トヨタ・ハリアーの自動車保険料の相場価格はいくら?車両保険は必要?

トヨタ・ハリアーの自動車保険料の相場価格はいくら?車両保険は必要?-サムネイル画像

トヨタの発売する人気SUVのハリアー、自動車保険料の相場価格は年間で8.8万円と他のSUVと比較すると高めの保険料になっています。この記事ではハリアーの保険料を年齢や等級ごとの条件、車両保険の有無による違いを紹介!また、保険料を安く抑える方法も紹介します。

ハリアーの保険料の相場と車両保険の価格、保険料を抑える方法

トヨタ・ハリアーは1997年のデビュー以来人気が続いているクロスオーバーSUVで、エレガントで高級感のある外見とパワーのある走りで、いろいろな世代の人が利用しています。

プレミアムSUVのトヨタ・ハリアーは高い安全性能を誇っている車ですが、車両保険や自動車保険をプラスすることによってさらに安心・安全に毎日のカーライフを楽しむことができるでしょう。


こちらでは、トヨタ・ハリアーの自動車保険の相場を詳しく解説しています。


トヨタ・ハリアーをお乗りの30歳12等級ゴールド免許で一般的な保険料は、年間で¥88,230です。(諸条件あり)


その他、トヨタ・ハリアーの自動車保険の年齢・等級別の保険料の見積もりや、ハリアーの型式別の見積もり、ハリアーと同じグレードの車種の保険料、車両保険の有る無しの比較など、トヨタ・ハリアーの保険料の相場が簡単に確認できます。


お得な保険料を抑えるコツもわかりますので、これから早速みていきましょう。

  • トヨタ・ハリアーの等級別・年齢別の保険料 
  • トヨタ・ハリアーの型式別の保険料
  • トヨタ・ハリアーと同グレードの車種の保険料
  • トヨタ・ハリアーの車両保険有り、車両保険無しの保険料
  • トヨタ・ハリアーのおすすめの保険
最後までご覧いただけると嬉しいです。

トヨタ・ハリアーの自動車保険料の相場価格を条件ごとに紹介

トヨタ・ハリアーの自動車保険料はどのくらいかかるのでしょうか。


これから、東京海上日動の自動車保険を参考に相場価格を見ていきましょう。

なお、保険料を算出するにあたり、以下の車で見積もっていきます。

  • トヨタ・ハリアー 
  • グレード PREMIUM(ターボ車 4WD 2017年発売モデル)
  • 3ナンバー
  • 型式 DBA-ASU65W
  • 一般的な車両保険付き

自動車保険料は諸条件によって細かく決まっています。


また、被保険者について

  • 年齢別、等級ごとに算出
  • 20代はブルーの免許、30歳以降はゴールド免許
  • 運転手は本人のみ、または運転する家族の年齢は同年齢のみ。

年齢や等級その他の条件によって保険料率が変わってきますので、一緒に確認していきましょう。

トヨタ・ハリアーの自動車保険料を年齢や等級ごとに紹介

では、実際にトヨタ・ハリアーの保険料の比較をしてみます。


東京海上日動の自動車保険で年齢別・等級別に表にまとめてみました。

条件は上の段を参考にしてください。

年齢・等級保険料 一括保険料 月払い
20代(21歳 7等級) \170,580
\15,710
合計\188,520
30代(30歳 12等級) 
¥88,230
\7,720
合計¥92,640
40代(47歳 16等級)
\72,540
\6,340
合計\76,080
50代(53歳 20等級) \59,190\5,180
合計\62,160
60代(65歳 20等級) \65,440\5,730
合計¥68,760

実際の価格は等級、年齢、車両保険の有無、走行距離、事故歴などによって保険会社によって保険料率が違います。 


なお、新規で自動車保険を申し込むと6等級からになります。

トヨタ・ハリアーの自動車保険料を型式ごとに紹介

トヨタ・ハリアーは、ガソリン車の2WD,4WD,ターボーチャージャー付き、ハイブリッド車など種類があり、車体価格が294万円からとなっています。


これまで、トヨタ・ハリアーの一般的な車両価格の保険料をみてきました。


自動車保険は型式や車両価格の違いやガソリン車かハイブリッド車かによっても、保険料率が変わってきますので、これからトヨタ・ハリアーの型式別に詳しく見ていきましょう。

型式車種保険料一括
ZSU60Wガソリン 2WD\106,150
ZSU65Wガソリン 4WD\113,050
ASU60Wガソリンターボ 2WD\87,300
AVU65W ハイブリッド \121,910

こちらは車両保険ありの一般的な保証プランとなっています。

また、諸条件は30歳、12等級ゴールド免許となります。


車体価格やガソリン車とハイブリッド車の違いで、随分と差があるのがわかります。


自動車保険料は毎年かかるものですので、車体価格とあわせてきちんと確認しておきたいです。

トヨタ・ハリアーの自動車保険料を他の車と比較!

ここまで、トヨタ・ハリアーの自動車保険料を見てきました。


次に、他の同タイプの車種の自動車保険と比較してみましょう。

自動車保険料は車体価格によって保険料が変わりますが、車種によっても違いがあります。

新車を購入する場合、車体価格とあわせて、車両保険の保険料も見積もっておけば、安心です。


先程の東京海上日動の保険料を車種違いで比較してみましょう。

車種グレード保険料一括 
トヨタ・ハリアーASU65W\88,230
トヨタ・ランドクルーザーGX\45,590
スズキ・ジムニーXG\75,290
三菱・アウトランダーG LIMITED\91,800

条件は先程と同じ、30歳、12等級ゴールド免許となります。

車体価格はランドクルーザーが一番高価となりますが、保険料が一番安くなっています。


車を購入する際には、メーカー違いの同タイプの車や他に検討中の車があれば、事前に自動車保険料の見積もりをとっておきましょう。相場を調べておくことで、自動車にかかる全体のコストを算出することができ、車を選ぶ際の参考にもなります。

トヨタ・ハリアーの車両保険の有無による保険料の違いは?

これまで、トヨタ・ハリアーの自動車保険料を車両保険を付けて保険料を見てきました。


保険料をぐっと安くするためには、車両保険を無しにすれば可能です。

でも、万が一の事故の際に車両保険に入っておけばよかったと後悔しないためにも、車両保険はどういった時に役にたつか見てみましょう。


車両保険とは、自分の車の修理費等を補償する保険です。

 

例えば、このような時に車両保険の保険金額を限度に保険金が支払われます。

  • 車同士の事故で、自分の車が壊れた
  • 落書き、いたずらされた
  • 車が盗難にあった
  • ガードレールでこすった
  • 当て逃げされた

事故の時は役にたつのはもちろん、自分が全く悪くなく相手がわからないいたずらや盗難、または災害の時など、急に車両保険を使う可能性が出るかもしれません


トヨタ・ハリアーは高級な車ですので、万が一に役に立つ車両保険を付けておいたほうが安心です。

トヨタ・ハリアーに車両保険は付けた方が良いの?

自分は車の運転には自信がある、気をつけているから事故はおこさない、もし自分が悪くなくて追突された場合は相手から修理代をもらえるから、車両保険までは必要ないと考える方もいます。


しかし、事故には自分の過失負担がある可能性があり、その分は相手からもらえません。


また、事故の相手が自動車保険に加入していない場合は自分の保険を使わざるを得ません。

相手が不明の当て逃げのような事故や災害の場合は、車両保険が役立ちます。


トヨタ・ハリアーは車体価格が高く、車両保険がないと修理代が高額になることもあります。


また車両保険の種類によっても保険料に差がでますので、選ぶ前に保険料を予め確認しておきましょう。

トヨタ・ハリアーの車両保険の有り無しの保険料の違い

トヨタ・ハリアーは車体価格が高く、できるだけ車両保険をつけることをおすすめしますが、車両保険が無ければどのぐらいの保険料になるのでしょうか。


今までの同じ条件で車両保険有り無しで東京海上日動にて見積もりをとってみました。

車両保険の有無保険料一括 
有り\53,270
無し\18,500

条件は、30歳12等級 ゴールド免許です。


約34,770円の差があります。これを大きいと感じるか、小さいと感じるかは個人差があると思いますが、車体価格から考えると、車両保険を付けておいたほうが、万が一の時に役立つ安心材料になるはずです。

トヨタ・ハリアーの保険料を抑えて手厚い補償を付けるには

トヨタ・ハリアーの自動車保険は、比較的保険料が高く、車両保険を付けると保険料が倍以上になりますが、保険料を安くしつつも手厚い補償の保険に加入する方法はないのでしょうか。


おすすめするのが、下記の2つです。

  • ダイレクト型自動車保険へ加入する
  • 自動車保険の一括比較見積もりサービスを利用する

これらが保険料を安くするコツになりますので、これからもっと詳しく解説していきます。

ダイレクト型自動車保険へ加入する

まず、ダイレクト型自動車保険について説明します。ダイレクト型自動車保険は、その名称の通り、被保険者自ら損保会社に直接申し込むタイプの自動車保険です。


損害保険会社によって、ダイレクト型保険はネット型自動車保険や通販型自動車保険という名称になっていますが、どれも同じで、被保険者が損保会社にインターネットなどからダイレクトに申し込むものになります。


それとは違い、自動車を購入する際に自動車販売会社から自動車保険を勧められることがありますが、そちらの場合は代理店型の保険となります。


代理店型自動車保険は、保険を契約するときに代理店の手数料が保険料に上乗せされていますのでダイレクト型の自動車保険より保険料が安くなります。


同じ補償内容の自動車保険に入るのでしたら、代理店型の保険よりもダイレクト型自動車保険でお得に契約することをおすすめします。


自動車保険の一括比較見積もりサービスを利用する

他にもおすすめの保険料を抑える方法があります。


それは自動車保険の一括比較見積サービスを利用することです。一度に数社に一括比較みつもりができたら、同じ補償内容で金額の違いを比較できるので、お得な保険料金を見つけることができます。


自動車保険は契約内容や、保険の条件、車種、年式、走行距離、使用目的等、いろいろな条件をきちんと伝えないと正しい保険料金を知ることはできません。その条件を毎回何社にも伝え、金額を教えてもらうのは労力がかかります。


自動車保険の一括比較見積もりサービスを使い、補償内容や保険料金を簡単に比較して、少しでも安く、手厚い補償の自動車保険を見つけましょう。

自動車保険の乗り換えの際の注意点

一括比較見積もりサービスを使い、今よりいい保険を見つけた場合、どのタイミングで新しい自動車保険への乗り換えをしたらいいのでしょうか。


自動車保険は1年間事故がなければ翌年は一等級上がります。


保険会社を変えても等級は引き継げますので、一番いいタイミングで等級を引き継げる満期日にあわせて乗り換えまょう


満期日ではない場合は、契約中の等級になるため同等級の期間が長くなります。

なお、保険料を一括年払いしていると、解約の際の返戻金は日割り計算よりも少なくなります。


また、保険開始日は、重複期間や空白期間ができないように満期日と同日にしてください。なお、等級が引き継げるのは満期日の翌日から7日以内ですので注意が必要です。

まとめ


トヨタのハリアーは高級感があり、世代を超えて人気のある車です。安全性にも定評があります。


しかし、万が一の事故がいつ起こるかわかりません。事故が起きてから、補償内容が思っていたのとは違うとか車の修理代が足りないということにならないためにも、事前に保険の内容を確認し、必要な補償のある保険に入りたいものです。


トヨタ・ハリアーにあわせた自動車保険を選び、お得な保険料で手厚い補償を手に入れましょう。


これまで、トヨタ・ハリアーの自動車保険について見てきたことを確認します。

  • トヨタ・ハリアーの車両保険付き自動車保険料は 年間10万円前後
  • 同タイプ車の自動車保険料よりは、比較的高い
  • トヨタ・ハリアーの車両保険なしの自動車保険料は 年間約3万円

もっとお得に自動車保険を契約するために取り入れたいのは

  • ダイレクト型自動車保険へ加入する 
  • 自動車保険の一括比較見積もりサービスを利用する

保険料の相場を知り、自動車保険の一括比較見積もりサービスを使って、お得に満足のいく補償内容を見つけてトヨタ・ハリアーにあった安心できる自動車保険を選んで下さい。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング