自動車保険ALL

自動車保険の基礎知識

自動車保険の選び方

自動車保険の請求方法

自賠責保険の名義変更は必要ない!?理由やリスクを徹底解説!

自賠責保険の名義変更は必要ないの?そんな疑問を解決する記事です。自賠責保険は強制加入であり、内容について深く考える機会は少ないと思います。この記事では自賠責保険について詳しく解説しているので、名義変更が必要ないかどうかを含め、高度な知識を得ることができます。

自賠責保険の名義変更は”必要ない”と言われているけど本当なの?

自賠責保険の名義変更はする必要ないよ、そのような話を聞いたことがあるという人は多いかもしれません。

しかし、本当に自賠責保険は名義変更は必要ないのでしょうか。


たとえば、事故が起きた時に自動車を運転していた人と自賠責保険の契約者名が違っていたとしたら、保険金は支払われるのでしょうか。


また、自賠責保険は法律で加入が強制されている保険ですから、もしも名義変更手続きをしないでいた場合には罰則が科されるのではないでしょうか。


そこで、この記事では自賠責保険の名義変更について


  1. 名義変更手続きが必要ないという理由
  2. 名義変更手続きをしなかった場合の影響
  3. 名義変更手続きのやり方

の3点を中心に解説します。


この記事を読んでいただければ、自賠責保険の名義変更は本当に必要ないのか、という疑問について正しい判断ができるようになります


是非最後までご覧ください。




自賠責保険の名義変更が必要ないと言われる”理由”

自賠責保険の名義変更手続きが必要ないといわれている理由は運行供用者責任によるものです。


自賠責保険は「自動車損害賠償基本法」という法律によって定められた強制保険です。

この法律の特徴は、交通事故の被害者救済という観点から、自賠責保険の契約者以外の者が起こした事故であっても補償の対象としている点です。


「自動車損害賠償基本法」は自動車を運転することによって利益を受けるすべての者に対して損害賠償責任を負わせていますが、その責任のことを運行供用者責任と呼んでいます。


すなわち、実際に自動車を運転している者だけではなく、その自動車を他人に貸している所有者や事業のために自動車を従業員に運転させている事業主(法人を含む)を、運行供用者として規定し、責任を負わせているのです。


その結果、交通事故の被害者は、その自動車に関わるすべての者に損害賠償を請求することができるようになりました


言い換えれば、自賠責保険は人に付いている保険ではなく、車に付いている保険であるというわけです。


そのため、名義変更をしなくても、事故が起きた際には、自賠責保険による補償がなされるのです。


この点をふまえた上で、次からは自賠責保険の名義変更手続きが必要ないといわれる理由についてさらにくわしく解説します。




自賠責保険は対人補償のため、名義変更をせずとも”補償される”

「自動車損害賠償基本法」第3条には、次のように規定されています。


「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。」


この規定は前記で解説した運行供用者責任について述べているものです。


すなわち、運行供用者責任によって補償されるのは、自動車の運転によって「他人の生命又は身体を害した」場合のみです。


ただし、次の3点を加害者である自動車の運転者が立証した場合には、補償はなされません。


  1. 自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと
  2. 被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと
  3. 自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたこと

通常、他人の不法行為によって損害を負わされ、相手に対して損害賠償を請求する場合には、その不法行為の責任が加害者側にあることを証明するのは、被害者側とされています。


しかし、交通事故の場合、被害者側が加害者側の過失を立証するのは困難です。


そこで、「自動車損害賠償基本法」では、上記3点の立証責任を加害者側に求めることで、被害者側の立証責任の負担を軽減し、併せて自賠責保険の制度を設けて、被害者の救済を実効的なものとしているのです。


自賠責保険は運行供用者責任を担保する保険ですから、補償されるのは対人賠償のみであり、保険契約者名とは関係なく被害者への補償がなされることとなります。


そのため、自賠責保険の名義変更手続きは必要ないのです。


名義変更手続きが必要ない以上、当然、手続きを行わないことに対する罰則はありません。

自賠責保険では自動車の車体番号が適用される

自賠責保険は人ではなく車に付いている保険といわれます。

その理由は、自賠責保険では自動車の車体番号をもとに保険適用の有無を判断しているためです。


そのため、保険契約者名だけではなく、車両所有者の名義変更によって自動車の登録番号が変わっていても自賠責保険による補償はなされます。


時々、自動車の登録番号が記載されていない自賠責保険の証書を見ることがありますが、保険金請求にあたって、自動車の登録番号は必要ないので、問題はありません。


自賠責保険は保険契約者や登録番号に関係なく、保険が付保されていれば適用されるのです。


この点からも自賠責保険の名義変更手続きは必要ないことがわかります。

自賠責保険の名義変更は”スムーズに行える”

交通事故が起きた際の被害者への補償という点では、自賠責保険の名義変更手続きは必要ないのですが、自動車の譲渡に伴って車両所有者の名義を変更した場合には自賠責保険の名義変更手続きも一緒に行うことが一般的です。


もしも、自賠責保険の名義変更手続きを行わなかった場合、自賠責保険の満期通知は元の自動車所有者のもとに届くこととなり、現在の所有者には通知されません。


そのため、車検対象外の自動車の場合には、自賠責保険の満期が切れたままの自動車を運転して事故を起こしてしまうといったリスクがあります。


そのようなリスクをなくすために、自賠責保険の名義変更手続きは必要です。


手続き自体は難しいものではなく、スムーズに行うことができます。


そこで、ここからは自賠責保険の名義変更手続きについて解説します。




自賠責保険の名義変更には基本的に”費用はかからない”

自賠責保険の名義変更手続きには費用はかかりません。

名義変更に必要な書類をそろえて、最寄りの保険会社で手続きをしましょう。


その際には、郵送による手続きは認められていないので、必ず保険会社まで出向いて行う必要があります。

自賠責保険の名義変更にあたる必要書類は多くない

自賠責保険の名義変更手続きに必要な書類は次の3点です。
  1. 自賠責保険保険証書
  2. 自賠責保険承認請求書(保険会社に置いてあります)
  3. 自動車売買契約関連書類(自動車の売買契約書など)

2の自賠責保険承認請求書には、所定の事項を記入のうえ、自動車の譲渡人、譲受人双方の印鑑を押しますが、譲受人が手続きをする場合には、3の書類は譲渡人の印鑑証明書でも良いとされています。


その場合、2の自賠責保険承認請求書に押す譲渡人の印鑑は印鑑証明書の印となります。


その他、譲受人が手続きをする場合で、3の書類を揃えることができない時には、譲受人に名義変更された車検証を提示することで手続きができます。

自賠責保険の名義変更は”車検”のときにも行える

自賠責保険の名義変更手続きは、車検のときに一緒に行うこともできます。

先ほど解説したように、自賠責保険は保険期間の間であれば、保険契約者、自動車の登録番号を問わず、交通事故が起きた場合に補償がなされます。


そのため、補償のことだけを考えるのであれば、自賠責保険の名義変更手続きは次の車検のときまで待って行うことも可能であるため、自動車を購入した時には必要ないのです。

参考:個人情報保護のためにあえて名義変更しないこともある

自動車を譲渡した時に自賠責保険の名義変更手続きは一緒に行うことが基本です。

しかし、なかには個人情報保護のため、あえて名義変更手続きをしないことがあります。


名義変更手続きをすることで、自動車の新しい所有者に元の所有者の個人情報が分かってしまう可能性があるからです。


しかし、そのようなことがないように、自動車の仲介業者の中には自動車を譲渡人から購入した時に仲介業者の名前に名義変更をしてしまうところが多くなっています。




コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(価格コムのサイトに飛びます)

まとめ:自賠責保険の名義変更は必ずしも必要ない訳ではない

自賠責保険の名義変更手続きは必要ないのか、という点について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のこの記事のポイントは


  1. 自賠責保険は運行供用者責任に基づいて被害者への補償を行うため、名義変更手続きは必要ない
  2. 自賠責保険は車台番号によって保険が適用されるため、名義変更手続きは必要ない
  3. 自賠責保険の名義変更手続きを行わないことによる罰則はない
  4. 自賠責保険の名義変更手続きを行わないことによるリスクはある
  5. 自賠責保険の名義変更手続きは費用がかからず、簡便

です。


被害者の救済という点では、自賠責保険の名義変更手続きは必要ないのですが、万が一、保険の満期を過ぎた自動車を運転した場合のリスクを考えると、手続きは必要ないと言い切ることはできません。


自動車を運転する場合には、車検証上の名義変更だけではなく、自賠責保険の名義変更手続きまで行っておく必要があるのではないでしょうか。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひ、ご覧ください。







ランキング