自動車保険ALL

修理しないときでも車両保険金は受け取れますが、注意点もあります!

車両事故で車に損害が発生し、車両保険を使う場合、車を修理しないで車両保険を受け取ることは可能だと思いますか。答えは、車の修理をしなくても、車両j保険金は受け取ることが可能です。車両保険を修理しないときに受け取るケースと注意点を解説します。

修理しないで車両保険金を受け取ることは可能

車が事故に遭い、車両保険金を請求する場合、車両の修理は実は必ずしも必要ではありません。

車両を修理しない場合でも車両保険金を受け取ることは可能なのです。

どうしても事故した車が必要な場合は、車両保険を使って修理することをおすすめしますが、例えば車両の損害が大きく修理するのに時間がかかる場合や、修理しても完全にもとに戻すことが難しい場合は、車両保険金だけを受け取るという選択もできます。


また修理金額が少額でも、走行に問題がない場合や見た目を気にしないので修理しない選択をしても車両保険金だけを受け取ることができます。


また修理せずに車両保険金を自分の懐に入れることも実は問題ないのです。


ただし、車両保険金を受け取ると、翌年からの自動車保険料が上がってしまします。


そのこともしっかり考慮し、車両保険を使うタイミングを考えないと、損をしてしまう可能性も高いでしょう。


この記事では、修理しないで車両保険金を受け取るときの注意点をメインに説明します。

修理することは車両保険を利用する条件には入っていない

車両保険は車に損害があった場合にその損害金額を補償するものです。車両保険の保険金支払い条件には、修理が必要で修理後の確認が必要とは書かれていません。



車両保険の事故では全損になった場合は修理をしても、もとどおりに直すことは難しい時も多く、安全性にも問題がありますので車を廃車する場合がほとんどです。


車両保険金は限度額まで支払われて、全損時諸費用が保険金額の10%まで保険金額に上乗せされますので、それを次に乗り換える車の資金に充てる方も多いです。

修理しないで車両保険金を受け取るときの注意点

修理しないで車両保険金を受け取る場合ですが、損害額の認定は保険会社の調査員(アジェスター)が修理前の状態を見て、概算の損害見積りを出します。

修理しない場合は、車に手を付けず外観のみで判断される場合が多く、実際に修理するときの追加部品や工程が確認できないため、正確に原状回復した金額との差額が出てきます。


そのため修理しない場合は、原状回復に必要な金額より保険金の受け取りが少なくなります。

保険会社の修理費用の見積もりなどの調査費用分は差し引かれる

車両保険を使用して修理しない場合は、保険会社の調査費用が、概算見積もりから差し引かれる場合もあります。

車両保険は全損のときは、車両損害の補償として全額を支払うことになり、車両保険金を限度額まで支払って場合は、車の所有権を取得し、車を保険会社で引き取ります。


保険会社は引き取った車を処分するため、部品取りなどの業者と提携して、車の部品を買い取ってもらい、支出した保険金の回収を行います。


回収した金額は、保険金を支払うためにプールしている準備金に積まれます。こうして、保険金を回収して収支を安定させることにより、次の保険金支払いに備えます。


これは保険会社の儲けのためではなく、保険料収入と保険金支払いの収支を安定させることにより、全体の保険料値上げが抑えられることになります。

見積書に記載されている消費税の分は受け取れない

修理しない場合の見積もりに記載されている消費税分も支払いの対象となりません。

消費税は実際に修理したときの部品代や工賃の金額に対して発生するものですので、修理しない場合は保険金を受け取るのみになりますので、消費税は発生しないものとして処理します。

修理しない場合、実際に修理するよりも受け取れる車両保険金額が少ない可能性が高い

事故による車両の損害を修理しない場合は、実際に修理するよりも受け取る保険金が少ない可能性を整理します。

  • 細かい損害内容いが確認できず追加の修理費が出ない
  • 保険金から調査費用分が差し引かれる
  • 見積もり記載の消費税が発生しない

保険会社の味方をするわけではありませんが、保険会社は支払った保険金を少しでも少なくして、保険金支払いの収支を安定させることにより、保有する契約全体の保険契約時における保険料アップを抑える努力をしています。


したがって修理しない場合の車両保険金の支払いでは、確認できる損害の金額は支払いますが、その他の確認できない修理代や調査費用、発生しない消費税分は支払の対象としていません。

車両内部の損傷もチェックして、本当に走行に影響がないかを確認する

車両保険を使って修理しない場合の注意点としてほかには、本当に走行に影響がないかを確認する必要があります。

最近の車の特徴ですが、車の外側の保安部品を壊れやすくしています。誤解がないように説明しますと、車両事故で車に衝撃があった場合に外側の保安部品が壊れることにより衝撃を吸収して、車内部にまで衝撃が伝わりにくくしています。


つまり、衝撃を吸収することにより、車内部の人のケガを軽くする目的でそのような構造にしています。


また、修理しない場合に足回りへの損害による影響を安全なのか点検が十分に行えないことにもなります。


修理しない選択をした場合には、車が安全に走行できない状態である可能性が高いので、走行に影響がないかを修理業者に点検を依頼することをおすすめします。

修理しないとしても、車両保険金を受け取らないほうがお得になることも

修理しないときでも、場合によっては車両保険を受け取らないほうがお得になることもあります。

修理費用が少額で済んでしまい、受け取る保険金額が少ないと、翌年の保険料が上がったときのほうが、高くつく場合があります。


また、免責金額が1回目の事故と2回目以降の事故で違う設定にしている場合は、同じ保険年度にもう一度事故があり、高い修理金額の損害になったとき、車両保険を利用しても、免責金額分は自己負担になります。


免責金額が事故負担になった場合、結果的に1回目の事故で少額の車両保険金を受け取らなかったほうが得だった可能性があります。

車両保険を利用すると等級がダウンして翌年の自動車保険料があがる

車両保険を利用した場合、翌年のノンフリート等級はダウンします。事故の種類により、等級ダウンは1等級ダウンと3等級ダウンに分かれます。


1等級ダウン事故では、自動車保険料は上がりますが、保険料への影響は1年間のみになります。


3等級ダウン事故の場合は、翌年度から3年間は自動車保険料に影響が出ます。


いずれの場合も、車の修理費用の金額と、車両保険を使用した場合の保険料が上がるシミュレーションを計算できますので、比較して検討することをおすすめします。保険会社に問い合わせると教えてもらえます。

修理費用と車両保険金の差額を利益にすることも可能

修理しないことを選択した場合でも、車両保険金を受け取ることができます。逆を言えば、修理しない見積もりを出してもらい、保険会社から保険金を受け取った後で修理ができます。


車の修理は中古部品などを活用して安くできる場合は、修理工場からは新品部品で修理した見積もりを出してもらい、保険会社に提出します。


保険会社は出した見積もりが間違えなければ、損害認定をして保険金額を決定して、保険金を支払います。そのあとで、安い方法で修理を行えば、修理費用と車両保険金の差額ができ、利益になります。

まとめ

車両保険金は修理しない場合でも受け取ることができます。事故により車に損害を被った場合、少額で済む損害もあれば大きな修理費用が必要な損害もあります。


損害が大きく、修理しても完全に元に戻らない場合は、修理せずに車を乗り換えることも可能になります。修理した場合より保険金が少なくなる可能性がありますが、選択肢が増えます。


車両保険をつかった場合の翌年度からの保険料アップの分も比較検討して、どちらが自分にとって利益があるかを確認できれば、修理しないで車両保険金を受け取る選択も可能です。

ランキング