がん保険と医療保険の両方に入った場合や保障が重複する場合の注意点

医療保険は、病気やけがに対して幅広い保障を持てます。また、がんに対する保障を付加することもできます。しかし、がん保険に加入していた場合、医療保険のがんに対する保障とがん保険の保障が重複することもあります。重複してしまう保障内容とはどんな保障なのでしょうか。

がん保険と医療保険、保障が重複していませんか?

あなたは、がん保険と医療保険で保障が重複している、あるいは重複しそうなことに気づかれたことでしょう。


その場合、両方から支払いがあるかどうか不安になるかと思います。


車の場合は重複していると保険金詐欺にあたってしまいますし、重複している分の保険料についても考慮しなければなりませんよね?


実は、がん保険と医療保険の場合、重複していても大丈夫なのです。


しかし、保険料についてはきちんと整理しておいたほうが良いでしょう。


  • そこで、この記事では、

    がん保険と医療保険の違いについて
  • がん保険と医療保険が重複していた場合の給付金について
  • がん保険と重複しやすい医療保険の特約について


以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、がん保険と医療保険で保障が重複している場合、どう整理すれば良いか考えるときに役立つかと思います。


是非最後までご覧ください。 



がん保険と医療保険の違いとは?

がん保険とは、がんを患ってしまったときのみに保障を受けられる保険です。

がんの保障に特化した保険といえます。

逆に、医療保険は、病気や不慮の事故などで、治療を受けるときに保障される保険となっています。

もちろん医療保険は、病気のときに保障を受けることができることから、がんを患ってしまった場合にも、保障を受けることができます。

このように考えると、医療保険とがん保険両方に加入していた場合、がんを患ってしまった場合の保障が、重複していることになるのです。

がん保険は、がんと診断されただけで診断給付金を受け取れる

医療保険と重複してしまう保障が多いのが、がん保険です。

しかし、がん保険は、がんに特化した保障を持つことができる保険なので、医療保険にはない保障内容も含まれています。

たとえば、がんと診断されたとき、入院や手術などの場合、医療保険からも保障を受けることができますが、がんと診断された場合の一時金は、医療保険では保障されません。

しかし、がん保険に加入していれば、がんと診断された場合に、一時金で給付金を受け取ることができます。

医療保険にはないが、がん保険には90日間の免責期間がある

医療保険では、保障期間が開始された時点から、病気やケガに対する保障を受けることができます。

では、具体的に医療保険の保障期間が開始されるのはいつでしょうか?
  1. 契約の申込み
  2. 1回目の保険料の支払い
  3. 告知内容の提出
この3点が完了し、保険会社が保険契約を引き受けることになったときに保障期間が開始されます。

しかし、がん保険の場合は、保障開始されたときから90日を経過しなければ、保障を受けることができません。

これは、がんを患っていても初期症状が出ることが少ないケースも多くあるので、公平性を保つために免責期間を設けているからです。

がん保険には支払限度日数がない

医療保険に加入する際には、入院保障について保障内容を自分で決めて加入することができます。
  • 入院日額
  • 短期入院に対する保障
  • 長期入院に対する保障
一般的に医療保険は短期入院に対する保障特約が多く、1回の入院に対する支払限度日数が定められています。

たとえば、1回の入院で60日までの保障の場合、61日目以降の入院に対しては、保障がされないということになります。

では、がん保険の場合、がんを患ってしまったらどうなるでしょうか?

がんは、長期にわたる入院を余儀なくされるケースもあります。

そのため、入院した場合の支払限度日数は、無制限とされている保険がほとんどです。

同じ先進医療特約でも、医療保険のほうが対象範囲が広い

ここまではがん保険と医療保険の違いを見てきましたが、ここからは先進医療技術の保険対応について説明をしていきましょう。

現在先進医療技術は、厚生労働省により第2項先進医療技術28種類と第3項先進医療技術65種類が定められております。(平成30年9月1日現在)


保険会社や保険の種類によって、先進医療に対する保障金額は様々ですが、最大2,000万円を限度として給付されるという保障内容が一般的です。

実は、医療保険の場合、病気に対する制限がありません


そのため、どんな病気であったとしても、先進医療に対する保障特約を付加しているうえで、該当した場合には、保障を受けることができます。

しかし、がん保険の場合は、がんが理由で先進医療を受けた場合のみ支払対象となります。

したがって、同じ先進医療に対する保障であっても、医療保険のほうが、どんな病気にも保障をしてもらうことができるので、より広範囲の保障を受けることができるのです。


がん保険は、単純にがんに備えるだけでなく、生命保険や医療保険との保障のバランスを考える必要もあり、自分だけで選ぶのが非常に難しい保険なので、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 


どのがん保険がいいのか、自分にあったがん保険はどれかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 


>保険のプロに無料相談はこちら

がん保険と医療保険が重複していたら、給付金はどうなるのか

次に、がん保険と医療保険が重複している場合について見ていきましょう。

たとえば、損害保険にある自動車保険の場合、同じ車に2つの自動車保険を重複してかけることはできません。

もし仮に自損事故を起こして、A社から30万円の保険金を請求して、その後B社にも30万円保険金を請求したとしても、B社から保険金がおりることはありません。

保険金詐欺という言葉を聞いたことがあると思いますが、自動車に対する任意保険は、重複して支払いを受けた場合に、保険金詐欺とみなされることがあるのです。

しかし、人に対する保障は、車とは別物として考えられています。

それぞれから給付金を受け取ることができるので安心

ます、A社で医療保険に加入して、B社でがん保険に加入していたとします。

そして、がんを患い入院や手術をした場合、A社とB社のそれぞれから、保険金を受け取ることができます

ただし、医療保険には、入院に対する保障限度日数があり、がん保険には、90日間の免責期間があります。

たとえば、がんと診断されて80日間入院したとします。

医療保険で60日までの入院日額が5,000円、がん保険の入院日額が5,000円だった場合

  1. 医療保険からは、5,000×60日=30万円
  2. がん保険からは、5,000円×80日=40万円
がん保険の免責期間を超えていた場合は、上記のようにそれぞれの保険から保障を受けることができ、計70万円の給付金を受け取ることができます。

がん保険と重複しやすい医療保険の特約

がん保険にも医療保険にも重複する主な保障内容は、いくつかありますが、代表的な重複する特約は2つの特約です。
  • がん特約
  • 女性疾病特約
医療保険にも、がんを患ったときのために保障をつけることができる特約があります。

医療保険とがん保険の両方に加入していた場合、両方の保険から給付を受けることができます。

しかし、2つの保険で保障を持つということは、それだけ保険料も支払うことになるのです。

医療保険のがん特約

次に、医療保険の特約について説明をしていきます。

もちろん、医療保険にも、がん特約は付加することができます。

がん特約を付加することによって
  • がんで入院したときの入院日額の上乗せ
  • がんで入院したときの入院日数無制限保障
  • がんと診断されたときの一時金
このように、がん保険と重複した内容の保障内容を付加することができます。

利点としては、主契約に対する特約なので、各特約の保険料は一般的に安く設定されていることです。

しかし、医療保険の場合は、特約はオプションであるため、主契約を変更した場合には、特約を継続できなくなったりする場合があります。

医療保険の女性疾病特約

女性疾病特約とは、女性特有の病気の場合に、基本プランの医療保障に上乗せして、給付金を受け取ることができる特約です。


もちろん、この特約も主契約である医療保険のオプション設定となるので、女性疾病特約だけの契約を締結することはできません。

また、基本契約となる入院日額などを減額した場合は、女性疾病特約の給付金額も減額、もしくは特約を付加できないというケースもあります。

女性疾病特約でも、乳がんや子宮がんなど、がんに対する保障も含まれますので、がん保険と重複する点があります。

保障が重複しないように加入しましょう

医療保険の場合は、病気やけがなど、理由を問わず給付金を受けることができますが、がん保険の場合は、がんを理由とする場合のみ、給付金を受け取ることができます。

しかし、医療保険に特約を付加することで、特約の内容によっては、がん保険と重複した保障を持つことになります。

重複した部分については、それぞれに保険料を支払わなくてはいけなくなります

医療保険に加え、がん保険に加入しようとする際は、どれくらいがんに対する保障が必要なのかを、よく検討する必要があります。

先進医療特約は月100円程度なので、重複して加入するのもあり

がん保険にも医療保険にも、先進医療特約をオプションとして付加することができます。

先進医療を受ける可能性としては、非常に低いので、必ず特約を付加したほうが良いというわけではありません。

しかしながら、先進医療を受けた場合、公的負担はなく全額実費負担なので、万が一のときには何百万もの費用が必要になります。

もし費用が工面できなければ、先進医療を受けることができずに、あとから悔やむことになってしまいます。

そう考えると、医療保険とがん保険の両方に先進医療特約を重複して特約を付加しておくことで、万が一のときには安心して治療を受けことができます。


まとめ:医療保険とがん保険を両方加入して重複するときの対処法

がん保険と医療保険で保障が重複している、あるいは重複しそうな場合について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • がん保険は、がんに特化しているため支払限度日数がないが、90日間の免責期間がある
  • がん保険と医療保険が重複していた場合でもそれぞれから給付金を受け取ることができる
  • がん保険と重複しやすい医療保険の特約はがん特約や女性疾病特約

です。


がん保険は、がんに特化しているため、がんになった場合の保証がとても手厚くなっています。


しかし、それはがんになった場合のみなので、他の病気になるリスクを考えると、医療保険にも加入しておいたほうがもちろん、安心です。


また、両方に加入してがんになった場合は、それぞれから給付金が出るので、経済的にも負担が軽減されやすくなります。


しかし、保険金は重ねて払う必要がでてきてしまうので、病気のリスクを考えたうえで検討したほうが良いでしょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が