車両保険の一般条件は必要か。事故の時に必要となることは何ですか?

車両保険は、3種類のタイプに分けられます。オールリスクとなる一般条件の車両保険の必要性を考えてみましょう。それは契約者の運転技術や経済的な状況にも関わるところなります。一般条件の車両保険が無駄と感じるか、必要なお守りとして感じるか、検討をしてみましょう。

車両保険を一般条件型に設定するか迷っている方へ

任意で契約をする自動車保険には、契約の所有する自動車の修理費用を補償する車両保険があります。

車両保険は高額です。どのように契約をするのがよいのか考えて見ましょう。

そもそも車両保険の補償範囲は主に3タイプある

自動車保険の車両保険には、一般条件、車対車、車対車+限定Aという3種類のタイプがあります。

あなたが必要と思う補償の範囲と、保険料、を検討してどのようなタイプに加入すれば一番効果が高いかを説明していきます。

一般条件型の補償範囲

一般型条件の補償範囲とはどのようなものでしょうか。

故障以外の事故による車両の修理費用が対象になる、といえばよいでしょう。

自動車対自動車の衝突、接触といった事故での修理費用の支払いができます。

それ以外にも、火災による事故での修理費用、いたずらや落書きによる修理費用、盗難などの修理費用などが支払いの対象となります。


基本的には、タイヤの単独損害や故障以外のオールリスクにて必要な「車両損害」の費用を補償するものとなっています。


車対車型の補償範囲

車対車型の補償範囲について考えます。

修理の対象となる事故の範囲を絞っている契約となります。

対象となる事故の範囲を絞ることによって、保険料を抑えることができます。


補償となる範囲の事故は、「車対車」の事故となります。

自爆と呼ばれるような、自分で「ガードレール」に接触・衝突をしたような事故は対象となりません。


自動車に乗ることで発生する事故に絞って補償が必要と考える方については、こちらの補償範囲でよいでしょう。

車対車+限定A型の補償範囲

保険会社で販売されている車両保険では、「車対車」の条件に「限定A」がついています。

「限定A」とはどのような補償かを説明します。

「限定A」は、火災やいたずら・落書き、盗難といった事故が対象となります。

つまり、「自損事故」といった事故以外の事故を補償します。


具体的には、「自分でガードレールに接触・衝突をする」というような事故以外の事故を対象とする車両保険です。


補償範囲を絞っていることで、一般条件の車両保険よりも保険料が安くなります。

車両保険を一般条件型にするメリットとデメリット

3種類ある車両保険ですが、一番補償範囲のひろい一般条件に加入するとしたら、どのようなメリットがあり、そしてデメリットが考えられるでしょうか。

単純に補償範囲が広い?保険料が高い?だけではなく、自分が必要とする補償となるかを考えて一般条件にするかを決定していきましょう。

一般条件型は一番補償内容が厚いから安心!

一般条件の最大の特徴としては、事故であれば車両保険が適用されるということでしょう。

車対車であること、といった条件はありません。またいたずら・落書きといった事故に関しても支払いの対象となります。

これ、意外とおおきなメリットです。

過去にあるクレームとしては、「なんでも出る」って思っていたのに、この事故は対象外といわれた、といったものになります。

「車対車」でなければ補償されない保険を勘違いしてしまうことも多々あるのです。

契約するときには、「できるだけ安く」。そして、事故の範囲はできるだけ高く、というのが契約者としては希望するところです。

そして、「事故は車両対車両」の確率は高いのですが、運転が未熟であると、自損事故の可能性が高くなってしまうのです。

自損事故だと保険金が請求できない。支払いがあると信じて加入した車両保険が使い物にならないという二重に残念なけったとなるのです。


そう考えたら、一般条件の車両保険はオールリスクなので、非常に便利がよいといえます。


一般条件型は保険料が高い:他のタイプとの保険料比較

一般条件の車両保険は保険料が高くなります。

当然です。支払いができる事故の種類がおおいのですから。

でも2倍になる、とかはありません。

同じ等級、同じ車両で比べると2~3割り程度しか違いはありません。


保険料が半分になる、とかであればすぐに飛びつくかもしれませんが、ちょうど「どっちにしようかな」って迷うところかもしれません。


車両保険を一般条件型にするべき人は?

では、一般条件の車両保険にすべき人はどのような人なのでしょうか。

金に糸目をつけないお金持ちでしょうか。


お金持ちなら、逆に車両保険をかけないという選択肢もあります。

保険を必要とし、一般条件で契約することをお勧めしたい人について説明をします。

新車や高級車に乗る方

まず、車両価格が高い「新車」や「高級車」に乗られるかたは、まず車両保険への加入をお勧めします。

「新車」の場合は、車両保険の特約として、新車価格を保険金として請求できるようになっています。

車両保険は、時価額で契約をします。つまり新車で買ってもすぐに「時価額」が下がってしまうのです。1年経過したら「新車と同じ金額を保険金額に設定したい」といっても、時価額が基本設定になります。

そこで、新車特約といわれる「新車の額」を支払えるような特約が設定できるようになっています。

新車で事故になると、精神的につらさが増えますので、こういった特約を利用するためにも「一般条件」での車両保険をおすすめします。


また、「高級車」は、基本的に車両の修理費が高くなります。

毎回高い車両修理費を考えるのであれば、車両保険に任せるという手段もありといえます。

事故による急な出費に耐えられない方

車両保険をおすすめする場合で、説明につかうことがあるのが、「事故の修理代」をすぐに支払う能力があるか、というところです。

車両事故はいつあるかわかりません。常に貯蓄で修理できる、あるいは全損にとなっても、すぐに次の車両を購入できる方であれば、何の問題もありません。

しかし、貯蓄には時間がかかります。次の車両購入費用をためるまえに事故にあってしまったらどうしますか?

あたらしい車両を購入することができない。仕事で車は使う必要がある、ということになりませんか?

このような場合であれば、車両保険は有効にその効力を発揮します。

とくに一般条件であれば、オールリスクで効力を発揮してくれますので、非常に便利がよいものとなります。

急な出費に耐えられないのであれば、一般条件の車両保険を分割払いなどにして、一回の負担を小さくし、貯蓄に回すなどの方法が取れることとなります。



車の運転が不慣れな方

一般条件をおすすめする方としては、運転に不慣れな方があります。

一般条件は、「オールリスク」です。車両対車両の事故は、相手がいる事故です。

運転に不慣れな方は、自動車の車庫入れなどの単独でも事故が発生する可能性があります。

車庫入れは、普段使っている駐車場で慣れにより、接触は減らせられるかもしれません。

しかし、縦列駐車や初めていったスーパーの駐車場など、いままでに体験していないところであれば、車両の接触や電柱やガードレールとの接触といった事故の発生は十分に考えられます。


自損事故は、車対車の条件では支払いにならない可能性がありますので、一般条件を利用する必要があるでしょう。

コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(保険スクエアbangに飛びます)

まとめ

一般条件の車両保険は、高額となりやすいものです。

高額といっても、分割払いなどを利用すれば、決して払えない保険料ではありません。

運転に不慣れな方、突発的な支出に耐えられない方は、自動車事故への対策として「一般条件の車両保険」に金銭面を任せてしまうということも必要です。

  • ランキング