がん保険と医療保険の両方に加入する場合、知らなければ損をする内容

がん保険と医療保険の両方を検討する場合には、内容によっては保障内容が重複する場合があります。それゆえ、保険料が高くなってしまうケースが多く存在します。検討する際には、がん保険と医療保険の両方の特性を知り、慎重に検討する必要があります。

がん保険と医療保険、その違いと両方加入することの必要性について説明

今、日本での死亡原因の第一位となっているのが、がんです。

がんを患ってしまった場合、治療費だけでなく、生活費の収入減につながったり、再発の防止による通院など、今までの生活から一変して、大きく生活環境がかわってしまいます。

そのため近年では、がんに対する保険の必要性からがん保険の需要は、とても高くなっています。

もちろん、医療保険に加入していた場合も、保険会社は保険金を支払ってくれます。

しかし、医療保険の内容によっては、がんを発症してからの保障が不足してしまう恐れもあるのです。

そのような不安を解消するため、医療保険だけでなく、がん保険にも加入し、手厚い保障を準備しているケースが多くなっています。

しかし、なぜ医療保険だけでは、がんを患ったときの保障が不足してしまうのか、気になるところですよね。

医療保険は、どんな病気やけがでも、入院や手術の給付金を受け取ることができるので、保障範囲が広い分、1つの病気に対して特化した保障にはなっていないからなのです。


医療保険は医療費全般を保障し、がん保険はがんの治療費の保障に特化している

医療保険で保障を賄うことができるのは、みなさんが良くご存知の通り、入院や手術、また医療保険の種類によっては通院に対する保障が一般的です。

病気や不慮によるけがに対して、入院や手術をした場合、給付金を受け取ることができるので、生命保険の中では、代表的と言っても過言ではないのが医療保険です。

医療保険は故意でなければ、どのような場合でも保障を受けることができ、幅広い保険ですが、がんの場合には、一般の医療保険であれば、上乗せされることはありません。

しかし、がん保険の場合は、がんのときのみ保障を受けることがきる、がんに範囲を絞った医療保険となります。

がんを患ってしまったとき、入院の費用をはじめとして、がんと診断されたときに一時金で給付金が支払われるなど、がんの治療に専念することができるような保障内容となっています。

このように、医療保険のなかでも、特にがんに対する保障のみに重点を置いた保険が、がん保険と呼ばれる医療保険となります。

がん保険と医療保険の違いについて

もし、仮にがんを患ってしまったとします。

そして、がんの治療のために、入院や手術が必要となった場合、医療保険とがん保険の両方に加入していれば、両方の保険から給付金を受け取ることができます。

しかし、医療保険とがん保険は、似ているようで異なる点が多くあります。

一般的な医療保険には1回の入院に対する保障日数に制限が設けられている場合が多くあります。

いわゆる短期入院に対する保障をカバーしてくれる保険が、医療保険となります。

しかし、がんを患ってしまった場合、短期間の入院だけでは治療が困難となり、長期的な入院を余儀なくされるケースが多くあります。

医療技術の発達に伴い、入院日数も短期的なものになりつつありますが、やはりがんを患ってしまった場合には、長期的な入院に対する保障を持っておいて損はないと思います。

では、医療保険とがん保険では、保障内容には、どんな違いがあるのか、詳しく解説していきたいと思います。

ここまでで、「がん保険が必要かもしれない」と思われた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 

本当にがん保険が自分に必要なのか、必要ならどのがん保険がいいのかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 

それぞれの保障対象について

医療保険の場合、故意でない限り、入院などに対する保障をしてもらうことができますが、1回の入院に対する保障は、一般的には短期入院に対する保障です。

入院日数に対する保障は、短期であれば60日、長期でも120日となっているケースがほとんどです。

しかし、あくまで入院した場合や、手術した場合のみにしか、給付を受けることはできません。

がんと診断された場合、生活は一変してしまいます。
特に、一家の大黒柱が、がんを患ってしまった場合には、家計にも大きく影響を及ぼします。


さらに、病院を転院し、自宅から遠くなってしまうと、毎日病院へ面会しに行くために、費用も大きく膨らんでしまいます。

このように、がんと診断されてから、治療を開始するまでの期間だけでも多く費用を負担しなければならなくなり、経済的な圧迫が生じます。

そのようなときのために、がん保険に加入していれば、がんと診断されれば、一時金で給付金を受け取ることができ、その保険金で、治療開始までの準備をすることができるのです。

がん保険・医療保険の保障内容

がん保険の場合
  • がんと診断された場合の一時金
  • がんで入した場合の入院保障
  • がんで手術した場合の手術保障
  • がんで入院し、退院後の通院保障
  • がんで先進医療を受けた場合の保障
一般的ながん保険には、このよな保障です。

では、医療保険の場合はどうなるのでしょうか。
  • 病気や不慮のけがなどの入院の保障
  • 病気や不慮のけがなどの手術保障
  • 抗がん剤治療や放射線治療の保障
  • 退院後の通院保障
  • 先進医療を受けた場合の保障

このように、見比べてみると、ほとんど保障内容は変わらないのではないかと思った方もいるかもしれません。


しかし、それぞれの保障内容には、制限が設けられていることが多く、医療保険とがん保険の保障の違いが、大きく異なるのです。

がんを患った場合、一度は耳にしたことがあると思いますが、がん治療に多く用いる治療は、抗がん剤治療です。

医療保険では、入院や手術、通院の保障はありますが、あくまで、入院や手術をした場合にしか、給付金を受け取ることができません。

しかし、がん保険であれば、入院をしなくても、がんと診断されれば一時金の給付金を受け取れたり、抗がん剤治療を開始するときには、その保障も受けることができるのです。

それぞれの特約について

医療保険とがん保険は、その両方に特約を付加することができます。

この特約を付加するかどうかによって、保障内容が大きく変わるので、必ず知っていてもらいたい情報となります。

まず、医療保険では、入院や手術に対する保障が、契約の主となります。
したがって、特約を付加しなければ、入院や手術以外には、給付金を受け取ることはできません。

もし、この医療保険に特約を付加したいと思うのであれば
  • 入院時にかかる費用を、入院日額の5倍などを限度に一時金を受け取ることができる
  • 入退院前後の通院に対する保障
  • 先進医療による治療を受けたときの保障
  • 三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に対する保障
このように、特約を付加することで、よりがん保険に類似する医療保険にすることも可能です。

では、がん保険の場合の特約は、どんなものがあるのでしょうか。
  • がんによる先進医療での治療を受けた場合の保障
  • がんの再発リスクに備え、がんと診断された場合の一時金が、再度、一時金を受け取ることができる
がんに対する特約が少ないのは、がんと診断されてから、入院や手術、通院、放射線治療や抗がん剤治療への保障が、基本プランとして設定されているケースが多いからなのです。

入院日数や入院時の保険金の限度額の有無や金額

医療保険の場合、1回の入院限度日数が60日型や120日型といった、短期入院に対する保障となっており、限度日数を選ぶことができます。

逆に、がん保険の場合は、1回の入院限度日数が無制限となってるケースがほとんでです。

そのため、がんで入院した場合には、がん保険に加入している方が、より長く保障を受けることができるようになるのです。

たとえば、医療保険で、入院日額1万円、入院限度日数が60日のプランに加入していた場合で、80日の入院をしたとします。
  • 入院初日から60日までは、入院日額1万円×60日で、60万円を受け取ることができます
  • 61日目から退院する80日目までの入院費用は、保障範囲外となるため、給付金を受け取ることはできず、実費負担が必要となります
しかし、がん保険に加入していれば、入院日数無制限の保障が基本プランであることが多いため、入院初日から退院する80日目までの、80万円の給付金を受け取ることが可能となります。

大きな違いである「免責期間の有無」

意外にも知られていないのが、この免責期間というものです。

免責期間とは、ある一定期間中に給付金を受け取る対象の事由が発生した場合でも、保険金や給付金が支払われない期間のことをさします。

医療保険の場合
  • 契約の申込み
  • 初回保険料の支払い
  • 健康に関する告知
この3つを保険会社で手続きをすることで、保険会社は、すべてが揃った日を責任開始日として、契約日前であっても、支払いの対象となるのです。

たとえば、3月25日に、3つ手続きが済み、4月1日が契約日とされていた場合、3月30日に不慮のけがで入院した場合には、その日から保障の対象となるのです。

しかし、がん保険の場合は、必ず免責期間が設けられていますので、注意が必要です。

がん保険も、3つの手続きが済めば、責任開始日となりますが、責任開始日から間もなくして、がんと診断されたからと言っても、保障の適用外となってしまいます。

これは、医療保険とがん保険の大きな違いで、がん保険には90日間の免責期間が設けられているのです。

つまり、がん保険に加入してから90日以内に、がんと診断された場合には、がん保険の保障対象とはならないことになるのです。


がん保険と医療保険の両方への加入は本当に必要か

がん保険に免責があるということも踏まえると、やはり、すぐに保障を開始してくれる医療保険も必要になるのかという考えになるかもしれません。

しかし、がんによる長期的な治療などの費用を工面するためには、がん保険にも加入しなければならないのではとも考えられますよね。

ということは、医療保険とがん保険の両方に加入することがベストなのかもしれません。

このように悩んだときには、家計にあった保険を選ぶことをおすすめします。

幸いなことに、日本では公的医療制度や社会保障が充実しており、ある程度の治療費をカバーしてくれることができます。

もし、その公的医療制度や社会保障を知らなければ、家計にあった保険をどのように判断するか、悩んでしまうのは当然のことです。

では公的医療制度や、社会保障は、どのような保障を受けることができるのかを、解説していきたいと思います。

高額療養費制度など公的保険を併用すればどちらかのみの加入で大抵は大丈夫

公的医療制度の中でも、入院や通院、手術などによる高額な治療費がかかってしまった場合、高額療養費制度というものがあるのを、ご存知でしょうか。

この高額療養費制度は、国民健康保険や社会健康保険に加入している人であれば、申請すれば必ず保障を受けることができる制度です。

ただし、この高額療養費制度にも限度額があり、限度額までの支払いは実費で負担するしかありません。

70歳以上という年齢や、所得金額によって、上限額が異なることがあるので、利用しようとする場合には、自分がどれだけ高額療養費制度で費用を賄えるのかを、知っておく必要があります。

このように考えると、毎月の医療費は、公的医療制度によって賄えることができるので、必ずしも、医療保険とがん保険の両方に加入しておかなければならないということには、ならないのです。

両方に加入した場合支払う保険料が高額になる

生命保険は、いろいろな保険に加入すればするほど、毎月支払わなければならない保険料は、高額なものとなってしまいます。

今では、月々の保険料が安く、保険は一生涯続きますというような医療保険が多く存在しています。

もちろん、保険料が安く、一生涯の保障のため、その保障内容は少なく、不安に思ってしまうことでしょう。

そう思うと、やはり、医療保険とがん保険両方に加入しようとするケースが多くなります。

しかし、それぞれの特約などを考えると、両方の保険料を支払うよりも、医療保険やがん保険のどちらか一方に特約を付加すれば、両方の保険に加入して両方の保険料を支払うということにはなりません。

それぞれの保障内容をきっちりと把握し、本当に必要だと思う医療保険またはがん保険を選択するようにした方が、得策と言えるかもしれません。

がん保険と医療保険の両方に加入する際のポイント

がん保険も医療保険も、入院や手術保障が主契約となっています。

しかし
  • がん保険は、がんの場合にしか保障はきかない
  • 医療保険は、長期的な保障には向かない
このようなデメリットが、双方に存在します。

もちろん、両方の保険に加入することができれば、手厚い保障を受けることができるので、メリットの方が多くなります。

しかし、一方では、家計の事情で、すべての人が、両方の保険に加入することができるわけではありません。

では、がん保険と医療保険のどちらに加入すれば良いのか、まずは、これは譲れないというところから、判断する必要があるのです。
  • 保険料は、なるべく安い方が良い
  • 保障内容を、できるだけ手厚くしたい
  • ある程度は貯蓄で賄えるので、長期に備えておきたい
保険に加入する場合には、それぞれの家庭によって、理由は様々です。

しかし、やはり思うことは、保険料をできるだけ安くして、保障内容も可能な限り充実させておきたいということが本音ではないでしょうか。

両方の保険の保障内容が重複していないかを確認

医療保険にも、特約を付加することで、がんに対する保障を手厚くすることが可能です。

  • がんになったときの一時金
  • 先進医療費用
  • 三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に対する入院日数は無制限
このような特約の内容は、がん保険と重複しているのです。

もし、医療保険とがん保険の両方に加入していた場合、どちらからも給付金を受け取ることができますが、それだけ保険料の負担も大きくなることは明らかです。

それであれば、短期メインの医療保障を基本プランのみにして、がん保険で、がんに対する保障を充実させるという方法があります。

医療保険とがん保険の両方を、どうしても準備しておきたいという人は、特に、両方の保障内容が重複して保険料が高くなってしまっていないかを、判断する必要があるのです。

このようなことから、これから医療保険とがん保険に加入しようとしている場合は、両方の保障内容を見比べ、慎重にプランを検討することが、とても大切なことになります。

片方の保険に特約をつけるよりも両方に加入した方がお得

医療保険も、がん保険も、その保険に対する保険料は、一般的には掛け捨てとなっているケースがほとんどです。

それであれば、短期に対する医療保険、がんによる長期に対するがん保険の両方を持っておくことが良いかもしれません。

しかし、やはり気になるのは、両方に対する保険料です。

保険料をできるだけ安くさせるためには、特約を付加しないことが一番の方法となります。

したがって、医療保険は基本プランのみで、短期間の治療費や収入減に対する保障として考え、がん保険は、長期間にわたる経済的負担を軽減させるという考え方になります。

医療保険にたくさん特約を付加して、さらにがん保険にも特約を付加すれば、その分保障は手厚くなりますが、保険料は高くなることは間違いありません。

それならば、片方の保険に特約を付加するよりも、足りない保障を補う形で、もう一方の保険に加入する方が、お得と言えるでしょう。


まとめ

医療保険とがん保険には、特約を付加することによって、保障内容が重複してしまうケースが多くあります。

保険会社から勧められるままに加入すると、医療保険とがん保険の両方の保険料で、毎月の家計を圧迫してしまう恐れがあります。

保険の特約保険料は、決して安いものではありません。

医療保険とがん保険、どちらの保険に加入すべきなのか、または両方に加入して、お互いの保険で、不足する保障部分を補う方法もあるのです。

良いか悪いかは別として、保険会社は、やはり保障重視の保険を勧めてくるケースが多くあります。

医療保険の基本プランに特約を付加すれば、がんになったときにも、充実した保障が受けられます。

これは、確かに正しい方法です。

しかし、がん保険には、医療保険の特約と重複する保障内容が、基本プランとして設定されているケースが多くあります。

医療保険とがん保険の加入を検討される際には、両方の保障内容を見比べ、重複している部分は削除し、本当に必要な部分に対する保障を持つことを、おすすめします。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 住宅ローンに付帯する団体信用生命保険のがん保険は必要か徹底検証
  • がん保険の団体割引とはどのような制度で共済と民間生保との違いは?
  • がん保険と医療保険の組み合わせについて考えてみることの重要性
  • 最適ながん保険とは?具体的な特徴から見る医療保険との違い
  • 入院保険とがん保険は何が違うの?それぞれでどんな保障があるの?
  • 「がんにはがん保険で備える」がセオリー。医療保険の明確な違いとは
  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう