女性保険ALL

女性保険の選び方

女性保険はメリットがたくさん!気になる内容についてご紹介します

女性保険とは、通常の医療保険に加えて、女性特有の病気になった時に上乗せして給付金が受け取れる保障内容が特徴で、女性にとっては頼もしい味方になってくれる保険です。保険会社各社で名称は違いますが、女性保険がたくさん出ていますので、内容をご紹介します。

女性特有の病気が気になる方におすすめ。女性保険の気になる内容!

女性保険の基本的な保障内容は、女性特有の病気にかかった時に、通常の給付金に上乗せして給付金が支払われるというものです。


乳がんや卵巣がんなど、女性特有の病気へのリスクが気になる方にはお勧めなのが、女性保険です。


しかし、保険会社によって、細かいサポートはそれぞれ内容が違いますので、それぞれ比べて、ご自分にあった保険内容を選ぶことが大切です。


この記事では、女性保険の内容(医療保険との違い)について解説します。


保険料はお手頃でも、安心の保証内容!

保険料を毎月支払う場合、なるべく支払いは抑えたいものですね。最近の女性保険には2000円台からの保険料を抑えたプランもたくさん出ています。 


しかし、安い保険料では、保障もそれなりなのでは?と思う方も多いでしょう。 


ご安心ください。保険会社各社、保険料を抑える一方で保障内容は充実している女性保険を出しています。

女性保険でもしもの時に備えましょう

乳がんにかかる患者さんは年々増えており、厚生労働省の調査によれば、12人に1人の割合で乳がんに罹患する方がいらっしゃるそうです。これは決して他人事ではありません。 


将来のもしもの時に備えて、早いうちからリスクに備えておくことが重要です。 


数ある女性保険の中には、乳房再建のための費用まで保障してくれるものまでありますので、こちらもおすすめです。

ほけんROOMでは、完全無料の保険相談を行なっております。


相談からアフターフォローまで、何度でも無料、納得できるまで相談することできます。


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?

女性保険の保障内容は保険会社によって違うの?どんな所が違う?

女性保険も、保険会社の数だけ内容は違います。 


女性特有の病気に対する手厚いサポートという基本内容は同じですが、ボーナスが出るものや、保険料を抑えたもの、さらには乳房再建手術の費用までサポートしてくれるものまで様々です。


また、妊娠中に加入できるもの、短期入院まで対応してくれるものなど、ご自分に合ったものを選ぶことができます。

ボーナスがでる女性保険はお得?その内容!

一定期間給付を受けない、もしくは生存していた場合に、「健康祝金」「生存給付金」という名前でボーナスが受取れる女性保険があることをご存じでしょうか。


一見お得な内容にも見えますが、実際は受け取るボーナスのほとんどはご自分の保険料から支払われている、ということを頭に入れておきましょう。 


貯蓄性があり、さらに病気の保証もしてくれる女性保険、と認識しておくのがいいでしょう。

保障内容は変わらず、料金は一定の保険も

保険会社によっては、保険料が上がらないタイプのものもあります。 


年々上がっていく保険料が段々きつくなってきた、長く続けていけるか不安、という方でも、これならお財布にも優しく、長く続けていけますね。


また、若ければ若いほど保険料も安く済むので早いうちからリスクに備えて準備しておくことも大切です。

女性保険の充実した内容をもっと知りたい!という方へ

女性保険は、各社様々なメリットがありますが、数が多すぎて一体どんな内容で、どんなメリットがあるのかよくわからない、という方もいらっしゃるでしょう。 


せっかく自分に合ったら保障内容があるのに、知らなかった、ではもったいないですね。数ある女性保険の中でも、特に大きな特徴についてご説明します。

3大疾病による入院は日数無制限で保障

がん、心筋梗塞、脳卒中。どれも聞いたことのある病名かと思います。 


こういった大きな病気の場合は日数無制限で保障してくれる保険もあるので、入院が長引いてしまい、途中で保障が受けられなくなってしまう、という不安もありません。 


大きな病気だからこそ、しっかりした保障内容でしっかり備えておきたいですね。

3大疾病で入院した場合、保険料が免除に!

入院日数を無制限で保障も魅力がありますが、3大疾病で入院した場合、その後の保険料が免除になる保険会社もあります。 


大きな病気で、今後も働けるか不安、というときに大変心強い保障内容です。


もちろん、保険料の払い込みは免除でも、その後の保障はずっと続きますし、保障内容も変わりませんのでご安心ください。

女性保険の補償内容はきめ細かくて安心

乳がんなど、女性特有のがんを発症したとき、病気のストレスはもちろんのこと、抗がん剤による脱毛、乳房の切除などによる精神的苦痛は計り知れないものがあります。 


女性の場合、ウィッグや下着の購入など、男性とはまた違った所で費用がかかってしまうことがありますので、上乗せして給付される女性保険は非常に頼もしい存在です。

30歳代から急増する女性特有の病気

まだ自分は若いから、女性保険なんて、と思っている方も多いのではないでしょうか。 


実は、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気は30歳代から急増する病気なのです。 


若ければ若いほど、治療による見た目の変化に対応する備えが必要です。 


女性保険なら、通常の保証内容の他にボーナスが出たり、乳房再建費用もサポートしてくれるものがありますので、若い女性にも嬉しい内容になっています。

医療保険よりも女性保険は女性特有の病気の保障が手厚い

女性特有の病気は、がんだけではありません。


妊娠や出産、子宮や卵巣の病気なども手術のリスクがあることを忘れてはいけません。


妊娠や出産は病気ではありませんが、異常分娩などで手術が必要になる場合もあります。


そうした場合でも医療保険よりも女性保険ならしっかり女性特有の病気にサポートしてくれるので安心です。

まとめ

通常の医療保険だけで十分、と考えている方も多いでしょう。 


女性保険は、さらに上乗せしてサポートしてくれる上に、月々の保険料も安く抑えることができる商品がたくさんあります。


女性の社会進出で、女性を取り巻く環境が大きく変わり、疲れやストレスも増える中、若い女性の病気も増えています。 


今後のリスクに備えて女性保険を検討してみるのもいいかもしれません。

ランキング