免責期間なしのがん保険に加入するメリットとデメリットについて

免責期間なしのがん保険に加入を考えているのであれば、そのメリットとデメリットはよく理解しておく必要があります。免責期間なしのがん保険は免責期間ありのがん保険とどのような違いがあるのでしょうか。免責期間なしのがん保険について詳しく解説致します。

免責期間なしで、すぐに保障可能ながん保険が存在する?

あなたは、免責期間なしのがん保険に加入を考えていることでしょう。


しかし、免責期間なしのがん保険って少し不安がありますよね?


保険料は安いし、免責期間なしだなんて、加入者にメリットがありすぎる気もします。


がんかもしれないと判って、駆け込みで保険に加入するような人も多そうですし、どのように契約を維持しているのでしょう?


実は、免責期間なしのがん保険は、診断給付金(一時金)がないのです。


そのため、向き不向きがはっきり分かれる保険と言えます。


そこで、この記事では、

  • がん保険の90日間の免責期間について
  • 免責期間なしのがん保険のメリットやデメリットについて
  • 免責期間なしのがん保険はどんな人に向いているのかについて

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、免責期間なしのがん保険に加入を考えるときに役立つかと思います。


是非最後までご覧ください。


そもそも90日間の免責期間とは

一般的ながん保険では、いずれにも「90日間」または「3か月間」の免責期間が設けられています。


免責期間とは、「その期間にがん保険の支払い事由が発生しても保険金が支払われない」期間となります。


つまり、契約日から90日または3か月間が経過するまでの間にがんと診断され、入院や手術を行っても一切がん保険から保険金を受け取ることができなくなってしまうという期間なのです。



では、加入した保険に免責期間があり、その間にがんになってしまった場合にはどうなってしまうのでしょうか。


加入者側からみると「折角入ったがん保険が使えなかった!」ということになりますが、3か月間の保険料であればとても少額ですので、「そういう契約だから仕方ない」と諦めるほかありません。


一般的にがん保険に免責期間が設けられている理由

ではなぜがん保険ではこのような免責期間が設けられているのでしょうか。

その理由は2つあります。
  • がんは気づきにくい病気

まず一つ目の理由には、がんは心筋梗塞や脳卒中などの病気とは異なり、非常に気づきにくい病気であるということが挙げられます。


がん保険に加入した段階ではがんと気づかなかったものの、すでにがんになっており保険加入後すぐに治療をしなくてはいけない・・・というようなことも少なからずあるためです。

  • がんかもしれない、という不安を持つ人が加入する

2つ目の理由として、がん保険に加入する人の中には「がんになっているかもしれない」という恐怖心を持っている人が意外に多い、ということが挙げられます。


健康なときにはがん保険は必要がないと考えていたものの、何かしらの健康リスクを感じてがん保険に加入するケースは少なくありません。


がん保険は殆どが告知のみで加入できるため、実際に病院にかかる前の段階では加入を断られることはないでしょう。


しかし加入後、「がん保険に入ったから安心」とばかりにすぐに病院で検査を受け、がんと診断されたとしても、保険から給付を受けることはできない、というわけです。

免責期間なしのがん保険のメリットやデメリット

ここまではがん保険には免責期間がある、ということを説明してきました。


しかし、契約日から90日または3か月間の間にがんと診断されたらと、不安に思われた方もおられるでしょう。


そのため、世の中には免責期間なしのがん保険も存在しているのです。


しかしそれでは駆け込みの加入も可能になり、契約を維持できるのかどうかも不安になりますよね?


ここからはそんな、免責期間なしのがん保険のメリットデメリットを見て行きましょう。

デメリット①:診断給付金(一時金)がない

多くの保険会社ががん保険におけるリスクを加味して免責期間を設けているわけですが、その中で免責期間なしの保険はどうやって契約を維持しているのか気になりますよね。

免責期間なしのがん保険では、現在がん保険で広く浸透している「がん診断給付金」がない契約となっています。


がん診断給付金とは、がんと診断された場合にすぐに給付を受けることができる契約です。


がん診断給付金があれば治療中の生活費もカバーできますし、がんの治療に対する選択肢も広がります。


このようなメリットから、がん保険の中でもこの診断給付金に大きな魅力を感じて加入する方も多いのですが、免責期間なしを選択するのであれば診断給付金は受け取れないことを念頭に入れておきましょう。

デメリット②:免責期間なしのがん保険では上皮内新生物は対象外

免責期間なしのがん保険の特徴として、もう1つ注意しておきたいことがあります。

免責期間なしのがん保険でいうところの「がん」とは、「悪性新生物」のみとなっています。


「上皮内新生物」はがんとみなされないため、上皮内新生物による治療は保険金支払いの対象外となってしまうのです。


「同じがんなのになぜ区別されているのか?」と、医療のプロではないこちら側としては納得できない気持ちがあるかと思います。


しかし、同じがんでもその性質が大きく異なっているという部分を理解することで、「上皮内新生物が対象外になる保険もある」ということを理解することができるでしょう。


但し、上皮内新生物でも保険料支払いの対象となるために、上皮内新生物用の特約を付帯することも可能ですがその分保険料は割増されます。

メリット:保険料が割安となる

診断給付金がなければ加入する意味がないのか?というとそういったことではありません。

免責期間なしのがん保険では、診断給付金がない代わりに診断給付金のついたがん保険よりも割安な保険料で加入することができます。


「がんかもしれない」という不安を抱える中で、実際にがんかどうかはまだわからないものの、免責期間なしのがん保険のほうが安心できるというのであれば、診断給付金がなくとも免責期間なしのがん保険に加入するのは十分に価値があります。

【参考】上皮内新生物とは?悪性新生物との違い

ここまで免責期間なしのがん保険について説明をしましたが、それでは一体、上皮内新生物とはどのようなものをいうのでしょうか?

上皮内新生物とは、「がん細胞が上皮内にのみできている」ものを言います。


一方で悪性新生物は「がん細胞が上皮以下の基底膜まで浸潤している」ものを指し、この保険ではがんと診断するためにはがん細胞が「浸潤している」ことが前提となっています。



そして浸潤しているものとしていないもの、なぜこの2つが分けて考えられるのかという理由について説明します。


上皮内新生物はがんが進行することもほとんどなく、再発のリスクも低いがんであるのに対し、悪性新生物は基底膜まで浸潤しているため進行・再発のリスクがとても高いということが挙げられます。


基底膜まで浸潤しているがん細胞は、血液やリンパ液の流れに乗って全身に広がっていきます。


浸潤しているがん細胞は多臓器まで容易に移動できる状態といえますから、上皮内新生物とは明らかに区別されるがんなのです。


保険会社各社のがん保険の契約内容を見ていても、「上皮内新生物」には保険料を支払わないという契約を多く見かけると思います。


それは、上皮内新生物は取り除くことで容易に治療ができ、再発もしないことから医療費の負担が低いと判断されているためです。


しかし、近年では上皮内新生物でも保険金の支払い対象となるがん保険も増えてきています。


そのため、進行性のがん以外には対応できない免責期間なしのがん保険は「少し選びにくい」保険であると言えるでしょう。

免責期間なしのがん保険はどんな人に向いているのか

最後に、免責期間なしのがん保険はどのような人に向いているのか?という部分について解説します。


診断給付金なし、上皮内新生物対象外となればいくら免責期間がないと言っても、多くの人が敬遠しがちであることは確かです。


しかし、貯蓄が十分にある人にとっては、この保険には大きなメリットがあるといえます。

  • 貯蓄があればそもそも診断給付金は必要ない

まず第一に、潤沢な治療資金があり、診断給付金は必要がない、という人です。


貯蓄があるひとにとっては、診断給付金(一時金)がなくても、対応でき、保険料を安く抑えられるなどのメリットがあります。


そもそも、診断給付金は「がん医療の分まで貯蓄が回せない」人にとってはとても魅力的なものですが、もとより貯蓄が十分な人にとっては「保険料が高くなるだけで必要がないもの」となってしまいがちです。


当面の治療費と生活費をカバーするほどの貯蓄さえあれば、高い保険料を支払って診断給付金付きの保険に加入するよりも、割安な保険料で加入できる免責期間なしのがん保険のほうが向いていることもあるのです。


  • つなぎ保険として優秀

次に、「免責期間がある保険の免責期間に加入する」つなぎとして利用したい方には、免責期間なしの保険がおすすめです。


どうしても免責期間が気になってしまう、もしくはすでにがんかもしれないという不安を抱えている方は、免責期間なしの保険とありの保険、同時に2つ加入することで不安点を解消しつつ手厚い保障が受けられるということになります。


ダブルで保険料が発生するため、貯蓄はなくても現在の収入には不安がないのであればこの方法で良いでしょう。


しかし、現在貯蓄も収入も少ない、という場合には無理をしてダブルで保険に加入すると、生活費が圧迫されてしまうというデメリットもあるので注意してください。


  • 補強用の保険として

最後に、つなぎ保険と同じくダブルで保険料を支払う余裕があるのであれば、がん保険の補強用として免責期間なしの保険に加入しておくというのもおすすめです。


診断給付金がない分保険料も割安ですし、ほかの保険では賄えない部分の特約などを付帯して、安い保険料で保障を充実させるという利用法です。


こちらも同じく、生活費を圧迫するのであればそれは必要以上のがん保険となってしまいますので、収入と保険料のバランスをよく考えて加入しましょう。

まとめ:免責期間なしのがん保険について

免責期間なしのがん保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • がん保険の免責期間は、がんは気づきにくい病気であるうえ、がんかもしれない、という不安を持つ人が駆け込みで加入するのを防ぐためにある
  • 免責期間なしのがん保険は保険料が割安だが、診断給付金がなく上皮内新生物は対象外である
  • 免責期間なしのがん保険は貯蓄が十分にある人や、つなぎ保険にする人、補強用にする人に向いている

です。


がんと診断されたらまず、お金のことが心配になるため、保険に入っておくほうが安心です。


しかし、免責期間なしのがん保険は、診断給付金がありません。


これは、十分な貯蓄がある人以外にとってはかなりの痛手になるでしょう。


しかし、保険料が割安なので、つなぎ保険や、補強用の保険にする分には向いている保険と言えます。 


そのため、要不要はよく考えて加入しましょう


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 

がん保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング