療保険「メディフィットA」の30代の平均月額保険料は以下のようになっています。


  • 男性…3,693円
  • 女性…3,548円


しかし同じ30代の保険料でも「加入した時期」「支払期間(60歳払込済/終身払など)」により保険料の設定は大きく異なります。


また、そもそも医療保険に加入していない「0円」の人はこのデータに反映されていません。


あまり平均値に踊らされず、保障内容を重視してあなたに合った保険を選びましょう。

参考:30代の女性は「女性疾病特約」をつけるべき?

30代という若い年齢でも、女性の疾病リスクは大いにあります。


乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんの罹患率は、30代後半から増えてきます。


また、晩婚化が進み出産年齢が上がっている現代では、30代での妊娠や出産にともなうトラブルに備える必要もあります。


正常な妊娠や分娩は健康保険適用にはなりませんが、妊娠高血圧症や帝王切開などの異常妊娠
異常分娩は保険の適用となり、治療費が3割に抑えられます。


民間の医療保険もこういった場合には支払い対象となるため、給付金は大変な妊娠や出産を終えた後の大きな力になってくれることは間違いありません。


子育ての真っ最中である30代だからこそ保険の選び方には注意し、治療費が子供の養育費を圧迫しないよう女性疾病特約で備えておきたいところです。

まとめ:自身の状況に合った医療保険を検討しよう

30代の医療保険の選び方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • 同じ30代でも独身や既婚など、ライフプランによって医療保険の選び方は異なる
  • 医療保険はメリットとデメリットを把握した上で、自分にとっての必要性を判断する
  • 30代の医療保険の平均月額保険料は3,000円台後半だが、自分に合った保障であれば平均にこだわる必要はない

以上のことでした。


多くの30代の方はまだ元気で入院や手術と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、若く元気な今だからこそ条件の良い保険に安く入れるのです。


あなたと家族の未来のために、ぜひ30代ならではの医療保険の選び方に留意していただきたいと思います。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。

ぜひご覧になってください。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に必要な保険とは?死亡保障保険よりも医療保険を充実!
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なし!詳しく解説します!
  • 医療保険が必要な人の特徴や必要な理由をわかりやすく解説します!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険に入るべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 医療保険の女性特約とは?どんな病気が女性特約の保障範囲?
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性には医療保険が必要?医療保険がおすすめな理由を解説
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!