高級車でも車両保険に加入できる?保険料が高い理由や保険の必要性を紹介!

高級車は車両保険に入れないと思っている方もいると思いますが、実際は高級車でも車両保険に加入できます。今回は、高級車に車両保険は必要なのか、保険料が高い理由について詳しく解説します。また、事故での傷の修理費はいくらくらいなのか、保険料を安くする方法についても紹介します。

高級車でも車両保険に加入することはできるのか

万が一の事故の際や飛び石などでできた傷などで、車を修理する際の修理費を補償してくれる車両保険。


高級車は車両保険に入れないというイメージがある方もいるのではないでしょうか。


高級車と言えば、BMWやベンツ、ポルシェなど様々な車種がありますが、車両保険に加入できるかどうかは、その車両の金額によって変わります。


購入額または時価が1,000万円を超える高級車の場合、車両保険の加入を断られる可能性が高いのです。


そこで今回は、

  • 高級車の車両保険の必要性
  • 高級車の保険料が高い理由
について詳しく解説します。

また、保険料を安くする方法についても紹介するので、高級車を購入する予定がある方や既に高級車に乗っているという方は、是非最後まで読んで参考にしてみてください。

高級車の車両保険加入が断られる理由は?

車体価値が1,000万円というのが車両保険加入へのボーダーとなっていますが、それ以外にも高級車が車両保険に加入できない理由として、高級車の場合修理費が高いなども挙げられます。


基本的に保険会社は車両保険の申し込みがあれば、悪質な違反などがない限り契約を引き受けるようにしています。


しかし高級車の場合、通常の車に比べて保険金支払いのリスクが高くなることから、車両保険加入を断ることがあります。

高級車の場合悪質ないたずらや盗難に遭う可能性が高くなるので、通常の車よりも保険支払い案件が多く、車両自体が特別な場合、修理費も高額になるので、リスクがもともと高い高級車の車両保険加入が断られやすいのです。

もしも高級車で車両保険への加入が断られた場合、代理店では引き受けてくれる可能性がありますので、まずは代理店に相談してみましょう。

高級車に車両保険は必要なのか

車両保険に加入しにくい高級車ですが、できることなら車両保険には加入しておくことをおすすめします。


高級車の場合、事故などで修理が必要になった際の修理費が、かなり高額になってしまう場合が多くなります。高級車の修理費がいくらくらいになるのか、ポルシェを例にご紹介すると、バンパーの傷やへこみを修理するのに20~30万円ほどかかります。交換となってしまうとさらに高額になってしまいます。


ホンダ・フィットのフロントバンパーの場合は6万円前後で交換ができるのです。高級車の修理代がかなり高額になってしまう事が分かるのではないでしょうか。


また、高級車は盗難にも遭う可能性が高くなります。盗難に遭ってしまい、新しく車を購入するとなるとかなりの出費になってしまいます。しかし、車両保険に加入していた場合、盗難でも補償対象となるため、新しく車を購入する資金にすることができます。


このように、修理費が高額になってしまう事や、盗難に遭いやすいことから、高級車に車輛保険は必要なのではないかと思います。

車両保険の保険料は1~9までの料率クラスで決まる

車両保険に加入した場合、その保険料は『料率クラス』によっても決定されます。

料率クラスとは、過去の事故実績(保険金支払額・事故率等)の統計から、車の型式ごとに「対人・対物・障害・車両」の4つの種類別に1~9の数字で数値化されたものです。

事故のリスクが高いと評価された場合には高い数字のクラスとなり、事故のリスクが低いようであれば、低い数字のクラスとなります。

この料率クラスの数字ごとに車両保険の保険料は算出されますので、もちろん事故のリスクが高いと評価された9クラスは保険料が高くなり、反対に1クラスは保険料が低くなります。

ご自分の車の車両料率クラスが知りたい場合は、損害保険料率算出機構でご覧になれます。

高級車は料率でも最高クラス9を付けられることがほとんどである

先述したように、高級車やスポーツカーなどは交通事故を起こす可能性も高く、保険金支払いのリスクが高いため、車両保険に加入できたとしても、料率クラスは最高の9を付けられる可能性が非常に高いです。

また、事故を起こしにくい高級車、青空駐車ではなく自宅のガレージに駐車して盗難やいたずらなどに遭うリスクが低い高級車であっても、元々の車両クラスが高い場合、料率クラスはやはり9を付けられてしまいます。

また、車両価格が1000万円を超える高級車、料率クラスが“8”や“9”など高いクラスの場合、車両保険加入に制限がかけられることもあります。

他にも、見る人が見れば価値が分かるクラシックカーなどの希少性が高い高級車の場合、事故の実績を調べることが難しく、そのため料率クラスの正しい判定ができないため、保険料の算出に必要な『料率クラス』を付けられないこともあります。

クラシックカーなどの車両保険加入は、代理店にて相談することをおすすめします。

ご自身の車に合った保険選びを!

高級車で自動車保険に加入する際に、自身の車に車両保険がつけられるのかや、どれくらい保証してくれるのか気になるますよね。


せっかくなら手厚い保証の自動車保険に加入したいところですが、30社以上ある自動車保険会社から自分に合った保険を選ぶのは時間的にも難しいですし、何よりも面倒ですよね。


しかし、自動車保険の一括見積サービスを利用すれば、スマホやPCで簡単5分で自動保険見積もりができ、その中から自分に最も適した自動車保険を選ぶことができるんです! 


ちなみに利用料は無料、見積もりだけでもOK!多くの方々が利用し自分の車に合った自動車保険を利用しています。

まとめ

いかがでしたか?ここでは高級車の車両保険についてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • 高級車は盗難やいたずらに遭う可能性が高いため、車両保険への加入が断られやすい
  • 盗難だけでなく、修理費も高額になるため車両保険は必要
  • 高級車の車両保険料が高いのは、車両料率クラスが高いため
  • 自身の車に合った保険を選ぶためには、一括見積もりがおすすめ


高級車、特に車体価格が1,000万円以上になってしまう高級車は車両保険への加入を断られてしまう可能性が高くなります。しかし、盗難などに遭いやすい高級車には車両保険が必要です。


もし、高級車で車両保険への加入を断られてしまった場合、代理店に相談してみるようにしましょう。


ほけんROOMでは他にも自動車に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング