痴漢を疑われて逃げるのはいいの?痴漢を疑われたときの対処法!

痴漢を疑われて逃げるのはいいの?痴漢を疑われたときの対処法!-サムネイル画像

痴漢を疑われてしまった際に逃げるのはいいのでしょうか。結論から言えば、焦って逃げることは勿論良くないです。痴漢を疑われた際の適切な対処法を知っておくのは無駄ではないでしょう。この記事では痴漢を疑われた際に逃げるのではない、適切な対処法をご紹介します。

【痴漢を疑われて逃げるのはいいの?】対策をご紹介!

もし自分が痴漢を疑われた時、走って逃げようと考えている人はいませんか。


自分が痴漢をやっていないことをその場で証明することは難しく、動揺していると疑いを強めてしまうかもと心配している人は多いと思います。


相手女性に被害を訴えられた時、自分の身を守るためにやるべきことや弁護士のサポートを月額590円で受けられる痴漢冤罪保険をご存知でしょうか。


今回は「痴漢を疑われて逃げるのはいいか」について

  • 痴漢冤罪トラブルに巻き込まれた時にすべきこと
  • 線路に降りることや無理に逃げるのはよくない
  • 相手女性から名誉棄損で慰謝料がもらえる可能性がある
  • 痴漢冤罪保険はもしもの時に心強い
以上のことを中心に解説していきます。

読者の皆様にはこの記事を読んでいただき、いざという時にも冷静に対応し、自分や家族の人生を守ることに役立てていただけると幸いです。

【痴漢を疑われて逃げるのはいいの?】疑われてしまった際の5つの対処法!


痴漢を疑われホームや線路を走って逃げる男性の映像を、ニュースやインターネットで見たことがある人もいると思います。


しかし実際にやってなかったとしても、走って逃げるのはいい方法ではありません。


間違った対応をすることで、自分が犯人だという疑いが強くなる可能性もあります。


では痴漢冤罪トラブルに巻き込まれたら、どうすればいいのでしょうか。 


痴漢を疑われた際、事態が深刻になる前に行うべき対処法を紹介していきます。 

1:電車から降りて、冷静に自分はやっていないことを主張

まず自分が痴漢をしていないことを明確にします。 


その際に大事なのは 

  • 冷静に
  • はっきりと
  • 大きな声

で伝えることが重要です。


いきなり痴漢の疑惑をかけられた時、多くの人は慌ててしまうことが予想されます。


また周囲の目が気になり、大きな声を出すことができなくなってしまうかもしれません。


しかしそのような態度が、痴漢の犯人であるという誤解を抱かせてしまいます。


そのため最初から意志を強く持ってはっきりと、「自分は痴漢行為を行っていない」と主張してください。


自分が痴漢をできる状況ではなかったことを論理的に話したことで、騒いでいた相手の女性も静かになり、落ち着いて話し合うことができた男性もいます。


大きな声で目立つと、助けてくれる人や自分の疑いを晴らしてくれる目撃者が現れるかもしれません。 

2:相手の女性等との会話を録音する

相手女性と自分、第三者との会話を録音し、証拠を残しておく必要があります。


痴漢事件が起きた時、周りは被害を受けた女性に同情するようになるため、後に不利にならないように自分で記録しておきましょう。


スマートフォン・携帯電話の録音機能やカメラ機能を使うのがおすすめです。


その時の注意点は2つあります。 

  • 最初に被害女性に状況を話してもらう 

被害女性も冷静ではなくなっていることが考えられます。


自分が先に状況を話した後で都合のいいように証言を変えられないように、被害女性に先に話してもらいます。

  • 音声や映像を記録することを相手に伝える

隠すようにしてスマートフォンや携帯電話を操作していると、余計な疑惑をかけられてしまう可能性もあります。 


証拠を残しておく旨をしっかりと伝え、記録を残すことをおすすめします。

3:証拠として繊維片の採取をお願いする

自分が被害女性を触っていないという証拠になるため、「繊維片」を採取してもらいましょう。


繊維片とは衣服の繊維で、衣服に触った際に手や爪に付きます


もし手や爪に被害女性が身に付けている衣服と同じ素材の繊維片が検出されると、痴漢をしたという証拠になります。


逆に検出されない場合、痴漢をしていないという1つの証拠になります。


そのため手を洗ったり拭いたりしてしまう前に、できるだけ早くガムテープなどで採取してもらう必要があります。


時間が経ってから行うと、自然に取れてしまったのではないか、洗って落としたのではないかという可能性を指摘されてしまいます。


そうなると証拠としては弱くなってしまいます。 

4:弁護士を呼ぶ

痴漢冤罪トラブルに巻き込まれた時には、弁護士に連絡してどう対処すればいいか教えてもらいます。


痴漢事件に強い弁護士であれば、今何をすべきか、何をしてはいけないかアドバイスをしてくれます。


またタイミングが良ければすぐに現場に駆けつけてもらうこともできます。


しかし急な連絡ではすぐに対応してもらえないこともあります。


さらにすべての弁護士が痴漢事件の経験が多いわけではないため、適切なアドバイスを受けられない可能性もあります。


もしも痴漢を疑われてしまった時に、すぐに弁護士に連絡できる痴漢冤罪保険があります。


被害女性や駅員を前にして、痴漢をしていないことを主張しながら、急いで弁護士を探すのは困難です。


痴漢冤罪保険に加入していれば、痴漢トラブルの報告をすると、すぐに提携弁護士と連絡を取ることができます。 

5:堂々と立ち去る

ホームで相手女性と話していると、駅員は周囲への迷惑を考慮して駅事務所に同行するようにお願いしてきます。


ここで駅事務所に行ってしまうと、そのまま警察に通報され、取り調べが始まってしまいます。


何より現行犯の場合は一般人でも逮捕することができるため、駅事務所に行ったことで現行犯逮捕されているとも考えられます。


そのため駅事務所には行かないようにしましょう。


多くの弁護士はその場から堂々と立ち去ることをすすめています。


決して逃げるのではなく、あくまで冷静な態度でその場から離れるということです。


この時自分の名前や連絡先を相手女性に伝えておくことで、逃げるのではないという印象も与えておくといいです。


名刺を渡すと自分よりも先に会社に連絡されてしまう可能性もあるため、あまりおすすめできません。

冤罪でも無理やり逃げることや線路逃走は絶対ダメ!

一時期は痴漢を疑われた場合、その場から走って逃げることを推奨していた弁護士もいました。


しかし現在では痴漢相談に対応する多くの弁護士が、無理やり逃げるべきではないと述べています。


なぜなら「逃げる」という行為は「実際に痴漢をした」と判断されてしまうからです。


もし逃げきれなかった場合、裁判では不利になる可能性が高くなります。


またもし逃げきれたとしても、防犯カメラや改札のICカード、目撃者の証言などにより後日逮捕される可能性もあります。


さらに逃げる際に新たな犯罪を生んでしまうかもしれません。

暴行罪や鉄道営業法違反の恐れがある

痴漢を疑われその場から逃げようとした時に、起きてしまう恐れのある犯罪を説明していきます。

  • 駅員や他の乗客を振り払って逃げる

逃げる際に周りの人を突き飛ばしたり、押し倒したりした場合、暴行罪が成立します。


また相手に怪我を負わせてしまった場合、傷害罪が成立します。


ホームや階段から転落すると、命にかかわる事故に発展してしまいます。

  • 線路に降りて走って逃げる
まず電車が行き交う線路に降りるのは危険であり、実際に死亡事故も起きています。

また線路に降りるという行為は、鉄道営業法違反で処罰の対象になります。

さらに電車を止めると列車往来危険罪に該当し、2年以上の懲役になる可能性もあります。

結果として多くの人の足を止めた場合、莫大な損害賠償を請求されるかもしれません。

補足1:痴漢冤罪の場合は名誉毀損で慰謝料請求の可能性アリ!

痴漢を疑われ冤罪だと明らかになった場合、相手女性から名誉棄損で慰謝料を請求できることがあります。

  • 相手女性が故意に男性の評判を悪くするよう言いふらした場合

冤罪であることがわかった後、それでも男性を犯人と決めつけて周囲の人に言いふらすなどした場合、名誉棄損罪に当たります。


民事裁判で損害賠償を請求できますが、余程悪質ではない限り痴漢冤罪で慰謝料を得ることは難しいとされています。

  • 相手女性が示談金や慰謝料目的で虚偽の痴漢被害を訴えていた場合
実際には何もされていないにもかかわらず、女性が痴漢被害を訴えて示談金を要求してくる詐欺事件が起きています。

冤罪であっても大事になることを恐れ示談金を払ってしまう人が多いようです。

この場合虚偽告訴罪に当たると考えられ、相手女性から損害賠償を請求できる可能性があります。

補足2:痴漢冤罪保険に加入しておくと役立つ!


痴漢冤罪トラブルに巻き込まれた時に、すぐに弁護士と連絡が取れる痴漢冤罪保険があります。


ジャパン少額短期保険の痴漢冤罪保険では、痴漢を疑われた時にすぐに報告し、提携弁護士から適切なアドバイスを受けられます。


緊急の時に弁護士が見つからない、弁護士が痴漢トラブルに慣れてないなどのリスクを回避することができます。


痴漢冤罪保険の保険料は以下の通りです。

保険料金額
月額590円
年額6,400円

保険期間は1年間で、1か月単位での加入はできません。


通勤・通学で満員の電車やバスによく乗る人は、常に痴漢を疑われる危険があるといっても過言ではありません。


痴漢冤罪保険は手ごろな価格で、いざという時に自分を守ってくれる心強い存在といえます。

保障内容とお支払い事例

痴漢冤罪保険の保障内容は以下の通りです。

  • 痴漢冤罪や事故の時の弁護士費用
  • 痴漢冤罪・痴漢被害や事故の時の法律相談費用
  • 交通事故などにより人や物に損害を与えた時の個人賠償責任費用
この他に契約者の特典として、
  • 痴漢を疑われた時に弁護士とすぐに連絡が取れる
  • 痴漢の被害にあった時に弁護士とすぐに連絡が取れる
  • 痴漢トラブルに限らず、弁護士に法律相談ができる
というものがあります。

痴漢冤罪保険の保険金額は以下の通りです。

保険金金額
弁護士費用最高300万円
法律相談費用最高10万円
個人賠償責任最高1,000万円
月額590円で痴漢トラブルのみならず、色々な法律問題に対応してもらえます。

また弁護士費用や法律相談費用は同居する家族も保障の対象になっているため、家族に何かあった時にも役に立ちます。

まとめ:痴漢を疑われて逃げるのはいいの?

痴漢を疑われて逃げるのはいいのかについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • 痴漢を疑われた場合、冷静に対応し証拠を残しておく
  • 駅事務所にはいかず、連絡先を渡し立ち去る
  • 無理に逃げることは命の危険や新たな犯罪につながる
  • 痴漢冤罪の場合、名誉棄損で慰謝料を請求するのは難しい
  • 痴漢冤罪保険でもしも時のリスクに備える
でした。

痴漢冤罪は電車やバスを利用する人の誰にでも起こりうるトラブルです。

痴漢に間違われないようにするには、
  • 満員電車を避ける
  • 電車で女性の近くに行かない
  • 両手でつり革を持つ
などの対策があります。

たとえ相手女性に悪意がなくても、自分や家族の人生が狂わされることもあります。 

いざという時に慌てて逃げるのではなく、適切な対応をとって最悪の事態を切り抜けてほしいと思います。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング