他人が車をぶつけたときや事故が起こったときに役立つ車両保険

自然災害や自分で事故を起こしてしまったときだけでなく、他人が自分の車にぶつけた場合でも車自体をカバーしてくれるのが車両保険です。何かの拍子で車をぶつけたときや当て逃げされて傷つけられた場合など、様々な理由で起きた事故の補償をしてくれるのが車両保険なのです。

ぶつけたときの車両保険を含む自動車保険の種類と違い

自動車保険には2つの種類の保険が存在し、加入しなければならない強制保険と自分で必要と感じたら加入する任意保険があります。


一番の違いは法律で加入が決められているのか、いないのかです。


2つの特徴を理解して強制保険にはきちんと加入し、ぶつけたなどのリスクを考えて自分自身が必要と感じたら任意保険にも加入します。


この記事では、ぶつけたときに車両保険が役立つのかどうかについて説明していきます。

強制加入の保険について

強制保険はその名前が表すように車を持っていたら強制的に加入する保険で、加入していない車があったとしたら道路を走ることは不可能になります。


この強制保険は自賠責保険と呼ばれ、車にぶつけたなどのトラブルを起こしたときに最低限の救済をしてくれます。


最低限の補償であって、あくまでも対人の事故に対して補償されます。


そのため、ぶつけたときの自分の車の損害を補償するものであったり、ぶつけた相手の車の損害を補償するものであったり、ぶつけたガードレールや電柱の補償するものであったりするための保険ではありません。

ぶつけたときにも対応する任意保険

任意保険は一般的な自動車保険で、自分で考えて加入します。


自賠責保険ではカバーできない部分をカバーし、車両を補償してくれる車両保険などがあります。


車にぶつけたなどの物に対しての補償だけでなく、誰かにぶつかったという対人事故に対しても補償してくれる場合があります。


様々なプランがあるので、自分が負うかもしれないリスクを考えて車両保険を選ぶようにします。


車をぶつけたときにも利用することが出来る車両保険の基礎知識

任意の自動車保険は様々な種類があり、補償を受けられる範囲も商品によって様々です。


色々な種類の保険があるので内容を理解するだけでなく、補償してくれる範囲についても知っておく必要があります。


また商品によってぶつけたときにどこまでカバーしてくれるのか、どのくらいの金額をカバーしてくれるのか詳しく決まっています。

任意で加入する保険の種類とは

商品によってぶつけたなどカバーしてくれる範囲が詳しく決められていますが、大きく分けて3つの範囲まで補償してくれます。


事故を起こしてしまった場合の相手への補償や車に乗っていた自分自身と搭乗者への補償、自分が所有している車への補償があります。


これらの補償内容を組み合わせて様々な商品があり、パッケージとして売り出されています。

事故の内容によって対応してくれる保険

人身事故が発生してしまったときには対人賠償保険が、他人の持ち物に対してぶつけたなどで事故を起こしてしまった場合には対物賠償保険が補償してくれます。


運転手や搭乗者がぶつけたときにケガをしたとき場合には、搭乗者傷害保険が補償してくれます。


また自分だけで事故を起こしてしまったときや、他人が保険に加入していないときにカバーしてくれる保険もあります。

電柱や車庫に自分がぶつけたときに利用したい車両保険とは

任意で加入する自動車保険には対人事故に対する補償だけでなく、車自体にぶつけたなどのトラブルが起きたときに補償してくれる車両保険があります。


車両保険は対人事故に対する補償のみの自賠責保険とは違って、車がぶつかったときにも補償をしてくれるのが特徴です。


補償してくれる金額はぶつけたなどの事故を起こしてしまったときによって変わり、その時の車の市場価値によって変化します。

車両保険の一般タイプは電柱などにぶつけたときも補償可能

車両保険には一般的なタイプのものがあり、昔からある自動車保険です。


車にぶつけたなどの事故が起きたときの補償してくれる範囲が広いため当て逃げや災害、他の車との接触などにも補償してくれます。


他人が車をぶつけたなどほとんどの事故に対応してくれるもので、カバーしてくれる範囲が広いのが特徴です。

車両保険のエコノミータイプでは電柱などにぶつけたときに補償されない

車両保険の限定タイプのものは、補償を受けられる範囲がある程度決められています。


そのため電柱などにぶつけたりなどの自損事故は補償されないなどのカバー出来る部分は限られていますが、その分一般的なタイプの車両保険よりも保険料がお得になっています。


車の価値は低いものだけれど、一定の補償を受けたいと考えるときに役立つ車両保険です。

相手の車にぶつけたときに相手の車への補償は、対物賠償保険

車両保険は自分の車の修理費用などを補償するものであり、相手の車への補償は対象外です。

相手の車の修理代は、対物賠償保険を利用します。


なお、過失割合が相手側にもあるという場合であれば、逆に自分の車の修理費用を相手の対物賠償保険で補償してもらえるということになります。

電柱、ガードレールに車をぶつけたときの対応の流れ

では、電柱、ガードレールに車をぶつけたときの車両保険請求までの流れを説明します。

まず警察に連絡しましょう。


警察に届出をすることで、そのあとの保険会社への車両保険金の請求がスムーズになったり、電柱、ガードレールの所有者とのトラブルを避けることができます。


なお、電柱やガードレールへの補償をするのは、車両保険ではなく対物賠償保険を利用することになりますが、こすった程度の傷であれば、支払わなくても良いこともあります。


その次に、ぶつけたときの状況を写真におさめておきましょう。


これにより、警察への対応、保険会社や調査会社との対応がスムーズになります。


そして、車両保険金を請求する可能性がない場合でも、保険会社に連絡しましょう。


事故をしたら保険会社に連絡する必要があります。


そのあと、保険会社が調査して、適切な車両保険金を算出してくれます。


なお、さきほども説明したように、ぶつけたときの事故を補償してくれる車両保険は一般タイプです。


ここで注意したいのが、ぶつけた車を修理に出すのは、保険会社に連絡したあとにしたほうが良いことです。

ぶつけた傷を修理するときに車両保険を利用しないほうがお得になることも

なお、ぶつけたときにできた傷を修理するときに、車両保険を利用しないほうが結果的に支払う金額が減る可能性もあります。

これは車をぶつけたときに、車両保険を利用すると、車両保険の等級がダウンしてしまうことが原因です。


これにより、翌年の自動車保険料があがり、修理費用を考慮すると、結果的に自動車保険料の増加分のほうが多いという可能性があるからです。


そのため、ある程度我慢できるほどの傷であれば、車両保険を利用しないほうが良いかもしれません。


なお、車両保険の請求期限は3年ですが、その期間内とはいっても、昔の傷の修理費用を補償してもらおうとすると、正当な金額を支払ってもらえないリスクもあるので、注意が必要です。


加入するかしないのか考えたい車両保険

車両保険は人身事故などの保険に対して優先度は低いため、任意保険に加入するときに契約するのか迷ってしまうことがあります。


比較的保険料も高くなるというイメージもありますが、ぶつけたなどの事故を起こしてしまう可能性がある人や高級な車を購入した人が加入することで大きな安心を得られることもあります。


状況に合わせて、内容を確認して加入します。

初心者やペーパードライバー

車両保険を利用する方が安心という人は、免許を取りたての初心者やペーパードライバーです。


免許を取りたての場合は長年運転をしている人よりもぶつけたなどの事故を起こしてしまう確率が高いので、安心して運転することが出来るように加入した方がいい場合があります。


ペーパードライバーも初心者と同じ理由で、事故を起こしてしまったときに安心なので加入した方がいいこともあります。

新車や高級車の所有者は加入したい

また新車を購入したばかりの人や、比較的高価な車を購入した人も加入すると事故を起こしたときでも車に対して補償を受けられます。


新車を購入したばかりの人はせっかく新車を購入してぶつけたなどの理由で事故を起こしてしまったら負担額が高くなることがあるので、車両保険に加入しておくと安心です。


高級な車を購入した場合もローンを組んでいることもあるので、出来るだけ負担を少なくするためにも車両保険に加入します。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

自動車を所有するときには最低限の補償を受けることが出来る自賠責保険に加入しますが、自分の車を守りたいと考えるときには自動車保険の車両保険に加入します。


誰かが自分の車にぶつけた場合や、自分が車をぶつけた場合にも補償を受けることが出来ます。


任意保険に加入するときには自分の車の種類や自分が事故を起こしてしまう可能性を考えて、自分に合った種類の車両保険に加入します。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング