がん保険と医療保険が重複してない?両方入っている時は注意しよう

「医療保険」と「がん保険」両方に加入していた方が安心じゃないの?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。保障を多くすることで、給付金をたくさん受け取れますが、その分過剰な保険料を支払わなくてはなりません。ここでは、医療保険とがん保険で保障が重複しないようにそれぞれの項目について解説していきます。

がん保険と医療保険で保障が重複していたら損するの?



「がん保険」の保障も大切、「医療保険」の保障も大切。ということで2つの保険に入っておけば問題ないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


もちろん何かあった時には保障が沢山あるので安心することはできます。しかし、本当に2つの保険が必要ですか?


よくよく保障内容を見てみると似たような保障が被っていたりしていませんか?そうなると過剰に保険料を払っていることになります。


そこでこの記事では

  • がん保険と医療保険のどちらにも加入する際のポイント
  • がん保険と医療保険の保障内容について
  • 保障内容が重複している場合の対象
以上の点を中心に解説します。

この記事を読めばご自身の保険について重複しているか保険を見直すことに役立ちます。
ぜひ最後までご覧ください。

がん保険と医療保険の両方に加入した時、保障を重複させないために注意すべきこと

「がん保険」と「医療保険」の両方に注意すべきことは保障内容を重複させない為に保障の内容をできるだけシンプルにすることです。


重複しやすい保障内容としましては「入院・通院給付金」を例にあげて見ます。がん保険でも医療保険のどちらでも入っていれば、その分給付金は受け取れます。


しかし、その分の保険料は多く払うこととなります。ここで本当に必要なのか?と考え直して見てください。


このように過剰な備えは見直して行くべきでしょう。


またがん保険と医療保険どちらを優先にすべきでしょうか?


例えば病気の入院に対しては「公的保障」の国民健康保険を含む健康保険があります。さらには「高額療養費」という制度もあります。


そのため、入院に関しては健康保険でとりあえずは問題ないでしょう。


そのような観点から、医療保険よりもがん保険を優先させて行くと良いことになります。


いずれもご自身が入院した際の保障を具体的に考えて決めることが大事です。

そもそも医療保険とがん保険の違いとは?簡単に解説

そもそも医療保険とがん保険は何が違うのでしょうか?


医療保険とは基本的に病気や事故にあった時に治療費が保障される保険です。また、がん保険はガンを患った時に保障される保険です。


ここで1つ疑問が湧いてきますよね。


ガンも病気の1つという点です。そう、ガンも病気ですので医療保険で保障が受けることができます。


こちらのガンに対しての保障ががん保険と医療保険では重複してしまいます。


それではがん保険の特徴を解説します。

  1. ガンと診断されただけでも給付金が受け取れる
  2. 90日間の免責期間がある
  3. 支払い限度日数がない
ガンと診断された時点で一時給付金が受け取れます。

免責期間が設けられている理由はガンの初期症状が出ることが少ないケースも多く、公平性を保つ為です。

基本的に医療保険では1回の支払い入院日数が決められていることが多いです。もし支払い日数を超えてしまいますと保障がされません。

一方、がん保険では長期入院するケースも多くありますのでその点を配慮し限度日数が無限の場合が多いです。

がん保険と医療保険が重複していたら、給付金はどうなるのか

結論から言うと、がん保険・医療保険両方の給付金を受け取ることができます。

まず、A社で医療保険に加入して、B社でがん保険に加入していたとします。
そして、がんを患い入院や手術をした場合、A社とB社のそれぞれから、保険金を受け取ることができます

ただし、医療保険には、入院に対する保障限度日数があり、がん保険には、90日間の免責期間があります。

たとえば、がんと診断されて80日間入院したとします。

医療保険で60日までの入院日額が5,000円、がん保険の入院日額が5,000円だった場合

  1. 医療保険からは、5,000×60日=30万円
  2. がん保険からは、5,000円×80日=40万円
がん保険の免責期間を超えていた場合は、上記のようにそれぞれの保険から保障を受けることができ、計70万円の給付金を受け取ることができます。

がん保険と重複しやすい医療保険の特約

がん保険にも医療保険にも重複する主な保障内容は、いくつかありますが、代表的な重複する特約は2つの特約です。
  • がん特約
  • 女性疾病特約
医療保険にも、がんを患ったときのために保障をつけることができる特約があります。

医療保険とがん保険の両方に加入していた場合、両方の保険から給付を受けることができます。

しかし、2つの保険で保障を持つということは、それだけ保険料も支払うことになるのです。

医療保険のがん特約

次に、医療保険の特約について説明をしていきます。

もちろん、医療保険にも、がん特約は付加することができます。

がん特約を付加することによって
  • がんで入院したときの入院日額の上乗せ
  • がんで入院したときの入院日数無制限保障
  • がんと診断されたときの一時金
このように、がん保険と重複した内容の保障内容を付加することができます。

利点としては、主契約に対する特約なので、各特約の保険料は一般的に安く設定されていることです。

しかし、医療保険の場合は、特約はオプションであるため、主契約を変更した場合には、特約を継続できなくなったりする場合があります。

医療保険・がん保険の先進医療特約

医療保険の先進医療特約では先進医療の治療を受けた時に最大2,000万円の給付金が支払われます。先進医療とは「一般の医療水準を超えた最新の先進技術」のことで、厚生労働大臣が承認した医療行為です。


がん保険の先進医療特約では、ガンの直接の原因として、先進医療による治療を受けたときに給付金が支払われます。給付金は2,000万円と医療保険と同じ場合が多いですが無限のところもあります。


がん保険ではガンの原因の治療で先進医療を使用した場合にのみ適用されます。そのため保障内容としては医療保険の方が保障範囲が広いと言うことになります。

医療保険の女性疾病特約

女性疾病特約とは、女性特有の病気の場合に、基本プランの医療保障に上乗せして、給付金を受け取ることができる特約です。


もちろん、この特約も主契約である医療保険のオプション設定となるので、女性疾病特約だけの契約を締結することはできません。

また、基本契約となる入院日額などを減額した場合は、女性疾病特約の給付金額も減額、もしくは特約を付加できないというケースもあります。

女性疾病特約でも、乳がんや子宮がんなど、がんに対する保障も含まれますので、がん保険と重複する点があります。

がん保険の保障と医療保険の保障が重複してしまっていた場合の対処法

もしも、がん保険と医療保険の保障内容が重複してしまった場合には保険のプロに相談することをおすすめします。


こちらでは経験豊富なフィナンシャルプランナーの方が一人一人にあった人生設計をお金の面で支えてくれます!


なぜ保険のことなのにフィナンシャルプランナーに相談するのかと言いますと、人生設計にあった保険を見つけ出すことができるからです。


相談実績は累計18万件を突破しており、相談に乗ってくれるフィナンシャルプランナーの方は平均9.5年の経験を持っています。またお客様満足度も93%と非常に高いです。


そのわけは無料相談にも関わらず保険の押し売りなどはされません。また何回でも相談することができます。


なお、保険会社ではないので保険を公平に判断し、あなたに一番あった保険を選ぶことができます。

保障が重複しないように加入しましょう

医療保険の場合は、病気やけがなど、理由を問わず給付金を受けることができますが、がん保険の場合は、がんを理由とする場合のみ、給付金を受け取ることができます。

しかし、医療保険に特約を付加することで、特約の内容によっては、がん保険と重複した保障を持つことになります。

重複した部分については、それぞれに保険料を支払わなくてはいけなくなります

医療保険に加え、がん保険に加入しようとする際は、どれくらいがんに対する保障が必要なのかを、よく検討する必要があります。

まとめ:医療保険とがん保険を両方加入して重複するときの対処法

がん保険と医療保険で保障が重複している、あるいは重複しそうな場合について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • がん保険は、がんに特化しているため支払限度日数がないが、90日間の免責期間がある
  • がん保険と医療保険が重複していた場合でもそれぞれから給付金を受け取ることができる
  • がん保険と重複しやすい医療保険の特約はがん特約や女性疾病特約

です。


がん保険は、がんに特化しているため、がんになった場合の保証がとても手厚くなっています。


しかし、それはがんになった場合のみなので、他の病気になるリスクを考えると、医療保険にも加入しておいたほうがもちろん、安心です。


また、両方に加入してがんになった場合は、それぞれから給付金が出るので、経済的にも負担が軽減されやすくなります。


しかし、保険金は重ねて払う必要がでてきてしまうので、病気のリスクを考えたうえで検討したほうが良いでしょう。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング