がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

女性特有の病気「卵巣嚢腫」でもがん保険に入ることはできる?

「卵巣嚢腫」は女性特有の病気ですが、治療が完了してから一定期間を経過すればがん保険への加入もできることがあります。卵巣嚢腫だけではありませんが、病状や計画によれば、正確に告知を行うことで、がん保険だけでなく生命保険なども加入できることがあります。

卵巣嚢腫になっていてもがん保険に加入できるのか

がんになると治療費が高額になる可能性があるため、がんを心配する人はがん保険に加入しておきたいところです。女性特有の病気である卵巣嚢腫と診断された人は、がんに繋がる恐れもあるためできればすぐにでもがん保険に入りたいと考えることでしょう。


しかし、がん保険には告知という手続きがあり、特定の病気になっているとがん保険に加入できないこともあり、卵巣嚢腫も例外ではありません。


それでは、卵巣嚢腫になってしまうとがん保険に全く加入できないのでしょうか。実はそんなことはなく、卵巣嚢腫と診断された後でも、がん保険に加入できる可能性があるのです。


そこで、この記事では「卵巣嚢腫と診断された後のがん保険」について、

  • 卵巣嚢腫とはどういう病気なのか
  • 卵巣嚢腫とがんとの関係
  • がん保険に加入するための告知とは

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読めば、卵巣嚢腫と診断されたときにがん保険に加入していなかったとき、どうすれば良いのか、その考え方を理解することができます。


ぜひ最後までご覧ください。

すぐに保険相談したい方はコチラ

卵巣嚢腫は完治して一定期間が経てばがん保険に入ることも可能

卵巣嚢腫になっていてもがん保険に加入できるでしょうか?

卵巣嚢腫は一般的には、完治してから一定期間が経過していれば、がん保険も含めてには比較的問題なく加入できるようです。


がん保険によっては治療中でも条件付きで入れる可能性があるものもあります。


実際に加入できるかどうかは、保険会社に正確に査定してもらう必要があります


まずは正確に卵巣嚢腫の治療や現在状態を理解し、告知しなければなりません。

卵巣嚢腫の種類

卵巣嚢腫にはどんな種類があるのでしょうか。

まず卵巣嚢腫とは、簡単にいうと「卵巣に液状成分が溜まって晴れている状態のこと」であると捉えておいてください。片側に発生することがほとんどです。


液状成分が溜まって晴れているもののうちで、腫瘍でない袋状のものを卵巣嚢胞と呼びます。卵巣嚢腫という場合、卵巣腫瘍と卵巣嚢胞の両方が考えられます。


その中で気をつけなければならないのは、卵巣がんと境界性悪性腫瘍です。特に卵巣がんは症状が出にくいことで早期発見が難しく予後が悪いがんのひとつです。


ひとことで卵巣嚢腫と言っても、その種類は多く、原因も様々です。


卵巣は骨盤の奥にあり、子宮に繋がっている卵管にぶらぶらと垂れ下がっていることから、腫瘍ができた初期段階では自覚症状はあまりみられません。腫瘍は少しづつ大きくなります。


卵巣嚢腫は大きくなると腹部の膨満感や下腹部痛、精機出血などの症状が出てきます。また便秘や頻尿になることもあります。


卵巣腫瘍

卵巣腫瘍は腫瘍細胞が卵巣に発生した状態のことを示します。

大きく分けると以下の3つに分かれます。

  • 良性腫瘍
  • 悪性腫瘍
  • 境界性悪性腫瘍

良性か悪性かの判断は、画像診断や腫瘍マーカーなどから判断します。


また良性腫瘍から多く発生するのが以下の3つです。

  • 漿液性嚢胞腺腫
  • 粘液性嚢胞腺腫
  • 奇形腫

なかでも若い女性に多いのが奇形腫です。





卵巣嚢胞

卵巣嚢腫のなかで卵巣嚢胞は腫瘍ではない袋状のものです。

大きく分けると

  • 卵胞嚢胞
  • 黄体嚢胞
  • ルテイン嚢胞
  • チョコレート嚢胞

などが該当します。

がん保険の告知内容

がん保険の告知内容にはどんなものがあるのでしょうか。

がん保険の告知内容には、主に①がんの既往歴 ②過去5年以内 ③現在及び最近3カ月以内 についての項目になっています。

がん保険だけではありませんが、告知は正確に行わないと、いざ支払の際にトラブルになる恐れがあります。


がん保険については、とくに経過や状態について正確に告知する必要があります。

がんの罹患歴

がん保険の場合だけでなく、保険に加入する際の告知書には「がんの罹患歴」の質問があります。

がんと言っても、病気の範囲が広く、関係する臓器や箇所、良性のものや悪性のものなど多数あります。


また保険会社によっては上皮内新生物と言って、変異した細胞の固まりが組織のごく薄い層にとどまっている状態のものもがんと同様の取扱をする会社もあります。


卵巣嚢腫の場合、完治してから一定期間が経過していれば、一般の生命保険や医療保険、がん保険にも比較的容易に加入できる場合もあります。


中には卵巣嚢腫の治療中でも条件付きで加入できるものもあります。 


加入するためには保険会社に正確に査定してもらう必要があります。告知のポイントとしては以下の通りです。

  •  診断名
  •  診断日と治療期間 
  • 入院の有無、日数 
  • 手術の有無 
  • 病理組織検査結果(良性・悪性) 
  • 治療開始から現在までの服薬の有無 
  • 合併症の有無(有りの場合は詳細)
  •  診療機関名

こうした注意点に従って告知を行っても、卵巣嚢腫の病状によっては、がん保険の加入が難しい場合もあります。 


その時は、通常の保険よりも保険料は高くなりますが、加入にあたっての審査基準が緩くなる引受基準緩和型や、無選択型の生命保険やがん保険なども含め再検討を行ってください。

過去5年以内の病歴

過去5年以内の病歴について告知事項があります。保険会社により内容は異なりますが、疾患名を具体的に挙げて告知を行います。

<例>A社がん保険の場合


特定の疾患脳腫瘍、膀胱腫瘍、GIST(ジスト、ギスト)、カルチノイド
消化器の疾患肝硬変症、慢性肝炎、肝繊維症、肝機能障害(入院や治療を伴うもの)、
慢性アルコール性肝機能障害、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)、
アルコール性肝炎、門脈圧亢進症、食道静脈瘤
呼吸器の疾患COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)、肺気腫、慢性気管支炎、
肺線維症、塵肺、珪肺、気管支拡張症、間質性肺炎
腎臓の疾患慢性腎機能障害、慢性腎不全、慢性腎炎、尿毒症


現在通院中か

現在の病状や病気あるいはその疑いで治療中・検査中・経過観察中のものについて告知を行います。または最近3カ月以内に病状や病気あるいはその疑いで、治療・検査を受けるよう勧められたものについて告知があります。


<例>A社がん保険の場合

腫瘍などの異常がん(悪性新生物)、上皮内新生物、異形成、白板症、
多発性ポリープ(ポリポーシス)、病理検査や細胞診での異常
腫瘍マーカーの異常CEA、AFP、CA19-9、PSA
その他B型肝炎ウイルスキャリア、C型肝炎ウイルスキャリア

  検診の異常  肺の検査、胃腸の検査、マンモグラフィー検査、その他のがん
の検診
その他腫瘍、しこり、結節、腫瘤、出血、貧血、黄疸、びらん、
消化管の潰瘍や狭窄

【参考】告知義務違反とは?

保険に加入する際には告知が必要であることを述べましたが、告知とは保険という制度を維持するために重要な手続きです。


そもそも告知とは、保険の加入にあたって加入時の健康に関する状態や入院・手術歴を、加入者自らが保険会社に対して申告するものになります。


これは、保険とは本来リスクに対して「あらかじめ備える」ことを前提に加入者がお金を出し合って出来上がっている制度であり、健康な人とその保険の対象となる病気等になりやすい人が同じ保険料では、加入者同士の間で不公平感が生まれてしまうため、それを極力排除するための手続きです。


そのため、告知に関しては保険会社が定めた告知事項に従って、正確に行うようにしなければなりません。これを告知義務と言います。


万が一事実と異なる事項を告知したり、告知の内容が誤っていた場合には「告知義務違反」となり、保険会社からその責を問われることになります。


告知義務違反をした場合の対応は、どれだけ加入者に瑕疵があったかにもよりますが、意図的に事実と異なる告知をした場合など悪意がある場合には、保険契約自体が無効になります。


告知は保険の加入にあたって重要な手続きとなりますので、正確に行うことが大切です。

まとめ:一度保険会社に確認を

卵巣嚢腫になっていてもがん保険に加入できるかどうかについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のこの記事のポイントは、
  • 過去に卵巣嚢腫になった人でも、がん保険に加入できる可能性がある
  • 卵巣嚢腫には良性と悪性があり、詳細な検査が必要
  • 卵巣嚢腫になったことがある人は、がん保険の告知事項の対象となる
です。

卵巣嚢腫は女性特有の病気であり、程度によってはがんに繋がる怖い病気ですが、治療をして治っていればがん保険に加入できる可能性は高まります。

がん保険は特にがんの罹患歴がある人に対しては加入させることに慎重です。何故ならがんは再発の可能性が通常の病気よりも高いからです。

がん保険の加入を希望する人は、告知義務違反とならないように注意して、病気の経歴はきちんと告知するようにしましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が