BMWは車両保険に加入できる?保険料や保険の必要性を徹底解説!

BMWは車両保険に加入できる?保険料や保険の必要性を徹底解説!-サムネイル画像

事故で故障や傷がついた場合にその修理費用を補償してくれる車両保険。BMWなどの高級車は車両保険に加入できるのか気になりますよね。今回は、BMWは車両保険に加入できるのか、車両保険は必要なのかについて詳しく解説します。またBMW専門の車両保険や保険料はどのくらいなのかも紹介します。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

BMW自動車保険、車両保険金額は年式、モデルによって異なります

事故やガードレールなどに軽く擦った時などにできた傷だけでなく、当て逃げやいたずらなどによる損害も補償してくれる車両保険。


BMWなどの高級車はそもそも車両保険に加入できないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。


そこで今回は、

  • 高級車に車両保険は必要なのか
  • BMW専門と一般の車両保険の違い
  • 保険料はどのくらいなのか
について詳しく解説します。

既にBMWをお持ちの方はもちろん、BMWの購入を検討している方は是非この記事を最後まで読んで参考にしてみてはいかがでしょうか。

BMWなどの高級車は車両保険に加入するべき?

BMWなどの高級車の場合、車両保険に入れない、加入しにくいと言われています。特に高級車の場合、自動車保険自体には加入できても車両保険が付けられないということが多くなります。


加入できないということは、高級車には車両保険は必要ないのでしょうか?


車両保険に入れない、加入しにくいと言って高級車が車両保険に加入する必要がないという訳ではありません。むしろBMWなどの高級車は車両保険に加入する必要が高くなります。


BMWなどの高級車は、盗難に遭いやすい・いたずらされやすい・などの傾向があります。盗難されてしまった場合、車両保険を付けていないと新しい車を買うのも大変ですよね。


このような状態を避けるためにも、BMWなどの高級車には車両保険を付けておくことをおすすめします。

同じBMWでも車両保険に加入できない場合がある

同じBMWでも車両保険に加入できない場合があります。

  • ビンテージである
  • カスタムされている

などの場合、車両保険に加入できない場合があります。


BMWに限らず、ヴィンテージカーの場合、修理をする際の部品などが非常に手に入りにくくなってしまいます。その分修理費も高額となるため、一般的な車両保険には加入できません。


また、カスタムされているBMWも車両保険に加入できない場合が多くなります。


特にダイレクト型の自動車保険会社の場合、代理店型よりも加入が難しくなるようなので注意しましょう。車検証に「」という改造車であることを示す文字が書いてあると、加入を断られることが多くなります。

どうしてもカスタムしたい場合は保安基準適合品を!

どうしてもBMWをカスタムしたい、という方は、カスタムパーツを「保管基準適合品」というものにするようにしましょう。


車のパーツは道路交通法で基準が定められています。この基準に適合したパーツは「保安基準適合品」とされているため、車検を通すことができるのです。


道路交通法で定められている基準に満たないパーツを使用してしまうと、違法改造となってしまいます。もちろん車検を通すことはできませんし、車両保険にも加入することはできません。


そもそも違法改造の車は公道を走ることもできないため、カスタムする際は十分注意するようにしましょう。

BMW専門の車両保険がある?一般の車両保険との違いは?

BMWなどの高級車は車両保険に加入しにくいことをご紹介してきましたが、BMWには専用の自動車保険があります。BMW自動車保険です。


一般の車両保険との違いとしては、

  • BMW EXTRA CARE
  • 新車提供サービス
  • 認定中古車提供サービス
  • 代車優遇サービス
  • BMW Group 保健センター
  • レジャー用レンタカー提供サービス

などのサービスを受けることができます。


BMWのディーラーが代理店となっているため、事故を起こした際も相談しやすくなっています。BMW EXTRA CAREでは飛び石などによりフロントガラスの修理が必要になった際に、自動車保険を利用せずに修理を行ってくれます。このようなBMW自動車保険独自のサービスがあるのが特徴です。

BMWの車両保険の保険料は高い?

BMW自動車保険と聞いて気になることの一つが保険料ではないでしょうか。BMW自動車保険はディーラーが代理店となっているため、保険料は高くなっています。


特に通販型の自動車保険と比較した場合、BMW自動車保険の保険料は1.5倍ほど高くなってしまう場合もあります。


BMWのディーラーが代理店となっていることや、独自のサービスがあるため、保険料が他の自動車保険よりも高くなってしまうのは仕方ないのかもしれません。


しかし、保険料が割高になるため、保険料を安くしたいという方にはおすすめできません。

車両保険の保険料を安くする方法はあるのか

BMWの自動車保険に車両保険を付けたいけれど、高い保険料が気になるという方もいるかと思います。


車両保険の保険料を安くする方法としては、

  • 免責金額を高く設定する
  • エコノミー型の車両保険にする

などがあります。


免責金額は車両保険を使う際の自己負担金額です。高めに設定しておくことで保険料が安く抑えることができます。


ただし、車両保険を使ったときの修理費用があまり高くなかった場合は注意が必要です。車両保険を使ったときに貰える金額は、修理費用-免責金額となるため、保険金が思ったよりも少なく、車両保険を使わない方がお得だった、という状態になってしまうこともあります。


また、車両保険を一般型ではなく、エコノミー型にすることで保険料を抑えることができます。エコノミー型にすると補償内容が限定されてしまいますが、保険料を安くしたい方は一度検討してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?ここではBMWの車両保険についてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • BMWなどの高級車は盗難などに遭いやすいため、車両保険に加入するべき
  • ビンテージやカスタムされているBMWは車両保険に加入できないこともある
  • BMWには専門の自動車保険「BMW自動車保険」がある
  • BMW自動車保険は一般的な自動車保険よりも保険料は高い
  • 車両保険の保険料を安くするには、免責金額を高めに設定する

になります。


BMWなどの高級車は、車両保険に入れない可能性が高くなります。特にダイレクト型の自動車保険では車両保険を付けられない場合が多くなります。しかし、BMWなどは盗難に遭う確率も高く、車両保険は付けていた方が安心です。


もし代理店型やダイレクト型で車両保険に加入できない、という場合はBMW自動車保険も検討してみましょう。


ほけんROOMでは他にも自動車に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

ランキング