車両保険の免責とは何かを知って、保険料の軽減につなげましょう。

車両保険の免責とは、上手に設定すれば保険料の軽減だけではなく、事故が起きた時には車両保険の免責金額を基準にして保険の利用の有無を判断することで、次年度の保険料アップを抑えることができる優れものです。ここでは、その仕組みとは何かについて解説いたします。

車両保険の免責とは?

自動車を持ったら、何をおいても自動車保険に加入しますよね。

しかし、対人保険、対物保険、人身傷害保険への加入は当然のこととしても、車両保険に加入するかどうかについては、ちょっと考えてしまうなと思われている人は多いのではないでしょうか。

車両保険への加入をためらってしまう理由には、保険料が高いことがあげられます。しかし、その高い保険料をいくらかでも安くすることができるのであれば、車両保険への加入についても検討の余地がでてくるかもしれません。


そのために理解しておきたいのが、車両保険の免責です。


ここでは、車両保険の免責とは何かを知って、それをうまく活用することで保険料の軽減につなげることができる方法を解説いたします。



車両保険の免責金額とは、自己負担額のこと

たとえば、車を運転中に誤って電柱に衝突して、ライトとバンパー、さらにドアを交換しなければならなくなったとしましょう。


この場合、すべての車両事故に対応した車両保険に加入していれば、車の損害は保険金で支払われます。


しかし、加入していた車両保険に免責5万円という特約が付いていた場合には、保険会社から支払われる保険金の額は、損害額から50,000円を引いたものとなります。


このことを、車の損害額を300,000円として、計算式を使って表しますとつぎのようになります。


300,000円(損害額)-50,000円(免責金額)=250,000円(実際に支払われる保険金)


この式からおわかりのように、免責が付いた車両保険では、保険金で損害額全額が支払われるのではなく、免責金額分については自分で負担しなければなりません。


車両保険の免責金額とは、この自己負担額のことをいうのです。

車両保険の免責金額の読み方と意味

車両保険について説明している保険会社のパンフレットには、免責金額として、5-10とか0-10とかいった記載がされています。

これは免責金額の設定種類を表しており、免責金額の設定をどの種類のものにするかによって、保険料はもとより、事故が起きた時の補償が違ってきます。

免責金額を高く設定すれば、その分補償が少なくなり、保険料は安くなります。反対に免責金額を低く設定すれば、補償する範囲が増えますから、保険料は高くなります。これが保険料と免責金額の基本的な関係です。


事故が起きた時の対応という点で見ますと、当然ですが設定した免責金額が低い方が補償は厚くなります。免責なしといった設定も可能です。


しかし、単に手厚い補償が付いていれば安心というわけではないのが、車両保険の特長です。場合によっては補償を低くして、その分保険料を安くした方が有利なことがあるのです。

1回目の免責金額と2回目以降の免責金額を表している

車両保険のパンフレットに記載されている5-10や10-10といった免責金額ですが、これは事故が起きた時に適用される免責金額の順番を表しています。


たとえば、5-10という記載であれば、1回目の事故には5万円の免責金額が適用され、2回目の事故には10万円の免責金額が適用されることを表しているのです。


もしも、事故が3回以上続いた場合には、2回目の10万円の免責金額が適用されます。

チューリッヒの免責ゼロ特約とは?

車両保険の免責金額の設定種類の中には、5-10の数字の横に「車対車免0特約」という記載があります。これは1回目の車同士の事故の場合に、相手方が確認できた時に限り、免責金額なしで車両保険を利用することができる特約です。


チューリッヒ保険会社の免責ゼロ特約を例にご説明いたします。


チューリッヒ保険会社では車両保険の免責金額を、1回目の事故については5万円、2回目以降の事故については10万円と設定しています。


免責ゼロ特約を利用することができるのは、車同士で接触した場合でかつ相手を確認することができる1回目の事故の時です。当て逃げのように相手が確認できない時には利用できません。


また、無事故の等級が7等級以上の場合(7~20)に利用できますが、6等級以下の場合(1~6)には利用できません。


こうしてみますと、免責ゼロ特約とは無事故等級の高いドライバーに向けたサービスといえるでしょう。

修理費用が免責金額を下回る場合は車両保険を利用できない

車両保険とは車に事故によって車に損害が生じた時に支払われる保険のことですが、損害額によっては保険金が支払われないことがあります。


たとえば、車両保険の免責金額が5万円の時に修理費用が3万円の損害となる事故が起きた時は、免責金額が修理費用の額を上回っていますので、車両保険を利用することはできません。


このように、修理費用の額が免責金額を下回る場合には車両保険を利用することができないのです。


保険料を抑えるために免責金額を高く設定する場合はご注意ください。

そもそも必要金額が少額な程度の修理なら、車両保険を利用しないほうがお得

車両保険を利用した場合、等級はダウンし、次年度の保険料は上がります。等級ダウンによる保険料の増加分と車両保険から支払われる保険金の額を比較して、前者が後者を上回るようであれば、車両保険を使わない方がお得です。


補償を手厚くするために免責金額を低く設定しても、損害額が大きければ車両保険を利用するメリットはありますが、損害額が小さい場合には車両保険を利用するメリットは少ないといえるでしょう。

車両保険の免責金額の設定とは関係なく、自己負担額が0円の場合とは?

車両保険が支払われる時に、免責金額の設定とは関係なく、自己負担額が0円になる場合があります。車両が全損した場合と、車同士の事故で、相手からの賠償金が免責金額を上回る場合です。

次にそれぞれについてくわしくご説明いたします。

車両が全損した場合(盗難も含む)

車両が全損した場合とは、事故によるものだけではなく、盗難による被害も含まれます。


車両保険とは契約している車両の損害を補償するものですが、損害には分損と全損の二つがあります。


分損とは車両の一部分の損害をいい、たとえば、バンパーとか、ガラスとかドアなどの交換がそれにあたります。全損とは車両の部分的な修理では追いつかない損害のことをいいます。


全損の場合には、車両保険の免責金額の適用はありません。契約時に設定した保険金が全額支払われることとなります。


また、盗難の場合も同じ扱いとなりますので、免責金額の適用はありません。

車対車の事故で、相手からの賠償金が免責金額を上回る場合

車同士で接触事故を起こした場合には、お互いの過失割合に応じて保険金が支払われます。この時に相手側から支払われる賠償金が免責金額を上回っている場合には、たとえ、車両保険を利用したとしても免責金額の適用はありません。

たとえば、保険金額を100万円、1回目の事故の免責金額を5万円とする車両保険に加入していたとします。車同士の接触事故によって修理費用が50万円かかり、相手側からは30万円の賠償金が支払われた場合には、賠償金の額が免責金額5万円を上回っていますので、免責金額は適用されません。

参考:車両保険の免責金額は消費税の対象?

車両保険の免責金額は消費税の対象となります。免責金額とは損害額に対して支払われる保険金から差し引かれる一定の金額のことです。損害の修理費用には消費税は含まれていますので、保険の免責金額にあたる額に対しても消費税はかかっていることとなるからです。


問題は保険契約者が企業であった場合の経理処理の方法です。免責金額のみを取り出して処理するよりも、支払われた保険金と合わせて処理する方が有利だといわれていますが、くわしくは税務署にお問い合わせください。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

車両保険の免責金額についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

損害額と免責金額との差額によっては、車両保険を使わない方が次年度

の保険料がお得になります。


また、事故の状況によっては、免責金額を支払うことなく設定した保険金全額が支払われることもあります。


免責金額とは、保険加入時の設定の仕方と事故時に保険を利用するしないの判断によって、保険料の軽減につながるものなのです。

ランキング

  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自動車保険の保険料の相場ってどれくらい?パターン別に徹底解説!
  • 自賠責保険の支払基準を解説!保険金はどれくらい受け取れる?
  • 自賠責保険と労災保険で後遺障害等級認定が違う?慰謝料アップの方法
  • 自賠責保険の被害者請求は代行を頼むべき?弁護士さんは頼れる味方!
  • 三年契約の自動車保険は解約すべき?長期契約のデメリットとは
  • 自賠責保険の運用益の行方とは?自賠責保険料の豆知識について