痴漢を疑われたら逃げてはいけない!電車内での対策と痴漢冤罪事例

痴漢を疑われたらどうすればいいの?と痴漢冤罪の被害は怖いですが、その際の対策や逃れる方法などの防止策はわからない方が多いです。一般的に痴漢を疑われたら逃げることが良いと言われていますが、それは間違えです。今回、本当の回避方法と冤罪詐欺の事件事例を紹介します。

痴漢を疑われたらどうする?間違われた時の対応や対策

満員電車は痴漢の温床です。痴漢は「この人がやった」という確たる客観的証拠が乏しいこと、また現行犯逮捕が原則なので冤罪が生まれやすい犯罪といえます。  


実際に痴漢は年間3500件もの冤罪があるのです。そんな不安を抱える男性には痴漢冤罪保険という痴漢冤罪ヘルプコールもついた弁護士費用保険に入るというのもひとつの手段です。


この記事では「痴漢を疑われた時の正しい対処法と痴漢冤罪の防止策」について

  • 痴漢に疑われた時の正しい対応
  • 痴漢に疑われた時の現場での対話法
  • 痴漢冤罪を未然に防ぐ方法
  • 痴漢冤罪詐欺について(事例と対策)

上記を中心に詳しく解説していきます。


この記事を最後まで読んでいただければ痴漢冤罪の対応の仕方が良くわかります。


また、事前の備えとしての痴漢冤罪保険についても紹介していますので、そちらもご確認ください。

痴漢を疑われたらどうするの?

「痴漢を疑われたらすぐ逃げるのが得策」という情報がネットでも散見されます。しかしその情報は間違いです。


日本では、一度捕まるとなかなか無実を立証することが難しい刑事裁判制度の問題点から出てきた情報なのでしょう。


仮に現場から逃げることに成功したとしましょう。その場合、いつか警官が捜査に来るのではないか、と冤罪にもかかわらず怯えて過ごすことにもなりかねません。


また現在では駅だけでなくあらゆるところに防犯カメラがあり、数日の捜査で特定されてしまうでしょう。


一昔前なら捕まることから逃れる方法だったのかもしれませんが、現在では逃げる行為は最も冤罪になるリスクが高い行為といえるでしょう。

痴漢冤罪で逃げるリスク

もし痴漢に間違われその場から逃走すれば「この人が犯人かも」という印象を強く与えてしまう可能性があるほか、下記のことが懸念されます。


  • 警察、裁判官に与える悪印象により勾留の可能性高くなる
  • 被害者との話し合いも難しくなる
  • 逃げる際に他人を怪我させてしまう可能性

勾留となったら数週間にわたる可能性があります。その場合仕事を休まなければならなくなるので勤め先への説明も必要でしょう。


何より被害者の女性に自分ではないことをわかってもらうことが困難となってしまいます。また混雑した駅から逃げる際、周囲の人達に怪我をさせてしまう可能性もあります。


逃げる行為はこれだけのリスクを背負ってしまうのです。痴漢を疑われたら逃げることは冤罪防止のためにも避けましょう。

痴漢を疑われたらどうする?4つの対応を流れで紹介

中には罪を着せられて復讐したくなる人もいるかもしれませんが、それだけはやめましょう。 痴漢を疑われたら次の4点を踏まえて冷静に行動することが最善策です。


  1. 「自分はやっていない」とはっきり発言
  2. すぐ弁護士に現場へ来てもらう
  3. 被害者、駅員、警官との会話を録音
  4. その場で繊維片採取やDNA鑑定を依頼
突然、身に覚えのない痴漢の犯人に疑われたら誰でも動揺するでしょう。できたら上記の4つの点は頭に入れておいた方が痴漢に間違われた際に役立ちます。

痴漢を疑われたら①:明確に「やっていない」と断言する

痴漢に疑われたらまず「自分はやっていません」とはっきりと大きな声で伝えることが先決です。


明確に否定しても、恐らく痴漢を疑われた段階で痴漢を訴える被害者と最寄り駅で降車することになるでしょう。


無実とはいえ、そのような状況では不安に駆られる人がほとんどではないでしょうか。そんな時に備えて痴漢冤罪保険に入っていると安心です。


この保険は「痴漢冤罪ヘルプコール」が無料でできるのが特徴です。すぐ対応してもらえますし、無料で現場へ駆けつけてくれます。


「間違えていたら名誉毀損で訴える」と弁護士付きで伝えることができるので、一番良い対処法です。


また、月額590円ですので、気になる方は下記ボタンで確認してみてください。

痴漢を疑われたら②:弁護士を現場に呼ぶ


①でも触れましたが、すぐに弁護士を現場に呼んでください。やってもいない痴漢を疑われた場合のベストな行動です。


男性の中には弁護士を呼ばずに「身分証明などを見せたりしてその場から立ち去ってしまうのがいいのでは」と思う人もいるでしょう。


痴漢を疑われたらその場に止まることが基本です。駅員室などには移動せず、可能な限りその場で弁護士に連絡を取りましょう。


でも普段からお願いしている弁護士などいない人には、「費用は?」「すぐに来てくれるのか」などが気になりハードルが高いかもしれません。


そんな人には痴漢冤罪保険をおすすめします。月額590円で加入できるヘルプコール付き弁護士保険なら無料で痴漢冤罪の急な連絡も可能です。


連絡してから約4分(2018年実績)ほどで弁護士から折り返しの連絡が来ます。

痴漢を疑われたら③:現場の会話を録音する

少し気が引けてしまう人もいるかもしれませんが、現場での会話は証拠として自ら録音することをおすすめします。


録音は正当な行為なので「録音をさせてもらいます」と被害者や駅員、警官に断りを入れた上で録音をしましょう。 


被害者の言い分とあなたの言い分が食い違っていることであなたが犯人であると誤解している訳ですから、相手の言っていることをきちんと残しておくことが先決です。


その際に注意したいのが

  • 電車のどの辺りにいたか
  • どの駅の辺りから被害に遭遇したか
  • どこを触られたのか

など第三者(駅員や警官)と状況確認し、証拠として録音しておくことです


現場の会話で注意したいポイントは「痴漢に疑われた場合の現場での会話の基本(録音のために)」の項目で詳しく解説します。

痴漢を疑われたら④:繊維片鑑定(DNA/指紋検査)

明確に自分が犯人ではないことを伝えても被害者が納得してくれないなら、自ら進んで繊維片やDNA鑑定を依頼するのがベストです。


被害者が本当に痴漢被害を受けていた場合、嫌な思いをして気持ちも混乱していると考えられます。それ故にあなたが犯人だと誤解しているのかもしれません。


そんな時あなたから冷静に落ち着いた様子で鑑定をお願いすれば「あれ、私は間違っていたかもしれない」と被害者も一度冷静になれる可能性もあるでしょう。


痴漢犯罪での主な鑑定は以下のとおりです。

  • 繊維片の付着(被害者の着衣→被疑者の手)
  • DNAの付着(被害者の体液→被疑者の手/被疑者の体液、皮膚片→被害者の着衣)
  • 指紋の付着(被害者の着衣→被疑者の手)

痴漢は客観的証拠が少ない犯罪といわれていますから、これらの鑑定結果は貴重な客観的証拠となります。

痴漢に疑われた場合の現場での会話の基本(録音のために)

ここで「痴漢に疑われたら③」の現場の会話を録音する際に抑えておきたい会話の基本は以下の通りです。


  • 被害者から被害の状況を話してもらう(あなたから率先して話さない)
  • 被害者に5W1Hを説明してもらう
  • 冷静に落ち着いた態度で接する
  • 「あなたは冤罪=痴漢はなかった」ではない 

痴漢に疑われたら被害者の言い分を聞きましょう。あなたから先に話してしまうと万が一詐欺だった場合、話を合わせられる可能性があるからです。


また被害者と話す際は冷静に落ち着いた調子で「相手は痴漢被害者」であることを念頭において接しましょう。

痴漢を疑われたら5W1Hで会話を進める

痴漢に間違われたら相手の言い分を録音する際、5W1Hを抑えておくことが大切です。


5W1Hとは「いつ(WHEN)」「どこで(WHERE)」「だれが(WHO)」「なにを(WHAT)」「なぜ(WHY)」「どうして(HOW)」のことです。


これを踏まえて痴漢冤罪の場合、以下のポイントを抑えておくのが有効です。


  • 「いつ」被害遭遇の場所(どの辺りの駅から被害に遭ったか) 
  • 「どこで」電車内の位置(車両のどの辺りに乗っていたか)
  • 「なにを/どのように」触られた部位
  • 「だれが」あなたが(もしくは)相手が
  • 「なぜ」あなたを犯人と思った理由など

冷静に落ち着いて事実を確認することで、あなたが犯人ではなかったことが理解できるケースも多いようです。

痴漢を疑われる前にできる対策とは?


誰だってやってもいない痴漢に間違われることは本意ではありません。ではどのような行動をすれば疑われないのでしょう。


自由に身動きできない満員電車で痴漢と間違われない方法はあるのでしょうか。止むを得ず満員電車に乗る際は、痴漢冤罪を逃れる方法として以下の3点が挙げられます。


  • 手を高い場所に置く
  • 満員電車に乗車しない
  • 女性のそばに行かない

両手でつり革を持つ

痴漢に疑われないため多くの男性が満員電車で実践しているのが、両手でつり革を持つことです。


痴漢の犯す行為は大半が被害者に手で触れることで発生しますから、両手を高い位置にすることで痴漢冤罪の可能性は低くなるでしょう。


また片手はつり革、もう片方ではスマホや本などを持つのも手が高い位置にくるので有効です。しかしカバンによっては手を片方下ろす態勢になってしまうこともあるでしょう。


その場合は吊り棚に置くか、そもそも肩掛けなどにできないカバンは使わない方が痴漢冤罪を避ける観点からは必要です。


あまりの混雑でつり革や手すりが空いていない場合でも、両手でスマホや本を高い位置で持つようにすると痴漢を疑われるリスクはかなり軽減できます。

満員電車/公共の交通機関を避ける

満員電車を好きで乗車しているのは、痴漢やスリといった犯罪を犯そうとする人達といっても過言ではないでしょう。


郊外から都内へ通勤する場合、満員電車に長い時間乗車することになり痴漢冤罪のリスクも高まります。


実際、痴漢が多いことで有名な埼京線は都内への通勤や通学で長時間乗車することで痴漢が発生しやすい要因ともいえるでしょう。


痴漢が多発するということは冤罪も発生しやすいといえます。あなたの勤め先が時差通勤が可能なら、ラッシュ時間を避けて通勤するのも痴漢冤罪を避けるいい方法です。


満員電車を避けられない場合、思いきって今よりも会社の近くに引っ越して公共交通機関を使わずに自転車や徒歩などで通勤するのもいいでしょう。

女性に近づかない

痴漢被害に遭うのは必ずしも女性に限ったことではありません。ですが痴漢被害の大半は女性であるのが現状です。


満員電車に乗車する際はできるだけ女性の近くに乗車しないのがいちばん痴漢冤罪を避ける意味では有効な方法です。


とはいえ満員電車ではなかなか避けられないのも事実でしょう。

その場合は

  • 女性に背を向ける
  • (背を向けられない場合)正面にカバンを持つ
などして女性との密着を避けるようにして下さい。

痴漢冤罪が多いのは裏を返せば、それだけ実際に痴漢被害者が多いということでもあります。痴漢冤罪の真の敵は痴漢加害者です。

今では痴漢防止対策アプリなども開発されていますから、痴漢の検挙に協力することで痴漢冤罪を減らすことに繋がります。

痴漢冤罪詐欺には気を付ける


痴漢冤罪詐欺をご存知でしょうか。これは痴漢被害をでっち上げてターゲットにした男性から示談金を巻き上げるという荒手の詐欺です。


十数年前、実際に女子高生達によるこの痴漢冤罪詐欺が起きたといわれています。また最近でも痴漢の多い路線では冤罪詐欺を犯す女性も多いのだそうです。


痴漢といった犯罪の特性上、例えやっていなくても「穏便に済ませたい」「会社に知られたくない」といった心理が働きます。


そのため冤罪でも示談で済ませたい思いに駆られる男性は多いのでしょう。その心理をついた卑劣な犯罪といえます。

痴漢の多い路線は冤罪詐欺も多い

痴漢の多い路線として上げられるのは軒並みJR線で中央線埼京線山手線など。また私鉄では京王線東西線西武池袋線小田急小田原線田園都市線西武新宿線などです。


これらの路線は郊外から長時間乗車する、または駅区間が長い路線が目立ちます。このように痴漢が多い路線では示談金を狙った痴漢冤罪詐欺も多発しているそうです。


上記にあげた路線を通勤で使う男性には痴漢冤罪保険がおすすめです。痴漢冤罪保険とは痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険のことを指します。


賠償責任保険と合わせて月額590円と家計にやさしい価格設定です。


また女性向けには同額で痴漢被害ヘルプコール付き弁護士費用保険もありますから、共働きのご夫婦なら揃って加入するのもいいでしょう。

痴漢冤罪の事件事例

最近では痴漢に遭ったらスマホで写真撮影をして、そのままTwitterなどSNSにアップし拡散する行為が増えているそうです。


こんな時万が一にも痴漢に疑われたら無実でもかなりの制裁を受けることになってしまうでしょう。


一方で痴漢冤罪で強制連行された事例があります。2017年6月に起きた総武線平井駅の痴漢冤罪事件です。その事件の経緯は以下の通りです。


  • 総武線内で女性が痴漢被害を訴え、非常停止ボタンを押す
  • 身に覚えのない男性が犯人だと訴え、男性に殴る蹴るの暴行
  • 男性は「やってない」と主張
  • 周囲の乗客も男性はやっていないことを確認
  • 平井駅で警官が乗り込み、男性を強制連行
  • 乗客も証言者として任意同行
  • その後、痴漢行為は認められなかったことを確認

女性の意見だけで痴漢になってしまう

痴漢冤罪の事件事例で紹介した総武線平井駅での出来事が痴漢冤罪となってしまった原因は何でしょうか。


それは痴漢被害に遭ったという女性の言い分だけを鵜呑みにしてしまったことにあるのではないでしょうか。


痴漢の捜査では女性の訴えが頼りなのも事実です。しかし周囲の乗客はその男性が「片手でつり革を持ちもう片方の手でスマホ操作をしていた」とその場で証言していました。


にもかかわらず警察は女性の意見だけを信じて強制的に降車させる事態になっています。 

痴漢を疑われた時のために「痴漢冤罪保険」

総武線平井駅のような事態になった時、もし証言してくれる乗客がすぐに見つからなかったら、たった一人で警察に対峙するのは至難の技でしょう。


このようにやってもいない痴漢を疑われたら、入っていると安心なのが痴漢冤罪保険です。痴漢冤罪保険なら痴漢冤罪ヘルプコールで弁護士をすぐに呼ぶことが可能です。


しかもヘルプコールは無料なので弁護士費用を気にする必要はありません。2018年の実績で平均4分で弁護士から折り返しの連絡が来ています。


この痴漢冤罪保険には損害賠償保険もセットとなっていて月額590円とリーズナブルなのも利点でしょう。

まとめ:痴漢を疑われたら弁護士に対処してもらう

痴漢を疑われた時の正しい対処法と痴漢冤罪の防止策について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • 痴漢を疑われたら逃げずに「①はっきりと否定②弁護士を呼ぶ③会話を録音④繊維片鑑定を依頼」の手順を踏んで正しく対処することが肝要
  • 被害者、駅員、警官との会話は録音し、特に被害者の言い分は5W1Hを確認して証拠として残すのが大切
  • 痴漢を疑われる前にできる防止策は「両手を下げない、満員電車を避ける、女性の近くに行かない」ことで万全の予防をする
  • 痴漢冤罪や痴漢の被害を装う痴漢冤罪詐欺に注意するためにも痴漢冤罪保険の加入がおすすめ

でした。


身に覚えのない痴漢に疑われたら咄嗟のことで誰でも気が動転してしまうでしょう。そんな時すぐに弁護士が対処してくれる痴漢冤罪保険は強い味方です。


ほけんROOMでは他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング