先進医療特約のみの保障は可能?格安で保証を受けられる保険を紹介!

先進医療特約は本来、医療保険の特約として付帯される保障でしたが、現在では先進医療特約のみの保険が存在することをご存知ですか?そこで今回、先進医療特約のみの保険の保障内容や価格を調べてみました。また、格安で先進医療保障を受けられる保険、先進医療特約の必要性も解説します。

先進医療特約は必要?先進医療特約のみの医療保険はある?

加入している保険に付属で付けられる通常先進医療特約。

そのイメージは、保険会社が販売している医療保険に加入し、その保険の特約として付帯させるものですよね。

医療保険に月々100円台で付属できる通常先進医療特約。しかし、医療保険に加入していない人や医療保険に加入する必要が無いと考えている人は、通常先進医療特約の制度は利用できないのでしょうか?

実は、先進医療特約のみの保険商品が販売されているんです。

そこで、この記事では『先進医療特約のみの保険』について、

  • 基本的に先進医療特約は医療保険に付帯させるもの
  • ひまわり生命が販売する先進医療のみを保障する保険Linkx coinsのご紹介
  • Linkx coinsのメリット
  • Linkx coinsのデメリット
について解説していきます。

この記事は、医療保険への加入は考えていないけれど先進医療の保障は受けたいと思っている方たちの参考になるので、ぜひ最後までご覧ください。

基本的には医療保険に先進医療特約を付帯させる


まず、先進医療特約とはもともと医療保険やがん保険に付帯させる保障でした。


先進医療の治療費は公的保険の適用外であり、もし先進医療の治療を受けるとなると治療費は高額となります。


公的保険が適用された場合、自己負担額は一般の人で3割ですが、その公的保険が適用されないため、自己負担額が治療費の全額(10割)となり、おのずと支払いが高額になってきます。


しかし、先進医療とは厚生労働大臣の承認を受け、さらに高い技術を持つ大学病院で実施されることが多いので、それだけ病気が治る可能性が高くなります。


そのため、先進医療特約を希望する方も少なくありません。


これまでの先進医療特約は医療保険に付帯させる保障ですので、まずは医療保険に加入し、先進医療特約を付帯させなければ先進医療特約の保障を受けることができませんでした。

ですが、最近は先進医療特約のみの保険商品が登場しました。


そこで、医療保険に加入せずとも先進医療特約のみを受けられる保険商品とはどのようなものか、解説していきます。

ひまわり生命から先進医療のみの保険Linkx coins誕生

日本では、公的保険が手厚く、公的保険制度の中に高額療養費制度があるため、医療保険への加入は必要ないという人たちが存在するのも事実です。

高額療養費制度とは、1ヶ月の治療費が高額になった場合に、高額になった一定額を公的保険が負担してくれるというものです。


そのため、治療費が高額となったとしても、自己負担額は約9万円以内(一般所得者)に抑えられるため、医療保険不必要論があります。


しかし、先進医療はこの公的保険適用外です。


先進医療の治療費は全額自己負担であり、高額となる先進医療の医療費を負担することはとても大変なことです。


そこで、医療保険には加入したくないけれど先進医療への保障が欲しいという方に向けて、ひまわり生命から新しい保険商品https://www.himawari-life.co.jp/goods/coins/compensation/『Linkx coins』が販売されました。

年齢・性別問わず、ひと月の保険料は500円で加入が可能

2016年9月にひまわり生命から誕生した先進医療特約のみを保障する画期的な保険Linkx coins(リンククロスコインズ)ですが、驚くことに、保険料はワンコインの500円というお手頃価格で加入することができます!

さらに、年齢も性別も問わず、保険料は変わらずワンコインの500円で先進医療特約を受けられるということは大きなメリットですね。

治療1回につき5万円の一時金も支給される

先進医療の治療を進めた場合、保険Linkx coinsに加入していると、治療で受けた技術料相当額、ならびに先進医療一時金として5万円を受け取ることができます。

例えば、先進医療の治療のみを受けて、300万円の技術相当額がかかったとすれば、300万円が保険金として支払われます。


さらに5万円が支払われますので、300万円の治療費+5万円となります。

先進医療費は通算2000万円まで保障

さらに驚くべきことに、月々500円の保険料にもかかわらず、先進医療費を通算で2,000万円まで保障してくれます。

また、保険会社が定めている移植手術を受けた場合には、臓器移植医療給付金(1,000万円)まで保障してくれます。


そのほかにも、先進医療一時金として5万円/回支給されます。


しかし、もちろんこのLinkx coinsも保険商品の一つですので、加入時に健康面での告知義務があります。


それではどのような告知項目があるのか見ていきましょう。


①これまで、癌(悪性新生物・悪性腫瘍・白血病・骨髄腫・悪性リンパ腫・肉腫)さらに上皮内がんの病歴がある。


②過去5年以内に、以下の病歴で入院手術を受けたか、7日間以上の診察・投薬があるか。(再検査・精密検査・定期的な検査・診察なども告知が必要となります。)

  • 心臓の病気
  • 肺の病気(気管支を含む。ただし、喘息・かぜは除く)
  • 肝臓の病気
  • 膵臓の病気
  • 腎臓の病気
  • 小腸の病気
  • 白内障
  • 糖尿病


③先進医療や臓器移植を受ける予定がこれから3ヶ月以内にあるか。(例えば、先進医療を進められていたり、臓器移植を進められている場合など)


以上に該当する場合、先進医療特約のみの保険Linkx coinsに加入することは難しいでしょう。

医療保険に付帯させる場合よりは保険料が高い

ある保険会社の終身医療保険について保険料のシミュレーションです。
  • 契約者……30歳男性
  • 入院日額5,000円の保障付きで保険料は一か月あたり1,470円
  • 先進医療特約のみ付帯させると……一か月あたりの保険料は1,577円(差額107円)

次は、違う保険会社で40代男性のシュミレーションをしました。

  • 契約者……40代男性
  • 入院日額5,000円保障付きで保険料は一か月あたり1,995円
  • 先進医療特約のみ付帯させると……一か月あたりの保険料は2,102円(差額107円)


このように、保険会社によって金額は異なりますが、こちらの保険会社では医療保険に107円の差額を支払うだけで先進医療特約を付帯することができます。


また、特約は後から付帯することもできますので、もし医療保険に加入していて先進医療特約の保障を付帯したいと考えるのであれば、まずは現在加入している保険会社に問い合わせてみましょう。


医療保険に先進医療特約を付帯させると、先進医療特約は保険料が107円のですが、先進医療特約のみの保険Linkx coinsの保険料は500円ですので、先進医療特約のみの保険の方が保険料が割高であることがわかります。


しかし、人によっては医療保険での保障も必要でもありますので、自分にとって本当に必要な保険に加入するようにしましょう。

医療保険の不要な部分の保険料を支払う必要がない

加入中の医療保険に付帯した方が保険料は安くなると言われても、医療保険には加入したくないけれど先進医療のみの保障を求めている方にとって、Linkx coinsの500円という保険料の安さはとても魅力的ですよね。

例えば、十分な貯蓄、十分な年収がある場合は医療保険は不要と言われています。


その理由は、公的医療保険では治療費の自己負担は3割の上に、高額療養費制度があります。


結果、自分の貯蓄や収入があるため医療保険に頼らなくとも、自己資金でやりくりできるからです。


しかし、先進医療を受けると治療費は全額負担の上に、高額療養費制度も適用されません


よって、先進医療を受ける場合は治療費が高額となるため、医療保険は必要ないけれど、もしものために先進医療特約のみの保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

コープ共済「たすけあい」は格安で先進医療保障を受けられる

コープ共済の「たすけあい」は先進医療保障を他の保険に比べて格安でつけられます。


30代男性のシュミレーションを見てみましょう。

  • 契約者……30歳男性
  • 入院日額5,000円の保障付きで保険料は一か月あたり2,000円
  • 先進医療特約のみ付帯させると……一か月あたりの保険料は2,100円(差額100円)
次は40代男性のシュミレーションをしました。
  • 契約者……40代男性
  • 入院日額5,000円保障付きで保険料は一か月あたり2,000円
  • 先進医療特約のみ付帯させると……一か月あたりの保険料は2,100円(差額100円)
このように、他の保険では一か月あたりの先進医療保障の値段が107円だったことに対し、コープ共済の「たすけあい」は一か月あたり100円で保障が受けられます。

先進医療特約は必要なのか?先進医療特約の必要性を考える

先進医療特約は、備えておいても、通院している病院の治療方法が異なれば先進医療特約の保障対象外となってしまうこともあるのです。


いくら月々安く付けられるといっても、いざ必要なときに使えない可能性があると思うとお金を無駄にしていると考える人もいるでしょう。


また、先進医療を受ける可能性はないだろうと考えている方にとっては必要性は感じない特約ですね。確かに、医療保険とくべると先進医療を受ける人の人数は少ないですよね。


しかし、いざ先進医療を受けるとなれば、自己負担金額は200万円以上が相場といわれています。この金銭的不安を減らしたいと考えている人にとって月々100円台から加入できる先進医療特約はリーズナブルだと考えていいでしょう。

医療保険に加入している場合先進医療特約の金額は100円台

医療保険に加入している方は、先進医療特約はプラス100円前後で保障してくれるので、保険料に大きな差は出ません。


先進医療の技術料は全額自己負担になり、その金額は200~300万円。高額な治療費を支払うのは難しいと考える人にとって、月々100円台から加入できる先進医療特約は安心できる特約といえるでしょう。


先進医療特約が保障される治療をしている病院に移るなど策を打てば高額な医療費の負担をする可能性は低くなります。


自分に本当に合った保険選びをするなら無料保険相談がおすすめ

日々、医療が進化するのと同じように医療保険の内容も日々進化しています。 


 様々な保険会社から数えきれない種類の保険が販売されているので、自分に合った保険が何か分からないと悩んでいる方も多いと思います。


 そんな人にこそ、無料の保険相談がおすすめです。自分の予算や保障してもらいたい内容を伝え、担当の人があなたにピッタリの保険を紹介してくれるので、自分で調べる手間が省けるのは無料相談の最大の魅力です。

まとめ:先進医療特約のみの医療保険について

医療保険に加入していない人でも先進医療特約の保障が受けられるひまわり生命のLinkx coinsについて解説してきました。

この記事のポイントは、

  • 基本的に先進医療特約は医療保険に付帯させるもの
  • ひまわり生命が販売する先進医療のみを保障する保険Linkx coinsは月額500円で保障が受けられる

  • Linkx coinsのメリットは、単体の保険ながら先進医療費を最大2,000万円まで保障してくれる
  • Linkx coinsのデメリットは、医療保険に加入している人には向かない
です。

がんの治療法などでよく耳にする先進医療ですが、公的医療保険の適用外であるため費用が高額となり、先進医療を受けたくても受けられない方も多くいます。

もしもの時に困らないためにも、ぜひ先進医療特約への加入を検討してみてください。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。
医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 白内障の治療は先進医療特約で保障されるの?わかりやすく解説!
  • 先進医療特約はコープ共済にもある、その内容や特徴を徹底解説
  • インプラント治療と先進医療特約との関係は今どうなっているのか?
  • 先進医療特約って必要なの?先進医療のリスクから必要性を考えよう
  • 厚生労働省が定める「先進医療」とは?先進医療特約についても解説!
  • 終身医療保険で人気の先進医療特約、本当に必要性を理解してますか?
  • 医療保険に先進医療特約は必要?がん保険の先進医療特約との違いは?
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 医療保険加入で不要な特約があるかも?わかりやすく解説します!
  • 医療保険の女性特約とは?どんな病気が女性特約の保障範囲?