医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること

民間の医療保険に20代で加入をする意味があるかどうかを慎重に判断しなければいけません。そもそも公的保険で対応が出来る場合も多く、その必要性を考えてからでも加入を考えても遅くは無いのが20代です。医療保険の制度を知った上で、その必要性を考えることが重要です。

20代で医療保険に加入する必要性があるのか

30代・40代といった年齢になればまだしも、20代という年齢は、少し無茶をしてもすぐに回復する体力がありますし、病気や健康診断結果を気にすることもほとんどない年代ともいえます。


そんな年代で医療保険への加入を勧められても、いまひとつ必要性がピンとこないということも仕方のないことかもしれません。


20代の方の中には「医療保険はまだ必要ないのでは?」「いつか入るなら、今入っていたほうが安心かなぁ?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?


そこで、この記事では、


  • そもそも、20代で医療保険に加入する必要性があるのはどんなとき?
  • 公的な保障を活用したり、貯蓄があれば医療保険は必要ないのでは?
  • 医療保険に入るかどうか迷ったときにはどう考えれば良い?

について解説していきます。

この記事を最後まで読んでいただくと、「20代における医療保険の考え方やその必要性」について理解いただけると思います。

ぜひ、最後までお付き合いください。

20代に医療保険は必要か不要か意見が分かれる

20代というのは、体力にも自信があり、大きな病気にかかることも一般的には少ない年齢といえます。

そんなときに「医療保険」の必要性を語られてもピンとこないし、掛け金を払うくらいなら、趣味や遊びに使いたいという気持ちも理解できなくはありません。

そういった意味で言えば、使う可能性の低い医療保険の必要性があるかかどうかは意見が分かれるところです。

20代の若いときには医療保険に加入をする必要性が感じられない人もいる一方で、20代の頃に加入をしておけば医療保険の保険料負担が安いというメリットもあるため、色々な視点で考えると意見が分かれます。

ここで考える必要があるのは、20代の中でも「どんな人に医療保険が必要で、どんな人であれば必要ないのか」といった線引きではないでしょうか?

ここからは、「20代で医療保険が必要な人、そうでない人」について、具体的なケースを想定しながら解説していきます。

20代で医療保険が必要な人

20代といえば、一般的には健康状態が良好である人がほとんどです。

しかし、家族や親族に遺伝性の病気の患者がいる場合で、その病気が若いうちから発症する可能性がある場合などは、健康なうちに医療保険に加入しておく必要性があるともいえます。

なぜなら、民間の医療保険の場合、何か病気があった場合、健康な人とはちがい、入れたとしても、特別に保険料が割増となったり、その症状が重かったり、難病指定であった場合などでは、医療保険そのものに入れない可能性が出てくるからです。

なお、遺伝性の病気を抱える人が親族にいる場合には、もし20代で医療保険に加入をする場合であっても、医療保険会社側への申告が必要な場合がありますので注意しなければいけません。 


また、食べ歩き等が趣味で、運動はほとんどしないといった、いわゆる「生活習慣病予備軍」といわれる方の場合も、もし健康診断結果等に異常が出るようになると、保険には加入しづらくなる事が考えられるため、早めの加入を検討しても良いかもしれません。


次に、健康的な面からは少し外れるのですが、自分の家族構成も重要なポイントです。


20代で独身の場合は、自分ひとりが守れればよいので、会社の福利厚生等で、入院中も給料がもらえるような場合は、それで治療費もまかなえるでしょう。


しかし、20代で結婚し、子どももいるような場合はそうも行きません。


入院しているからといって、家族の生活費や、様々な費用は変わらず必要になってきます。


そのようなケースでは、医療保険からの入院給付金や手術給付金といったお金が支払われることは、大きな安心につながるといえ、その必要性を考える一つのポイントとなります

脳梗塞など入院日数が長くなる病気に対応するために必要

脳梗塞やがんなどは、どちらかといえばある程度の年齢を過ぎてからかかる病気のようなイメージがあります。

しかし、若いからといって、脳梗塞などにかかる可能性がないとはいえません。

実際、「若年性脳梗塞」といって、10代や20代で脳梗塞になるケースもあり、自分が該当しないとは言い切れません。

また、「がん」についても同じことが言え、20代で発症し、闘病生活を繰り返すという話は、聞いたことがあるはずです。

これらの病気では、再発なども考えられ、入院日数やリハビリ期間が長くなることも考えられるため、医療保険の必要性を感じることになります。

そのときの備えとして、20代であっても民間の医療保険に加入をする意味はあるといえます。


また、脳梗塞やがんなどの重い病気にかかった場合は、それ以降、民間の医療保険に入ることは非常に難しくなります。


そういった意味でも、早めの医療保険加入を考えることは大切なのかもしれません。

もしもの時の安心感を得るために必要

万が一、20代であっても万が一があったときには、民間の医療保険に加入をしておけば安心出来るという安心感のために加入をする意味はあります。


たとえば、20代といえば、スポーツ等の色々な趣味にアクティブな時期でもあります。


そのスポーツや車・バイクなどで事故にあい、入院を余儀なくされることがないとは言い切れません。


その際、加害者がいれば、入院等の治療費を請求することが出来ますが、自分が招いた、いわゆる自損であった場合はそうも行きません。


民間の医療保険は、病気だけでなく、事故などにおける入院や手術に対しても保障してくれます(自損であっても関係ありません)。


そういった意味では、ある程度のリスクがある趣味を持った方であれば、もしものときの安心感を得るために、医療保険に加入することの必要性はあるかもしれません。

20代で医療保険の必要性があまりない人

遺伝性の病気なども無く、毎年健康診断をきちんと受けてそれほど健康に心配をする必要が無い、また、危険な趣味も持っていないというときには、民間の医療保険への加入をする必要性はあまりないかもしれません。

基本的な病気治療やケガ、またそれについての入院費などは、公的医療保険である程度まかなえます。


つまり公的医療保険でカバー出来るものであれば、民間の医療保険にまで加入をするかどうか、その必要性をよく検討し、保険料と効果のバランスを考えて決めても良いということになります。

公的保障で十分

20代であっても、大きな病気やケガのために、入院が長引いたり、高額な手術や治療を受けなくてはならないケースがないとは言い切れません。

そのための制度として、公的医療保険では、高額療養費制度が存在します。

この制度は、その人の医療費がある一定の金額以上(その人の所得によって上限が変わります)になった場合に、超えた分を負担してくれる制度です。


事前に申請をしておけば、医療機関での窓口負担自体が一定額までで抑えられる限度額認定証の交付を受けることも可能です。


これだけで十分だと考える人にとっては、民間の生命保険への加入はその必要性がないと思える場合もあるでしょう。

貯蓄が十分にある人

なぜ、多くの人が民間の医療保険に加入しているかというと、入院や手術でお金が必要になったり、働けなくなった場合のお金の不安を解消するためといえます。

逆に言えば、そのような場合であっても、お金の心配がなければ、民間の医療保険に加入する必要はないともいえます。

たとえば、安定した高い収入がある場合や、高額な財産を相続し貯蓄があるなどの場合には20代にかぎらず医療保険に加入をする必要はあまりないともいえます。

いざというときには、その貯蓄を切り崩して医療費や生活費を支払えばよいからです。

医療保険の必要性は結局本人の考え方次第

ここまでは、一般的に考えた場合の、「20代で医療保険が必要な人・そうでない人」についてご紹介しました。

しかし、これは、あくまでも一般的に考えた場合のことです。

実際、親や親族に大きな病気をした方があったり、遺伝性の疾患があったりしたからといって、その人がその病気になるとは限りません。

逆に言えば、親が健康で、病気一つなく、自分も健康的な生活をしているからといって、重い病気にかからないという保障もありません。

お金に関する考え方もそうで、お金がなく、日々の生活もままならないが、それでも万が一入院などになったときの安心感を持っていいたいから、保険料を何とか捻出してでも医療保険に入りたいという方もいるかもしれません。

一般的には20代のように、若く健康な間は医療保険に加入をする必要性はないと考える方もおおいかもしれません。


つまり、医療保険の必要性は結局本人の考え方次第ということがいえます。

まとめ:20代の医療保険の必要性について

ここまで、「20代における医療保険の必要性」について解説してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは、



  • 20代であっても、病気や事故・ケガのリスクがないわけではなく、その場合は医療保険が必要となる
  • 公的保障の制度をうまく活用したり、多くの貯蓄がある場合など、医療保健が必要ないケースもある
  • 医療保険の検討は、自分の生活習慣や考え方・家族構成と照し合わせることが重要

でした。

20代というのは、基本的には健康で、大きな病気にかかったり、それによって入院が必要となるなどとは考えないものです。

そういった意味からも、民間の医療保険に入って保険料を払うよりは、趣味や貯蓄に回したいと考えるのもうなずけます。

しかし、一度大きな病気やケガやをしてしまうと、医療保険に加入することが難しくなる場合もあります。

色々な情報を集め、自分なりの考えをまとめることで、後悔のない医療保険選びにつなげたいものですね。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!