がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します

皆さんはがん保険に無料で付帯するリビングニーズ特約をご存知ですか?がん保険に加入し、がんと診断され、余命6ケ月以内と診断されると保険金を前もって受け取られる制度です。余命宣告を受け、自分の命が尽きるとき、あなたは誰と過ごしたいですか?

がんの余命宣告とリビングニーズ特約

自身が「がん」とわかっただけでも、衝撃的な出来事なのに、がんの余命宣告を受けることは、考えただけでも悲しい出来事です。


その、がんの余命宣告を受けた時に、金銭面で大きく助けてくれるのはがん保険の「リビングニーズ特約」です。皆さんはこのリビングニーズ特約はご存知ですか?

リビングニーズ特約とは

リビングニーズ特約とは、お医者様から余命6ケ月以内の診断を受けた場合に、死亡保険金の一部、契約によっては全額受け取れることができる”特約”なのです。それではその他にどのような特約があるのか?見ていきましょう。

がん保険リビングニーズ特約の6つの特徴

余命6ヶ月以内で適用される

上記にも記しましたが余命6ケ月と余命宣告をされると、その時点で申請すれば生前でも受け取ることができる制度になります。少しでも患者様の負担を減らし、生前を有意義に過ごせる制度です。

特約の保険料は無料

このリビングニーズ特約はがん保険に無料でつけられている特約なのです。

気を付けていただきたいのは、昔にがん保険に加入された方は、このリビングニーズ特約が付いていない場合があります。

今一度、がん保険に加入した保険会社に、このリビングニーズ特約が付帯しているかどうか、確認をすることをお勧めします。

後から、付帯させることも可能です。

保険金の上限は最大3000万円まで

ちなみに、受け取ることができる金額には上限が設けられています。その上限は被保険者1人につき3000万円までです。

では、がん保険契約の契約が3000万円に満たない方は全額が生前に受け取ることが出来ることとなります。

もちろん、余命宣告を受けても全額を受け取る必要はありません。

必要な金額だけ受け取っても(申請しても)かまいません。

受け取った保険金は非課税

受け取った保険金は非課税であり、所得税や贈与税など気になる税金の支払いを行わなくても大丈夫です。

ただし、1点注意が必要です。

受け取った金額に税金は加算されませんが、その受け取った金額を使い切らず亡くなったとその使い切らなかったとします。

その保険金を誰かが相続したとき、その金額には税金がかかってしまうという点です。

なので、もらえる最大額のうち、いくらもらい、いくらを満期時にもらうかなどを考えておく必要があります。


税金の金額については、相続できる人数や、保険金の額、借金などで変わってきますが、保険金受け取りの際の課税には注意しましょう。



保険金に関する用途は自由

ここは「余命宣告」を受けた方に一番優しく、思いやりを感じるところであります。

余命宣告を受けた時に、余命宣告を受けた方はどのような心境でしょうか?

もちろん、ショックを受けることでしょうが、そのショックを乗り越えると「残された時間をどのように過ごすか?」との考えになるのではないでしょうか?

その時に先立つものはやはり「お金」だと思います。

このリビングニーズ特約はがん保険に付いている優しさです。

受け取りは原則被保険者

リビングニーズ特約を受け取れるのは被保険者になります。

被保険者、がん保険を契約した本人。

つまり余命宣告を受けたものです。

なぜかというと、上記に記したがん保険の優しさです。

残りの人生を有意義に過ごせるようにとの特約です。

「原則被保険者」であって、それ以外でも受け取りを申請できる人もいます。

それは、事前に保険会社に届けている人、指定代理請求人になります。

指定代理請求者とは、被保険者が既に重病・重体による様々な理由により自身がリビングニーズ特約に請求できない場合に請求できる人になります。

請求できる人を指定できるのは保険会社で様々な規定がありますが、主に多いのは”3親等内親族”となることが多いです。

がんの余命をされたが、生存し続けた場合

保険金を返還しないとならない?

余命宣告以上に生存してしまった場合。

その保険金は、返却する必要はありません。

余命宣告を受けても何の心配もなくがん保険のリビングニーズ特約を受けることができます。

コラム:余命の精度とがん保険

余命の推測方法

余命の推測には、様々な考え方がありますが、一般的には過去の統計データと当人の病気の進行度で推定しているようです。

担当医でも変わることがあります。それは、その担当医が余命宣告を受けた方を何人ぐらい担当したか?経験値も大きく影響するようです。



目安とされているものは、以下のもののようです。


  • 食事が取れなくなった場合
    一ヶ月以内での余命が賢明なようです。
  • 自分でトイレに行けない
    この場合は残念ながら数週間の余命となるそうです。
  • 新聞などの活字が読めないなど。
    この場合3週間の余命です。
  • 見えないものが見えてきた場合
    余命は1週間の可能性が高いでしょう。

ただし、あくまでも余命は推測にすぎない範囲なので、確実ではないということを覚えておきましょう。





がん保険のリビングニーズ特約を再確認しておきましょう

がん保険に加入し、がんの余命を受けた方が、より先進的な医療を受けることができる機会を与えたり、最期を少しでも充実したものにしたりするために、がん保険に付加されているリビングニーズ特約。



がんの治療や入院、通院などでかなりの支払いをしてしまっている方にとって、これ以上の治療は負担であり、また、余命宣告を受けているということは、通常の治療では回復は厳しいということであります。



この状況をがん保険のリビングニーズ特約が解決してくれるのです。



また、この特約をがん保険につけるのには無料で行ってくれ、さらに基本的にはつけておいて全く損になることはないです。

なので、がん保険に加入する際には、もしものためにリビングニーズ特約をつけておくことをおすすめします。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • 注意!!「無制限」のがん保険を選ぶときに気をつけたいこと
  • 実は厳しい!? がん保険の通院保障が適用される条件を理解しよう!
  • がん以外の死亡は保障されない?がん保険の死亡保障の本当のこと
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?