20代女性におすすめの医療保険・生命保険 | 選び方・必要性を解説

20代の女性は医療保険や生命保険は必要ないと思っているかもしれませんが、若いうちからリスクに備えることは大切です。そこで今回は医療保険の必要性や選び方を解説するとともに、おすすめの医療保険を紹介していきます。選択方法を理解し自分にぴったりな保険を選びましょう。




▼この記事を読んでわかること
  • 20代女性におすすめな医療保険・生命保険
  • 20代女性に医療保険が必要な理由
  • 医療保険に加入する際の注意点
  • 医療保険の選び方

▼20代女性におすすめの医療保険
  • ネオファースト生命「ピタッとレディ」
  • ひまわり生命「フェミニーヌ」 
  • 東京海上日動あんしん生命「メディカルkitNEO 女性プラン」
  • ライフネット生命「じぶんへの保険3 レディース」 
  • オリックス生命「新キュアレディ」
自分に合う医療保険を見つけたいなら、まずは気軽に相談できるマネーキャリアをご利用ください!

内容をまとめると


  • 20代女性は貯金が少ない時期なので医療保障に手厚く備えつのがおすすめ
  • 20代女性の医療保険の入院給付金の相場は7,800円
  • 20代女性の医療保険を選ぶ際のポイントは①保障範囲・保障内容②加入条件③保険期間④保険料払込期間⑤お祝い金
  • 保険選びに困ったらプロに相談がおすすめ!おすすめは無料相談オンライン相談の「マネーキャリア」

女性にかかわらず20代におすすめの医療保険についてはこちらの記事で詳しく解説しています!ぜひ併せてご覧ください!

20代男性・女性におすすめの医療保険!必要性と選び方も解説

20代女性におすすめの医療保険5選!


女性の20代はライフステージに変化が起こりやすく、保険について考えるべき時です。 


しかし世の中にはたくさんの医療保険であふれており、どの保険を選べば良いのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 


こちらの項目では20代女性におすすめな医療保険について紹介していきます。

  1. ネオファースト生命「ピタッとレディ」
  2. ひまわり生命「フェミニーヌ」
  3. 東京海上日動あんしん生命「メディカルkitNEO 女性プラン」
  4. ライフネット生命「じぶんへの保険3 レディース」
  5. オリックス生命「新キュアレディ」

各保険とも女性特有のリスクに対して手厚い保障がついていますので、今後医療保険を検討する際の参考にしていただければ幸いです。

また、以下の記事ではほけんROOM編集部が調査した医療保険をランキング形式でまとめているのでぜひ参考にしてください!

①ネオファースト生命「ピタッとレディ」

特徴


  • 女性に多い疾患や病気による手術や入院保障を一時金で受け取れる
  • 妊娠中(妊娠21週目まで)の加入でも、
    異常妊娠・異常分娩を保障
  • メンタル疾病を一時金で保障(メンタル特約)

最近多くなっているメンタル疾患を特約でカバーできる医療保険です。主契約は女性疾患に特化しているため女性特有の病気を手厚く保障したいという人にはおすすめです。


また一時金で給付金が受け取れるのも特徴です。入院日数によっては1日ごとに給付金がでる保険よりも受取額が多いケースもあるでしょう。


その他契約情報

加入年齢18~50歳
振込方法口座振替・クレジットカード
保険期間5年更新※
保険料払込期間5年更新
入院給付金100,000円(一時金
お祝い金5年ごとに健康給付金

※更新時に被保険者が56歳以上になると更新不可。


5年ごとに更新のため、そのたびに保険料は高くなります。加入年齢の範囲が狭めのため更新終了後はまた新しい保険を検討することとなります。

②ひまわり生命「フェミニーヌ」

特徴


  • 3年ごとに150,000円のボーナス(プランによって金額は異なる)
  • 女性に多い病気やすべてのがん入院を上乗せ保障
  • 新三大疾患による入院は日数無制限
  • 手術は公的医療保険の対象となる1000種類を保障
3年ごとにボーナスが支給されるので楽しみがあります。生存していれば受け取れるので入院をしていても大丈夫です。20代のまだまだ健康な女性におすすめです

新三大疾患(心疾患・脳血管疾患・がん)による入院は支払日数に限度がなく、入院は日帰りも保障されます。

その他の契約情報


加入年齢18~60歳
振込方法口座振替・クレジットカード
保険期間15年更新
保険料払込期間15年更新
入院給付金10,000円・7,000円・5,000円のいずれか(1日につき)
お祝い金3年ごとに生存給付金
プランが3コースに分かれており自分にあった契約を選択できます。

ただし15年更新なので、更新時には保険料がかなり高くなったと感じるでしょう。加入年齢の上限60歳まで契約を続けようとすると他の保険より割高になる可能性があります。

③東京海上日動あんしん生命「メディカルkitNEO 女性プラン」

特徴


  • 乳がんで乳房切除し、乳房再建手術を受けたとき100万円
  • 公的医療保険対象の手術・放射線治療を保障
  • 先進医療を受けた時の技術料を通算2,000万円まで保障 
  • 特定疾病のときの保険料のお払込が免除 
乳房再建手術は保障対象外の保険もありますので、乳がんのリスクが年々高くなっていく女性には乳がんリスクに手厚く備えられるためおすすめです。

全体的に保障内容も広く、特定疾患(悪性新生物、心疾患、脳血管疾患等の疾患。条件有)になった場合保険料が免除されるため保険料の不安がなくなります。

その他の契約情報


加入年齢0~85歳
振込方法口座振替・クレジットカード
保険期間終身
保険料払込期間終身
入院給付金5,000円(1日につき)
お祝い金なし
加入年齢も幅広く生涯に渡り安定した保障を得ることができます。

20代の保険料が安いうちに加入することで、老後収入が少なくなってからでも保険料の心配が軽減されるでしょう。

ただし保険料払込期間が終身しか選べないため、長生きすれば保険料の総支払額が高くなってしまう可能性もあります。

④ライフネット生命「じぶんへの保険3 レディース」

特徴


  • 女性の病気やがんなどに手厚い
  • 一生涯変わらない保険料で入院・手術を保障
  • がん・3大生活習慣病・先進医療もしっかりカバー
広範囲の保障を一生涯変わらない保険料で受けることができます。

おすすめコースとエコノミーコースから選択することができるのですが、2コースの内容は固定のためカスタマイズできないという点には注意が必要です。

その他の契約情報


加入年齢20~70歳
振込方法口座振替・クレジットカード
保険期間終身
保険料払込期間60歳払済・65歳払済・終身
入院給付金5,000円・8,000円・10,000円・12,000円・15,000円 から選択(1日につき)
お祝い金なし
5段階から入院給付金が選べます。

魅力的なのは日帰り入院やなどの短い入院であっても一律5日分の入院給付金が支払われる点です。医療の進化により日帰り入院で対応できるケースが増え、今後も増加する傾向にあることから大きな利点となるでしょう。

⑤オリックス生命「新キュアレディ」

特徴


  • 女性特有の病気やがんに特に手厚い
  • 入院の有無に関係なく約1000種類の手術を保障
  • 先進医療の技術料を2000万まで保障さらに一時金も
先進医療の保障もしっかりあり、手術も幅広く保障されています。

またオリックス生命は保険料が安くコールセンターの対応が良いことで知られています。自分の最適プランを安価で組みたい人にはおすすめです。

ただし、後からつけられない特約やインターネットでは選べない特則もあるので注意が必要です。

その他の契約情報


加入年齢16~80歳
振込方法口座振替・クレジットカード
保険期間終身
保険料払込期間60歳払済・65歳払済・終身
入院給付金5,000円・10,000円のいずれか(1日につき)
お祝い金なし
こちらの保険も終身で一生涯保険料は変わりません。60歳までに払込を終えれば退職後の保険料支払いがなくなり精神的にも楽になりますよ。

20代女性におすすめの生命保険(女性保険)3選



ここでは20代女性におすすめの生命保険(女性保険)を紹介します!

  1. ひまわり生命「フェミニーヌ」
  2. オリックス生命「新キュアレディ」
  3. ネオファースト生命「ピタッとレディ」 
について紹介します。

女性にかかわらず20代におすすめの生命保険については以下の記事をご覧ください! 

①ひまわり生命「フェミニーヌ」

特徴

  • 女性特有の疾患には1日につき3,000円~5,000円の上乗せ
  • 3年ごとに150,000円のお祝い金が5回受けとれる
  • 万が一の死亡保障付き
病気の備えだけでなく、死亡保障もあります。

その他の情報


項目詳細
加入年齢20~70歳
払込方法口座振替・クレジットカード
保険期間15年
入院給付金10,000円・7,000円・5,000円のいずれか(1日につき)
お祝い金あり


プラン例(25歳女性の場合) 


  • 入院給付金:5,000円
  • 医療用通院特約
  • 先進医療給付金
  • 定期保険特約
  • 手術給付金(内容により1回につき 20・10・5・2.5万円)
  • ⇨月払保険料:5,152円

②オリックス生命「新キュアレディ」

特徴

  • 女性特有の疾患には1日5,000円の上乗せ
  • 一生涯変わらない手軽な保険料
  • 加入後のサービスも充実


その他の情報

項目詳細
加入年齢16~80歳
払込方法口座振替・クレジットカード
保険期間終身
入院給付金 5,000円・10,000円のいずれか(1日につき)
お祝い金なし



プラン例(25歳女性の場合) 


  • 入院給付金5,000円
  • 先進医療特約
  • 手術給付金100,000円
  • 終身払い
  • ⇨月払保険料:1,853円

③ネオファースト生命「ピタッとレディ」

特徴

  • 女性疾患での入院や手術は一時金支給
  • 妊娠中(妊娠21週目まで)の加入でも、異常妊娠・異常分娩による入院保障
  • メンタル疾病を一時金で保障


その他の情報


項目詳細
加入年齢18~50歳
振込方法 
口座振替・クレジットカード
保険期間
5年
入院給付金100,000円(一時金)
お祝い金あり



プラン例(25歳女性)


  • 女性疾病入院一時給付金額100,000円
  • 女性特定手術給付金額100,000円
  • メンタル特約20,000円
  • ⇨月払保険料:3,665円

20代女性の医療保険の必要性をわかりやすく解説


なぜ20代の女性は医療保険に加入していた方が良いのでしょうか、必要性について女性のライフスタイル別

  1. 独身
  2. 既婚(子供なし)
  3. 既婚(子供あり)
の3パターンに分けて解説していきます。 

医療保険とは自分の身に不測の事態が起きた時に備えるためのものです。不測の事態(リスク)とはどのようなものなのかみていきましょう。

医療保険の必要性については以下の記事でも詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

①独身の20代女性に医療保険が必要な理由

独身の20代女性に医療保険が必要な理由は

  • ケガや病気で働けなくなった時の備え
  • 急な入院や手術への資金準備

が主になります。


実家で暮らしている方もいるでしょうが、一人で生活を営んでいる方も多いかと思います。


最近では結婚をしないという選択肢も主要になってきたため「今後も結婚する予定もないから保険はいらないんじゃない?」と思っているかもしれません。


両親に金銭的なゆとりがあれば良いのですが、そうではない場合働けない期間があると収入源がなくなってしまうということです


資金を残すという方向性のものは必要ないかもしれませんが、生活を行う上でもしものことがあった時の準備として医療保険に加入しておくと安心です

②既婚(子供なし)の20代女性に医療保険が必要な理由

既婚(子供なし)の20代女性に医療保険が必要な理由は女性の仕事形態からみていきましょう。

  • 会社員
  • 自営業
  • 専業主婦


会社員

共働きであれば相手の収入もありますし、会社の病気やケガに対する制度や有休もありますが収入の減少は気になる点です。


家庭の主な収入源を担っている場合は、治療中の補填が必要です。そのため保障日数が長めの医療保険を選ぶと安心です

 

自営業


自営業の場合は1日や2日仕事に穴をあけると大きな収入減につながります。保障日数も大事なポイントではありますが、一時金の支払いに重きを置いている医療保険がおすすめです


働けない場合の収入は0になってしまいますのでその間の生活費を補填してくれるものは準備しておくべきです。


専業主婦・パート

基本的には相手の収入で生活を賄っているためそこまで医療費の補填を考えなくても良いかもしれません。


しかし長期間になると傷病手当や労災があるわけではないので貯蓄を削って資金を捻出することとなります。


また貯蓄額があまりない場合は医療費は大きな負担になります。金額は大きくなくても良いのでセーフティネットとして保障があると安心ですよ。

③既婚(子供あり)の20代女性に医療保険が必要な理由

既婚(子供あり)の20代女性に医療保険が必要な理由としては

  • 家事育児サービスなど医療以外での出費がかさむ
  • 子どもに資金が必要な時に自分が病気になってしまったら貯蓄が足りなくなることも
  • 亡くなった場合に残す保険も必要
などがあります。

病気やケガで家を空けるとなると、家事や育児のサービスが必要となるケースがあります。治療費はまかなえても医療費以外でお金がかかります

子どもの教育費等お金が必要なときに自分の病気が重なってしまった場合のリスクは特に気になるところではないでしょうか。せっかく子供のために貯蓄をしていたのに治療が長引いたりすると貯蓄から医療費を捻出しなければなりません。

そのような事態にならないためにも、子供にお金がかかる時だけでもきちんと保障をつけておくのがおすすめです

また20代といえばまだ若いため、自分にもしものことがあるケースは考えにくいと思います。しかし、子供のためには万が一に対して備えることも大切です。

収入の減少や、育児サポートなどが必要になる場合も考えて医療保険を考えましょう。

20代女性が知っておくべき医療保険加入に関する注意点


20代の女性が医療保険に加入する場合の注意点としては

  1. 貯蓄があるから保険に加入しないという選択は危険
  2. 歳を重ねるごとに保険料は高くなる
  3. 健康状態が悪化してからだと加入が難しい
の3点があります。

若くて健康であれば保険料も安く、選択肢は広がります。年齢とともに健康リスクは高まるので必要になった時には条件があわないこともあります。

最善の保険をみつけるためにも注意点を理解し、早めに検討した方が良いでしょう

①貯金があるから保険に加入しないのは危険!

医療保険に加入するのは急な病気やけがに対する費用を補填するためです。

そのため貯金が十分にある人は必要ない…という訳ではありません

確かにそこまで費用はかからないかもしれませんが、もしかすると高額な費用を必要とする病気にかかる可能性もあるのです。

仮に1000万円程度の貯金であれば、保険適用外の差額、ベッド代や生活費に意外と費用がかかり、完治後の生活が厳しくなるかもしれません

せっかく努力してお金をためていたのに、突然の医療費で大幅に減ってしまうのはもったいないですよね。

保険料が安い若いうちに医療保険に加入した方が結果的に出費を抑えるケースもあるのです

②歳を重ねるほど保険料が高くなる

すべての保険は歳を重ねるほど保険料が高くなります


どうしても年齢を重ねるほど死亡率があがります。高齢になればなるほど保険会社への支払期間が短くなる可能性があがるため保険料は高くなるのです。 


また、病気のリスクもあがるため給付金を支払う回数も増えるのも保険料が高くなる理由の1つです。 

 

このように年齢によって不公平にならないように調整されているのです。 


ちなみに保険会社は保険料を運用することで利益を得ている一面もあります。



若い人は支払期間が長く運用期間も長くなるため利益率があがり、保険料を
低く設定してもまかなえるのです。

③健康状態が悪化してからだと加入できない

保険の中でも医療保険は特に健康状態が大事なポイントです。

  • 入院や手術歴が過去5年以内にある
  • うつ病になった
  • がんが見つかった

こちらに該当する場合は保険加入がかなり難しくなります。


また

  • 健康診断で高血圧症・高脂血症・高尿酸血症と指摘された
  • 肥満状態
  • 睡眠導入剤、精神安定剤を服用している

のような場合は引受基準緩和型保険がほとんどです


持病や薬の服用中でも加入できる引受基準緩和型保険は多くなっていますが、普通の保険に比べて保険料が高かったり保障に制限がかかってきます。保険市場引受基準緩和型医療保険とは?をご一読ください。


健康状態が良い時に加入していた方が保険の選択肢も広がりますし、保険料も安く加入できます

データから見る20代女性の医療保険の必要性


実際のデータから20代女性の医療保険の必要性をみてみましょう。

  • 入院給付金の相場
  • 必要な保険金日額
  • 入院平均日数
  • 女性特有の病気リスク
の4点のデータを紹介します。

「入院給付金の相場」「必要な保険金日額」「入院平均日数」の分析については生命保険文化センター令和元年度生活保障に関する調査を参考データとしています。

自分以外の医療保険についての情報についてはあまり知る機会がありませんので、ぜひごらんください。

入院給付金の相場

20代女性の入院給付金の相場をみていきます。


割合(%)
3,000円
未満
5%
3,000~
5,000円未満 
5%
5,000~
7,000円未満
39.6%
7,000~
10,000円未満
9.9%
10,000~
15,000円未満
30.7%
15,000円
以上
5.9%
わからない4%

5,000~7,000円未満が最も多く、次に10,000~15,000円未満が続きます。平均的な入院給付金は7,800円です。


年代の平均値としては

平均額
20代女性7,800円
30代女性9,000円
40代女性9,000円
50代女性9,500円
60代女性9,300円

となっており、他の年代に比べ20代の入院給付金はぐっと少なくなっています。


やはり30代から医療保険の必要性を感じ保険の加入や見直しで手厚く準備するようになるようです。


後になり見直しを検討するよりも、20代という若い時に保険料や保障内容の良いものを選ぶことをおすすめします

必要な保険金日額

手術や病気で入院した場合、一日にいくら保険金が下りるのが理想かアンケートをとったものです。

20代女性割合(%)
5000円未満2.5%
5,000~
7,000円未満
13.2%
7,000~
10,000円未満
1%
10,000~
15,000円未満
28.9%
15,000円
以上
11.7%
わからない42.6%

となっており、20代女性が保険金日額として必要としている額は平均で12,100円となっています


若い世代で健康状態に不安がない人が多く、わからないという回答が多いですが10,000~15,000円が理想と答えた人が次に多くなっています。


参考までに30代女性の希望額をみてみると

30代女性割合(%)
5000円未満2.1%
5,000~ 7,000円未満 17.2%
7,000~ 10,000円未満1.8%
10,000~ 15,000円未満42.6%
15,000円 以上12.3%
わからない24%

となっており、圧倒的に10,000~15,000円が一日に給付されることが望ましいと回答されています。


つまり20代のうちに理想額とする10,000~15,000円ほどの給付金が支給される保険に加入しておくことで現代から将来まで入院や病気に対する給付金に不安なく過ごせるのです。

入院平均日数

20代の入院日数は
入院日数割合(%)
5日未満25%
5~7日34.4%
8~14日21.9%
15~30日12.5%
31~60日0%
61日以上6.3%

となっており、入院日数の平均は14.4日です。


ちなみに過去5年の20代入院経験は以下の通りです。

割合(%)
入院経験あり8%
入院経験なし92%

以上のことから入院経験はやはり20代は少ないものの、一度入院すると平均14日は必要なため支給日数はこちらを目安にすると良いでしょう


健康な20代は保険加入に戸惑うかもしれませんが、入院だけでも10人に1人に近い人が経験しているためリスクへの備えはしておくべきです。


ただし高齢になれば入院日数が長引くことが多いですが、20代であれば突出して長くなることも少ないため支払日数を少なめにして保険料を安くする選択肢も悪くありません。

女性特有の病気リスク

厚生労働省の平成29年患者調査を参考に女性特有の病気について紹介します。


女性は20代から特有病気のリスクがあがり

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 卵巣嚢腫
  • バセドウ病
  • 月経不順
  • 子宮頸がん
などの症状がでやすくなってきます。

日本では働く女性が増えてきました。そのためストレスもたまりやすく体調不良を感じることも増えてきたようです。

20代の働く女性の健康推進に関する実態調査の結果では仕事中に感じる不調について

割合(%)
月経関連症状や疾病48.3%
PMS(月経前症候群)30.5%
女性のがん1.7%
更年期障害2.2%
メンタルヘルス13%
不妊・妊活
3.2%
その他0.2%
なし39.7%

との回答がでており、半分以上の人が悩んでいる結果となっています。


特に一番多い月経関連症状や疾病は子宮内膜症や子宮筋腫などにつながることが多くリスクが高い不調です。


女性特有の病気に備える保険がでてきたのはこのような結果も原因の1つとなっています。


今気になる症状があれば早めに女性疾患特約の保険に入っておくと良いでしょう。

20代女性の医療保険の選び方 | 5つのポイントを抑えよう!


20代の女性は医療保険を選択する際にどのようなポイントに注視すれば良いのでしょうか。


確認してほしい点は

  1. 保障範囲・保障内容
  2. 加入条件
  3. 保険期間
  4. 保険料払込期間
  5. お祝い金
の5つです。

これらの点は保険によって差異がありますのでしっかり確認しましょう。

「持病があるため加入条件を重視したい」「一生涯の安心を今の内に用意しておきたいので保険期間は終身」など自身のライフプランになにが重要なのか順位をつけて契約内容を確認すると理想に近い保険が見つかるでしょう

さらに詳しく知りたい方は以下の記事も読んでみると医療保険の選び方のポイントがさらに深く理解できます!

医療保険の選び方|十分な医療保障で保険料を安くするための知識


①保障範囲・保障内容

保証範囲と保障内容は保険を選ぶうえで最も重要な要素です


入院時の給付金や手術での給付金を医療保険では主契約と呼びます。

  • 入院給付金の支払額、支払日数
  • 手術給付金の支払額
  • 死亡保障の有無

の確認はしっかりしておきましょう。


入院給付金の支払額は中央社会保険医療協議会主な選定療養に係る報告状況より、令和元年7月現在で1人部屋は平均徴収額は8,018円となっています。


そのため給付金については最低限1日8000円の保障額を選ぶと良いでしょう


支払日数は上記の入院平均日数より14日以上が望ましいです


死亡保障の有無は独身か既婚かによって大きく変わります。必要ない方は死亡保障がない方がその他の保障が手厚かったり、保険料が低かったりしますのでない方が良いでしょう。


またどのような特約があるかも重要です。


代表的なものとして

  • 女性疾病保障特約
  • ガン特約
  • 三大疾患特約
  • 先進医療特約
等があります。

20代の女性であれば女性疾病保障特約を付けておけば安心ですし、家系の中でガンを患った方がいればガン特約をつけるべきです

一般社団法人生命保険協会の生命保険の基礎知識にさまざまな特約について触れています。自分に必要な特約を確認して、その特約がついている保険を探す方法もあります。

②加入条件

加入条件の確認事前にしておかなければなりません。

  • 健康面
  • 職業面
こちらの2点において条件がある医療保険がほとんどです。

健康面

告知内容でよくあるものとしては
  • 現在の健康状態
  • 身長や体重
  • ガンを患ったことがあるか
  • 妊娠中かどうか
  • 身体の障害について
などを告知しなければなりません。

医療保険の基本はみんなで保険料を出し合って、不測の事態が起きたとはその中から補うという形態をとっています

無条件で加入を承認してしまうと、健康状態が悪い人が健康状態の良い人より多くの給付金を受け取ることになり不平等がうまれてしまいます。そのため公平な保険運用を行う上で告知は大事なことなのです

職業面

職業面でも一定の仕事についている人はリスクが大きいとされ告知が必要です。

例としては
  • スタントマン
  • 潜水士
  • 格闘家
など、明らかにケガと隣り合わせの職業ですね。

健康面でも職業面でも保険会社によって内容に差異がありますのでチェックしておくべきでしょう。

③保険期間

保険期間は終身と定期に分けられます。



終身タイプ


  •  一生涯の保障が続くので安心 
  •  保険料は加入時から変わらない 
  •  長生きをした時には保険料総額が高くなる

一度加入してしまえば万が一長く付き合わなければならない病気になった時でも安心です。 


平均寿命が延びている日本では長く生きた場合は総額が大きくなる可能性もあります。内容が時代にそぐわなくなる場合もあるのでその点は弱いところです。


定期タイプ


  •  保険料が安い 
  •  契約が切れる際に見直しができる 
  •  更新のたびに保険料があがる 

期間が決まっているため終身保険に比べて若い人ほど金額が安い傾向にあります。


契約期間終了時が見直しのタイミングになるため、ライフプランがまだ定まってない人にはおすすめです。 ただし、更新の都度保険料が上りますので一生涯でみると終身保険より支払額が多くなるケースもあります。


20代女性であれば人生の転換期に見直しが必要なことから、結婚などを考えているのであればいったん定期の保険に入っておくと良いかもしれません。 


逆に結婚を視野にいれていない方や、自分のライフプランが明確に定まっている方は終身がおすすめです

④保険料払込期間

終身払い 

払込期間が長くなるため保険料は低めに設定されています


できるだけ毎月の支払額を低くしたい方にはおすすめですが、保険料総額としては生涯に渡り支払いが続くため高くなる可能性があります。 


定年を迎えて収入が減少しても保険料は一定額引かれますので、将来的なライフプランの計画も考えなければなりません。


ただし20代のうちに契約しておけば毎月の支払額が少なくなるため今のうちに加入しておくのも1つの手です。 


短期払い

10年間や15年間や一定の年齢までなど払込期間がきまっています。 


払込期間が決まっているため資金計画が立てやすいのが特徴です


「10年後には子供にお金がかかるタイミングが来るのでそれまでに払込を終わらせてしまおう」など柔軟な払込ができます。


定年までに終身保険の支払額を払い終えてしまえば収入が減ってからの資金繰りを考えなくてよいので心安いでしょう。 


ただし期間を短くすれば一回の支払額が大きくります。


20代はまだ社会経験が浅く、職業にもよりますが賃金もまだまだあがりきれてません。そのため短期支払いでも生活を圧迫しないような金額に設定することが大切です

⑤お祝い金

お祝い金があるかも注目すべき点です


例としては5年間給付金を受け取らなかったお祝い金がでるというもの、フェミニーヌのように生存していれば3年ごとにボーナスが発生するものなどがあります。


ただし気を付けなければならない点として

  • お祝い金を設定すると追加保険料がかかる
  • 途中で解約してしまうと受取ができない
  • 契約期間中に一度でも給付金を受け取ってしまうとお祝い金が出ない場合がある
があります。

追加保険料として上乗せされる上に、解約すると受取ができないため当初の契約で利点と欠点をしっかり検討することが大事です。

しかし、セーフティネットとして掛け捨てていた保険料が戻ってくるというシステムは思いのほか嬉しいものです。

特に20代の女性であれば健康に自信がある人も多いはずです。

体が弱いという自覚がある人はつけない方がお得ですが、お祝い金があることで健康に気を遣うことにもつながるため、つけるのも悪くはないですよ。

自分に最適な医療保険を知りたい方はマネーキャリアで無料相談!


保険の選び方や必要性について紹介してきましたが、膨大な保険商品のなかから自分に最適なものを選び抜くことはやはり難しいものです。

今はインターネットが普及し情報を手にいれやすくなった分選択肢も広がってきたため似たような商品や細かな点を自分で調べるのは大変です。

そんな悩めるあなたには「マネーキャリア」をおすすめします。 
  • 保険相談
  • ライフプラン相談
  • ライフプラン診断
など医療保険を選ぶうえでの相談が無料で何度もできるのです。

契約件数は10,000件以上にのぼり、顧客満足度は驚きの93%を誇っている信頼できる保険サービスです。 

コロナが蔓延し、なかなか保険相談窓口に出向くのも難しくなっていますがマネーキャリアは全国に対応しており、スマホ一つで簡単に相談できます

自宅などどこからでも安心してゆっくり話すことができるので今の時代にあった相談窓口と言えるでしょう。

ぜひ一度相談してみてくださいね。

まとめ:20代女性は生命保険が必要!手厚い医療保険に加入するべき!

今回の記事では20代女性の医療保険について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。 

まだまだ健康なため医療保険は必要ないと思っているかもしれません。 

しかし女性特有の疾患リスクや実際に病気やケガで医療費が高額になるリスクなど医療保険で備えるべきリスクはたくさんあります。 

保険料の安いものや保障内容が充実しているものなど自分にあった保険は必ずあるはずです。

今回のポイントを押えるとともにマネーキャリアなどプロへの相談サービスも活用しながら検討しましょう

ほけんROOMでは、保険に関する記事が数多くありますので興味のある方は合わせてご覧ください。

ランキング