自動車保険ALL

車両保険はつけないほうがいい?つけるべきなのはどんなケース?

車両保険はつけたほうがいいのか、つけないほうがいいのかについて見ていきます。車両保険をつけるメリットやつけないメリットを理解して、総合的に判断しましょう。また、浸けたほうがいいケースもご紹介するので参考にしてみてください。

車両保険はつけない方がよい?車両保険の必要性について

自動車保険に加入する際、車両保険には加入したほうがいいのでしょうか。

つけるべきなのか、つけないほうがいいのか、車両保険の必要性について見ていきます。

車両保険は自動車保険のうち、車の修理費等を補償する任意保険

そもそも車両保険というのは何なのかというと、自動車保険のうち自分の車の修理費などを補償してくれる任意保険です。

事故で自分の車に損害が出たときだけでなく、

  • 盗難
  • 落書き・いたずら
  • 車以外のものにぶつかった
  • 当て逃げされた

という時も補償してくれる保険です。車両保険には一般型とエコノミー型があり、タイプによって補償内容は変わります。


車両保険をつける人とつけない人はどちらが多いのでしょうか。じつは加入する人は自動車保険に加入している人の約40%でつけない派の人の方が多いんです。ちょっと意外かもしれませんね。では、車両保険を付けないほうがいい理由とはどんなものがあるのでしょうか。


車両保険をつけない方がよい理由

自動車保険に加入している人の中で、車両保険をつける人よりもつけない人の割合の方が高いです。車両保険をつけないメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

保険料が安く済む

車両保険をつけない一番のメリットは保険料が安く済む、ということではないでしょうか。

車両保険をつけるかつけないかで、自動車保険全体の保険料が1.5倍から2倍にまで上がってきます。これは大きいですよね。保険料を安く済ませたいのであれば車両保険はつけない方がいいということになります。

対人、対物賠償のような高額な補償はないため、必要性が薄い

車両保険は保険料の割には補償額が少ない保険だといわれています。対人、対物賠償のように高額な補償はしてくれません。ですから必要性が薄いのです。


自分の車に損害が起きたときに修理費はすべて自分で出せるというのであれば車両保険をつけない方がいいかもしれません。また、車両保険を使用すれば修理費は補償されますがその後の自動車保険料が高くなってしまうというデメリットもあります。

中古車や何年も乗っている車に車両保険は不要

特に、中古車や何年も乗っている車の場合はつける必要がないといわれています。

車両保険の補償額は車の協会保険価格までです。協会保険価格というのは、年数によって減価償却していきます。中古車で人気の車であったとしても、車両保険の補償額は年数などで決まり、人気は関係ありません。


ですから

  • 年式の古い車
  • 50万以下で購入した車

などの場合は車両保険をつけてもあまり意味がなくなってしまいます。協会保険価格がいくらになるのかは保険契約時に決まります。自分の車の補償額の上限がいくらになるのか見積もりを見てから判断してもいいと思います。

車両保険をつけた方がよいケース


車両保険をつけないメリットや必要性について見てきました。ですが、もちろんつけるメリットもあります。車両保険をつけたほうがいいのはどういったケースなのでしょうか。

新車や高級車の購入時

中古車や年式の古い車の場合は車両保険をつけなくてもいいとお話ししましたが、逆に新車の場合は加入したほうがいいでしょう。新車の場合は補償額も高いですし、なるべくきれいなまま乗りたいと考える人が多いです。実際に、新車の場合は車両保険をつける人が9割ほどもいるといわれています。

高級車の場合は、少しの修理でも高額になってしまうことが多いです。ですから修理が必要になった時に備えて加入する人が多いです。高級車を新車で購入した場合は特につけておきたいですね。


ただし、先ほどもお話しした通り車の価値は年々下がっていってしまいます。新車の時の保険にいつまでも加入していると思っていたほどの補償額が受けられないという可能性も高いです。ですから毎年しっかり見積もりをしましょう。車両保険は5~7年目までつけるという人が多いようです。

運転に慣れていない場合

免許を取ったばかり、久しぶりに車を運転するなど運転になれていない人は事故を起こす可能性も高いです。万が一の時に備えて車両保険に加入しておくと安心です。

車両保険をつけないのは不安だが、保険料が高い場合

車両保険をつければ自分の車の修理費を補償してくれるの安心です。ですが、保険料が高くなってしまうのがネックですよね。

もちろん、つけないよりはつけたほうが保険料は上がりますが安くする方法はいくつかあります。

免責をつけて保険料を安くする

車両保険には免責という自己負担額があります。

例えば補償額が200万円、免責金額が10万円だったとします。事故で車に損害があり、修理費が150万円だった場合、

  • 自己負担額(免責):10万円
  • 保険金:140万円

になります。


免責金額は0円から10万円で設定することが可能です。0円があるなら0円を選択したくなりますが、免責金額をつけると保険料が割引になるのです。


免責金額は1回目と2回目以降の金額を設定します。その金額によって割引率も変わります。


下記は割引率の一例です。

1回目-2回目以降一般型エコノミー型
0円-0円100%100%
0円-10万円88.9%92.8%
5万円-10万円80.9%87.8%
10万円-10万円73.9%82.9%
1回目も2回目以降も10万円に設定しておくとだいぶ保険料を下げることが出来ます。ですから10万円に設定しておくのがおすすめです。


どうしても自己負担するのが厳しいという場合はせめて2回目以降だけでも10万円にしておくと少し保険料が安くなります。

エコノミー型など補償範囲の狭いプランに加入する

冒頭でお話しした通り、車両保険には一般型とエコノミー型があります。

エコノミー型の場合、

  • 自損事故
  • 当て逃げ

などは補償の対象外です。ですがその分保険料が安くなります。保険会社によって様々なプランがあるので検討してみましょう。


ですが車両保険に加入している人の多くは一般型に加入しています。せっかくつけるのなら補償が手厚いほうがいいと考える人が多いようです。補償の手厚い保険に加入し、免責金額で保険料を下げるというのがおすすめです。


また、新車の場合は新車割引などが適用されることもあり保険料がわりびきになることもありますよ。

まとめ

自動車保険に加入する際、車両保険をつけるかつけないかで悩む人は多いと思います。車両保険をつけると保険料が1.5倍から2倍に上がってしまうことも多いので慎重に検討したいですよね。

車両保険は自分の車の損害を補償してくれる保険です。対物賠償や対人賠償さえあればいいと考える人も多いです。車両保険に加入している人は自動車保険に加入している人の4割ほどです。つけない派の人の方が多いということになります。車両保険は補償内容の割に保険料が高いのでとくに中古や年式の古い車の場合はつけなくてもよいかもしれません。


逆につけたほうがいいケースは

  • 新車の場合
  • 高級車の場合
  • 車の運転になれていない場合

です。ただし、車の価値は年々下がっていってしまうので、上記の場合でも入りっぱなしにせず、毎年検討しましょう。新車で購入しても5年から7年たつと車両保険をつけない人が多くなります。


車両保険をつけたいけれど、保険料はなるべく安く済ませたいという場合は

  • 免責金額を高めにする
  • エコノミー型など補償範囲の狭いプランにする

という手もあります。補償範囲が狭いものですと加入した意味がなくなってしまうケースもあるので、補償の手厚いプランにし、免責金額を高めに設定するのがおすすめです。


ランキング