自動車保険ALL

車両保険のレンタカー特約ってどんな保険?つけた方がいい?

車両保険にはレンタカー特約というオプションがあります。レンタカー特約は車の修理中でも車が必要という人に便利な特約です。補償内容や適用されないケースなどをチェックして、車両保険にレンタカー特約を付けるべきかどうか検討してみてください。

事故で車を修理中に便利!車両保険のレンタカー特約について

車両保険には、契約車両の修理中にレンタカーの費用を補償してくれるレンタカー特約というものがあります。保険会社によって代車特約、事故時レンタカー費用特約など名前は変わります。

車を修理している時だけでなく、盗難に遭った場合でも、車両保険を使用するのであれば使用することのできる保険です。


レンタカー特約とはどのような内容になっているのでしょうか。付けるべきか、つけないべきなのか考えていきましょう。

事故で車が修理中だが車は必要、そんな時に役立つのがレンタカー特約

仕事や通勤、送迎などで毎日車を使用している場合、修理中に車がないと不便ですよね。その間レンタカーを借りるとなると当然費用が掛かります。

ですが、レンタカー特約を付けているとその分の費用を補償してくれるので便利です。

車両保険のレンタカー特約の補償内容

それでは、車両保険のレンタカー特約の補償内容について見ていきましょう。

レンタカーにかかる費用を保険金額の上限まで負担してくれる

事故で車を修理している間に借りたレンタカーにかかる費用を負担してくれる保険です。

補償金額は1日5,000円から10,000円となっていますが、5,000円の保険会社がほとんどです。レンタカー特約を付けていても支払いが発生する可能性があることを覚えておきましょう。また、反対に補償金額が5,000円で実際に使用した金額が4,000円だったとしても差額の1,000円を受け取ることはできません。


ですが、保険会社によっては実費の金額に関わらず、定額で支給されるというケースもあります。契約前に確認しておきましょう。

レンタカーの種類は自分で選べる

レンタカーは決められた車両が来るのではなく、自分で選ぶことが出来ます。ですから、乗っている車と同じ車種を選ぶこともできます。全く同じモデルを借りられれば運転も慣れているし楽ですよね。



ただし、当然ですが車種によって値段は変わるので注意しましょう。夏休みなどレンタカーのハイシーズンは、レンタル料の高い車しか借りることが出来ないこともあります。それでも1日当たりの補償金額は変わりませんので、レンタカー特約を付けていても支払いが発生するケースがあります


レンタカー特約を付けていなくても、場合によってが修理工場やディーラーなどで無料で代車を手配してもらえるということもあります。ですがこの場合は

  • 車種は選べない
  • 代車が出払っている場合借りられないこともある

というデメリットがあります。また、あくまで修理の場合の代車ですので、全損で修理不可能の場合や、盗難に遭った場合は代車を借りることはできません。ですから最初から代車をあてにしていると使えないときに困ってしまうかもしれません。


車両保険にレンタカー特約を付けていれば、車が借りられないということがないので安心ですね。毎日もしくは週に何度も車を使うという人にとっては大きなメリットではないでしょうか。

あくまで「車両保険」がメインなのでレンタカー特約のみの契約はできない

レンタカー特約は車両保険のオプションです。ですから特約のみの契約はできません。

また、使用できるのも車両保険とセットです。

  • 車両保険を使用しないで自分で修理した場合
  • 車検
  • 定期点検

などで車がない時に使うことはできません。


さらに車両保険を使用しても、契約車が自走可能で修理しない場合は使用することが出来ません。


使用できるのは

  • 車両保険を使用して車を修理に出している間
  • 車が全損して車両保険を使用した場合
  • 盗難に遭って車両保険を使用した場合

のみということです。


この条件に当てはまっても使用できないケースもありますのであらかじめしっかり把握しておきましょう。

注意!車両保険のレンタカー特約が適用されない場合について



車両保険のレンタカー特約はいつでも使えるという訳ではありません。レンタカー特約が適用されないケースについて見ていきましょう。

知り合いや友人から車を借りた場合

レンタカー特約は、あくまでもレンタカー費用を補償してくれる保険です。知り合いや友人から車を借りた場合、保険金は下りません。知り合いや友人への謝礼に使うという使い方はできないということですね。

事故から何日以内まで、と日数制限が設定されている場合も

レンタカー特約は無限に使用できるという訳ではありません。ほとんどの場合30日という限度があります。

30日とはいっても保険会社によっていつから30日なのかが異なります。

  • 事故日、工場への入庫日または盗難届を警察に提出した日から30日以内
  • 事故発生日の翌日から起算して1年以内かつレンタカーの利用開始日から30日以内

と会社によって異なります。


修理に出した日からならいいのですが、事故日から換算する場合は注意が必要です。


例えば、車だけでなく自分もケガをしてしまったとします。怪我をして20日休んでいてその後車を使用することになった場合、すでに事故から20日経過してしまっているのでレンタカー特約は10日間しか使用できません。30日以上休んでしまった場合はいざ使おうとしても使えないということもあり得ます。


また、時間が経ってから修理に出した場合も使えないケースがあるということですね。


車両保険にレンタカー特約を付ける場合、いつから換算して30日なのか確認しておいたほうがいいでしょう。


車両保険のレンタカー特約は必要?不必要?

レンタカー特約が必要か、不要かというのは普段どのくらい車を使用するのかどうかによって変わってきます。

<付けておいたほうがいい場合>

  • 通勤や送迎などで毎日車を利用する
  • 交通の便が悪く、公共の交通機関を代用できない

<付けなくてもいい場合>

  • 車を使用する頻度が低い
  • 公共の交通機関で代用できる
  • いざという時に使える車がある(家族、知人に借りるなど)

車を頻繁に使用する人はつけておいたほうがいいかもしれませんね。ただし、車両保険にレンタカー特約を付けると、当然ながら保険料は上がります。保険料は年間で5,000円から10,000円ほどアップします。これに対して補償金は1日5,000円~10,000円です。最大で10,000円×30日で最大300,000円です。レンタカーを使用した日のみしか保険は下りませんので、実際にはもっと少ない可能性があります。


保険料の割に補償金額が低い特約と言えますね。ですからどうしても車がないと困るという人だけが車両保険に追加すればいいのではないでしょうか。


実際に車が使用できなかったらどうなのかというのをシミュレーションしてからつけるかどうかを判断するといいでしょう。

まとめ

車両保険のレンタカー特約とは、
  • 車両保険を使用して車を修理している間
  • 車が全損して車両保険を使った時
  • 盗難に遭って車両保険を使用した時

代車としてレンタカーを使用した時にその費用を負担してくれる特約です。車両保険に付帯した保険ですので、レンタカー特約のみを付帯、もしくは使用することはできません。


レンタカー特約が使える日数は30日です。ただし、事故日の翌日から30日なのか、修理に出してから30日なのかは保険会社によって異なります。契約前に確認しておきましょう。


レンタカー特約は1日5,000円から10,000円程度の補償です。これに対して保険料は1年間で5,000円から10,000円アップします。保険料の割には補償が小さい保険と言えますね。


ですから、すべての人に必要なものではなく、

  • 通勤や送迎などで毎日車を利用する
  • 交通の便が悪く、公共の交通機関を代用できない

という人はつけておくと安心ですが、それ以外の人は付帯しなくてもよいのではないでしょうか。

ランキング