自動車保険ALL

車両保険は高級車でも加入できる?料率クラスに要注意

車両保険に高級車でも加入できるの?高級車は盗難や事故のリスクが非常に高く、保険会社としては車両保険の加入をできるだけ拒否したい思いがあるでしょう。この記事では、高級車が車両保険に加入できるかどうかや、料率クラスについて解説します。

高級車は車両保険に加入することはできるのか?

念願叶って、憧れていた高級車を購入した!という方も多いかと思います。

やっと手に入れた高級車ですから、車両保険にもしっかりと加入しておきたいところですね。

しかし、高級車両となると、修理費も高額になる可能性がありますので、保険会社が販売している一般的な車両保険に加入できるか気になります。

そこでこの記事では、『高級車は車両保険に加入することができるのか』について、
  • 高級車は車両保険に加入できる場合と加入を断られる場合がある
  • 車両保険に加入できても保険料は高額となる
  • 車両保険に加入できても保険料率が最高クラスの9をつけられる
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただいたら、高級車を購入して車両保険に加入しようとしている方、またこれから高級車の購入を検討している方の参考になるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

高級車が車両保険に加入できなことはないが、断られることの方が多い

高級車と言えば、BMWやベンツ、ポルシェなど様々な車種がありますよね。

実は、高級車が車両保険に加入できるかどうかは、その車両の金額によって変わってきます。

購入額または時価が1,000万円を超える高級車の場合、車両保険の加入を断られる可能性が高くなります。

この車体価値が「1,000万円」というのが車両保険加入へのボーダーとなっていますが、それ以外にも高級車が車両保険に加入できない理由として、『高級車の場合修理費が高い』なども挙げられます。

また、車両保険に加入できたとしても、『高級車の保険料は高額』となってしまいます。

それでは、高級車が車両保険への加入を断られる理由と、加入できても保険料が高くなってしまう理由を解説します。

高級車の場合、修理費が高くなってしまうから

基本的に保険会社は車両保険の申し込みがあれば、悪質な違反などがない限り契約を引き受けるようにしています。

しかし高級車の場合、通常の車に比べて保険金支払いのリスクが高くなることから、車両保険加入を断ることがあります。

どういうことかと言いますと、高級車の場合交通事故の発生率も高くなりますし、また悪質ないたずらや盗難に遭う可能性も高くなります

そのため、通常の車よりも保険支払い案件が多く、また車両自体が特別な場合、修理費も高額となりますので、保険会社としてはリスクがもともと高い高級車の車両保険加入は、お断りしたいということです。

もしも高級車で車両保険への加入が断られた場合、代理店では引き受けてくれる可能性がありますので、まずは代理店に相談してみましょう。

仮に加入できたとしても保険料はとても高額になる



保険会社が高級車の車両保険加入を引き受けたとしても、その保険料は高額となることを覚えておいてください。

事故や盗難、災害などで車体が破損した場合、高級車は通常の車よりも被害額が高額となるため、保険会社としても保険料は高く設定しておきたいということですね。

車両保険の保険料は1~9までの料率クラスに分類されている

車両保険に加入した場合、その保険料は『料率クラス』によっても決定されます。

料率クラスとは、過去の事故実績(保険金支払額・事故率等)の統計から、車の型式ごとに「対人・対物・障害・車両」の4つの種類別に1~9の数字で数値化されたものです。

事故のリスクが高いと評価された場合には高い数字のクラスとなり、事故のリスクが低いようであれば、低い数字のクラスとなります。

この料率クラスの数字ごとに車両保険の保険料は算出されますので、もちろん事故のリスクが高いと評価された9クラスは保険料が高くなり、反対に1クラスは保険料が低くなります。

高級車は料率でも最高クラス9を付けられることがほとんどである

先述したように、高級車やスポーツカーなどは交通事故を起こす可能性も高く、保険金支払いのリスクが高いため、車両保険に加入できたとしても、料率クラスは最高の9を付けられる可能性が非常に高いです。

また、事故を起こしにくい高級車、青空駐車ではなく自宅のガレージに駐車して盗難やいたずらなどに遭うリスクが低い高級車であっても、元々の車両クラスが高い場合、料率クラスはやはり9を付けられてしまいます。

また、車両価格が1,000万円を超える高級車、料率クラスが“8”や“9”など高いクラスの場合、車両保険加入に制限がかけられることもあります。

クラシックカーなどの希少性の高い高級車の場合、料率クラスが付けられないこともある

見る人が見れば価値が分かるクラシックカーなどの希少性が高い高級車の場合、保険料の算出に必要な『料率クラス』を付けられないこともあります。

クラシックカーなどは事故の実績を調べることが難しく、そのため料率クラスの正しい判定ができないからです。

クラシックカーなどの車両保険加入は、代理店にて相談することをおすすめします。

まとめ

高級車は車両保険に加入できるかについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事のポイントは、
  • 高級車は車両保険に加入できるかは車体価格1,000万円がボーダーとなっている
  • 高級車は事故の発生率も高く、いたずらや盗難の被害により損害額が高額となるため車両保険の加入は断られる可能性が高い
  • 高級車が車両保険に加入できても保険料が高額となる
  • クラシックカーなど事故実績が確認できない車種の場合、保険加入は代理店に相談する
以上です。

高級車は見た目もかっこよく、一度は憧れた方も多いことでしょう。

そしてやっと購入できたとしても、車両保険に加入できなければ安心して運転することができませんよね。

高級車だからこそ車両保険は必要なので、保険についてよく確認しておきましょう。

保険ROOMでは、ほかにも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますのでぜひご覧ください。

ランキング