自動車保険ALL

車両保険は必要?不要?つける人とつけない人の違いを検証!

自動車保険を申し込むときに一番悩むのは車両保険をつけるかつけないかではないでしょうか。車両保険をつけると一気に保険料が上がってしまうのでつけるべきなのか悩みますよね。人によっては不要だということもあります。どんなケースに必要でどんなケースに不要なんでしょうか。

車両保険は必要?不要?車両保険をつけたほうがよい人について

自動車保険に加入する際、どんな補償をつけるかどうか迷いますよね。中でも車両保険をつけるかどうかで悩む人は多いと思います。車両保険をつけると一気に保険料が上がってしまいますので不要なのであればつけたくないと思います。今回は車両保険とはどういう保険なのか、必要なのか、不要なのかについて見ていきます。

車両保険は自動車保険の一種で任意の保険である

車両保険は自動車保険の一種ですのでもちろん任意です。自分の車が損傷した時に修理費などを補償してくれる保険です。

自分の車なら多少傷ついていても構わないという人もいると思いますが、車が走行不可能になれば修理に出すしかありません。その時の費用を補償してくれるのはありがたいですよね。


ですが人によってはそれでも不要ということもあります。自分にとって必要なのかどうかしっかり見極めてください。

車両保険が適用される事故の種類

車両保険はどのようなケースで適用できるのでしょうか。さまざまなケースで使用できますのでそれを知ったうえで要否を検討してください。

車同士の事故にあった時

まずは車同士の接触や衝突などの事故の場合です。車同士であれば基本的には相手の対物保険で補償してもらえますが、相手が保険に加入しておらず、貯金もない場合賠償金が支払われないというリスクもあります

さらに、相手より自分の過失の方が大きい場合は相手からの補償金で修理費が賄えないこともあります。車両保険に加入していればそういう心配がないので安心ですよね。

契約していた車が盗難された場合

自分は事故を起こさないから車両保険は不要!と考えている人も多いと思います。ですが、自分に過失はなくても車が損害を受けてしまうことはあります

  • 盗難
  • いたずら
  • 落書き
  • 火災
  • 飛来物・落下物
  • 台風・洪水・竜巻

などによって車が損害を受けた場合でも車両保険の補償対象になります。


これらの状況に陥ることはそれほど多いわけではありませんが、不可抗力ですので自分ではどうしようもありません。突然の災難に備えるという意味では車両保険に入っておくと安心です。

一般型の車両保険に入っていると当て逃げなども補償

車両保険にはエコノミー型と一般型があり、一般型になると補償範囲が広がります。

一般型のみ補償対象になるのは

  • 当て逃げ
  • ガードレールなどとの接触・衝突
  • 自転車との接触・衝突
  • 墜落・転覆

などです。


自損事故の場合他の保険では補償してくれないので車両保険に入っていると安心ですね。ただし、自損事故の場合修理費は高くても数万円なので必要ないと考える人もいます。


一般型は補償範囲が広いですが、その分保険料も高くなります。ですが車両保険に加入している人は一般型の割合の方が高いです。どうせ加入するのなら補償が手厚いほうがいいと考える人が多いようですね。


また、保険会社によって名前が違いますが一般型とエコノミー型の間のようなプランもあります。

車両保険が不要な人が大半

車両保険の補償範囲は結構広いのですが、じつは不要だと考えている人が大半です。自動車保険に加入している人の内、車両保険をつけている人は4割ほどだそうです。

新車を購入した時などは必ずすすめられるのでちょっと意外な気がしますよね。どんな人が必要ないと考えているのでしょうか。

同じ車に10年以上乗っている、もしくは中古車に乗っている人

車の価値は年数と共に減価償却されてしまいます。ですから車両保険の補償金額も年々減少してしまいます。

新車の時は200万円の保険金額だった車も毎年保険金額は下がってしまいます。10年たつと50万円、30万円といった補償しか受けられないケースがほとんどです。それに対して保険料は変わりませんので保険料の割に補償が小さい保険になってしまいます。


車両保険は加入したからといってずっとつけているものではなく、5年から10年くらいで外す人が多いです。とくにもうすぐ買い替えを検討しているのであれば不要ですね。

軽自動車の場合、保険料が負担に感じれば入る必要はない

軽自動車の場合は普通自動車よりも少し保険料が安くなります。修理費も普通車よりは安いので不要と考え、加入しない人も多いです。

ただし、車種によっては高額なものもありますので新車の内は入っておいたほうが安心かもしれません。

事故率の低い40代、50代には不要か

40代、50代の場合事故率が低いので車両保険は不要と考える人も多いです。

ですが、限定をつければ保険料も安くなるので大事な車でしたらつけておいても良いのではないでしょうか。

全損時に車を買い替えられるだけの貯蓄がある人

車両保険は自分の車が損害を受けたときのための保険です。万が一全損した時に新しい車を替えるだけの貯蓄があるのであれば車両保険は不要です。

また、車両保険を使えば修理費などは安くなりますが、等級が下がってしまいます。等級が下がれば保険料が上がってしまうというデメリットも忘れないようにしましょう。

車両保険が必要な人


それでは反対に車両保険が必要な人というのはどのような人なのでしょうか。

運転免許を取りたてだったり、運転技術に自信がない人

車両保険は事故などで車に損害があったときに補償してくれる保険です。盗難や天災も対象になりますがやはり一番使用頻度が高いのは事故ですよね。

免許が取り立ての人や、運転技術に自信がない人は事故を起こすリスクも高いので加入していると安心です。

新車・高級車を購入した、もしくは乗っている人

10年以上経った車や中古車の場合、車両保険は不要だと考える人が多いです。反対に新車の場合は仏ようだと感じている人が多いです。新車を購入した人の9割ほどが加入しているとも言われています。

  • 新しい車はきれいに乗りたい
  • しばらくこの車を乗りつづけたい
  • 購入したばかりで車に使える貯金がない
  • 補償金額が大きい

というのが新車で加入する人が多い理由です。


また、高級車の場合は部品も高くちょっとした修理でも修理費が高くなってしまうため加入しておくと安心です。

自動車以外の車両保険について

車両保険は自動車だけのものではなく、バイクにもつけることが出来ます。どのような内容になっているのでしょうか。

バイクの車両保険について

バイクの場合、自動車よりも補償範囲が狭いです。バイクの場合、盗難の場合は補償してくれません。中にはオプションでつけられることもありますが、バイクは自動車よりも盗難のリスクが高いため対象外なんです。

バイクの車両保険も安いもではないので、自動車よりも不要と考える人が多いです。とくに、数万円のバイクの場合は補償金額に対して保険料が高すぎるので不要でしょう。


高価なバイクや、限定物、長く乗っていきたいものなどの場合はつけておくと安心です。

まとめ

自動車保険に加入しているひとの6割が車両保険は不要だと考えています。

下記のケースの場合は特に不要です。

  • 10年以上経った車
  • 中古車
  • 乗り換えを考えている
  • 買い替え費用の貯金がある
  • 事故を起こすリスクが少ない

反対に、必要だと考えているのは下記のケースです。

  • 新車
  • 高級車
  • いざという時の修理費がない
  • まだまだ車に乗りつづけようと思っている

特に、新車の場合は9割のほどの人が加入します。ですが、保険金額は年々下がってしまいます。ですから新車で加入しても5年から10年をめどにプランを切り替えたり、車両保険を外したりする人が多いです。


車両保険が必要か、不要かは人それぞれですが、加入した場合も本当に必要なのか毎年検討するようにしましょう。

ランキング