がん保険は入ってすぐに保障されないの?加入後の免責期間について解説

がん保険は入ってすぐに保障されない場合が多いですが、加入者全体の公正・公平性を守るためにやむを得ない理由があります。また、入ってすぐに保障されるがん保険もありますが、通常のがん保険には設けられている、診断給付金や通院給付金が保障されないという面があります。

がん保険は入ってすぐだと保障されない

がん保険には、入ってすぐ約90日間は「免責期間」という保険の免責条項が設けられています。 


入ってすぐの約90日間は保障が適用されないというものになります。


生命保険や医療保険にはあまり見られない、がん保険の特徴となります。


しかし、なぜがん保険では、入ってすぐ保障が開始されない免責事項が入っているのでしょうか?


※入ってすぐ加入できるがん保険は「90日の待機期間なしですぐ入れるがん保険が登場しています。」こちらの記事で解説しています。


ここでは、 がん保険の免責期間について理解するために、


  • 免責期間と責任開始日とは 
  • 免責期間が設けられている理由 
  • がん保険で大切な2つの診断確定日 
  • 加入後すぐに保障されるがん保険の注意点 


以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、がん保険に入ってすぐに保障されない免責期間が設けられている理由やがん診断確定日の解釈の仕方についてお分かりいただけると思います。 


ぜひ最後までご覧ください。

 

免責期間と責任開始日とは

【図解】免責期間と責任開始日

【図解】免責期間と責任開始日

生命保険各社では多くの場合、加入後に3ヶ月間または90日間に及ぶ「免責期間」が設けられています。 

がん保険に加入し初回保険料を払い込んでから3ヶ月または90日間経過後からが保障対象となるため、がん保険に入ってすぐに、いきなり保障が受けられるわけではありません。


この点が他の保険とは異なる点となりますので、しっかりと理解しておく必要があります。


そして、免責期間が終われば契約した保障内容の効力が発生します。


この効力が発生する日を「責任開始日」と呼びます。

 

気を付けなければならないのは、がん保険に加入した直後からこの責任開始日の間にがんと医師から診断され、治療および入院をした場合は、加入したがん保険からは保障は一切下りないということになります。 


ではどうして、このような「免責期間」があるのか、次項で詳しく解説していきます。


がん保険に入ってすぐ「待ち期間」があるのはなぜか

がん保険は生命保険・医療保険と同じく、たくさんの保険加入者が、保険料を出し合い相互に保障することで、その制度が成り立っています。 

これは、加入者が支払った保険料は加入者各自の保険料分として、厳然と分けて管理・運営されているわけではないことを意味します。

 

つまり、保険加入者全員分の財源として保険料は集められているのです。


もしも、保険に入ってすぐにがん保障が適用されてしまうのならば、ある加入者が契約して間もない内にがんと診断されると、給付金・一時金が支払われることになってしまいます。


がんには自覚症状が無いため、がんを発症したことを良いことにがん保険へ加入したわけではないにしても、健康管理をしっかり行っている大多数の保険加入者と比較すれば、著しく不公平なことになってしまいます。


がん保険に入ってすぐに保障するのではなく、一定の免責期間を設けているのは、がん保険加入者全体の公正・公平性に反する状況を防止する目的があるからです。


ここまでで、「自分だけでがん保険を選ぶのは難しい」と感じられた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 


どのがん保険がいいのか、自分にあったがん保険はどれかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 


 >保険のプロに無料相談はこちら

がん保険で注意しなければならない診断確定日

がん保険の保障が下りるには、まず患者の病気が医師から「がんと診断」されることが必要です。

では、具体的にどの時点でがんと診断が確定されることが必要なのでしょうか?


実は「がん診断確定日」の解釈は、生命保険各社すべてが共通というわけではありません。


そのため、ケースによってはがんと医師から診断されたのが責任開始日以降であっても、がん保険が保障されない事態も起こり得ます。


以下では、生命保険各社が「がん診断確定日」と解釈する2種類のケースを説明します。


病理診断の主な2つの方法

がんと診断確定をするには、患者の身体から採取した細胞等を顕微鏡で観察し、がんの有無を判断します。

がんであるかどうかの病理診断には主に次の2つの診断方法があります。


  • 細胞診断

略して「細胞診」とも言われています。患者の身体から採取した組織の一部に、がん細胞がないかどうかを調べるための検査です。


代表的な診断には、子宮頸がんの検査である「子宮頚部細胞診」、肺がんの検査である「喀痰(かくたん)細胞診」、膀胱がんの検査である「尿細胞診」等が挙げられます。


これらの検査は簡易ですが高精度でがんの可能性を検査できるので、がんの疑いがあるかどうかを見極める「スクリーニング検査」として用いられています。


  • 組織診断

略して「組織診」とも言われています。がん細胞と疑いがある組織を直接採取し、詳細に調べる検査のことです。


検査方法としては、胃・大腸等の内視鏡検査ができる臓器や器官の場合は、内視鏡の先に付いているメスを使用して組織を採取して、生体組織診断を行うことが可能です。


一方、内視鏡検査ができない場合は、患者の身体の表面から針を刺し組織を採取することもあります。

患者の身体から直接メスや針で組織を採取するので、細胞診断と比較して体への負担は大きくなりますが、がんの診断確定のためには必要な検査となります。


病理診断でがんと診断された日をがん診断確定日とする場合

生命保険会社が病理診断によりがんと診断確定された日を「がん診断確定日」としている場合は、責任開始日前に検査をしていたとしても、責任開始日後にがんと診断が確定していたなら、がん保険で契約した保障内容の一時金等が受け取れます

病理診断を受けた日と、がんと診断が確定した日を区別している点には要注意です。

がん診断確定の根拠となる検査実施日をがん診断確定日とする場合

がん診断確定の根拠となった検査の実施日を、がんと診断確定された日とする場合は、生体の組織診断が実施された日までに遡ることになります。

検査結果はがんの症状、部位、医療機関の規模・設備の充実度にもよりますが概ね1週間から2週間程度かかってしまいます。


そのため、がんの検診が実は責任開始日前だったという状況は、決して稀なケースと言うわけではありません。


がん検診が責任開始日前だと、保障が受けられません。


がん診断確定日が、がん診断確定の根拠となった検査の実施日まで遡る場合には、免責期間内に該当してしまい、がん保障が一切下りないという事態も想定されます。


ご自分の加入したがん保険の診断確定日が心配な場合には、まずは契約しおり、約款で事前に確認しておくことをお勧めします。


入ってすぐ保障されるがん保険をご紹介

アクサの治療保障のがん保険「マイ・セラピー」は、がんの3大治療(手術・放射線治療・化学療法)緩和ケアなど、最新のがん治療をサポートします。


以下4つのポイントが挙げられます。


①がんの3大治療を保障

近年のがん治療では入院日数が短期化し、通院による化学療法の実施が増加しています。3大治療は入院なしでも保障、上皮内がんは手術・放射線治療も保障されます。


②がんに伴う痛みの緩和ケア(緩和療養)をサポート

がんによる疼痛などの緩和を目的とした緩和ケアを治療の初期段階から入院・通院で受けた場合、給付金が支払われます。


③特約を付加して保障を充実できる

一時金・先進医療給付・入院給付などの特約を付加することで、収入減リスクや再発リスクなどに備えることができます。


④がん予防から治療までサポートサービスを受けられる

がん治療総合窓口ダイヤルでは、生活・家族・仕事・お金など、がん治療全般の相談ができます。

注意:入ってすぐ保障されるがん保険には診断給付金や通院保障がない

がん保険の多くは免責期間が定められていますが、保険に入ってすぐに保障が開始されるがん保険もあります。

入ってすぐ保障されるため、責任開始日に影響されることがない便利な保険商品といえますが、次のような注意点があります。


  • 診断給付金がない

通常のがん保険の保障の中には、がんと診断確定されると保険会社より、まとまった一時金(50万~200万程度)を必ず受取れる「診断給付金」があります。 


がんを発症し入院や治療に移る場合に、あらかじめまとまった額のお金が必要になる場合が多く、この給付金の存在は金銭的にはもちろん精神的な安心にもつながります。


診断時に必ず受け取ることができますので、条件付きの通院保障などよりも重要です。


がん保険で最も重要な給付金の一つと言えます。


しかし、入ってすぐに保障が開始されるがん保険にはこのような保障が設けられておらず、すぐにまとまったお金が準備できるとはいえないケースが想定されます。


その場合には入院給付金(日額)、手術給付金等で金銭的サポートを受けていくほかありません。


  • 通院給付金がない


がんの入院日数は19.9日が目安と言われています。ただし、この入院日数であらゆるがんが完治できるわけではなく、退院した後は通院しながら治療を受けることになります。


患者の通院距離や通院手段にもよりますが、交通費でも通院が長期間に及ぶと結構な負担になります。


通院給付金がないと、遠くから医療機関へ通院する患者には金銭的な面で不利になります。

癌と診断されてから入れる保険もある

富士少額短期保険「がん罹患者保険 キャンサー」は、がん治療中の人およびがんを経験した人だけが加入できます。


加入可能年齢は満30歳~満80歳10ヶ月までと幅広く、満107歳まで更新できます。


保障の対象となるがんは19種類(前立腺、胃、甲状腺、皮膚、結腸、直腸、胆嚢・胆管、肝臓、すい臓、口腔・咽頭、食道、肺、咽頭、膀胱、腎尿路)に限られていて、それ以外は申し込みできません。


死亡保険金が支払われる事由は、がんだけでなく、病気・交通事故・老衰・不慮の事故・感染症など幅広くカバーされます。


少額短期保険の保障内容はシンプルで分かりやすく、手軽な保険料で必要な保障だけを確保できます。更新は1年毎なので、こまめな見直しができ、解約手続きも簡単にできます。

【補足】医療保険は責任開始日が早いの?

医療保険に入ってすぐに保障が開始されることを希望する場合は、「責任開始期に関する特約」を付加するのがおすすめです。


これにより、契約の引受けを保険会社が承諾すると、申込書を受領した時または告知が行われた時のいずれか遅い時から保障が開始します。通常は、被保険者が告知書を記入した後に保険会社が申込書を受領するため、申込書受領時になることが多いです。


一方、「責任開始期に関する特約」を付加しない場合は、第1回保険料の支払いを領収した時または告知が行われた時のいずれか遅い時から保障が開始します。


なお、がんの保障については、お伝えした通り、約90日間の待ち期間(保障されない期間)が設定されていることが多いです。

まとめ:入ってすぐ保障されるがん保険と免責期間について

入ってすぐ保障されるがん保険と免責期間について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? 


今回のこの記事のポイントは、 


  • がん保険に加入後一定期間は、がん保険加入者全体の公正・公平性を図るために免責期間がある 
  • がん診断確定日は、細胞診断と組織診断の2種類がある 
  • 入ってすぐ保障されるがん保険は、診断給付金や通院給付金がないというデメリットがある 


です。 


がん保険加入後に免責期間があると聞くと、「どうして?」と不満に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、加入者全体の公正を図るためには必要な措置と言えます。 


また、がん保険ではがん診断確定日の解釈が重要となるため、2種類の診断方法について理解しておきましょう。 


さらに、入ってすぐに保障されるタイプのがん保険は免責期間がないため安心ですが、診断給付金・通院給付金がないといったデメリットがあるため注意が必要です。 


なお、ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 


この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング